無常?

たまにはお出かけ日記以外の徒然を。

今日は数年ぶりに卵管造影検査という検査を受けた。
平日の午前中にも関わらず、病院は妊婦さんや旦那さんでごった返していて(男の人の多さにびっくりした)、いつも行く夕方のほうが空いてるんだなぁなんて思っていた。
先生はいつも分刻みというようなスケジュールで動いていて、今まであまりゆっくりお話ししたことはない。
けど、必要なことは言ってくれるので、特に不安はないかな。

検査台の上にあがって、まな板の上の鯉のように寝そべる。
「11時ぴったりに先生来ると思いますよ」と看護師さんが言ってくれて、ちょっと緊張の面持ちで(いやむしろ諦め?)待ってたけど、来ない。
なんと、お産が入ってしまって遅れるらしい。
そっかーお産は仕方ないなぁーまあ午前中に終わるくらいならいいかー、と大して気にはしてなかったけど、看護師さんがいろいろ心配してくれて、お話ししていた。
この病院では、多いときは1日に7人くらい生まれるらしい。すごい!大きな病院というわけじゃないけど、やっぱり市内にほとんど産院がないせいかな。ほぼ、病院にとってはお産は日常のことで、むしろ生まれない日のほうが珍しいんだと思う。
一方で、検査をしている自分がいて、けどその間にも生まれる子どもたちがいて、同じ空間なんだなぁと思ってそれをとても不思議に感じた。
嫌だとか、なぜ私が…とかそういうのではなく、一緒の空間に存在するということが不思議に感じたんだよね。

先生は15分ほどで来た。
そして検査(痛い)が始まった。
ヘロヘロになった。
検査が終わった後すぐに先生から結果を聞いて(特に異常はなかった)、「僕ちょっと分娩があるんで」と言って、1、2分くらいで行ってしまった。
途中で出てきたのかもしれないし、もしかしたら別の人のお産なのだろうか。

この間、友人が亡くなった時に火葬場まで行ったのだけれど、その火葬場の規模の大きさや、整然としてる様、人(生きてる人、亡くなってる人)の多さにびっくりした。
なぜか結婚式場を思い出した。
「今日はすごく多くて…順番になってしまうのでお待ちいただきますが、仮安置させていただきますね」と言って、亡骸はガラガラと仮安置場に運ばれていった。
仮安置場では、一回り小さな棺が隣に置かれていた。
ここでも順番待ちなんだ・・・・@@ と思った。
昔はこんなに多いのは正月明けとかだったけど、今は高齢化で、亡くなる人が多いせいか日常茶飯事なのだとか。こんなに立派な火葬場で、きっといくつも火葬する場所があると思うけど、それでもいっぱいなんだ…。中では、これから火葬される亡骸の順番待ちだけではなく、参列した人たちが大勢、待合室やロビーでごった返していた。

ここでは…どんなに特別に思ってる亡骸でも、親でも友人でも、数あるうちの1つに過ぎないんだな。
毎日毎日、多くの人が来て、火葬されて、骨になって、もう本当工場のように、淡々と進められていくことなんだなと思った。
それは、行ったことないけど、インドではガンジス川に遺体を流すって聞いたそんな情景を見た時の心境に通ずるのだろうか。

祖母が亡くなった時、祖母の亡骸が火葬され、その煙が火葬場の上から空になびいていくのを眺めて、天に昇っていくんだなって見守ったのを覚えている。
友人のときもそんな見送る気持ちで火葬場まで行ったのだけど、どこからも煙は出てこなかった。
最近は出ないように工夫された施設も多いのだとか・・
自分が感じている、「特別感」は、自分の中で思い出として感じるしかないんだね。

なんで結婚式場を連想したのか。
かつて自分が式を挙げた八芳園は、1日に何組も何組も式を挙げるので、大きな庭園には一度に4人くらいの花嫁がいるような式場だった。そして、ベストスポットで写真を撮るために、前の組が撮り終わるのを順番待ちしていた。
そんな会場だということを知った上で選んだので、数あるうちの1つというよりは、自分の中では「今日、式を挙げる仲間」みたいに感じていたけど、人によっては、結婚式みたいな日には自分だけは特別でありたいと思う人は多いと思う。
私も、会場にはたくさんの花嫁がいたけれど、自分の中では自分は特別だと思っていた。

はっきり、何を書きたいのかうまく言い表せないけれど、いくら自分が特別に感じたいものでも、そうしたものは世の中にとっては日常の一つなんだろうと思うし、そういう数あるうちの小さな一つが自分だと思うのも、それも悪くない。
自分が抱えている気持ちも、悩みも、それはとある場所では当たり前のことなんだと思うし、特別でもなんでもないのだと思う。
タイトルは、無常ではなく、何にすべきだったんだろうね!
あまりうまくまとまらなかった!

[PR]
# by yuki-chami | 2017-05-18 00:42 | にちじょう | Comments(3)

テルマエ温泉旅 3日目

旅も3日目。
朝、日の出を見るために4時に起きて露天風呂に行ってみたけど、あいにく日がまったく見えない方角だった( ´ Д`)
朝ごはんを食べ、9時半くらいにチェックアウト。

今日の目的地は・・・神社とわさび農園!

f0006510_20420226.jpg

雲一つないとっても良い天気です。

小1時間ほど車を走らせ(下道)、新潟から長野へ。
GWだからなのかなんかけっこう混んでる・・・と思いきや、なんか忍者村?とかそういうイベントやってるらしく、お子様連れのファミリーで神社のあたりはごった返していた!!!
うわーなんか超渋滞してるんだけど@@
これは奥社に行くのは無理だな…(しかも30分ほど歩くらしいし)

というわけで向かったのはこちら。

f0006510_20483111.jpg

戸隠神社中社!

f0006510_20485397.jpg

ここもかなり混んでいて、駐車場がなかなか空かなくて大変だったー><
戸隠神社というのは、天照大神が天岩戸(九州の高千穂にある)に身を隠してしまったとき、なんとか出てこさせようと天岩戸の前で神々が宴をし、様子をうかがおうと、天照大神が戸を少しあけた隙に、神の一人が戸を取り払って、投げ飛ばしたところ、戸が長野県に飛来し、戸隠神社になったらしい。(いやーすごい距離を飛来したもんだ)

商売繁盛とか、受験合格とか、勝負事に利のある神社らしい!
調子に乗っておみくじも引いてみました。

「平」


是は地のちにさだまるの兆なれば、ものごとひかえめにしてとかく人に従い、こころを柔和にもてば吉にむかふべし。一ぶんにて人に先だつときは、さまたげありてとげがたかるべし、つつしみ第一なり


・・・うん。
おとなしくしてることにします (。・x・)ゝ

ところで平ってなんだ!初めて引いたぞ!!!
と思って調べてみた。

おみくじの順番。
大吉>吉>中吉>小吉>末吉>>凶>小凶>中凶>末凶>大凶

なんだ@@!!!
凶の手前じゃん!!!!
あんまよくない!!(ノ ゚Д゚)ノ ==== ┻--┻

でもこの「平」ってかなりレアらしい。神社によっては置いてないらしいし。
実際引いたことないわ。
レアだー!やったー!って言いたけど、意味的には「可もなく不可もなく」らしい…

f0006510_21132357.jpg

立派な大杉もあった!!
幹に耳を当ててみたけど、特に何も聞こえなかった。。。

参拝も済んだので、御朱印をいただいて、次の目的地へ。
ここからはかなりの山道、峠道・・・
山間の(ひなびた?)町並みを眺めながら走る、のどかなドライブ。
ところどころに、こいのぼりも泳いでました。
春はやっぱり、お花がたくさん咲いていて、美しいなぁ・・・

f0006510_21160222.jpg

桜!!
これ、桜の花吹雪が散る中を撮ったんだけど、さすがに花びらが散っているのまでは見えない><

f0006510_21164794.jpg

北アルプスの山々。
雪がかぶってて綺麗----!!(≧∇≦)

この後私はまたしても睡眠してしまい・・・
起きた時には、わさび園前の渋滞に巻き込まれていた(・ω・)

安曇野にある大王わさび園に着いたのは、14時近くだったかなー
まずはラストオーダーが近かったので、急いでレストランに向かった!

f0006510_21230147.jpg

楽しみにしていた、わさび丼。
自分でわさびをおろして、そしてかけるという!

売り切れる前で良かったーー・・・
しばらくするとわさび丼は売り切れて、みんなそばを食べていました。

あとは、買いたかった生わさびを何本が買ったり、実家に送ったりして、農場を回ることに。

f0006510_21292906.jpg
f0006510_21293848.jpg
f0006510_21294428.jpg
f0006510_21295083.jpg
f0006510_21295683.jpg
f0006510_21300210.jpg


当然、美人の水にしました!!!!!

その後、松本の近くにある「枇杷の湯」に浸かって帰った。
雰囲気は良かったけど、いかんせん人が多かったのであまりゆっくりはできなかったかも?
GW以外ならいい感じかもしれない。(あと、化粧水を車に置いてきてしまってテンションが下がっていた)

帰り道で食べた、東部湯の丸SAのおそばが美味しかったな・・

家に着いたのはちょうど日が変わるくらいかな!?
帰宅後はすぐ寝たw

わさび旅、とってもおすすめです!!
特に春の時期は、いたるところで山菜も売っていたので、山菜好きな人は長野とか群馬いいかも?
次は白い湯に浸かりたいなー

[PR]
# by yuki-chami | 2017-05-11 21:36 | おでかけにっき | Comments(2)

テルマエ温泉旅 2日目

2日目。

f0006510_19592152.jpg

朝ごはんもバイキング。
珍しく、朝ごはん開始前に起きられたので、窓側の川がよく見える席をGETできた!
ご飯後、もう1度大露天風呂にゆっくり浸かって、10時くらいに出発。

最初に向かった先は、職場の人からおすすめされたTKG(たまごかけごはん)のお店。

f0006510_20063319.jpg

南魚沼にある、「我が家の卵」

この日は連休の後半初日(3日)ということと、ちょうどお昼時だったのでけっこう待った><(その間にモンハン・・)
小1時間ほど並んで、入った先は~

f0006510_20083907.jpg

きり玉丼定食!
きりざいっていう魚沼地方の郷土料理で、納豆のほかにいろんな野菜を切って入れたものらしい。

隣ではこんなものも@@

f0006510_20105181.jpg

大地丼という名前らしい!
フライがご飯を囲んでいるぞ~@@

当然美味しかったけど、普通に卵と醤油でシンプルな食べ方が、一番卵の味がわかっておすすめかもー

食べ終わった後・・・
本当は、新潟方面に向かって日本海を拝みに行く予定だったんだけど、もう一つ、職場の人からおすすめされた「ぽんしゅ館」というのが気になりすぎた。

越後湯沢駅にあるぽんしゅ館!

f0006510_20153003.jpg
f0006510_20171710.jpg

なんと、新潟県内にあるすべての銘柄の日本酒が吞めるらしい!

f0006510_20161456.jpg

吞んだくれている人々の様子・・・@@

ここは500円払うと5枚のコインをくれるので、1枚ずつ(銘柄によっては3枚とか)入れて、好きな銘柄を呑むというシステム!

f0006510_20220131.jpg

このようにb
ちなみにこれは魚沼のお酒の鶴齢というお酒。
久保田の紅壽がなにげに美味しかったかも・・・
運転は旦那に任せて、500円分満喫してしまった!!

ちなみに、いろんな銘柄の塩と味噌も並べてあって、自由に食べることができましたw
越後湯沢駅いいなぁーーー!
今度はここに温泉入りに来て、呑んで、そのまま宿へ歩いて帰るとかいいかも・・

さて、ここまでで何気に14時くらいで、既に本日の宿はチェックインOK状態な感じなので、宿に向かうことにした!
しかし、今日の宿は妙高にある赤倉高原なので・・・

山越えだ!

うーん見事な峠道。
たまに桜が咲いてたり・・・菜の花も!!
途中に通った野沢温泉は、白いお湯らしいのでとても興味がわきました。(たまに悪天候のとき孤立するところだっけ!?)
私は途中で寝てしまいましたが…
気が付くと宿の駐車場(・ω・)
だいたい2~3時間くらいかかったのかな!?

太閤というホテル。
連休ということもあって、かなり子連れのファミリーが多かったかもーー
赤倉温泉のあたりはどこも外観は年季が入ってる感じだったけど、中はかなり綺麗。

今日のプランはお安めのいわくつき部屋プラン(眺望が悪いとのこと)のため・・・
G1フロア!(モンハンのG級ではない)
グラウンド!@@つまり地下!
まぁうん。

いいんだ!部屋は!休めれば!

ご飯ー

f0006510_20314860.jpg

これはオプションで付けた伊勢海老(∩´∀`)∩ワーイ

f0006510_20321477.jpg

着席と同時に炊き出す、お米!
ご飯はやっぱりお膳がいいなぁ。
かなりボリュームありました。

お風呂は、晩御飯前に入りにいったときは、かなりちびっ子が走り回っていたので、ざざっと身体を流す程度だったので、夜にゆっくり浸かった。
露天風呂の眺望がかなりよかったーーーー!!
アルプス?の山々も見えるし、星もとっても綺麗でした。

f0006510_20341432.jpg

露天風呂の写真ないので、湯のイメージ図(;・∀・) ※翌日撮った、外にあった温泉

2日目は、食べ物の写真ばかりになってしまった!

[PR]
# by yuki-chami | 2017-05-09 20:35 | おでかけにっき | Comments(3)

しばし滞り中


by yuki-chami
プロフィールを見る