みそ日記

chamimi.exblog.jp
たまに更新しています
by yuki-chami
プロフィールを見る
初夏の尾瀬 その2
2009年 06月 10日 |
沼尻から見晴の途中、蛙を探している人を見かけました。
この辺も田んぼが多いので、蛙の鳴き声とか聞こえるけど、尾瀬でよく聴いた蛙の鳴き声とは違う気がする!
尾瀬の蛙の鳴き声は、低い音で、「大合唱」という感じではなかったかも。
まだ春先だからかもしれないけどね。
泣き声は聴こえても、結局蛙の姿を発見することはできませんでした(ノД`)

尾瀬の中でも、「見晴」は山小屋が集まっているところで、一番にぎやかなところ。
着いたのはだいたい1時くらいだったかな。
みんなかなり疲れたらしく、休憩所にあったベンチに腰掛けていました。
予約した山小屋に問い合わせると、1時からチェックインできるとのことだったので、とりあえず荷物を置きました。
f0006510_23172259.jpg
今回泊まったのは、弥四郎小屋。他の山小屋に比べると、外観ちょっとやばい!?ような気がしたけど、中は綺麗だった!
本館と別館があり、私たちは別館のほうでした。
女性群は、一息ついてから下の喫茶店(?)に、コーヒーを飲みに。
喫茶店なんてあることがすごい!男性群は兄者以外ほとんど寝てたのかな@@ 不明。
f0006510_23163186.jpg
湧き水。兄者と御台様が腕にしていたパワーストーンを水にひたすと、石の色が変わった!
みんなで、「浄化された!」と驚いていました。かなり冷たかったから、水温のせいなのかな。
そういえば、この辺ではペットボトルの水が売っていなかったらしい。売っていてもスポーツ飲料。なんで水売ってないんだろうと考えた結果、湧き水から好きなだけ飲めるからでした(・ω・)

コーヒー飲んで休憩した後は、お土産屋めぐり。
なんか無料休憩所でお酒を飲んでる団体がいて、お酒くさかったです。
絵ハガキとかが多かった!でも、前回ハガキは購入したので、今回はなぜか手ぬぐいを買いました。

お風呂は16時以降。夕飯は17時。まだ少なくとも1時間半くらいあったので、私は散策へ行くことに。
というのは、一日目の行程がけっこうきつかったらしく、女性群が次の日のルートのことで、コースの看板を目前にしてずっと話してたから@@
次の日の予定は、尾瀬ヶ原、滝を見てから御池までのコース。ただ、滝に寄るとなると、中級くらいのコースを通るので、「厳しいんじゃないだろうか~」と紛糾していたようです。
とりあえず、私はゆっくり写真が撮りたかったので16時くらいまで尾瀬ヶ原に単独散策へ!
f0006510_23283161.jpg
こういう一人のときなぜか異様に燃える私。結局竜宮まで行ってしまいました><
f0006510_23334263.jpg
左は名前はわからないけど青い花。右はリョウキンカという花らしい。
f0006510_23335172.jpg
川のほとりのミズバショウ。この川にはヤマメがいるらしい。「いつきてもこのヤマメがいるんだ。きっと主なんだね」と、通りすがりの人が言っていました。
f0006510_23335914.jpg
なんか生えはじめな感じが可愛らしい。まさに新芽!

どこかのHPにも書いてあった気がしたけど、山の挨拶って不思議な感じで面白い。
普段は道行く人に挨拶なんてしないけど、山では決まってすれ違いざまに「こんにちは~」などと声をかける。でも、ある程度のパーソナルスペースが確保されていないような、わりと人の混雑しているところでは、そういった挨拶は行われない。見晴から竜宮までの道のりの間は、わりと人がいたので、山中ほど挨拶してる人は多くありませんでした。
f0006510_23415675.jpg
竜宮付近では、写真家ツアーでも開催してるのか、一眼レフをかまえた人たちや三脚を持っている人たちがいっぱい、黄色い花の群れ(リョウキンカ)を撮影していました。ほんとはミズバショウを撮りたかったのかもしれないけど、「いいミズバショウがないんだよな~」と話していました。
f0006510_23445115.jpg
ミズバショウは、何回も頑張って撮ってみたけど、白みがかっていて、ホワイトバランスがおかしいのかうまくとれない><
木道の近くで、ちょっとクタクタになっているものや、大きく成長しすぎているものが多かったような気が。
でも、時期的には満開になる前だったと思います。
f0006510_2347386.jpg
遠くのほうではわりとミズバショウも花咲いている気が!?

そんな感じで、結局山小屋に戻ったのが16時過ぎ。
既にお風呂は早めに開放されていたらしく、何人かお風呂に出かけていました。
尾瀬のお風呂はシャンプー・石けん類の使用は禁止です(・x・)
でも、汗流せるだけでも嬉しかったかも!
男風呂のほうでは、「この宿は一番尾瀬ヶ原に近いし、男風呂からは尾瀬ヶ原が見えるから、最高のお風呂だ!」といって、誰かによって窓が開放されていたそうです。そのおかげで洗い場の人たちは寒かったらしい@@

夕飯はものすごい行列( ゚Д゚)ポカーン
男性群が列に並んでいてくれたものの、まるで配給を待つかのように長蛇の列でした。
メニューはなんとハンバーグ!(」゜ロ゜)」(」゜ロ゜)」(」゜ロ゜)」オオオオオッッッ
普通のところでハンバーグがでてきてもそんなに驚かないけど、こんな山奥でハンバーグが食べられることに感激でした。おかげで写真撮るの忘れました。
でも、付け合せといい、お米といい、美味しかった( ̄~; ̄)
みんなはなんといってもビールを待ちわびていたらしく、すぐさまビールで乾杯となりました。
夕飯前に既に酔っ払ってる人も何人かいましたが。

別のテーブルでは、食べ終わった後にすぐ新しい人が食事を始めていましたが、自分たちのテーブルでは宴会ムードに@@;
といっても、酔いつぶれた&タバコが切れたで部屋に戻った人もいたんだけど!
あまり長居すると迷惑なので、続きは部屋でやることにしましたが、ビールが本当に美味しかったのか、かなりみんな満足げでした。

消灯は21時だったので、そのあとは部屋でまったりして寝るかと思いきや、まだまだ飲み足りないらしく、お姉様方が缶ビールや缶チューハイを買い込み・・・ (((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
両手でビールを持って写真撮影とか!
普段は私もあまり呑まないけど、楽しそうなので付き合うことにしました!
f0006510_23582228.jpg
2次会?@@
約一名既に寝てる人がいて、へちまが白い布をかぶせたとか、かぶせてそのまま置きっぱなしにしてしまったとか(
後から布を外しに行っていました。
職場の集まりであることに変わりはないはずなのに、雰囲気は何かのサークルのようでした!
歳って関係ないんだな~と思った瞬間その★

忘れられないのは、部屋の中に虫が出たとき、「へちまくん、虫とって!」と兄者が言ったことに対し、「手でつかむ」というのを聞いてたのか把握してなかったのか、そのまま虫をつぶしてしまったことだろうか!そして間髪いれずに、兄者によって叩かれるへちまド━━━(゜ロ゜;)━━ン!!
あれはちょっとかわいそうだった><(痛そう)
まあ酔っ払い同士のやり取りということで・・・@@;

一日目は、「私はそんなにつらくなかった~」という人もいれば、石に足を打ってしまって打撲のようになった人など、いろいろでした。ケガするとやっぱつらいね。それに10人いれば10通り。
なんか、今の大奥のこととか話してた気がします。わかる話もわからない話もあるけど、聞いてるだけでけっこう楽しかった。
f0006510_073675.jpg
19時半くらいにお開き。まだ19時半!実感としては22時半くらい?
20時には就寝です!
一部屋5人だったけど、それ以上いたら雑魚寝になったかも!?布団も4つしか敷けなかったし(=゜ω゜)ボー
f0006510_084752.jpg
夜の山小屋。寝る前にちょっと撮って見ました。
外に出ると、見晴からみて鳩待峠方面にまぶしい光が。
もしかすると、夜間歩く人のための目印なのかもしれません。

壁が薄いので、男部屋の声もよく聞こえます。
そう、いびきが・・・・!!
20時にみんな布団に入ったものの、少なくとも3つのいびきを確認しました(・ω・)
あまりにも大きいので、見に行ってしまったよ!
ゆきちゃんや、隣人と、「今いびきがとまった・・・!!無呼吸状態なんじゃ・・・」と予測したりしてました@@
「自分はいびきかいてない!」っていう人ほどかいてたりするんだよね┐(´∀`)┌

消灯は21時だったので、それ以降は電気のスイッチをONにしても電気がつかなかったみたいです。
でも、記憶にないから、たぶんその前に寝てしまったんだろうな。
やたら早い生活していたせいか、今でも早い段階で眠くなります(ρw-).。o○

その3へ続く
[PR]
by yuki-chami | 2009-06-10 23:16 | おでかけにっき | Comments(0) |

忍者 Blog