みそ日記

たまに更新しています
by yuki-chami
プロフィールを見る
Top
イタリア旅行 3日目
2009年 07月 24日 |
3日目の行程はローマ市内観光後、フィレンツェの宿へ向かうというものでした。
前日は朝が早すぎてお弁当だったけど、この日はレストランでブッフェ形式での朝ごはん。
f0006510_1131818.jpg
定番のパン・ハム・チーズ・フレーク・ヨーグルト。
ヨーグルト、フレークがあるかないかが変わるぐらいで、どこの朝食もこの組み合わせだったりする。
何時起きだったか忘れてしまったけど、それなりに早かったと思う。

宿が移動になるため、荷物をまとめてからバスでローマ市内観光!
ここでは、ローマッ子であるフランチェスカさん、女性ガイドさんがいろいろ案内してくれました。
昨日日本語勉強したから、と冗談言ってたけど、かなり日本語が上手で、ボケとかどこか関西人っぽかったです(・ω・)

まず向かったのはローマのシンボルであるコロッセオ。
f0006510_255330.jpg
コロッセオがとても大きすぎて、全体像が写真におさまりません!
コロッセオは、ローマ帝国時代に皇帝や、ローマ人の娯楽として作られた円形闘技場で、奴隷や囚人達が剣闘士として闘った場所です。時には、アフリカからライオンなどの猛獣を連れてきて、闘わせたこともあったとか。負けるとエサになったそうです><
映画「グラディエーター」の世界ですね(私は観てないけど)
ここには元々多くの大理石が使われていたらしく、そのほとんどが後世の建造物を建設するためにどこかに持っていかれたそうです。
外壁にはいっぱい穴が空いていて、武器があたった跡とかではなく、鉄などが持っていかれた跡なのだそうです(;´Д`)
ちょこっと調べてみたら、多くの殺人が行われた場所であることから、今でも死刑廃止のイベントに利用されているとか。
f0006510_2211636.jpg
時間の都合上、コロッセオの中には入らなかったけど、外の窓から覗いた中の様子(・∀・ )ジー
中もかなりすごそう!当時地下にあった施設も今ではむき出しの状態になっていて、観ることができるとか。
そういえば、外にはいっぱい古代ローマ人(?)の格好をした外国人がいて、ガイドさんが「写真撮ったりするとモデル料取られるので、うつさないように気をつけてくださいね~」と言っていました。
知らないで写したりしたらボられそう (((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
やっぱり海外は文化が違います!気をつけなくては!
f0006510_2275071.jpg
コロッセオの脇に何気なく建っていたコンスタンティヌス帝の凱旋門。
ローマの観光は、簡単にローマの歴史を知っておくと、さらに感慨深いかもしれません。
ちょっと高校時代の資料集をひっぱりだしてきて、自分用にメモ。物知りな人は「フーン」くらいに思ってください(;´Д`)

-------------------------------------------------
ローマの歴史

紀元前8世紀 伝説上のローマ市建国者である、狼に育てられたロムルスとレムスの双子の兄弟出現

紀元前3世紀 徐々に周辺の都市を支配していき、イタリア半島統一

紀元前1世紀 やがて、イタリア半島だけでなく、現在のスペイン、ギリシア、アフリカの地中海沿岸部分などを征服

エジプトを征服したとき、あの有名なカエサルとクレオパトラが出てくる時代ですね(・ω・)
日本はこの頃弥生時代です( ´-`)

紀元前1世紀後半 ローマ帝政開始(それまでは共和政だったのよ。何が違うかっていうと、政治の形態が違うんだけど、皇帝がいるかいないかってことかも!)

紀元後になって、イエスがキリスト教を布教するも、ローマ帝国に対する独立反乱の指導者として捕らえられ(ユダの裏切りにあって捕まったことは有名ですね)、刑死。この頃は、皇帝が一番偉いので、神の前の平等なんて、ローマ帝国的にはありえなかった時代・・・。

イエス刑死後、ネロ帝の時代にもキリスト教は大迫害。
迫害により、使徒ペテロ・パウロの殉教

ヴェスヴィオ火山の爆発によりポンペイの街が埋没

コロッセオ完成

紀元後2世紀頃 ローマ帝国は最大国土を誇るようになり、最も栄えた時代に突入
しかしその後徐々に衰退の陰りが見えてくる(・ω・)
ちなみに日本はこの頃、卑弥呼の時代です。

紀元後4世紀 ローマ帝国の統一を維持するために、それまで禁止していたキリスト教を、コンスタンティヌス帝(凱旋門の皇帝です)が公認。 
このことが後々ヨーロッパにキリスト教が浸透するきっかけとなる。

その後、キリスト教が国教

ローマ帝国が東西に分裂し、西ローマ帝国は4世紀末滅亡。東ローマ帝国(ビザンツ帝国と呼ばれる)はコンスタンティノープルを都としてその後15世紀の滅亡まで続く。
コンスタンティノープルっていうのは、現在のトルコの都市、イスタンブールのことです。

-------------------------------------------------


次にバスでちょこっと移動して、徒歩で細い路地を抜け、トレビの泉へ。
f0006510_19552151.jpg
トレビの泉って、もっとささやかなものを想像してたけど、大きかった!ド━━━(゜ロ゜;)━━ン!!
元々はローマ帝政を開始したアウグストゥスが作らせたものだとか。
バックは宮殿の壁の一部だそうです。
ここは、後ろ向きにコインを投げ入れることによって願いをかなえることができるという話で有名です。
1枚なら、再びローマに戻ることができる、2枚なら大切な人と永遠に一緒にいられる、3枚だと離婚することができるらしい(・ω・) キリスト教は離婚を禁止していることが背景にあったものなので、そう考えると3枚は究極の願いということに!?
f0006510_2054117.jpg
左から、デメテル、ネプトゥヌス(ポセイドンと同一視されているとか)、ヒュギエイア。
f0006510_2084198.jpg
オッサンだけ載せるのは忍びないので、デメテルを掲載(・ω・)
f0006510_20103995.jpg
噴水だから当たり前なんだけど、透き通ってキラキラして綺麗!
でも数年前、誰かが赤い染料を混ぜて、真っ赤に染まったという事件があったみたいですね・・・
ホント迷惑な話だ!

このあと、すぐ側にあったジェラート屋でジェラートを食べました(・∀・)イイ!!
f0006510_20151935.jpg

イタリアのデザートはなんといってもジェラートが有名!どこにいってもジェラート屋。
しかもすぐ溶ける(・ω・) 歩きながら食べるのが一般的だとか。
私は普通にバニラとチョコミントにしてしまったよ。特別な味とかではなかったけど、美味しかった!
f0006510_20285486.jpg
途中で見かけたバシリカと噴水。バシリカってつまりは教会のことらしい。
特に説明してなかったから、何だったのかはわからないけど、ローマ市内には古そうな建物とかその辺にいっぱいありすぎて、200~300年前に建てられた建物は、感覚で言うと昨日かおととい建てられたものという感じらしい。
なんでも、今は新しい建物は建てられないことになっているとか。市そのものが世界遺産といっても過言じゃないしね(;´Д`)

お昼ごはんを食べる前に、三越に立ち寄ることに。
三越ローマ店!!
今回、本物の「真実の口」のあるところには時間の都合上行くことができなかったので、三越の地下にあったレプリカの前で写真を撮っていました。
f0006510_20472628.jpg
偽りの心がある者が手を入れると、手首を切りおとされたり、抜けなくなるとか!
元々は下水マンホールの蓋だったらしい)`v')"・:.
真実の口の写真は・・・。写ってたカップルの特に嫁のほうがモザイクをしてもなお載せるのにしのびない表情だったため割愛しました(

そして昼食の( ゚∀゚)o彡°ピザ!ピザ!
f0006510_216286.jpg
全部写りきれてないけど、これ一人分です><
おそらくマルゲリータ。
コーラの缶と比較してみてください・・・。
これを書いてる今はおなかすいてるので全部食べられる気がするけど、このときはジェラート食べた後だったので、半分くらい残してしまいました(;´Д`)
でも美味しかった!全部食べたかったなー
カプリ島で一緒のテーブルになったカップルの彼氏のほうは全部食べていました。嫁のほうは一切れ食べたか食べないかでしたが。
このときテーブルで隣になったのが、年配の夫婦。しかし、やはり旦那<<<<嫁の構図は年配になっても変わらないのか、おばさんがいろんな意味で圧倒してました (((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
旅行のときに、いろんなことにケチをつけるのは、あんまりいくないと思う!
たとえばコーラがぬるいとか!イタリアにきてから日本のビールみたいにキンキンに冷えたのとか飲んでなかったし、普通だと思ってたけど。ピザが大きすぎるとか!別に大きくてもいいじゃないか!
あっちのテーブルのほうが店員が来るのが早いとか!そのうち来るから待ちなさい@@
カップルの彼氏のほうが、ウンウンと相槌を打っているのが偉いと思いました><
f0006510_21191543.jpg
ローマ名物、サルティンボッカ。牛肉。
ほんとは前日の夜食べる予定だったけど、レストランが閉まっていて食べられなかったので、この日に出されました。おなかいっぱいでほとんど食べられなかったけど(;´Д`)

ご飯の後は常にトイレ争奪戦!いかに列が短いときに並ぶかが問題です!
水の流れにくいトイレを出て、外で待ってたら、カプリ島の船で会った日本人の年配3人組に出会った!
どうやら、これから同じ店で食事するところだったらしい。お店の人、日本人慣れしてるし、たぶんあらゆるツアーで使われるお店なんでしょう(^-^;)
しかし再び会ったことにちょっと感動。

さて、いよいよこれからバチカン市国です!
f0006510_21273086.jpg
・・・の前に、ハリーポッターの看板を見つけたのでなんとなく撮影。悪役軍団!?
f0006510_21285484.jpg
バチカン博物館の入り口。しかしこんな裏口みたいな場所から入るとは思わなんだ@@ こっちは団体用の入り口っぽいよ!
バチカンの周りはこういう塀でぐるーっと囲まれているようでした。

バチカンは、基本、どんな人種、国の人でも自由に出入りすることができ、パスポートは必要ありません。バチカンって何かというと、元はカトリック教会の一番の権威者である教皇の領地です。それこそ昔は王様から土地を寄進されたり、中には自分の子供に領土を統一させたりする教皇も。
その権威拡大を狙った教皇の子供っていうのが、あの毒薬「カンタレラ」で有名なチェーザレ・ボルジアです!普通は教皇に子供がいること自体がありえないんですけどね(・ω・)

地球の歩き方で「ローマの歴史」読んでたら、この教皇よりむしろ日本では息子のチェーザレ・ボルジアや娘のルクレツィアのほうが有名かもしれないとか書いてありました)`v')"・:.
どういう意味で有名なんでしょう!
腐の匂いがします!!!そんなんでいいんですか><
というわけでバチカンはさらに楽しみになってきました(・∀・)ニヤニヤ

荷物チェックを終え、エスカレーターで上へ上へと向かって中庭へ。
f0006510_21444343.jpg
博物館の、ピーニャの中庭。
ここで、システィーナ礼拝堂の中に描かれている最後の審判、天井に描かれているアダムの創造などについての絵画の説明を、ガイドさんがしてくれました。
礼拝堂の中はものすごい人で、説明してる余裕はないのだそう@@;

ここからは写真が多いです!
博物館の中へ。
f0006510_21511436.jpg
システィーナ礼拝堂へと続いています。
f0006510_21551529.jpg
f0006510_21573458.jpg
写真だとよくわからないけど、立体的に見える絵も、本当は平面に描かれているらしい!!(」゜ロ゜)」(」゜ロ゜)」(」゜ロ゜)」オオオオオッッッ
これはどちらも天井の絵です。
f0006510_226651.jpg
絵だけでなく彫像もありました。最初は裸体はアレも含めてありのまま表現されていたらしいけど、途中で葉っぱがかぶされたとか(・ω・)
( ゚∀゚)o彡°葉っぱ!葉っぱ!
f0006510_21582764.jpg
イエス復活の絵。この絵は見る角度によって、イエスの向いている方向が違って見えるという、だまし絵の技巧が用いられてるのだとか。
f0006510_2205819.jpg
こっちは天井は立体的に造られていると説明していた気がする。
それにしても凄い!
f0006510_2234770.jpg
扉の上のレリーフ。いよいよもうすぐ礼拝堂です><
しかし凄すぎて目移りするのと、わりと普通の速度で進んでいくので、感慨に浸る暇はなかったε- (´ー`*)
ここからは撮影禁止なので・・・
f0006510_22133448.jpg
中庭にあった看板だけどね!!
クリックすると多少大きくなるかもしれない。
中央上にいるのがイエスが、死者に審判を下しているところ。
左下は一度死んだ人が魂の復活を遂げるとこを描いているもの。
審判により、行いの悪いものは右下の地獄へと堕とされる。下のほうに描かれている舟で連れて行かれてますね(・ω・) 日本の三途の川と一緒だ! (((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
上へ言うまでもなく天国。
ミケランジェロの描く天使には、羽がないことが特徴だとか。

ガイドさんが説明してたことそのままだけど、実はミケランジェルは「モ」の人であり、彼氏がこの中に描かれているらしい!
イエスの右下にいるマッチョな人(バルトロマイ)から左を向いて顔を出してる人がそうだそうです。
ミケランジェロは自画像も描いており、そのマッチョが手に持ってる人の皮みたいなのが自分なのだとか。
ちなみに、あまりにもこの絵に裸体の人が多いことを注意した人のことを嫌って、その人のことを描いたとか)`v')"・:. 右下隅に(この写真だと右半身しか写ってないんだけど・・・)、蛇が身体のまわりにトグロ巻いてる人で、地獄の帝王だそうです(・ω・)
f0006510_2225147.jpg
これも看板@@;
礼拝堂の天井に描かれていた旧約聖書。
その中でも一番有名なアダムの創造です。神様が人差し指でアダムに命を吹き込んでいるところだとか。映画のE.Tの指つきはこれが元らしいね!
他にも、イヴの創造、楽園追放、ノアの洪水などが描かれていました。
この天井画を描いていると長時間腰をかがめて上を向いているため、すっかり体つきがおかしくなってしまったそうです。

システィーナ礼拝堂の中は、それはもういろんな人でいっぱい!!
けど、押し合いへし合い、というわけでもなかった。(添乗員さんが言うには、この日は稀に見る「ガラ空き」の日だったらしい)。撮影禁止だけど、各国人みんな撮影して怒られていました)`v')"・:.
しゃがんでる人も注意されていました(・ω・)
15分ほど礼拝堂を堪能し、サン・ピエトロ大聖堂へ 三( ゚∀゚)
f0006510_22315018.jpg
なんといっても、ここは、広い!!!!広すぎる!!!大きい!
その場にいても、そこからは全部の広さが感じられなくて、そんなに広くないんじゃない?って思ったけど、実際端から端まで歩いて見るとわかります。
さすが世界最大の教会。
写真見ると、どこも凄すぎる!!!って思うんだけど、客観的に見られないせいか、実際いるときはほんとにそこにいるのかどうかなんだかわからなかった(つд⊂)ゴシゴシ
f0006510_22353710.jpg
f0006510_22365346.jpg
なんていうか、ものすごい圧倒感。
f0006510_22422493.jpg
f0006510_22454181.jpg
f0006510_22423681.jpg
ミケランジェロ作のピエタ像はガラス越しだったのもあるけど、思ってたより小さかった。
ピエタの前はみんな像に見とれているので、スリが多いとか (((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

一番最初の教皇と言われる、ペテロの像があって、みんなペテロの足に触ってました。ご利益があるとかないとか!?昔の人は、徒歩でここまで来ることから、大聖堂へ着くとその素晴らしさにいたく感動して、感謝を込めてペテロの像の足を触っていったそうです。
f0006510_22501813.jpg
外に出ると、ミケランジェロがデザインしたといわれている衛兵服。
衛兵にはイタリア人ではなく、スイス人であり、容姿端麗な人が選ばれるとか)`v')"・:.
容姿の件はともかくとして、カトリック教徒の男子から選出されるそうですよ。
とはいえ、実際に警備にあたってるのは、イタリア警察だとか。
f0006510_22555919.jpg
大聖堂を出て、サン・ピエトロ広場。
f0006510_22572962.jpg
外から見た大聖堂。
この屋根に立つ聖人達の像がまたすばらしい><
クリックすると多少大きくなります。

このあと、広場を出ると、もうそこは再びイタリア。出るときは横断歩道を渡るくらいあっさりです!
目の前にあったお店で5分間だけお土産タイム (((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
ほんとはお土産買う時間は想定されてなかったんじゃないかというくらいの短時間。
選んでる暇とかないから、目の前にあるキーホルダーと切手買ったら、キーホルダーが日本円で1つ1500円とかするんですが( ゚ω゚):;*.':;ブッ
後で知ったけど、切手はバチカンの有名な資金源らしい。
でも、バチカンの郵便局からしか使えないのだー。R様はここからエアメールを出していました。

バスに乗り、車窓から眺めたサンタンジェロ城。「天使と悪魔」で評判らしいですね!
今度観て見よう。
f0006510_2334622.jpg
バチカンからテヴェレ川を渡るとき。
なんか綺麗な景色だった。
そしてフィレンツェへ。

バチカンは、もっともっと見所がいっぱいあります><
今回はごく一部に絞って周ったんだと思います。本気で周ると1週間くらいかかるらしい@@;

フィレンツェに行く道のりは、後ろに新婚カップルがいたんですが、ものすごくものすごく元気でした(・ω・)
特に嫁が・・・
なぜイタリアツアーの女性は強いのか!
でも、カップルと普通の友達同士の組み合わせの温度差みたいなのも感じました(;´Д`)
カップルが心置きなくいちゃつくなら、やっぱりリゾートがいいのかもしれません。
そういえば、カプリ島の三人組も、「目の前でそんなにくっつくなといいたい!」と言っていました!
仲が良いのはいいことなんだけど、周りの空気が)`v')"・:.
f0006510_2382322.jpg
道のりには、ひまわりがいっぱい。
何つくってるんだろ?
3~4時間くらい乗ってホテルへ。今日のホテルはちょっとランクが落ちるらしい!
エレベーターが一つしかないため、ものすごい行列を作ってやっと着いた部屋の前では、みんなが「鍵があかない!」といって、ドアをがちゃがちゃしていました@@
どうやら鍵が開きにくい仕様になっているとか!ド━━━(゜ロ゜;)━━ン!!
結局ホテルの人が開けにきたりしてましたが、うちの部屋ではR様が開けることに成功!(」゜ロ゜)」(」゜ロ゜)」(」゜ロ゜)」オオオオオッッッ
私は無理でした)`v')"・:.

妙なアーチ状の入り口を抜けて入った部屋は・・・
f0006510_2312252.jpg
ド━━━(゜ロ゜;)━━ン!!
ちょっと写真では表現できないけど、修道院に来たような気分になりました)`v')"・:.
ガラスコップが最近見たエヴァの綾波の部屋を思い起こさせます。
テレビはつきませんでした!!!(後でなんとかやったらついたけど)
あと、やっぱりお尻洗い?の器具がありました。便座つきで・・・

夕飯。
給仕さんがみんなちびっ子だったことが記憶に新しいです。
f0006510_23161054.jpg
こちらは一応完食。
f0006510_23162097.jpg
ぐ、グリンピース><

デザートのプリンアラモードも含めて、グリンピース以外は食べられました!
しかしあんなに豆が出てくるとは恐ろしい (((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

この日は、次の日のフィレンツェ観光のことについて地球の歩き方見てみたり、爪切ったり、毛抜きしたり(ryで、寝るのが遅くなりました。R様は先に寝てましたが(ρw-).。o○
そろそろ疲れが出てきたかもーと思った頃でした。
[PR]
by yuki-chami | 2009-07-24 23:18 | おでかけにっき | Comments(2) |
Commented by ナッツ at 2009-07-26 09:11 x
どの写真みても、日本とは違っていいよね
やっぱ海外旅行ええな^^
じぇらーとの乗せ方といいグリンピースの量といい
はんぱねーーwwww
イタリア行きたくなりました

Commented by yuki-chami at 2009-07-26 14:36
>ナッツさん
1回海外に行くと、また行きたくなるよね!
しばらく行ってなかったから敷居が高いように思ってたけど、日数短ければ気軽に行けるかも?と思った。
グリンピースははんぱなかったよ!!
イタリアいいよー! 今度もし行くときはゆっくり周りたいと思うけど。
<< ゆきちゃんに誘われた呑み会 PageTop 日食 >>
Santa Skin by Sun&Moon

忍者 Blog