イタリア日記 4日目

イタリア4日目。
朝ごはんはやっぱりハムとチーズでした(・ω・) でもこの日はたまごがあった!
私はここの朝出たチーズがなんか苦手で、取り分けたもののあまり食べずに終わった(;´Д`)
パンもあまり食べる気がせず、卵だけ食べたような気がする。
ご、ごはんが食べたい><

この日は午前中フィレンツェ市内観光と、午後はフリータイム。フリータイムは、フィレンツェに残って買い物したり自由に動き回る人もいれば、添乗員さんと一緒にピサに行くこともできました。
何度かイタリアに来たことがある人は、わりとフィレンツェに残る人が多かったような気がする。私たちはピサの斜塔を見てみたかったので、ピサに行くことにしていました。

ホテルは、フィレンツェではなく代替都市のポンタシエーベにあったので、バスで30分ほどかけてフィレンツェ市内へ。この日はフィレンツェ市内を、フィレンツェ在住の日本人ガイドさんが案内してくれました。
この日も天気は晴れ!最初は、フィレンツェの名品であるという皮製品と金細工のうち、皮製品のお店へ向かいました。路地裏を通っていったんだけど、日陰にも関わらずガイドさんが傘を差していたことが気になった@@
というのも、フィレンツェに来たあたりから気になってきたのが、ハトの多さ!
すごくハトが多いんです>< バサバサしてます!なんか振ってきそうです!
よく周り見たら、傘さしてる通行人多かったし(日傘かもしれないけどね)、フン避けかと思った!!!
とりあえず、直撃されないようになるべく上に屋根があるっぽいところを通るようにしたけど、案外壁際は上に奴らが止まっているのではないかと内心ビクビク (((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
f0006510_1927534.jpg
案内された皮製品のお店の近くにあった、サンタ・クローチェ教会。
ここは、ミケランジェロ、ガリレオ、ダンテ、マキアヴェリなどが埋葬されていて、別名お墓の教会とも呼ばれているのだとか。外観だけ眺めました。
f0006510_1930254.jpg
皮製品に金のイニシャルを入れる工程。なんかここではゴミ箱を買いました。しかしお土産を買う時間がトイレ含めて15分か20フンくらいだったので、あまりじっくり選んでる暇はなかった!この日はなんかお腹の調子が悪くて、朝からテンションが下がり気味だったので、ここで真っ先にトイレにいった記憶が( ´-`)
先に行ったのであまり並ばなかった!

そこからまた歩いて、ウフィツィ美術館へ。入り口付近で、物乞いをしているジプシーがいました。
ここの美術館はすごい@@ 中は撮影禁止だったので写真はないけど、中で保管されている絵の量といい、有名さといい、まさにルネサンス美術の代表って感じ!
全部見ている時間は当然ないので、ガイドさんに伴われて、代表的なものだけをかいつまんで見学しました。たぶん通り過ぎた名画もいっぱいあったと思う( ´-`)
名画っていったら全部名画なんだろうけど!
f0006510_19533588.jpg
これは売店で買ったポストカードだけど、真ん中と左がボッティチェリの春とヴィーナス誕生で、右がフィリッポ・リッピという人の聖母子と二天使。
右の絵、これは作者と修道女ながら駆け落ちしたという奥さんのルクレツィア・ブーティと二人の子供がモデルだと言われていると、ガイドさんが解説してから、なんか気になった@@
腐のにおいがする)`v')"・:.
あとは、レオナルドダヴィンチの描いた受胎告知と、ダヴィンチが天使の部分を描いたという絵にオーラを感じた!
ここもそんなに長時間居た気がしないけど、10分か15分くらいあった自由時間に歩いてたら、グロい絵が集結してる回廊でした(・ω・)切られてる絵とか、血ブシューなのとか、そういう絵ばっかりがあった。
メデューサの首の絵が描かれた盾は有名な絵らしいけど、昔描かれたものとは思えないくらい精密で、ちょっと気持ち悪かったです(;´Д`) 首だけになって「グエー」って言ってる時を描いたような感じorz..
ここも周るのにどれくらいかかるのかわからない美術館です><
f0006510_2011119.jpg
クリックしたら多少大きくなるかも。
中の絵画は撮影できないけど、窓越しに外に映る景色はOKらしい!
これはアルノ川にかかるヴェッキオ橋。ウフィツィ美術館とつながってるらしい。

というのも、ウフィツィ美術館は、ルネサンス時代にフィレンツェで権威を振るっていたメディチ家の事務所があったところらしい。所蔵する絵画も、メディチ家の財産が多く含まれており、今は断絶してしまったメディチ家の最後の相続人が「メディチ家のコレクションがフィレンツェにとどまり、一般に公開されること」を条件に街に寄付したことがきっかけだとか。
ウフィツィっていう言葉は英語のオフィスの語源らしい。by wiki
どうりで変な名前だと思ったよ。

今ではヴェッキオ橋は金細工を売る店が立ち並んでることで有名だけど、昔は肉屋や革屋が並んでいて臭かったらしい。それを、メディチ家の近くにある店としてふさわしくないとして宝石屋が並ぶようになったとか。
f0006510_2023884.jpg
橋の中通りはこんな感じ。金細工のお店が立ち並んでいます。ウフィツィ美術館を見学した後にほぼ素通りしただけだったので、値段は詳しく見てる余裕がなかったけど、とても買える値段ではなかったと思う><
ここもスリが多いらしい(・ω・)

ヴェッキオ橋を通って、次に歩いた先はシニョリーア広場。
ここも人がいっぱい!!!しかも炎天下で日陰もない状況(;´Д`)
f0006510_20294534.jpg
f0006510_20295323.jpg
どうも、ウフィツィ美術館の裏らしい。
f0006510_20375911.jpg
ヴェッキオ宮殿の外観、サビーネの女達の強奪。こういう物が普通に外で展示されてるのがすごいと思った@@
ダヴィデ像のレプリカもあった気がする。
ここで5分くらいの写真撮影の時間があって(やっぱり余裕はない)、次に向かったのは花の聖母教会と呼ばれるドゥオーモ!
さっきのヴェッキオ宮殿やシニョリーア広場のところがフィレンツェの政治の中心なら、この花の聖母教会ドゥオーモは宗教の中心!ヽ(・∀・ )ノ
f0006510_2042475.jpg
直前に、「冷静と情熱のあいだ」という映画を見ていたせいか、なんかドゥオーモに来れたのは感動した!(登ってはいないけど)
ここがフィレンツェか~!って感じ!
f0006510_20485786.jpg
一つ一つの細かな部分が凄すぎると思う。当然全部大理石。当時フィレンツェがいかに栄えていたかうかがえますね(*^ー゚)b
行列を並んで、教会の中へ。
f0006510_20552448.jpg
さすがにバチカンほど広さは及ばない!でもけっこう広かったけど。世界では現在4番目の大きさだとか。
f0006510_21374213.jpg
f0006510_19241.jpg
ここでなんといっても凄いのは、クーポラ内にあるフレスコ画の最後の審判。
ちなみにフレスコ画っていうのは、よく西洋の壁画に使用された技で、壁の漆喰がまだ生乾きのうちに描いてしまうものだとか。
教会を見学した後は、お昼ご飯へ。
なんと本日のお昼ご飯は中華料理!(」゜ロ゜)」(」゜ロ゜)」(」゜ロ゜)」オオオオオッッッ
イタリアでなぜ中華?って感じだけど、ご飯が食べたかった私には嬉しかった!
きっと途中でご飯が食べたくなる人が多いからに違いないと勝手に解釈した。
f0006510_21461999.jpg
イタリアにきて、野菜が少なかった気がしたので(前日のグリンピース除く)、野菜炒めが一番美味しかった。
野菜あんまり食べない子なのに!
トイレもアジア人に合うサイズでした( ・ω・)ノ
このあと、フィレンツェに残る組とピサに行く組で午後は別行動。
f0006510_21492275.jpg
サンタ・マリア・ノヴェッラ駅構内。
駅構内を通って、バスが停まっているところまで行きました。テルミニ行きの列車だったのかな。
そういえば、ツアー客の中に、フィレンツェの自由時間で、サンタ・マリア・ノヴェッラ薬局に行きたいっていう人がいました。日本にも支店があるけど、本店に行ってみたかったらしい!
いろいろ安く売ってたようです(後談)

しばし歩いた後、バスでピサへ 三( ゚∀゚)
けっこう歩いた気がする!ピサまではだいたい1時間半くらいかな。
旅行行く前に聞いたピサの感想は、「寂しいところ」「治安があまり良くない」「ジプシーが多い」
なので、ちょっと不安に思ってましたが、ガイドさんがピサに着くや否や、「今日は人がすくなーい!!」
f0006510_2157394.jpg
斜塔に行くまでに露店がいっぱい並んでいます。
黒い人もいっぱい(・ω・) 某黒い人とは違って本物の黒い人です!
f0006510_2159427.jpg
斜塔が見えた!!!
写真じゃあまり伝わらないけど、第一印象、「ほんとに傾いてる!!!!!かなり傾いてるよ!!!」って感じだった!
写真とかで見るよりも全然傾いてたよ><
f0006510_223059.jpg
定番の、ギミック写真撮ってみました (・∀・ )ゝ
傾いてるのわかるかしら!!こんなに傾いてて大丈夫なんだろうか@@
大丈夫といえないから、倒れないように昔から工事してるんだろうけど!
塔に登るのに人数制限を設けているため(映画の入場みたいに)、人がいっぱいで登ることはできませんでしたが><
近くにあったドゥオーモに入ったり、ピサではオリーブ油で有名らしいので、ピサの斜塔の形をした器に入ったオリーブ油をお土産に買って帰りました。
どこの街でも必ずドゥオーモってあるのねー

1時間半くらいの散策を楽しんだ後(ここはけっこうゆっくり見られた気がする!)、再びフィレンツェへ。
自由行動組との待ち合わせ場所へ行った後、ミケランジェロ広場へフィレンツェの夕景を眺めに行きました。
日が長いので、夕景ではないかもだけど(^^;
緯度が高いせいか、日が沈むのが20時くらいだった!18時とか19時でも全然明るい。
f0006510_2295353.jpg
クリックすると少し大きくなるかも。
ずっと赤い屋根。ヴェッキオ橋やドゥオーモも眺めることができます。
ここはほんと綺麗だった!まさに想像していたイタリアの風景って感じかも。やっぱり、古い建物をずっと使ってるから、こういう統一感があるんだろうな。
フィレンツェの観光をするにあたって、ずっと徒歩で周ったように、街自体はそんなに大きくないので、自由行動組はフィレンツェの市内案内ができるくらい満喫したようでした!
バーゲンで買い込んでる人もいたし、ここは個人でいっても周りやすそうヽ(・∀・ )ノ
街としては一番綺麗だなと思ったフィレンツェでした。

宿に着いたのが19時くらいだったので、有志の人たちでそのあと付近のコープへ行くことに!
みんなスーパー好きらしい@@
何しろ安いので、ここでお土産を買おうと)`v')"・:.
コープまでの道のりは10分ほどでしたが、1組のカップルの彼氏のほうが進んで先を歩いてくれたので、すぐ着くことができました!カップルの株があがった・・・!
f0006510_22174554.jpg
結局いろいろ見たあげく、レトルトやらお菓子を買ってみました。カゴがペットを連れて歩くみたいに引っ張る式でなんか面白かった。
ドラゴンボールZのヨーグルトが売っていたよ!!
20時半の夕飯まではあっという間><
そして夕飯は・・・
f0006510_22203911.jpg
ド━━━(゜ロ゜;)━━ン!!
またグリンピース!!!
f0006510_22205277.jpg
そして牛肉のステーキ。妙に硬かった気がする。今なら全部食べられたけど、このときは半分くらいしか食べられなかった。・゚・(ノД`)・゚・。
ちょうどテーブルに添乗員さんが混ざっていたのもあるし、テーブルのメンバーの中にちょうどカップルがいなくて、一人で来た人と、バーゲンに命をかけてやってきたようなオシャレな女の子二人だったので、にぎやかなテーブルになりましたヽ(・∀・ )ノ
一人で来た人が三人いたけど、わりと仲良く話したかもしれない。
初海外!っていうお母さんもいたけど(しかも一人・・・)、海外に何回も来てる人もいて、アエロフロートに乗ったときの話が印象的でした@@
なんでも、飛行機に乗る前に、「スーツケースをビニールテープでぐるぐる巻きにしてください!荷物の保証はできません!」と言われて、必死でぐるぐる巻きにしたとか・・・。モスクワとかでスーツケースがなくなって中のものが盗られるのが日常茶飯事らしい!ド━━━(゜ロ゜;)━━ン!!
R様も言ってたけど、空港でビニールぐるぐる巻きサービスがあって、有料なんだけど、みんな進んでそのサービス受けるらしいよ@@;;
実際アエロフロートに乗ったとき、震えるくらい寒くて、「毛布もってきて!」って言ったのに誰もきいてくれず、ツアー客がみんな新聞紙巻いて座ってたとか。
昔、世界史の先生が「なんでロシア航空が安いか知ってますか?ロシア航空と他の航空会社の値段の差は・・・命の値段です」と言っていたことが記憶に蘇ります。
安いほうがいいけれど、ある程度は安全性を選びたい(;´Д`)

オシャレな女の子二人組みは、いつも二人そろって似たような格好をしていて、周りから姉妹なんじゃないかと何度も疑われたくらいでした。たぶんどこかのお嬢様なのかもしれない!飲み物も赤白水って頼むくらいだし、R様曰く時計もアクセも凄いし、毎日服装が気になる二人でした@@

翌日はホテル移動の日だったので、スーツケースの整理とかしてたんだけど、R様が先にシャワー浴びて、私も後から浴びて、グダグダしていたら(R様は先に寝てしまった)、気がついたら寝てたぽい!!!
途中で寒いのに気がついて、電気つけっぱなしだったので、何時かわからないけど、適当に寝ました。
やっぱり、そろそろ疲れたかも?と思った4日目。
[PR]
Commented by at 2009-07-29 16:48 x
単語が舌噛みそう)v')":・。

そういやこの前世界丸見え見てたら、どこかの国で飛行機の機長が息子にせがまれてコクピットに座らせたら墜落して150人くらい全員死んだ事故があったとか聞いたよ~

国ごとにちがうもんなんだね…
せめて国際線は世界基準でやってほしいw

いいなぁ~芸術の街(*´Д`)=з
Commented by yuki-chami at 2009-08-04 21:49
>とわちゃん
それはアエロフロートだね・・・w
意識もしていないような自分が常識だと思っていることが、常識ではないのがまさに異文化。。
たとえば、舟に乗るときに乗車口にパンフレットを差し出してくる人がいたら受け取ってしまうけど、受け取ると料金請求されたりとか(;´Д`)
異文化で戸惑うこともあるけど、綺麗な景色とか、温かい人柄とか、感心することもあるよ!
by yuki-chami | 2009-07-27 22:31 | おでかけにっき | Comments(2)

しばし滞り中


by yuki-chami
プロフィールを見る