富士登山 その3

みんななかなか寝付けず(1時間起きに目が覚めたりとか)、私はなんだかんだ0時くらいに起床。
寝袋の中に入ってると異常に暑くなったり、周りが騒がしかったりであんまり寝れなかったらしい(^^;
私も、高速バスとか雑魚寝とか平気なんだけど、ここではよく目が覚めた気がする・・・
あと、起きたら「空気が薄い~」といって携帯酸素吸ってる人がいっぱいいました。
あとで調べてみたけど、寝てると呼吸が少なくなるので、高度3000メートルにもなる山小屋では息が苦しくなるらしい・・・
高山病とかで酸素薄いのが気になる人は横になるくらいで寝ないほうがいいのだそうだ!

あと、心配されたのは風と雨。夜の22時くらいにものすごい大雨が降っていたのと、起床した0時くらいには、雨は止んでたけど風が強そうだったので、山頂大丈夫なのかと!
案の定、山頂に行くのを迷ってる団体&ツアーもいて、結局うちのツアーは行くことにはなったんだけど、他のツアーでは「装備の薄い人は連れていけません」と案内しているガイドさんもいました。

リュックにいれてきた衣類が、昨日の小雨の影響でほぼ濡れてしまったので、ほぼ1日目の服装そのままで出かけることにしました。レインウェアを着てたので、自分で着てる服のほうが乾いていた^^;
やっぱりリュックはザックカバーをつけるか、中の衣類をビニールの中にいれるとか対策しないとダメですね。
次回への教訓です。。
あと、手袋はすぐ濡れてしまうので、2つくらいあってもよかったかもしれない!
結局山小屋ではあまり乾かなかったので、生乾きのまま装着していきました( ´-`)
f0006510_10552679.jpg
1時半出発!
一人だけ山小屋で待機する人がいたけど、そのほかは出発。
ガイドさん曰く、「もうせっかくここまできちゃったから、山頂には行きますが、風の状況によっては写真撮影だけしてすぐ降りますよ~」とのこと。お鉢めぐりは中止っぽい(´;ェ;`)ウゥ・・・(´;ェ;`)ウゥ・・・

風はそれなりにあったけど、雨は止んでいて、8合目から出発するときには下界の様子(富士吉田市の夜景)も見渡すことができました。しかし足元は暗いので、やっぱりヘッドライトは必要です!
f0006510_11322140.jpg
周りは赤ちゃけた岩。フラッシュだと明るく見えるけど実際には真っ暗です!
そして上に向かうほど霧が濃くなり・・・
しかもものすごい強風!ザックカバーなんてどこかに飛ばされちゃった人もいました。
次第に酸素も薄くなるので、頭が痛くなってボーっとしてよくわからない状態になる人もいれば、眠くなる人も・・・
そういうときは深呼吸するのがいいらしいです。息を吐かないと吸えないので、吐くことが重要らしい。
私は、ヘッドライトが頭に食い込んで痛いのはありましたが、高山病はなぜか平気でした・・・(なんでだろう?)
隣人がどんどん気分が悪くなって、|ι´Д`|っ < だめぽ な状態だったので、一度ガイドさんに止まってくれるように頼んでみたんだけど、何しろ物凄い強風なので、止まるにしてもすぐ止まれなかったり!
後ろを歩いていた知らないおじさんが「ゼーハー」言ってもたれかかってきたりして心配でした (((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
でも、山頂に向かう道はアリの行列みたいな凄い行列ができるという話でしたが、悪天候&シーズンをもう過ぎていたので、そんなに混んでませんでした。
f0006510_11374730.jpg
実はこの写真は、10合目(山頂)の鳥居を撮ったつもりなんだけど、フラッシュたいたら霧しかうつっていないという!
実際も、肉眼で1~2メートル先くらいしか見えませんでしたが(^-^;)
f0006510_1146933.jpg
ついに山頂!(」゜ロ゜)」(」゜ロ゜)」(」゜ロ゜)」オオオオオッッッ このとき3:30!2時間くらいの道のりでしたw
にあったこれは柱です。しかし霧と強風でみな既によくわからない様子!
でもせっかく写真撮影でとどまってくれているので、私は写真撮影しました><
f0006510_11512423.jpg
/(^o^)\フッジサーン
山頂にいたのは5分~10分くらいだったと思う・・・w(10分もいなかったような)
f0006510_11591611.jpg
そしてすぐに下山道へ!
河口湖口からの登山道は、上がりと下りの道が分かれていて、ガイドさん曰く、「登山道を下ってくる人は山頂までいけず途中で諦めて下る人、下山道の良い道を下ってる人は上までちゃんと行った人ですね」とのこと。山頂まで行かなくても、確か8合目かどこかからでも下山道は行けたかもしれない。
8合目まで下って、ご来光を観ることになりました。
下山し始めるとあっという間の速度で下っていき、4時半には8合目へ戻りました。
下山道は上る道と違って、砂走りといってほぼ砂なので石につまづいたりしなければ楽な感じです!
f0006510_1211545.jpg
途中、ちょっと明けて来ている気がする・・・
突然下に滑り落ちそうになった人がいて、みんなでひっぱりあげたハプニングもあったけど、山小屋の前でご来光を待つことになりました。
f0006510_1233212.jpg
しかし雲が多いので、雲から上にあがってくるまでに時間が長い・・・
f0006510_1252919.jpg
30分くらいずっと待ってて、このときは一番寒かった><
結局かなり雲っぽいので、微妙な感じでしたが・・・w 一応ご来光ということで!

その後、再び宿泊した山小屋で休んで(宿泊した人しか休めないらしい)、下山することに。
f0006510_12354083.jpg
なんか綺麗に景色だったので撮影。
下りは、のぼりと違って、早ければ早く下山するほど良いのだそう!(高度が下がるので)
砂ですべるのを気をつけながら、上りのときとは比べ物にならないほどのスピードでみんな下っていきました(・ω・)
f0006510_12414398.jpg
歩き方の手本を見せるガイドさん。
そういえば、下っているとき、すべって転んだら、近くを通りかかった人が包帯をくれた!
登山してるときって知らない人たいがやさしい気がするw
f0006510_1240505.jpg
下り初めが6時で、下に到着したのが9時かな?
登りは7時間くらいかけて休み休み登ったので、半分くらいですね!
ちなみにうちのパーティーは3時間くらいでしたが、もっと年配のおじさんパーティは、さらに30分くらい早かったです (((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
下に到着したら既にビール呑んでました(
f0006510_12451365.jpg
5合目にあったポスト。
8月20日までは期間限定で、山頂に郵便局が設置されるのですが、既に終わっていたのでここで投函。
でも、ここにも富士山の風景スタンプがあってよかった!なぜか、外国人がそこには多くて、みんなボンボンスタンプを押してました・・・
他のパーティの下山を待ったり、お昼に到着するバスを待っていたので、結局また2~3時間くらい下で待っていたと思う。
その間私は、ほかのバックパッカーに見習って外で寝ていました)`v')"・:.

12時頃、やっと迎えのバスが来て、これでやっと温泉浸かって帰れるというとき・・・
バスでお世話になったガイドさんが挨拶を終えて、
「それでは、私は今このバスに乗ってきた人たちを連れて、もうひと登り行ってきます」

Σ(゚Д゚;エーッ!
また登るの!!!
2連続とかどんだけ凄いんだw さすが元自衛隊・・・
すごいおじさんだった・・・
f0006510_1251085.jpg
これは河口湖。
バスの中はみんな疲れて寝ていました。
そのあとの温泉気持ちよかった(*´д`*)
でも東京に着いたら、そのあとすぐ帰ると思いきや、誰かが焼き鳥を食べたいと言い出し、呑み会になりました@@
私は翌日、神田オフだったんだけどね!(レポートは8月の参照)

今回、山頂には無事に着いたけど、お鉢めぐりできなかったし、晴れた日にまた行ってみたいな~とも思うので、富士山にはまた登りたいです!
自分のペースよりもゆっくり行って、高山病にかからなければ、登れるかも?と感じた今回の富士山ツアーでした。
[PR]
by yuki-chami | 2009-09-13 12:55 | おでかけにっき | Comments(0)

しばし滞り中


by yuki-chami
プロフィールを見る