みそ日記

たまに更新しています
by yuki-chami
プロフィールを見る
Top
あれが安達太良山
2009年 09月 28日 |
樹下の二人


――みちのくの安達が原の二本松松の根かたに人立てる見ゆ――

あれが阿多多羅山、
あの光るのが阿武隈川。

かうやつて言葉すくなに坐つてゐると、
うつとりねむるやうな頭の中に、
ただ遠い世の松風ばかりが薄みどりに吹き渡ります。
この大きな冬のはじめの野山の中に、
あなたと二人静かに燃えて手を組んでゐるよろこびを、
下を見てゐるあの白い雲にかくすのは止しませう。

あなたは不思議な仙丹を魂の壺にくゆらせて、
ああ、何といふ幽妙な愛の海ぞこに人を誘ふことか、
ふたり一緒に歩いた十年の季節の展望は、
ただあなたの中に女人の無限を見せるばかり。
無限の境に烟るものこそ、
こんなにも情意に悩む私を清めてくれ、
こんなにも苦渋を身に負ふ私に爽かな若さの泉を注いでくれる、
むしろ魔もののやうに捉へがたい
妙に変幻するものですね。

あれが阿多多羅山、
あの光るのが阿武隈川。

ここはあなたの生れたふるさと、
あの小さな白壁の点点があなたのうちの酒庫。
それでは足をのびのびと投げ出して、
このがらんと晴れ渡つた北国の木の香に満ちた空気を吸はう。
あなたそのもののやうなこのひいやりと快い、
すんなりと弾力ある雰囲気に肌を洗はう。
私は又あした遠く去る、
あの無頼の都、混沌たる愛憎の渦の中へ、
私の恐れる、しかも執着深いあの人間喜劇のただ中へ。
ここはあなたの生れたふるさと、
この不思議な別箇の肉身を生んだ天地。
まだ松風が吹いてゐます、
もう一度この冬のはじめの物寂しいパノラマの地理を教へて下さい。

あれが阿多多羅山、
あの光るのが阿武隈川。

     高村光太郎  『智恵子抄』 より


先週の土曜日、安達太良山へ行ってきました!
兄者からのメールで今回の登山が安達太良山と聞いた時、真っ先に思い浮かんだのが智恵子抄。
本をほとんど読まない私が、小学生の頃「たまには文学っぽいものでも読んだほうがいいのかな?」と思って手にとったのが智恵子抄で、その中のいくつかしか読まなかったけど、その一つが「樹下の二人」でした。

北海道にいた私にとってみれば、ディズニーランドにしても日光にしても海を越えて離れた場所。今となっては陸続きで車でも電車でもいけるし、飛行機だって乗っていけるけど、「あの有名な場所に実際に来た!」っていう憧れがあって、安達太良山もその一つ。まさか本当に来られる日がこようとは!
f0006510_1973912.jpg

車窓から見た安達太良山。田んぼが収穫時期を迎えて黄金色です!

この日の集合場所は5時半・・・
お子様もあわせて、14人で車で向かいました!
途中SAに立ち寄ったとき、でっかいハチが飛んできたと思ったら、カナブンとの格闘最中で、まさにハチがカナブンを攻撃しまくっているシーンを目の当たりにした・・・
wikiでハチについて見てみたら、秋口って一番ハチが増えている時期らしい。話それるけど、ハチのオスって交尾するためだけに生きているようなものらしい@@ まったく働かないとか!
働き蜂はすべて雌らしいですよ。
f0006510_19473363.jpg
二本松ICで降りて到着!
安達太良山って行く前、ハイキングコースだと思ってリュックとかも持っていかずにウェストポーチの中にペットボトルやら財布やらいれてたんだけど、かなりだということを着いてから知る・・・ (((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
途中までゴンドラであがりました。冬はスキー場っぽい!
f0006510_19541190.jpg
見てのとおり、かなりの山です!ド━━━(゜ロ゜;)━━ン!!
とはいってもこれはほぼ頂上付近の写真ですが。ゴンドラ降りてからはしばらく高い草木の中を分け入る感じであまり周りの景色は見えず、上にきて一気に視界が開けました。安達太良山、なにげに標高1700m!
9時くらいから登りはじめて、子供もいたため休憩長めにとって頂上に着いたのが11時くらいかな?
f0006510_19583662.jpg

今回びっくりしたのが、なんと既に紅葉の見ごろだったことですヽ(・∀・ )ノ
f0006510_2011794.jpg
f0006510_2012589.jpg
この間沖縄でまだ夏だと思ったら、山は既に秋の最中です。もう紅葉かあ・・・早いなあ。

来た道ではなく、山の稜線をたどりつつ立ち入り禁止区域の沼ノ平を眺めたり。
立ち入り禁止区域とは?
f0006510_204054.jpg
うわ、冬景色!ではありません(・ω・)
雪じゃなくて火山灰なのかな?たぶんこれ火口。
風がとても強くて硫黄くさーい感じです。しかし絶景><

結局下山したのは14時くらい(;´Д`)
今回ステッキを持っていかなかったので、なかなか下りのとき足に力が入った・・w
上り下りで計5時間くらいだけど、驚くべきことはここにはトイレが一個もなかった><
頂上にもなければ、途中にもない!もしかしたらくろがね小屋にはあったのかもしれないけど、そこは今回通らなかったしw

実は、登ってる途中、子供たちが粘土質な土を靴にくっつけて、「うんこー!」とか言ってたんだけど、本物のうんこがあって、お母さんが「あれ、犬のうんこじゃなくてきっと人のだよ・・・w」って言ってました。
そのあと、「男の人のうんこがあったっていう絵日記かくー」って子供達が言ってたのが衝撃でした)`v')"・:.
なぜあそこにあんなものがあったのか!それはトイレがなかったこともあったんでしょう(;´Д`)
たぶん(・ω・)

帰りは、「空の庭」というお店で釜めしを食べました!
行った時既に釜めしが残り6個で20分かかるって言われたけど、美味しそうだったので食べたいと思い空気を読まずオーダー)`v')"・:.
でもうどんより来るの早かったので結果的に良かった。
f0006510_20133354.jpg
これはへちま撮影のキムチとチーズの釜めし。釜めし頼んだの私とへちまだけだった!ド━━━(゜ロ゜;)━━ン!!
私は小柱とわさび風味の釜めしにして、わさびがかなり効いていた><
もちろん美味しかったです(*^ー゚)b

百名山、これで3つめ制覇です><(果たして100個制覇するのか?)
[PR]
by yuki-chami | 2009-09-28 20:15 | おでかけにっき | Comments(3) |
Commented at 2009-09-28 22:35 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by cucini at 2009-09-29 00:28
百名山制覇なんですか~?
近畿にも「伊吹山」ってのが滋賀県にあって、百名山のひとつだったはずです。
もし登るのであれば、ぜひお供させてください(*´∀`*)

それにしても文章が相変わらず上手ですね~^^
分かりやすく楽しめる文才をお持ちのミソ氏・・脱帽です!

そして

これは・・・山、ですよね・・^^;
ウエストポーチで戦場に乗り込むミソ氏・・やはり脱帽です!!

( ̄∀ ̄*)
Commented by yuki-chami at 2009-10-01 20:15
>非公開様
助言ありがとう!やっておきました(*^ー゚)b
ちなみに私はいまのとこキップ切られたことはありません( ・ω・)ノ
まあ自分のは軽だからね><

>@もも様
おおw もし登るときは声かける!
とはいえ、本当に死ぬまでに百名山を制覇するとしたら、1年に2~3個はペースで登らないといけない気が!?
ちなみに私の最初登った筑波山は百名山の中でも一番低くて、1500mいかないけど歴史ある山だから加えられた山なのだそうです(・ω・)
他は1500mオーバー(;´Д`)
かなり脚が丈夫になりそうだ・・・w
<< あさり PageTop ヒキューがケチすぎます >>
Santa Skin by Sun&Moon

忍者 Blog