みそ日記

chamimi.exblog.jp
ブログトップ
加仁湯温泉 その1
2010年 02月 05日 |
約1週間前のことになるけれど!
温泉へ行ってきましたヽ(・∀・ )ノ

当初は「貧乏旅行でもいこーよ」という企画だったはずなのですが・・・
貧乏旅行の名のとおり、安くて、泊まってもいいかな?っていうところを調べて、

みそ 「3000円であったんだけど、それでも大丈夫?」

って聞いたら、

ゆきちゃん 「そんなところ存在するんですか?」

という格言を放たれたので、安い<<<<<泊まりたい宿☆ というところで探すことにしました@@;

おかげで、給料入ってから1週間と経たないのに、すぐ使える貯金が20000円しかないという事態に陥りました!ド━━━(゜ロ゜;)━━ン!!
家賃とかは払った後だから、純粋に食費とか交遊費ってことになるけど、あんまり考えないでいろいろ計画立ててしまったから今月かなりやばい! (((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

といっても、加仁湯はすごく高い宿、というわけでもないのですが。
前から行ってみたかった温泉なので、そこを挙げたら、有名な温泉だし、残りの二人とも「行ってみたい!」とのことだったので、そこで決まり。

加仁湯とはいったいどこにあるのか!
f0006510_7573330.jpg
まったくの自己満足になるけど、地図だと日光から見て左上に位置しています!
日光から左の華厳の滝~戦場ヶ原からは行けないので、今市から鬼怒川温泉へ向かい、そこから左へ曲がって川治温泉から川俣温泉方面へ走ります。

当日、私の軽で行くことになっているので、ゆきちゃんを拾い、さらに走ること30分ちょい、ともこさんを拾う。
迎えに行くと、「女夫淵(めおとぶち)まで行くの?@@」と家族の方が心配そうにしている。
女夫淵ってどこのことかわからなかったけど、実は加仁湯にマイカーで行くとなると、途中までしかいけなかったりする。その行き止まりのところが女夫淵である。その女夫淵まで行く道のりも、がけっぷちを通るような細~い道でそれはそれは厳しい道らしい!しかも冬だし積雪も予想されるという!
聞くところによると、ゆきちゃんのお母さんもかなり心配していたのだとか。
うちは・・・うちは行くことすら言っていない!ド━━━(゜ロ゜;)━━ン!!

でも大丈夫!今回は雪見風呂送迎プランってことで、今市まで行ったら宿の車が迎えにきてくれるんだよ~と説明したけど、なんか不安そうだったように見えました(・ω・)

日光までいつも混むからな~(いや、むしろ混むのはいろは坂だけど)と思い、早めに出発して、9時くらいには3人乗ったのかな。
意外と混んでなくて、かなり早くに集合場所の今市にある長久温泉というところに着く感じだったので、宇都宮近くのコンビニとか寄って部屋で呑むお酒などを買い込み、「途中でご飯でも食べていく~?」ってともこさんと話していたけど、ゆきちゃんが、「いえ、まずは集合場所まで行きましょう!後で時間間に合わなかったりすると不安なので!」と言うので、まずはまっすぐ目的地へ!
B型が3人もそろってしまったけど、ゆきちゃんが一番時間には厳しいようだ! (((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
確かに私はこの日も15分くらい遅れて迎えに行ったような気がする>┼○ バタッ

しかしやっぱり時間はかなり余裕で、迎えの時間までまだ2時間くらいあったので、ドライブがてらその辺をうろうろすることにしました。
鬼怒川温泉方面に走ってみたけど、車がほとんどない!
オフシーズンっていうのもあるのかもしれないけど、観光客でにぎわってるのは日光周辺だけなのかなーって思ったり。でも車がないので、道も走りやすいしいいお天気で良かった♪
f0006510_1948187.jpg
二人が、「ここに寄りたい!」って同時に指した、創作料理 香音(かのん)という店。パスタとピザのお店らしい。
このサイト見ると、「周りにテーマパークがたくさんあります」と書いてあるとおり、確かにこの辺はよくわからないテーマパーク、たとえばウエスタン村(今はつぶれたらしい@@)とか、動物のオブジェがいっぱいくっついた建物とかありました。なんとなく中伊豆の雰囲気をかもしだしてる!日光江戸村もこの辺らしい。

ちょうどお昼の時間だし、おなかもすいていたのでここに入って昼食を摂ることに。
f0006510_195866.jpg
いつもはクリーム系のパスタにするんだけど、今回は珍しくボンゴレ・ビアンコにしてみた!なんか塩味パスタが食べたかったのだー
下は栃木和牛すね肉(?)入りのカレー。けっこう美味しかったかも( ̄~; ̄)

そういえば、和牛って聞くとなんか高級な感じがするけど、日本の在来種を元に交配を繰り返して改良したものは皆和牛というらしい。そう考えて見ると、いっぱいいそうな気がしないでもない。

ゆっくりと食事をした後は、集合場所へ向かい加仁湯行きのマイクロバスへ乗り込みました。
このマイクロバスの中で気になったのは、異様に外国人率が高かったのと、目の前のカップルでしょうか(・ω・)
ほんとはバラバラの空席2席しかなかったのに、わざわざ隣り合わせでカップルのために空けたというのにお礼も言わなかったという!ヽ(`Д´)ノ 
しかも走行中超いちゃつきまくりとか( これだからばかっぷるは)`v')"・:.
みなさんもバカップルになってはいけません!美しいカップルでありましょう!ばかっぷる撲滅!ばかっぷる撲滅!

鬼怒川温泉を抜け、川治温泉を通り、川俣温泉方面へ。鬼怒川温泉は、大きなホテルや渓谷に囲まれたいかにも温泉郷!って感じのところなんだけど、なんだか寂れている・・・@@ つぶれたところが目立つような気がする。
きっとすごい温泉なのにもったいないな><
そして川俣温泉方面に行くと、道もだんだん細くなっていきます。
f0006510_20303218.jpg
私は右側にいたのであまり渓谷は見えませんでしたが、左のほうで脱輪したらたぶん死にます(・ω・)

そして、道脇の雪もだんだん多くなっていき、女夫淵温泉まで来た!
前に同期と、ここまでは来たことはあるけれど、この先は未開の地。
f0006510_203341.jpg
「山を甘く見るな!」とかいてあります!Σ(゚Д゚;エーッ! 看板折れてるけど  某Z氏の「やまをなめるな!」を思い出す@@
ここから先は本来であれば歩いていくしかありません。夏だったら歩いてもいいかなw
だいたい1時間くらい歩くらしいですよ。
f0006510_20371928.jpg
ここから先は雪道を走行。木の枝からつららが降りていました。
実家に帰ったときに雪は見ていたけど、やっぱり嬉しくて、ずっと見てしまったなー
途中で宅急便の車とかすれ違いました。加仁湯近くには、離れたところに八丁の湯とか宿が数軒あるらしい。
f0006510_20394260.jpg
20分くらい走って、加仁湯到着ヽ(・∀・ )ノ
f0006510_20431758.jpg
f0006510_20432541.jpg
ちなみにこれは部屋ではありません!
部屋には熊はいませんよ!鹿もいません!これは談話室ですb

ロビーのあるのは元々ある本館なんだと思う。今回私たちはわりと新しいほうの積善館というところに泊まりましたb
そういえば、ゆきちゃんはこういう剥製系は苦手なんだとか。
仲居さんから説明があり、なんと貸切風呂以外は、温泉は24時間入れるとか!!(」゜ロ゜)」(」゜ロ゜)」(」゜ロ゜)」オオオオオッッッ
今まで24時間入れるお風呂なんてきいたことないかも><

しかも・・・お風呂は全部でいくつだったかな、露天風呂が3つ、貸切露天風呂、内湯、ロマン風呂、はらはら風呂、他にもなんかあったような気がする。
女性専用の露天風呂が1つあって、内湯は男女別。そして残りは・・・・



すべて混浴。



つづく。
[PR]
by yuki-chami | 2010-02-05 20:50 | おでかけにっき | Comments(2) |
Commented by キティマ at 2010-02-05 21:36 x
早く続きを!
Commented by yuki-chami at 2010-02-07 15:13
さすがエロいですね!
<< 加仁湯温泉 その2 頁とっぷ 豆まき >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
月野原 Skin by Sun&Moon