みそ日記

chamimi.exblog.jp

たまに更新しています

科学技術週間

毎年この時期は、科学技術週間といって国の研究機関の一般公開が行われている。
私は正直、理科とか実験とか苦手だったし、専門知識も何もないのだけれど、こういう施設を好んで見に行く友人がいるので、なんとなくついていっている。
まあ、たまにはよくわからないものを見るのもいいかもしれないし!?

おととしは原子力研究機構へ。去年は新しく仕事が変わったばかりでそれどころではなくキャンセル、今年は、「面白いところはどこ?」と聞いたら、お勧めされたので、防災科学技術研究所へ一緒に行くことになった。

昨日は雪が降ったりしてたけど、今日はいいお天気!
やっぱり私が出かけるときは晴れるのだ!と自分で勝手に思っています。

さて、この防災科学技術研究所というところは、どんなところなのか?

(HPより抜粋)
災害から人命を守り、災害の教訓を活かして発展を続ける災害に強い社会の実現を目指し、地震、火山、気象、土砂および雪氷災害による被害の軽減に関する研究開発を行っております。

(*゜ρ゜) ボー
とりあえず行って見ればわかる!!

研究施設へ車を走らせて行くと、 駐車場要員としてかりだされていると思われる職員がわらわらいて、案内してくれる。けっこうみんなスマイル!
お、なんか雰囲気良いよ!?しかもかなりの職員が動員されている気がw

施設といっても、基本的に外に展示物があって、まず目に付いたのが地震を体験できる車。
イメージ的には、昔ドリフでちゃぶ台を囲んだファミリーが地震に遭っている様子そのものといったところ。あのシリーズ、今思えばパターンは同じなんだけど、なんであんなに面白かったんだろうw
行列ができていたので、体験はしなかったけど、子連れのファミリーが多かった!

歩いていくと、「火山のメカニズムを知ろう」という実験で、ペットボトルを使った催しが行われていました。
火山はどうして起こるかというと、地球の内部にあるマグマだまりにあるマグマが、比重が軽いことから表面に出ようとして吹き出たものが溶岩らしい。
実験は、それをコーラのペットボトルに見立てて、中のコーラを吹き上げようというもの。

ところでコーラを吹き上げようと思ったら、簡単な方法はペットボトルを振りまくること!
こうすると、コーラの中に泡がいっぱいできるので、パンパンに膨れ上がったコーラの中の泡が一気に外へ飛び出すのはきっと見たことがあると思う。

今回は、コーラの中にメントスを入れることで泡を発生させるものでした。
f0006510_2047143.jpg
まずはペットボトルをセット、そしてボトルの内側に磁石の付いたメントスをいれ、外側の磁石で固定。ペットボトルのフタには穴をあけておく。
そして、外の磁石をタコ糸を引くことでペットボトルから離すと・・・
f0006510_2054568.jpg
フタの穴からコーラが吹き上がる!
というものでした!

きっとこれを見ていたお子様方は、うちに帰ってやった子もいるに違いない@@
そして部屋をコーラまみれに(ry

友人は実験そのものよりも、研究所の人から聞ける専門話に興味があった模様。

次に、この防災科学技術研究所での目玉となる施設のうちの一つを見に行くことにしました。
それがこれだ!
f0006510_20583686.jpg
ただの建物のように見えるけど、大型耐震実験施設といって、建物が建っている下の装置で地震を起こすことができるらしい。
木造の建物やコンクリートの建物をこの装置の上に建てて、どれくらいの耐震があるのかを実際に試そうというものということ!
確かにミニチュア版で試すのもありかもしれないけど、実物大を揺らして試したほうがハッキリわかるもんね@@
わかりやすい装置だ・・・
一般公開のこの日はさすがに装置は作動させたりはなかったけど、1年に数回は実際に壊れる現場を見学できることがあるらしい。こまめにHPをチェックしておこうかしら!

次に見学したのは、もう一つの目玉である大型降雨実験施設。
f0006510_2192111.jpg
右の山は、山の模型。施設は左側のほうです。
中では何をしているかというと・・・
f0006510_21104192.jpg
ものすごい雨を降らせている(・ω・)
今日は何の格好でもいいからということで、ワンピース着ていったんだけど、せっかくなので傘と長靴で雨も体験してきました)`v')"・:.
最大で200ミリまで降らせられるらしいよ!

この雨を降らせる建物は横に移動することができるらしく、上の写真にあった山の上にスライドさせて雨を降らせ、どういう風に土砂崩れが起きるのかなどを実験するのだとか。
実際の山はもっと高いかもしれないけど、これもなんというかわかりやすい装置だと思った!しかし実際に降らせたりできるところがすごい。

屋内にある展示物には、リアルタイム地震計などもありました。
あと、今タイムリーな話題の、アイスランドの火山のこととか。けっこう面白かった!
火山研究者としては、火山が起きている現場にぜひ行ってみたいらしい。
火山ガスや岩を採取したりとか・・・研究者魂ですね。

お昼食べてから、まだ午後の見学ができる時間だったので、次は実験植物園にも行きました。
しかしデジカメの電池が切れてしまったので写真はありません><
あらゆる植物の標本館を見学したりしたけど、標本よりも、かつて標本にするために使った新聞紙で、昭和8年のものとか古過ぎてかなり気になった@@
募集広告に「少女募集」とか書いてあったよ!ド━━━(゜ロ゜;)━━ン!!
13歳以上愛くるしい方、とか。モルヒネとか書いてあったけど・・・・昔は売ってたのか!?
この植物園のイメージは、まさに植物の図書館といったところです!もちろん学名で分類されているらしく、かなりの量があるらしいけれど、一般人が学名をどうやって知ることができるのかというどこかのおじさんの質問に、「経験としかいいようがないです!」と研究者の人が言っていました。
それが本当のことだとしても、ただの一般人としては身も蓋もないです><

心に残ったこととしては、標本は自宅を研究施設として見立てて、自宅で保管してもいいらしい(あまり好まれるケースではないらしいけど!)。特に昆虫の標本なんかは、自宅に標本を置いて、その研究者が亡くなった後、まちがって家の人が捨ててしまったりとかして、今では標本が見られずに困っているケースがけっこうあるらしい (((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
後の研究者や一般の人が見られるように、標本は博物館に置きましょう!と研究の人がいっていました。

他に、植物学者の人たちの話も聞いたりしていましたが、さすがに朝から夕方まで施設見学は疲れました。
もう、こちらのソメイヨシノはだいぶ散っています。この1週間あまり天気が良くなかったので、一週間前に見た桜が一番綺麗だったかも。
[PR]
Commented by 真修羅 at 2010-04-19 11:11 x
コーラの実験は結構有名だよねぇw 一度も試したことはないけどw
んで傘もって写ってるのがもしやみそさん(゚д゚)?
Commented by R at 2010-04-19 22:56 x
おおおおッ!科学技術週間ってすばらしいっ!
一緒に行ったJAXAといい、こういうのだけに関してはそこに住みたいと思う(笑)
Commented by ちりんころん at 2010-04-21 21:09 x
どしゃ降り体験がしたいです!!

Commented by yuki-chami at 2010-04-29 15:29
>ましゅさん
決して家で実験しないように!(>Д<)ゝ”
ちなみに傘を差してるのは、まったくの他人です。
どしゃぶりで写真にうつるどころじゃなかったよ!!ww

>R様
1年に1週間、4月にこういうイベントがあるんだよー
R様はきっとどこの研究所いっても楽しめると思う!
というわけで、щ(▼ロ▼щ) カモ-ン

>ちりちゃん
1時間で200ミリってすごいよね!私が体験したときは180ミリだったけど、それでもすごかったよ><
上からの雨はもちろんだけど、雨がすごいことによる泥ハネのほうがむしろ激しかったです。
さすがに傘を差さないで試す自信はないw
by yuki-chami | 2010-04-18 21:24 | おでかけにっき | Comments(4)