みそ日記

chamimi.exblog.jp

たまに更新しています

旅立ちのとき

幸せって何かなって考えた。
どちらの選択肢をとったにしても、後悔することはあって
それが幸せだったのかどうか、それは後になってわかることなのかもしれない。
そう、電話ではじめに彼に言った。

寝ているような寝ていないような感覚。
目をあけたまま寝ているような感覚なのかもしれない。
なんだか短い間隔で目が覚める。時間なんて無いみたいだ。

「他の人が心配するほど凹んでないよ」そうかもしれない。
でも、自分で考えてるほど全然浅くない気がする。

みんな、「よくがんばったね」って言った。
頑張ったかな・・・・そうかな・・・・・・・
だって自分でそうしたかっただけだよ・・・・

実感していなかったこと。
おとといふと気づいた。
私は一人になったんだって。
「そんなことを言うと友達が悲しむよ」ってナインが言った。
そうだね、ごめん。
友達・・・
私はこれまで散々失礼なことをしてきたのに、ないがしろにした部分もあったし
きっかけはいろいろだけど、ネットがきっかけの人は多くて
その人たちが友達と思ってるくれてるかどうかなんて怖くて聞けなくて
私は・・・・本当に寂しい奴なんだよ。
そしてこれから変化の波に揉まれて変わらなくてはいけなくて
変わる・・・・
・・・・・

私を3年間暖かく包んでたものがなくなった。

そう気づいたら凄く怖くなって、あの人じゃなきゃ嫌だって思って
もう一度それを伝えなくてはならないと思った。
結果は変わらなかったとしても、言わないといけないと思った。
けど、おとといは無理だったので、昨日電話がくることになった。

そしてまた一日考えた。

本当にそれでいいのか?
もし仮に無理に押しかけたとして、それは必ずしも相手を幸せにはしないのではないかと。
「あの人じゃなければ嫌だ」というのは自分のことじゃないか。

これまで自分は、相手の幸せを心から願えるようなそんな奴じゃないと思ってた。
でも、いざとなったらなんかそれは違うのだ。

結局決められなかった。
これまで何度も自分だって、いろいろ考えたことか。
でも相手に打ち明けても、やっぱり頑張ろうって思ったり、勇気が出なかったり
決断できなかった。

電話がくる前に、今日は電話するべきじゃないかもしれないとも思った。
でも、今日してしまったほうがいいとも考えた。やっぱり決められない。
けど、きっと選択肢はない気がした。
私は、この前の電話で納得してしまって、あまり頑張らなかった気がしたので
せめて頑張ってから先へ進みたかったのかもしれない。
あっさり納得するほど、自分の気持ちが浅かったとは思えない。
そんな自分に報いるために。

彼の声を聞くのは自然だった。
決意は揺るがなかった。「変わるくらいなら最初から言わない」って。
やっぱり思ったとおりの人だった。よかった、間違ってなくて。
私、少しは見る目あった?そう自分だけは思っておくよ
「よく決めたね」って言った。
この道はもう閉ざされてしまったなら、もう悩んでも仕方がない。
悲しむだけ悲しんだら、先へ。
先へ先へ

「他のものは捨ててもいいけど、パンダだけは捨てないで」って言った。
「全部捨てんよ」って言った。
「あれはカナダにも行ったパンダだから、ちゃんと大事にしてね!」って送ったら
「わかった」ってにっこりの絵文字入りで返ってきた。
よかった。

私は、必死に亡骸にすがっているだけなのかもしれない。
でも1つも忘れたくない。先のことなんてわからないけど、今は、今はそう思う。
1つも忘れさせないで。そして、1つだけでもいいから、忘れないでいて・・・

包んでたものが消えたわけじゃない。
電話をして、思い出をたどるのに、また蓋をしてるような感じになって
私はまだちょっと閉じこもってて、まわりがただ流れていくようなものに感じて

けれども。
私は実感してないだけで、きっと彼も友達も周りにいてくれるし

同じ人はいないかもしれないけど、きっと別の人は別の人なりに
素敵な人なのだと思う。
何が幸せかって、決まってるものなんじゃなくてきっと自分が感じるものだ。

変われるといいな。

これからも、よろしく。


P.S. しばらくこんな日記になってしまってごめんなさい。
[PR]
Commented at 2006-03-25 10:58 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2006-03-25 11:58 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2006-03-25 18:39 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2006-03-26 01:43 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by yuki-chami at 2006-03-28 12:37
みんな見てくれててありがとう。
こうやってブログとして公表するのは、周りから見てうざいかもしれないとも思いましたが、私としては「こういうことがあった」ということを形に残しておきたかったのです。

本当にありがとうね。
つらいときには遠慮なくヘルプを呼びます!w
by yuki-chami | 2006-03-25 06:02 | にちじょう | Comments(5)