台湾旅行記 その1

土曜日~火曜まで4日間、台湾へ行ってきました!
f0006510_22463793.jpg
エバー航空(台湾の航空会社)の旅ヽ(・ω・ )ノ
かなり旅行を手配するのがギリギリ(2週間前)になってしまったのですが・・・。HISを利用して行きました!
さすがに海外はツアー抜きで飛行機手配できるほどスキルがありません(;´Д`)

本当はヨーロッパとか行きたかったけど・・・!さすがに5日間もお休みとれないのと、ゆきちゃんや、いろんなお姉さま方が「台湾は面白い!」と言うので、今回は気軽に行ける台湾に。
いろんなツアー見ても、台湾と韓国が一番安いような気がする。韓国もまだいったことないけど。

貸してもらった旅行本にるるぶ+地球の歩き方を足して飛行機へGO。
ことりっぷやるるぶもとてもいいんだけど、やっぱり地球の歩き方がないとなんとなく落ち着かない(^^;
昔、台湾と台北(タイペイ)って違う国だと思っていた。だって地球の歩き方で台湾と台北が別の本になってるから・・・。
今回なぜ二つに分かれているのか理由がわかった。台湾の中でも台北に行く人が多かったからなのか!そして「台北」の本を買った!詳しい!

最寄り駅5:30発!今回は荷物準備も終わったしなんだか順調だ!とてつもなく眠いけど。
パッキングも素晴らしい!荷物も軽い!と自画自賛していた。
成田に着いて、チェックインも早かったので窓側席をGETしたー!(私が)

成田発10:20。
しかし21日といえば、この日から夏休み@@!
荷物検査場の時点でもうとてつもない行列が・・・・・
入国審査ゲート待ちのところでも消えることなく大量の列。まあなんとかなるだろう(´∇`)と悠長にする私に不安げな旦那。チラリとチケットを確認すると・・・私30分時間勘違いしていたwwwwww
出発まであと10分切ってるじゃん!ド━━━(゜ロ゜;)━━ン!!
出たよいつものオチ。
並VIPルームで悠長にブログ(前の記事)を更新している場合ではなかった!w

旦那が係員に尋ねると、「お客様同士で交渉して列に入れてもらってください。時間を過ぎるとお乗りいただけません」と言われ、必死に交渉! (すみません・・・・(_ _(--;(_ _(--; ペコペコ
親切な若いお姉ちゃんと中年の女の方が入れてくれ(入れてくれた人たちにとってもいいことがありますように!)、なんとか入国審査の次の順番に!?
私たちの乗る便の番号を掲げた人と何か言葉を交わした人たち(審査を通った人)が全速力で駆けていく。
うん、やばいんだな!
まだこちら側(審査前)にいる親子の父が「いいか、審査を抜けたら全速力で走るんだぞ」と子どもに言っている。
みんなヤバイらしい。

審査を抜けたとたん、全速力で走る!
違う列で審査終わったお姉ちゃん二人も同じ便らしい。同じく走る!!!!!

旦那 「(走りながら後ろを振り返り)大丈夫!?」
  「こういう展開には慣れている・・・!」
旦那 「ははは(苦笑い)」


間に合った(´∇`)

他にも遅れた客がいたのか、出発待ちだったのか、結局動き出したのが11時くらいだったような気もする。
しかし今度は海外の飛行機を甘く見ないようにしなければ><(というかチケットをよく見よう・・・)

エバー航空の接客とかサービスもなかなか(・∀・)ヨカッタ!カラーは緑。
スッチーはほぼ台湾の乗務員だけどみんな笑顔で丁寧。日本語もけっこう通じる。機内のテレビが壊れてない、ちゃんと動く。
ご飯でお酒が呑める( ̄~; ̄) っていうか、タヒチのときも思ったけど、普通は呑めるの!?どうなの!
ビールもワインも選べました( ・ω・)ノ
f0006510_2315858.jpg
肉か魚か選べて、旦那が肉を選んだので私は魚+ビール。でも、サーモンのなんとかっていうお弁当だったと思うけど、ほぼ幕の内!?鶏肉も入っているような!w
でもかつての機内食の中でもかなり食べやすかった。それにハーゲンダッツ(;´Д`)スバラスィ ...ハァハァ
旦那のは逆にカツ丼という名前なのに、なんだか南国的な弁当が出てきてたような気がした(・ω・)
さては罠か!
f0006510_23185234.jpg
機内エンタメでは、なんとボカロソングも聴ける!@@
私はこの後ずーっとボカロ。降りるまでコレ。あれ、隣でも同じ画面のようですが・・・
f0006510_23211183.jpg
台湾の島が見えてきました!
台北桃園空港到着。時差は1時間です(日本より1時間遅い)。

旅行の手配もネットだったし、来るときのチェックインは自分で。あとは印刷した旅程表くらいしか持ってないし、これからどうするのかなあと思っていたら、到着ロビーで大量のあらゆる名前を書いた人。人。人。
その中で「HIS」と書いた札をもったお姉さんに話しかけたら、その人だった。他にもツアー客がけっこういる模様。
集まったところでバスで台北へ。バスに乗る順番からして、どうやら私たちの泊まるホテルは一番遠いようだ・・・!
バスの中でガイドさん(台湾の女の子)が日本語でいろいろ案内してくれました。ツアーを予約したとき、飛行機と宿くらいしか決めずにまったくのフリープランだったのですが、案内によると「九ふん(観光地)」に行くのには、行きはいろいろ案内があったりガイド書にも紹介されているけど、帰り道のことが書かれていないし、バスもいつ来るかわからないと言っていたので、これはオプションで連れて行ってもらうことに。当日ガイドさんに言っても全然大丈夫でした。

あと、事前にほとんど「どこの店へ行く」ということもあまり調べていなかったのですが、ガイドさんから渡された案内にある、有名な小籠包のお店(予約だとすんなり入れる。かなり混雑しているらしい)の予約とか、「ここは大丈夫、安心できる!」というマッサージのお店とかもガイドさんに無料で予約してもらえるとのことだったので、予約をお願いしました。きっと、もっと安いお店とかあるんだろうけど、どこへ行ったらいいかわからないし、安心できるところのほうがいいので(;´Д`)
後から考えてみても、これは予約して正解だった。なんといっても楽。ツアーだとこういうところがいいね。初めての国じゃないならツアーじゃなくてもいいと思うけど!

ということで、「ここは行こう!」と唯一決めていた九ふんは1日目の夜行くことに。つまりホテルへ着いてからすぐだ!30分後くらいに出発!ド━━━(゜ロ゜;)━━ン!!

リビエラホテルというところに泊まりました。
比較的お手ごろな価格なわりにクチコミが良かったので。といってもツアー料金に含んでるけど!
場所は中心部からは少し離れていて、圓山駅が一番近いかも。欧風な感じです。というか、リビエラって日本の結婚式場でも有名だけど、たぶん経営が同じところなのだろう・・・@@ 受付でチェックインしてるとき、隣の部屋でウェディングドレスを着た人が写真撮影してました。
f0006510_23391461.jpg
f0006510_23395364.jpg
f0006510_2340235.jpg
たぶん造られてからそれなりに時間は経ってると思うけど、綺麗にされてる。部屋だけ見ると、ビジネスホテルを少し広くしてちょっと飾った感じ?と思ったけど、お風呂とトイレが綺麗で広かった。
なんかエントランスドアのところで待ち構えていて、ドアを開ける専門(?)のスタッフがいる!なんとなくすごい。デスクの人はほとんど日本語OK。対応も良かったです。
[PR]
by yuki-chami | 2012-07-25 23:42 | おでかけにっき | Comments(0)

しばし滞り中


by yuki-chami
プロフィールを見る