台湾旅行記 その2
2012年 08月 02日 |
昨日の夜、札幌に帰ってきました!
いつも札幌に帰ってきても暑いのですが、今回は昨日少し雨が降ったらしく、昨日の夜、今日と涼しい日が続いています。なんといっても湿気がない!
ひさしぶりに心地よく眠れた気がする。
オリンピック観てたので、相変わらず寝不足といえば寝不足なのですが(;´Д`)
今日はこれからR様と晩ごはんです。


さて、犬2匹(睡眠中)と私だけの家から、途中になっていた台湾旅行記の続き。


台湾のホテルに到着し、30分くらい部屋で荷物まとめなおしたり、出かける準備をしたらロビーにバスが迎えにやってきました。さっきとは違うバスガイドさんです。
というか、ツアーの中で同じガイドさんが案内するということはなく、毎回違うらしいw
バスの中にはいろんなホテルから乗ってきたと思われる日本人。
高速道路を使って、九ふんと呼ばれる街へ行きます( ・ω・)ノ

台湾の公共交通機関の中では食べ物を食べることが禁止されているらしい!
バスの中でも、「山の中を通るときに虫がくるから」と言って、食べていた人が注意されていました。文化だなあ。
高速道路に乗っていると、山の中にぽつぽつと何かお堂みたいな朱色や白のものが。
これは、昔は土葬だったらしく、お墓らしい。日本のお墓よりもずっとずっと立派な感じで、きっとこのペースで建てていったら台湾はお堂で埋まってしまうんじゃないかと思うくらいw
その理由というわけではないと思うけど、今は火葬らしいです。今山の中に建ててあるものは古いものなのだそうです。

途中(なぜか)バスを乗り換え、最終目的地九ふんへ。
台北から車で45分くらいかな?
今回のガイドさんはベテラン年齢らしく、しつこ~~~~~く、待ち合わせ場所や観光スポットを説明していました・・・w
f0006510_15151456.jpg
九ふんに到着した後、晩ごはん食べに行く途中の景色。
ここの港から、名護まで船が出ているらしいよ。
ツアーについていた晩ごはんは、中華料理食べるときのまわるテーブル方式。
席があらかじめ決められていて、みんなで回しながら食べました。(なんか妙な空気だったw)
ナスの炒め物が妙においしかった@@
この晩ごはんが終わったら、待ち合わせの時間までは自由時間!

九ふんといえば!
f0006510_15212114.jpg
ガイドブックにも載っていた、この階段から見上げる景色!
まだ明るいですが、夜になるともっと素敵な感じになります。
一番上まで登っていくとお堂があるのだとか。とーーーーーっても暑かったのと、上まで登ってもさほど面白いわけではないと聞いたので、今回はお店が密集しているところを回ることにしました。
f0006510_15265546.jpg
f0006510_1528494.jpg
九ふんは、昔は炭鉱の町だったみたいなのですが、そういった古い町並みに価値を見出そうという人たちが集まって、最近観光地として見直されているらしい。
千と千尋の神隠し、の舞台になった町でもあります。確かに、最初に出てくる夜市のシーンの雰囲気と同じだ!
写真に写っているブヨブヨした妙な物体、ところどころに売られていたけど、これはなんなのだろう><
市場っぽい通りなので、ところどころ匂いがきつかったです@@; 臭豆腐か何かかな?
f0006510_15335598.jpg
阿妹茶樓(あめおちゃ)
ガイドさんには、ここの上から見る景色が素晴らしいと、とってもおすすめされました。(お茶を飲まないと入れませんが)
建物は千と千尋の神隠しに出てくる湯婆婆の湯屋のモデルになったところです!
これは、ぜひ中に入らなくてはw
f0006510_15393486.jpg
入口にあった怪しいお面。
f0006510_15411998.jpg
中の雰囲気と出てきたお茶。
値段はなかなか(日本円で1500円くらい?)ですが、お茶がたっぷり!しかもなくなるといくらでも注いでくれる・・・
雰囲気がとってもいいですね!
f0006510_15443431.jpg
窓から見る景色がとてもいい感じです!
f0006510_15444183.jpg
提灯に灯りがつきました。
f0006510_15463592.jpg
外から見るとこんな感じです。
f0006510_1549336.jpg
待ち合わせの集合時間も近くなり、私は特に何も買うことなく写真ばっかり撮ってたのですが、旦那は「気になる店がある!」と言ってどこかへ消え、ベルトを買ってきたようです。
日本円に直すと、特にすごく高い!というわけではないと思うんだけど、やっぱり観光地だし、まだ1日目だったので、ここで買うのが得策なのかどうかわからなかったので、買わなかった(^^;
f0006510_15522692.jpg
さっきの階段下は夜になるとこんな感じになります。
もっと素敵に撮れたらよかったんだけど><
人も多かったので、なかなか難しかったです(^^;

その後はツアーバスで帰り。
なんだかバス停っぽいところに、多量の人が列をなして待っていました@@
もしかしてあれが個人で来て帰る人だったとしたら・・・
最初のガイドさんが、「行きは案内がいろいろあるけど、帰りの案内がまったくない」と言っていたのを聞いてよかった気がする。
九ふんの中は、そんなにものすごく広いわけではないので、1.5時間~2時間いたら十分な気がするし。というわけで、オプションツアーおすすめ@@(3500円~4000円くらい)

帰りも高速だったのですが、ホテルへの送迎の前に、台北市内の夜市(饒河街観光夜市)で自由時間がありました。
f0006510_163218.jpg
そこで解散したい人は解散。集合時間にきた人は送迎してくれる、みたいな。
小一時間ほどあったので、少しだけ夜市を回ったけど、ここは安い!そして偽物おおし!w
夜市はほかの日に行く予定だったので、本当に下見程度でしたが、なんとなく雰囲気がわかってよかったですw
ここは台北市内にある松山駅の近くらしい。近くにお寺があって、たくさんの人がお祈りしていました。
f0006510_1625123.jpg
もう21時近いけど、たくさんお参りに来てるんだなあ。というか夜でも開いているんだーと思った。

まだ台湾に来て1日目だというのに、盛りだくさんの内容で大変疲れたので、大人しくホテルまで送迎してもらって就寝@@
足が疲れた><
[PR]
by yuki-chami | 2012-08-02 16:06 | おでかけにっき | Comments(2) |
Commented by msn at 2012-08-02 23:56 x
台湾といったら今や九扮だねー行きてぇ~

てか札幌出身なんだっけ?
Commented by yuki-chami at 2012-08-04 03:43
>むしんさん
今回の台湾の中で、異国情緒を感じたのは九扮くらいだったといってもいいw(あと夜市とか?)
札幌出身だよー。生まれは函館だけど。
むしんさんは確か前に銭函っていってなかったっけ?@@
近いよ。

忍者 Blog