みそ日記

たまに更新しています
by yuki-chami
プロフィールを見る
Top
台湾旅行記 その4
2012年 10月 24日 |
長い間放置してしまった、台湾旅行記のつづきだったりする!
どうやら誠品書店へ行ったところまで書いたようだ。
f0006510_211221.jpg
到着!
書店って名前に入ってるけど、服も売っていればフードコートもある。
入り口付近にはスタバ。
もう暑さと足の疲れで限界の我々は、しばらくスタバることにした。
中は若い人たちでいっぱい!日本で見るいつもと同じ光景に見えるけれど、周りはみんな中国語だ。
とはいえ、見た目だけだとわからないし、日本人だとわかっても特に変わらず。
台湾、外国人気分にならないのがいいところかもしれない(´ー`*)
f0006510_2152524.jpg
ニッポンのラーメンがフードコートに!!!ド━━━(゜ロ゜;)━━ン!!
看板日本語だしw

あと、下の写真!昆布が北海道産だということが売りである模様。
台湾でも北海道の昆布は高級(!?)なのか!つД`)・゚・。
道民としては嬉しい限りですぞ~~

中には本屋さんもあって、人がいっぱいいた。
妙な光景だったのが、かなりの人が床に座り込んで本を読んでいたことかな・・・・
日本では本屋で座り込むとか無い光景だと思うんだけど@@;
これが文化の違いか!本当に、もう、道をふさぐくらいにいっぱい座ってる人がいましたw
f0006510_2194564.jpg
こ、これは・・・・
日本でよく見る漫画達じゃないですか!!
中国語だとこうなるんだなあとしみじみ。

さて、ここで友人へお土産も買ったところで、次の目的地へ向かいますよ~
誠品書店の位置が、101と次の目的地の中間地点くらいだったので、歩いていくことに・・・・λ....

つ、疲れた~~@@@@@@
歩きにしたことを後悔したくらい疲れた。普段ならたいしたことのない距離だったんだと思うけど、たぶん暑かったからだと思う!!
f0006510_21265786.jpg
台北はバイク(原付?)がいっぱい。2人も3人も乗ってたりする。
この写真にうつってるくらいは少ないくらいで、信号待ちしてる間に、どんどんバイクの人が前にたまりだす・・・
この次台北にきたら、バイクがいいんじゃない?と思ったくらい。

やってきたのは永康街といわれる観光街。
ここでやはり小龍包のお店が軒を連ね、中でも鼎泰豊が有名なのですが、これは台北101で既に食べたので、違う小龍包のお店へ行くことにしました。
永康街高記というお店。なんか高級感があった@@
というか、もう、椅子に座れることに感激・・・(;´Д`)
f0006510_21235438.jpg
ここでも小龍包がうまい!
肉汁がたっぷりですよ~(・肉・)
f0006510_21252323.jpg
エビ・・・だった気がする。
なんかセロリっぽいのが入ってて、私はあまり食べられなかった><

食べ終わったところで、お土産を探すぞー!!と、小物屋さんを中心に見て回ることに。
本当は、チャイナっぽい靴がほしかったんだけど、めぼしいものはありませんでした。。
あと、台湾のお土産っていうと、可愛らしい小物がいっぱいおいてるのかな?って思ってたんだけど、これが意外に無いw
たぶん観光客目当てで、九ふんとか、永康街においてあるくらいだと思う。まあ、日本でも、日本っぽい小物が新宿とか渋谷じゃなくて、浅草とかに行かないとおいてないのと一緒かも。
国内で観光したときに、どう見てもその土地の名物ではないような、和紙小物や友禅小物が置いてあるのは、外国人観光客向けだったのか!!
とはいえ、帰国したときにあげるとしたら、やはり小物が喜ばれるような気がしたので、アクセサリーとか布小物をいくつか買いましたよ。
今思えば、10年くらい前に行ったベトナムは物価がとっても安かった・・・・

けっこう暗くなってきたところで、ここはオススメのお店!といわれた、大来小館の魯肉飯を食べに行く。
しかし歩いたものの、道がよくわからず?@@?
地球の歩き方を開いてみていると、「May I help you?」と若い台湾人のカップルに話しかけられた!
そして道を教えてくれた・・・・
いい人たちだ!!!!やっぱりゆきちゃんの言うとおり、台湾の人は親切だったよー!!!
しかもちゃんとそういうときに話しかける英語も知っているのね・・・すごいわ~~(日本語も少しわかるようでした)
私も道に迷ってる外国人を見たら、親切にしなければ!言葉わからないかもしれないけど!
f0006510_2140310.jpg
ついた~
道を教わって本当に良かった。。。「こっちじゃない?」とか適当に行こうとしていた方向、違う道だったwww
予想よりもこじんまりとしたお店。日本にも、こういう雰囲気のお店あるような。
f0006510_2142081.jpg
なんか、値段が妙に安い!
小、中、大で、30元、50元、80元ですよ。(1台湾元=2.6円くらい)
旦那はお腹がいっぱいなので、ご飯は食べられない。食べるなら麺がいいというので、麺。
私もお腹いっぱいだったけど、まあ、ここにせっかくきたんだから飯だろうということで、魯肉飯(写真のやつ)。
なんか、台湾でもいろいろ表彰されてるくらい、評判の飯らしいよ?
メンマっぽいのと、豆っぽいのと、ひき肉っぽいのが入ってる。

しかし、食べてみたら私はイマイチ苦手だった!ド━━━(゜ロ゜;)━━ン!!
なんか、ご飯がやわらかかったのがちょっと><
がんばって食べました。。。。(旦那が)

食べ終わったところで、ホテルに帰宿~
もう地下鉄乗る体力がなかったので、タクシー使いました(^^;
でも、台湾のタクシーは安かった!(いくらだったのかは忘れた)

ホテルに帰って、ベッドに寝そべり、足をブラブラさせて休んでしましたが、今日のスケジュールはこれでは終わらない・・・
22時からは、足つぼマッサージだ!!

なんか、最初のバスのときに予約したマッサージなんだけど、お姉さんが「22時に部屋ネ~」とは言っていたものの、特にどこへ行けと言われたわけでもなく、果たして迎えに来るのだろうか@@; それともまさかこの部屋で足つぼマッサージするのだろうか!?
ホテルに来るのかな?
とりあえず、22時近くなってホテルのロビーへ行こうと思っていたら、ロビーから電話がきた。そして、ほとんど時間ぴったりに、車が迎えにきた!!!
豪門世家理容名店というお店。なんか、志村けんのバカ殿さまのイラストが描かれた車だったw
なんか日本の芸能人がいっぱい来ているのだとか。まあ確かに、台湾にはいっぱいマッサージ屋あるし、どこがいいとかわからない場合は、日本の有名人がいってるお店とかなら、安心度高いと思う!
と、最初のガイドさんが言ってた(・ω・)
何人かの日本人と共に店へ。ここ、24時間いつでも予約できるらしいよ・・・

どのコースにするかを決め、個室へ~
旦那とは一緒の部屋でした!(別にしてくれって言えば、別にもしてくれたと思うけど)
私は全身マッサージと、美顔。旦那は、全身と、足ツボだったかな?
1500元+800元。
90分って最初長いような気がしてたけど、終わってみたらそうでもなかったw
2種類以上のコースだと、2人くらいが並行してマッサージするらしい。
足つぼをするとき、旦那から「うごごごごご」とかいう悲鳴っぽいのが聞こえた気がしたけど、そのうち寝た模様。
寝ている旦那の上で、お店の張り紙で見た、人の上で立って足ふみしている光景を目撃した!!傍目でみると、ものすごい光景に見えるけど、私も踏まれていたに違いないw
しかし、マッサージをしている間、「足裏の角質トルトイイヨ~」とか、「足ツボヤリマセンカー」とオプションのオススメマンがやってくるw
特にしつこい勧誘ではないので、「けっこうです~」というと、あっさり引き下がるけど、2、3人きたような気がする!
革新的に身体のコリが直ったー!とかはないけど、美顔をしたので、肌はかなりツルツルになりました♪
タヒチのエステよりはかなり良かったかもー
せっかくだから、足の角質とったらよかったかな~!と少し後悔している><

終わった後、マッサージのおばちゃんに、「指名してね~」とナンバーをかかれた名刺っぽいものを渡される。
おばちゃん、今度私が台湾行くときまでお店にいるかな・・・w
人はかなり良い感じの人たちでした!!

またホテルまで送ってもらい、2日目のスケジュール終了~
たぶん即寝しました。
なかなか濃い一日であった・・・・
[PR]
by yuki-chami | 2012-10-24 22:07 | おでかけにっき | Comments(2) |
Commented by とわ at 2012-10-26 13:35 x
うおーーいいなぁ・・・
海外いってみたい(´;ω;`)ウウッ
うちらもいくなら台湾だよねー!っていってる
親日だsゲフゴホ

あ、最近お歳暮のカタログとかみてるんだけどどんなんがいいのかなぁ(´ε`;)ウーン…
Commented by yuki-chami at 2012-10-28 00:09
>とわちゃん
子どもが生まれて、出かけられるくらい大きくなったら、南の国とか、台湾いってみるのはどう?
尖閣以降はちょっとわからないけど、7月に行ったときは台湾は全然大丈夫だったよー。むしろ、あまり日本にいるのと変わらないような気もして、わたし的には、変わらないなら日本でもいいんじゃ!?というような気もしたけど、屋台とか夜市は良かったと思う!!

お歳暮かー
普通はどんなもの贈るんだろうねー。私もちょっと考えてみるよー♪
<< ハウスメーカーと契約 PageTop だんご・モタ家を訪問する >>
Santa Skin by Sun&Moon

忍者 Blog