みそ日記

chamimi.exblog.jp

たまに更新しています

スイス旅日記 その1

2013年8月6日~2013年8月13日 スイス(滞在地:グリンデルヴァルト・ツェルマット・ベルン)

8月6日(火)

この日仕事でイベントがあった私は、早朝にスーツケースに旅一式もろもろを詰め込み、スーツケースと共に仕事へ。
イベントは夕方に終わり、飛行機は最終便のエールフランス(21:55)だったので、かなり成田空港でゆっくりくつろいでいました。
1日休みだった旦那は、20時頃成田へ。
私4万円分、旦那2万円分をスイスフランに替え、あとは全部カードにしようということに。(カードはすべて旦那)

そういえば、なぜスイスに行こうと思ったのか。
去年台湾に行って、アジアはそんなに日本と大きく変わらないかな~(特に都市部)と思い、せっかく海外に行くなら、日本では見られない景色(つまり絶景)を見ようということに。
特に、旦那はアジアとタヒチ以外行ったことない上に、今年はリフレッシュ休暇があるということで、ある程度日数がないと行けない、ヨーロッパに行こうということになりました。
ヨーロッパの中でなぜスイスかというと、アルプスに行けば絶景を見られるんじゃないかと思って!
しかも安全で正確、交通網が充実しているらしい!
絶景を見つつ、ヨーロッパ的な街並みを見られたらな~という目的で、旅が始まりました。

さて、初エールフランス!
成田空港での最終便でもあります。
今回、直行便が取れなかったので、成田→パリ→チューリヒという経由で向かいます。

定刻より少し遅れて離陸。
CAのお兄さんもお姉さんも笑顔だし、席の前の機内プログラムもちゃんと動くのでなかなか良かった!
f0006510_0321017.jpg
和食とフレンチが選べて、旦那がフレンチ(といっても、ごはんがパスタになっただけのような気がする)を選んだので私は和食。
飛行機に乗ってから酒を飲もう!とずっと思っていたので、ビールを呑んだら良い気分に。
プログラムの中に、邦画で「図書館戦争」があったので、観ていたらいつのまにか寝てしまった。

8月7日(水)

朝ごはん。
f0006510_0463177.jpg
十勝のヨーグルトが!
朝ごはんを食べたら、もう1時間くらいでパリ到着です。
パリには予定より早く到着して、現地時間3時半くらい。日本とは8時間の時差があるので、だいたい13時間くらい乗ってたのかな?
パリのシャルルドゴール空港は初だけど、経由するだけだから空港からは出られないけどw
f0006510_0505036.jpg
とりあえず飛行機を降りて、なんとなく進んでみたものの、どこに行けば良いのかわからず・・・ (((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
何か券をかざすような機械があり、他のお客がバーコードをかざしていたので、同じようにしてみたらゲートの番号キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!
Gに行けば良いのか!なるほどこれは便利!
しかし、7時半くらいに離陸予定のチューリヒ行きが既に1時間遅れになっているんですが!?

職場の人から、シャルルドゴール空港は凄いよ~面白いよ~と言われていたので、期待したんだけど、
Gと書かれた看板の先には、入国審査っぽいところと荷物検査があり、「この先にお店とかある?」って英語で聞いてみたら、「ノー」と言われた(´;ェ;`)ウゥ・・・
確かに、その先はバスターミナルの待合室のようなところになっていて、チューリヒ行きは8時40分だったので、4時間くらいここで待つのかーじゃあPSPでもやるかーとカバンをごそごそ。。

こ、こわれてるー!!!!ド━━━(゜ロ゜;)━━ン!!
どれを押してもウンともスンとも言わない・・・・
仕方なく旦那のPSPを借りて、モンハンで採取をするものの、一人ではつまらなかったので程なくしてやめる(・ω・)旦那は寝ているようだ。
すると、待合室にいた空港の人からなにやら話しかけられる。
よく聞き取れなかったんだけど、どうやら、どこのゲートに行くの?バス乗らなくていいの?みたいなニュアンスだと理解した!

この待合室みたいな場所で4時間くらい待つんだと思ってたんだけど、ここは他のターミナルに行くバスの待合室であって、ターミナルは別の場所らしい!!
確かにでかい空港にしては妙に小さいところで待つんだなーとは思ったww
ウーン。経由地のことはまったく調べなかったから、全然わからなかったー><
英語勉強しよう・・・・・。いや、頭ではわかっているはずなんだ・・・・たぶん!!!
その後旦那をたたき起こし、バスに乗ってターミナルGへ。
しかし外はどしゃぶりだなあ。深夜だから真っ暗だし。スイス大丈夫か!?
f0006510_151264.jpg
ターミナルG。
うん・・・。普通こういう感じだよね。
写真ではお店開いているけれど、到着したときには閉まっていて、あまり客もおらず。
なんか家族で床に寝ている客がいました@@
この空港24時間営業らしいけど、さすがに深夜に到着する便はあまりないのかな。

経由地のことを考えていなかったので、ユーロも持っておらず、飲み物を買うのにもカードで買いました(^^;
そういえば、こんな感じで経由便使ったの、海外初のベトナム以来かも。
あの時は間違って、経由国の韓国でなぜか入国してしまった記憶がw

地球の歩き方をみてスイスの研究したり、オープンし始めたお店を冷やかしてみたりして数時間過ごしました。
この、パリでの時間が一番だるかったかも!
そしていよいよチューリヒ便の時間に。
f0006510_112817.jpg
今度の便はなかなか小型。
日本人は見あたらない。
しかし物凄いどしゃぶりな上に、どうやら飛行機まで走っていかなければいけないらしい!
周りみんな外国人だったけど、みんな雨を目の前にしてザワザワしているのがなんとなく感じ取れた・・・w

この飛行機で覚えているのは、後ろの客のお姉ちゃんたちがずーーーっと大声で雑談しててうるさかったこと@@;
なかなか前途多難な旅だ!
しかしスイスもどしゃぶりだったらテンションさがるわ~┐(´д`)┌

パリからチューリヒまでは1時間ちょっとくらい。
東京から札幌に行くようなものかな?

そしてチューリヒ着。現地10時くらい。(日本と7時間差なので、日本時間だと17時くらい)
おお!!!雨降ってない!!!!!
晴れてるとは言いがたいけど、曇り。まあオッケーですよ!
パリで長時間過ごした上に経由便もなかなか落ち着けなかったので、かなり疲れた到着だった。。。w
そんなわけで、チューリヒをうろうろするとますます疲れそうだったので、今夜の宿であるグリンデルヴァルトに向かうことに。

入国審査とかあるのかな?と思ったら、ヨーロッパでシェンゲン協定を結んでいる国内だと、特に入国審査がないらしく、フランスで待合室に行く前に通ったところが審査だったらしく、何もなかった。
手荷物受取所の人に「Train?」と聞かれ、「Yes」と言うと、こっちだよ~みたいに手で案内され、行ってみたらもう外だった。
Train、無いんですが!!Σ(゚Д゚;エーッ!
なんとなく盛り上がってそうなメインぽいところに移動し、Trainの看板を発見する。
看板はけっこうたくさんあり、しかもいろんな言語で書かれているのでけっこう親切かも。(チューリヒにはさすがに日本語はなかったけど)

地球の歩き方とか、パリの空港で見た無料インターネットによると、スイスフレキシーパス(今回のツアー一式についていた、4日間好きな日に鉄道バス乗り放題の券)を有効化するために、最初は駅にあるみどりの窓口的なところに行かなければいけないと書いてあったので、みどりの窓口へ。(名前は忘れた)
そこでパスポートを見せ、有効化(日付のスタンプとパスポート番号の書き込み)をしてもらう。
窓口の人は優しい人で、私でもわかるレベルの英語で話してくれたのでとても対応がナイスだった!(≧▽≦)
しかも、行き先を言ったらタイムテーブルをくれた。
f0006510_1283557.jpg
プラットホームまで書いてあるので(・∀・)イイ!
だいたい目的地まで3時間弱というところですか。

途中、寿司屋の看板を発見!
f0006510_2485822.jpg
UMAIがメニュー名になっているとは!!ド━━━(゜ロ゜;)━━ン!!
あと、スイスのコンビニ的なところに、こんなのもありました。
f0006510_2495393.jpg
大阪
揚げ菓子のようですが・・・
f0006510_1295349.jpg
チューリヒ空港駅はなんだかカラフルだった。
しかも綺麗。まあ、ここに限らずどこの駅も綺麗だったかも。
f0006510_2563316.jpg
こんな感じで、チューリヒ→ベルン→インターラーケンオスト→グリンデルヴァルトと乗り継いで移動。
地球の歩き方に、「この方向の窓がおすすめ!」という項目があったので、ベルン→インターラーケンオストに向かうときは、左側に乗った!(湖が見えるので)
あと、乗り換える度に、駅員さんが切符のチェックに来た。駅員さんのスマイルがみんな素敵!
こ、これがホスピタリティーってやつだね・・・
f0006510_1495350.jpg
車窓からの風景。
芝?が綺麗!そして家が可愛い!やっぱりヨーロッパの家って可愛いな~
赤い屋根で統一されてるのが良いのかな。
インターラーケンオストで、グリンデルヴァルト行きの列車に乗り換え。
ここでの列車は、途中で分岐するために前と後ろで行き先が違うので注意!(前方の列車に乗ると、ラウターブルンネンに行ってしまう)
f0006510_1543393.jpg
インターラーケンオストから30分ほどでグリンデルヴァルトに到着!
タイムテーブルのおかげで、時間通り。
インターラーケンからの列車では、右側方面がおすすめです。(グリンデルヴァルトの街並みが良く見渡せるので)
スイスの駅ですごいな~って思うのは、スイス自体にいろんな言語があるから、ドイツ語、フランス語、イタリア語はもちろんのこと、そのほかに英語でアナウンスしてくれる。
あと、観光立国なだけあって、スーツケースで移動する人のことを考えて、必ずプラットホームに大きなスロープがついてる。看板も案内もしっかりしているので、どこに向かう方向の列車に乗るのかさえわかっていれば、迷うことはないと思う。
f0006510_1583731.jpg
駅前の様子。
工事してるらしくクレーンが目立つけれど、目の前の山がアイガー。
ハイキングやトレッキングの拠点になる街なので、周りの観光客は皆スニーカーや登山靴。ワンピースとか着てる人はいません!
それにおそらくこの日の気温は20度もないので、かなり涼しい、むしろ肌寒い。
この街を最初の拠点にしたのは、次の日に乗るユングフラウ鉄道に乗りやすいという理由もあるけれど、なんといっても日本語観光案内所があることw

とりあえず、荷物を置きに宿へ向かうことに。
f0006510_245630.jpg
ユングフラウ・ロッジ。
一応3つ星らしい。
山荘っていう感じですね!でも、木目の壁に映える花がとても可愛い。
スイスの家(それなりに気合いを入れているところ)はどこもこんな感じで、花がとても可愛らしく飾られていた。
受付のお姉さんはとても笑顔が素敵な方で、すごく親切だった!
スイス(・∀・)イイ!
f0006510_2105243.jpg
部屋はこんな感じ。
うん、やっぱり山荘の一室っていう感じだね。
建物は新しくないと思うけど、きちんと掃除されていて清潔でした。
やっと落ち着けたー!!って感じで、ゴロゴロしたかったけれど、たぶん寝だすとしばらく起き上がってこないと思われたので、荷物を置いたら日本語観光案内所へ向かうことにした。

日本語観光案内所はグリンデルヴァルト駅徒歩1分くらいのところにあり、看板も日本語で書いてある。
駅前にこういう案内所があるくらいなので、けっこう日本人も多くて、案内所もにぎわっていた。
スイスの観光案内とかいろいろネットでも見てみたけど、ここの案内所のHPが日本語で書いてあるものとしては一番充実しているかも。
鉄道の切符の手配とか、アクティビティの予約とかもできるらしい。

私はスイスに来てどうしてもやりたいものは・・・パラグライダー!!!
一回やってみたかったんだー!!ヾ(≧▽≦)ノ
日本でもやってみたいと思ってたけど、スイスの山・谷・崖とか、草原とか飛べたらどんなに素敵な思い出になるだろう。
パラグライダーはスイスでもかなりメジャーで、いろんなところで開催されてるみたいだけど、天候のこともあって前日に予約するのがオススメと書かれてあったので、案内所へ行って予約をすることにした。

日本語観光案内所のスタッフの人は、まあ、スイスの駅員さんや宿の人に比べると対応がわりとクールかもしれない@@
とはいえ、いろいろ調べてくれたり、対応してもらえたので、頼もしいかぎりです!
なんといっても日本語が通じるがホッとする・・・・

パラグライダーのことを聞いてみたところ、どうやらこれから天候が下り坂らしく、次の日は完全にアウトで、二日後も飛べるかどうか・・・といったところらしい・・・。
グリンデルヴァルトには2泊する予定だったので、願いをこめて2日後の午後(飛べるかどうか・・・といった日)に予約をとることにする。あと、次の日のユングフラウ登山鉄道の切符も購入しました。
スイスフレキシーパスは、有効化したあとは自分で日付を書き入れて好きな日に使うんだけど、日付を書き入れない日でも、登山鉄道の切符は2割引になるらしい。(登山鉄道の切符は使い放題には含まれない。でも半額~2割引の特典は受けられる)

この日は移動しまくったおかげでかなり疲れていたので、観光は明日以降にすることにして、お土産屋を回ることにした。ここでポストカードを購入。
スイスは物価が高いと聞いていたけど、確かになかなか@@
何か買おうとすると、だいたい20スイスフラン(1スイスフラン=110円)からとか。
ポストカードも、安くても1枚100円くらい。まあ、こう書くと普通かな?w
その後は、水曜日にスイス音楽であるフォルクローレが演奏されるという「Barry's」というお店で晩御飯を食べることに。

このお店には日本語メニューがあり、なんと日本人スタッフさんがいた!(頼もしい)
とりあえず、スイス料理といえばチーズフォンデュということで、チーズフォンデュ。
スタッフさんによると、地元の人はこのチーズフォンデュで1食ごはん!という感じみたいなんだけど、日本人にはあまりオススメしません・・・とのことw
確かにこれだけでご飯というのには物足りないというか、ちょっとつらいかも?
なので、2人で1人分を分け合う形でオーダー。
ほかに「カレーがありますよ」と勧められたのでカレーを頼むことにした。
あとはビール。
f0006510_2313738.jpg
チーズフォンデュ( ゚Д゚)ウマー
チーズが濃厚。フォンデュされているのはパンです。
にんにく入りにしたので、この濃厚な感じはにんにくか!?と思われたけど、たぶん白ワイン!
かなりワイン入ってるw

フォンデュを満喫していると、目の前でフォルクローレが始まった。
f0006510_2354581.jpg
衣装もスイスっぽい感じで着てくれているらしい!
音楽が始まると、周りの人たちがバシバシ写真撮ってました。
f0006510_2372472.jpg
スイスの楽器、アルプホルン。
これ、周りのお客さんにも体験させてくれたw
私遠慮してやらなかったけど、やればよかったなー!!!
なんだか妙に上手なおばさんとか、吹けば「ピャー」みたいな音が出る人までいろいろでしたw

最後に噂のカレー。
スイスでカレーとな!!!果たしてちゃんとカレーなのか!?
f0006510_2395518.jpg
エビカレー
ちなみに・・・・・この長い2本のものは箸ではなく、ネギだと思われます・・・・・・
こ、これは・・・
f0006510_242131.jpg
いつぞやのミクそばを彷彿とさせるような!?
っていうか、カレーにイチゴとか新しすぎる><

けっこうスパイシーな感じでしたが、残念ながらイチゴを食べることはできず(嫌いなわけではないけど、カレーと一緒に食べる気にはなれなかった・・・)、エビは全部食べたけど、かなり残してしまいました・・・。
店員さんに、「Did you like it?」って聞かれたけど、答えに窮したのはいうまでもない。

お店を出たのが現地時間20時くらい。
緯度が高いので、20時でもけっこう明るかったけど、雨が降り出していた。
f0006510_2453820.jpg
外に出ると、ステージが設置されていてバンドが演奏開始しそうな感じでした。
あと、謎の運動会が開催されていた@@
なんか雨の中を、子どもがめっちゃ走ってる・・・・これはなんだろうか・・・・

ステージとか見てみたかったんだけど、かなり疲れていたので宿へ直行し、おそらく即寝しましたw
化粧も落とさないで寝てしまった!
[PR]
Commented by 真修羅 at 2013-08-19 11:33 x
すげーw なんかわからんけどすげーw(ぁ
日記を見るだけで旅行した気分になるので行かなくてもいいかな( ・ω・) とかおもっちゃったりして)`ν')・;'.

海外は微妙に 少しだけど 日本語の使い方を間違えてて面白いですなww
そしてミクは世界共通なんだなぁと改めて思いました( ・ิω・ิ)
Commented by nanahoshy at 2013-08-19 20:37
おおー
すげー充実したレポだ!
スイスに行った気になりますわ~(*´∀`*)

私的に気になったのは、お寿司の看板で、やはり寿司は
世界的にポピュラーな食べ物なんだなってことと、
「shiro」って「城」なのかな。日替わりは「chirashi」となってるのねー
おもしろい!

次号も期待♪
Commented by yuki-chami at 2013-08-20 01:46
>ましゅさん
ド━━━(゜ロ゜;)━━ン!!
一気に書いた文だったので、旅行した気分になってくれるなら嬉しい!
旅行いいよ旅行!

>ペシュさん
ありがとう!!なんだろう、文章はともかくとして一気に書いたほうが気持ちがこもるのだろうか・・・
そうか、shiroは城か!!!白?なんだろう?って思ってた。
フードコートの中の1つがお寿司屋でしたw
by yuki-chami | 2013-08-19 02:51 | おでかけにっき | Comments(3)