スイス旅日記 その6

8月11日(日)

昨日ずっと見えていたマッターホルンは今朝は見えなかった。
この日の予定は、ツェルマットからグリンデルヴァルト、そしてさらにベルンの予定。
午後、グリンデルヴァルトにてパラグライダーを予定していることもあり、8時半の列車には乗らなければならなかった。
f0006510_0374291.jpg
今日はなかなか長旅になりそう!
ツェルマットまでの移動の教訓で、大きな荷物(スーツケース)を持ちながらの移動は、想像以上に疲労することがわかっていたので、スイスの荷物運びサービスである、「ファストバゲージ」を利用することにした。
ファストバゲージとは、駅の荷物窓口に朝9時までに荷物を預けると、当日中に12フランで国内の好きな駅まで荷物を運んでくれるサービス!ただし、受け取りが18時とか19時までのところが多いので、当日受け取るには窓口の開いている時間に行かないといけないけど。仮にその日とりにいけなくても、3日間は預かってくれるらしい。旅行客にやさしいサービス!
旅行前は、便利なサービスだけどお金かかるし使わないだろうな~と思っていたけど、いやー荷物のない旅って全然違う(;´Д`)
そんなに荷物が大きくなければ苦にならないけど、運ぶのもやっとだと電車の移動もままならないし。
というわけでファストバゲージを利用して大きい方のスーツケースを預ける。1キロくらい超過してたけど、「今回だけよ!」とおっちゃんが言って通してくれた(・ω・)
中くらいのスーツケースは自分で持っていくことにしました。(本当は2つ預けると楽だけど、万が一荷物が受け取れないと困るし@@;)

ツェルマットからフィスプまでの道のりは右側の窓(谷側)をGET。
晴れていたので、遠くからみたらマッターホルン見えるかな~と探してみたけど、やっぱり見えなかった。
1日限定だったのか!なんとにくいやつ。
私は谷側の景色に魅入っていたけど、旦那はお疲れのようで即寝。
ツェルマット→フィスプ→インターラーケン・オスト→グリンデルヴァルトと乗り継いで、2日前に居た街に再び到着しました。
12:00
f0006510_05669.jpg
今日はなにやら自転車の大会が開催されている模様。
f0006510_102148.jpg
しかし、晴れていると全然景色が違う。
そういえば、駅で旦那が「過労死」と日本語で書かれているシャツを着ている外人を見たらしい@@

中くらのスーツケースをコインロッカーに預けようと思ったら、既にすべて使用中だった・・・
でも、全部使用中だった旨を話すと、駅の荷物窓口の人が3フラン(コインロッカーの価格と同じ)で荷物を預かってくれた。引き換え札をもらえるので、受け取りも簡単でした。コインロッカーに荷物が入らない場合とかでも預かってもらえるような気がする。

パラグライダーの集合場所はフィルストという展望台の中のお土産屋に15:00!
さて、パラグライダーを行う前に、ハイキング行くよ~
グリンデルヴァルト駅から10分くらい歩いたところで、フィルスト行きのゴンドラ乗り場到着。
ゴンドラの中でスイスの人の老夫婦と一緒になった。しかし英語があまりわからなかったらしく(私もわからないけど)、言語での意思疎通は困難だった・・・w ベルンに住んでいるらしく、国内旅行で来たらしい。ベルンだと、おそらくドイツ語だったんだろうな~
グリンデルヴァルトからフィルストへいくまでに2つくらい駅を経由。1つめの駅で乗り換えるんだと思って下りちゃったけど、ゴンドラにそのまま乗っていればフィルストまで行けるらしい@@
下りてまた乗るという恥ずかしい行為をしてしまった!(゚Д゚≡゚Д゚)
f0006510_173090.jpg
ゴンドラの中から撮った写真なのでちょっと窓が汚れてたりするけどこんな感じ。
そして左上の円部分に注目・・・。円があるところは、ゴンドラ終着駅の横あたりに設置されているお立ち台っぽい何かなのですが、何かというと・・・
f0006510_19585.jpg
特殊部隊が!!!!
フィルストフライヤーといって、円部分のお立ち台からフライヤーで一気に下る!!
ゴンドラの横を走っているので、ものすごい速さ(かなり一瞬に近い)で通り過ぎていくフライヤー・・・。
速度制限とかついているわけじゃないので、単純に重力で下っていくw
あれはすごいわ!!パラグライダーで下に降りるんじゃなければ、たぶんフライヤーに間違いなく乗ったと思うけど、一瞬で下っていくので景色とか楽しんでる余裕はないと思われる・・・@@
f0006510_1135448.jpg
上の様子はこんな感じ。上から見ると、さっそくかなりの高低差が・・・!

フィルストに到着したところで、往復で2時間ほどのハイキング、バッハアルプゼーという湖を目的にハイキングへ!
f0006510_116626.jpg
下界はものすごい暑さだったけど、上にのぼるとちょっと曇ってる(・ω・)
ここらへんは一面が牧場になっていて、その辺に牛がいる。登山道には牛から放出されたアレもある。
f0006510_1175496.jpg
f0006510_118394.jpg
f0006510_1221027.jpg
f0006510_121531.jpg
あまりの景色の素晴らしさに、写真とりまくりだったけど、だいたい1時間くらいで目的地である湖に到着しました。
f0006510_18335351.jpg
湖周辺はちょっと寒い!
歩いているときは暑かったので半そでだったんだけど、湖のほとりで朝食からかすめてきたパンを食べていたら寒くなってきて上着を着ました。
湖の先にも道があってどこかへ抜けるらしいんだけど、あと1時間とかでたどり着ける距離ではなさそうなので引き返すことに。
f0006510_1848197.jpg
帰り道の様子。
真ん中にちいさーく写っているのは私です!

アルプスで見たかったのはこんな崖と草原の景色。
f0006510_18493432.jpg
すごいなあ。
こんな風に周りの山々や草原が見渡せたのは、日本でいうと秋吉台かな。
やっぱスイスすごい。ここを飛べたらな~
f0006510_1925945.jpg
空にはパラグライダーがいくつか飛んでいてとても気持ち良さそう!
15時からは念願のパラグライダー。やっと飛べる~♪

約束の15時に出発地点のお土産屋に行ってピンクのバウチャーを持ってウロウロしていると、お店の人に話しかけられ、「フライングマン」を紹介された。
気さくそうな長身の男の人。(スイス人?)
私でもわかる簡単な英語で話しかけてくれました。本日は5度目の飛翔らしい@@
f0006510_1934175.jpg
どうやら、あの旗があるところがパラグライダー出発地点らしく、ゆるやかな坂を少々ダッシュして空に舞い上がるらしい。
5分くらい待ってくれと言われ、しばらくするともう一人のフライングマンが登場。
最初のフライングマンより愛想がない。淡白な感じだ!
「どっちが俺と飛ぶ?」と聞かれ、旦那が彼と一緒に飛ぶと終始無言で終了しそうな気がしたので、私が一緒に飛ぶことに。
カメラは落下防止のために必ず首からぶら下げることになっているらしい。

まずは旦那のフライト。
無事あがったようだ、と思ったら、誰かが草原に置いてあった物を回収にいった!
あ、靴だ!どうやら旦那が飛翔する際に靴を落としていったらしい@@
これだからスニーカーは(ry
やっぱり山は登山靴に限るな!!!

続いて私。「Run Run Run これが大事」と言われたので、走る。でも5~6歩走ったらすぐに空に浮いた!
おお~~~浮いてる~~~
でも、椅子のようなものに座ってるから「飛んでる」という感じはぶっちゃけしないかも?
それにしても良い景色!!!

f0006510_19132728.jpg
さっき写真に写ってた崖
f0006510_19144984.jpg
出発地点が遥か下に!
f0006510_19165350.jpg
グリンデルヴァルトの街もよく見えます!

かなり上に舞い上がって、いろんな場所を旋回。
これはいいね!!(≧▽≦)
アルプスの山々や谷が見渡せるし、個人的には崖の際を飛べたのがイイ。

しかし旋回しているのもあるけど、特に下に降りるとき高度が下がるせいか急激に気持ち悪く@@
20分くらいの飛翔だったんだけど、後半は何かを下に落下させないように耐えていたwww
しかもフライングマンが飛んでいるところの写真を撮ってくれて、微妙にカメラに向かって微笑むのがつらかったww

f0006510_19311537.jpg
20分後、無事着地ポイントへ。
しかしベテランだから当たり前かもしれないけど、ちゃんと決まったポイントに降り立てるのが凄いなー
彼らは毎日毎日5~6回仕事で飛んでいるらしい・・・。そこまでくるともう楽しむというレベルでもないような。。
フライングマンが撮った写真は有料になっていて、それなりに高価なので購入は遠慮することに。
っていうか、着陸したとたんもう地べたにバタンキューですよ!!
あー気持ち悪い~~ (;´Д`)ゲロゲロ

なんというか・・・・・・いろいろやり切った感があった・・・・・・・・
かなり満喫した。
もうそろそろ旅行終わってもいいかもしれない。

フライングマン2人は次のフライト(客)へ向かって自転車で颯爽と去っていき、残された我々は駅に向かってトボトボと歩き始めた。
気持ち悪すぎて歩くのがつらかった。。。。
この日は天気が良かったせいか、客からのオファーがかなり多かったらしく、旦那と一緒に飛んでいたフライングマン(気さくなほう)は、空中でもオファーの電話を受けていたらしい!!(すごい@@)
うーん、私はとりあえずタンデムフライトはもうお腹一杯かな~(;´Д`)
もしパラグライダーやるなら自分で飛ぶのがいいかな。若干、密着しているのが気になるし!
景色を見るのにも落ち着かない@@;
あと、パラグライダーだと座っている感じになって、遊園地にある椅子がぐるぐる空中でまわるやつに似ている気がするから、ハングライダーとか!!でもあれってかなり力が必要らしいんだよね。
飛翔への飽くなき挑戦は続くのであった・・・・・・

なんとかトボトボと駅まで歩き、ボーっと座り込む私。
もうお土産を見る気力もない@@

宿のあるベルンまで本日中に向かわないといけないので(しかもツェルマットから発送した旦那の荷物も受け取らないといけないし)、グリンデルヴァルト駅で私のスーツケースを回収した後、ベルンへ向かうことにしました。
インターラーケン・オスト経由でだいたい1時間半くらいだったかな?

ベルン駅は首都なだけあってかなり大きい駅。
荷物受け取り場がわからなくてまごまごしていると、「何か探しているの?」と街の人に話しかけられ、つたない英語でなんとか話すと、道順を教えてくれました!ありがとう!!(´∇`)
しかし荷物受け取り場はなんと18時までだった!ド━━━(゜ロ゜;)━━ン!!
地球の歩き方に「駅によっては18時くらいで閉まるところもあるので注意」とは書かれてあるけど、大きな駅のベルンまで18時で閉まるとは@@
幸い、預けたままの荷物はほとんど旦那の衣類だったので、なんとかなった!(下着類は一応別で持っていたらしい)次の日、空港に向かうときに取りに来ることにしよう。

グリンデルヴァルト、ツェルマットと観光の町な上にけっこう小綺麗にされていたので気にならなかったけど、2つの町に比べると、ベルンはそういう意味ではあまり綺麗ではない@@
まあ普通の外国の都市って感じ。それでもかなり整ってるほうかなー

本日の宿泊先である Savoy Bernというホテルは歩き回った結果、駅の至近距離に位置していた。
4つ星って書いてあるけど、スイスの宿の中ではここが一番年季が入っている気がする!まあなんとなく予想はしていた(=゜ω゜)ボー
一番びっくりしたのは、エレベーターのドアを手動で開けなくてはいけないことだろうか!?
到着しても自動で開かないから着いたと思ったらドアをガラガラっと自分で開ける。
何度か、到着したのにドアを開けずに待っていてエレベーターが行ってしまった。

とりあえず1泊だけだし、別にゴミが落ちてるとか虫がいるとかではないので、荷物を置いたら夕飯を食べにいくことにしました。旦那が異様に買い物に歩きたかったらしい。
最近思うけど、旦那はショッピングが好きなんだな~と感じた。しかも、掘り出しものを求めてフラフラ歩く系。わりと可愛いもの好き。私は、どちらかというと海外では買い物は2の次3の次。景色見られればいい系。
男女が逆だぞー

f0006510_19464019.jpg
スイスの連邦議会議事堂。
おそらく観光名所だと思われるけど、この日日曜日だったこともあってほとんどのお店が閉まっており、広場にはまばらに人がいたものの少々閑散とした雰囲気だった。
f0006510_19485627.jpg
道端チェスをやっている人たちが!
外でこんなものがあるとはー
何かを賭けていたわけではない模様w
f0006510_19494622.jpg
夕飯のピザ。
最後に何を食べるかと考えて、開いているお店が、スイス料理+和、イタリアン、中華だったんだけど、やっぱりパスタとピザが美味しかったな~と考えてイタリアンに。
メニューを見て、お店の名前が書いてあるピザを選んだ!

だいたい良い感じの時間になり、真っ暗になる前にホテルへ戻って今日の行程終了。
長い1日だったー
[PR]
by yuki-chami | 2013-09-03 19:52 | おでかけにっき | Comments(0)

しばし滞り中


by yuki-chami
プロフィールを見る