無常?

たまにはお出かけ日記以外の徒然を。

今日は数年ぶりに卵管造影検査という検査を受けた。
平日の午前中にも関わらず、病院は妊婦さんや旦那さんでごった返していて(男の人の多さにびっくりした)、いつも行く夕方のほうが空いてるんだなぁなんて思っていた。
先生はいつも分刻みというようなスケジュールで動いていて、今まであまりゆっくりお話ししたことはない。
けど、必要なことは言ってくれるので、特に不安はないかな。

検査台の上にあがって、まな板の上の鯉のように寝そべる。
「11時ぴったりに先生来ると思いますよ」と看護師さんが言ってくれて、ちょっと緊張の面持ちで(いやむしろ諦め?)待ってたけど、来ない。
なんと、お産が入ってしまって遅れるらしい。
そっかーお産は仕方ないなぁーまあ午前中に終わるくらいならいいかー、と大して気にはしてなかったけど、看護師さんがいろいろ心配してくれて、お話ししていた。
この病院では、多いときは1日に7人くらい生まれるらしい。すごい!大きな病院というわけじゃないけど、やっぱり市内にほとんど産院がないせいかな。ほぼ、病院にとってはお産は日常のことで、むしろ生まれない日のほうが珍しいんだと思う。
一方で、検査をしている自分がいて、けどその間にも生まれる子どもたちがいて、同じ空間なんだなぁと思ってそれをとても不思議に感じた。
嫌だとか、なぜ私が…とかそういうのではなく、一緒の空間に存在するということが不思議に感じたんだよね。

先生は15分ほどで来た。
そして検査(痛い)が始まった。
ヘロヘロになった。
検査が終わった後すぐに先生から結果を聞いて(特に異常はなかった)、「僕ちょっと分娩があるんで」と言って、1、2分くらいで行ってしまった。
途中で出てきたのかもしれないし、もしかしたら別の人のお産なのだろうか。

この間、友人が亡くなった時に火葬場まで行ったのだけれど、その火葬場の規模の大きさや、整然としてる様、人(生きてる人、亡くなってる人)の多さにびっくりした。
なぜか結婚式場を思い出した。
「今日はすごく多くて…順番になってしまうのでお待ちいただきますが、仮安置させていただきますね」と言って、亡骸はガラガラと仮安置場に運ばれていった。
仮安置場では、一回り小さな棺が隣に置かれていた。
ここでも順番待ちなんだ・・・・@@ と思った。
昔はこんなに多いのは正月明けとかだったけど、今は高齢化で、亡くなる人が多いせいか日常茶飯事なのだとか。こんなに立派な火葬場で、きっといくつも火葬する場所があると思うけど、それでもいっぱいなんだ…。中では、これから火葬される亡骸の順番待ちだけではなく、参列した人たちが大勢、待合室やロビーでごった返していた。

ここでは…どんなに特別に思ってる亡骸でも、親でも友人でも、数あるうちの1つに過ぎないんだな。
毎日毎日、多くの人が来て、火葬されて、骨になって、もう本当工場のように、淡々と進められていくことなんだなと思った。
それは、行ったことないけど、インドではガンジス川に遺体を流すって聞いたそんな情景を見た時の心境に通ずるのだろうか。

祖母が亡くなった時、祖母の亡骸が火葬され、その煙が火葬場の上から空になびいていくのを眺めて、天に昇っていくんだなって見守ったのを覚えている。
友人のときもそんな見送る気持ちで火葬場まで行ったのだけど、どこからも煙は出てこなかった。
最近は出ないように工夫された施設も多いのだとか・・
自分が感じている、「特別感」は、自分の中で思い出として感じるしかないんだね。

なんで結婚式場を連想したのか。
かつて自分が式を挙げた八芳園は、1日に何組も何組も式を挙げるので、大きな庭園には一度に4人くらいの花嫁がいるような式場だった。そして、ベストスポットで写真を撮るために、前の組が撮り終わるのを順番待ちしていた。
そんな会場だということを知った上で選んだので、数あるうちの1つというよりは、自分の中では「今日、式を挙げる仲間」みたいに感じていたけど、人によっては、結婚式みたいな日には自分だけは特別でありたいと思う人は多いと思う。
私も、会場にはたくさんの花嫁がいたけれど、自分の中では自分は特別だと思っていた。

はっきり、何を書きたいのかうまく言い表せないけれど、いくら自分が特別に感じたいものでも、そうしたものは世の中にとっては日常の一つなんだろうと思うし、そういう数あるうちの小さな一つが自分だと思うのも、それも悪くない。
自分が抱えている気持ちも、悩みも、それはとある場所では当たり前のことなんだと思うし、特別でもなんでもないのだと思う。
タイトルは、無常ではなく、何にすべきだったんだろうね!
あまりうまくまとまらなかった!

[PR]
Commented by macchayoukan at 2017-05-24 09:30
みそさま。

お友達亡くなったのね。。
辛いね。。。

自分が一番大変って思いがちだけど
みんな何かしら不安抱えて生きてるんだよね。
いつも無い物ねだりしてしまうよ。
小さな喜びを感じ取れる感性を養いたいものね

久しぶりにみそさまとお話したいわー。
ランチでもいきましょ♪
Commented at 2017-05-24 11:25
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by yuki-chami at 2017-05-25 20:47
>抹茶様
同じ歳の子でね、前触れも何もなかったから本当にびっくりしたし淋しかったよ。一番びっくりだったのは本人だろうけど・・・
元気だって思ってもいつ何時、どうなるかなんて本当にわからないんだと思った。
だから今を大切に、やろうと思ったことはしっかりやらないといけないね。

ランチいいね!
私も抹茶様の冒険録を聞きたいわ~~

>非公開H様
ブログ見ててくれてうれしい!!!
ありがとうーーー!!!それに、なかなかコメントがつけにくい記事にこうしてコメントをくれて、本当に感謝だなぁって思う。
あと、貴重なお話もありがとう。
1度でいいから欲しいなーって思う!
それに伴う努力はできるだけのことは、くじけずにするつもりだよー^-^
by yuki-chami | 2017-05-18 00:42 | にちじょう | Comments(3)

しばし滞り中


by yuki-chami
プロフィールを見る