みそ日記

chamimi.exblog.jp

たまに更新しています

鬼怒川プチ旅行

ちょっと前の旅行日記になるけれど、記憶が薄れないうちに日記にしてみる。
仙台旅行から帰ってきて二日後かな?

たまーに同期と休みを合わせてプチ旅行をしたりします。
今回向かった先は川俣温泉!
鬼怒川温泉よりも奥にあるらしいこの温泉。

いつもお店ピックアップしたりしてくれる人が、今回は多忙のために計画を立てることができなかったので、前日にとりあえず昔のるるぶなんかを引っ張りだしてきました(^^;)
まあ今回はこのるるぶがかなり役に立ったかも。

朝7時に待ち合わせして集合場所へと向かう(いつもよりも早起き@@;)
抜け道なのか、そんなに混雑していない道を選びつつ向かいました。第一の目標地点は、るるぶに載っていた瀬戸合峡
峡谷の間に架かっている吊り橋が(;´Д`)スバラスィ ...ハァハァ
写真見るからに絶景ぽい。

向かう道の途中、牧場があったので立ち寄ってみました。
f0006510_23461641.jpg
牧場のホット牛乳!
コクはないです、と書かれた張り紙のとおり、喉越しサラッとしたミルクでした。

だいたい車で3時間半くらいかな。
瀬戸合峡に到着!
ダムがあり、ダムの先に吊り橋があるのが遠くに見えました。
観光スポット・・・・だとは思うんだけど、あるのはおみやげ屋さんらしき建物が1軒。
そしてそのとなりに小屋が・・・
小屋ではいろんな串が売られていました。
熊串、鹿串、猪串、スズメ串・・・・・((;゚Д゚)ガクガクブルブル
私は見なかったけど、スズメとか、姿焼きみたいな感じで頭とかちゃんとあったみたい><

おみやげ屋と小屋はあり、遠くに吊り橋が見えるものの、特に吊り橋への道は見当たらない・・・
串を焼いているおっちゃんに道を尋ねて見ると、小屋の隣に幅1Mくらいの急な階段が@@

なんていうかトレッキング!
ふだんの運動不足がたたり、ゼエゼエ言いながら吊り橋まで歩いていきました(;´Д`)
こういうの歩くのは好きなんだけど、いかんせんペースが速かったorz
f0006510_23575478.jpg
あんま綺麗にうつってないけど、遠くに架かってるのが吊り橋!
けっこう高いでしょ!!
プリンス様とか泣いちゃいそうだ( ^ω^)
f0006510_003149.jpg
吊り橋の上はこんな感じです。
吊り橋なので揺れます!
奥にも行って見ましたが、吊り橋渡った先は、崖崩れのために通行止めになっていました(道が崩れているのが見えた)
不健康な私にはハードな道のりでしたが、お年寄りでも歩いてる方いました@@
まあペースが(ry ということにしておこう。

次に向かった先、間欠泉!
この川俣温泉にある間欠泉は50分置きに地面から吹き上がるらしく、そばに「あと何分」を示す電光掲示板がありました。
行ったとき、タイミングがよかったのかあと10分で吹き上がるとのこと@@

展望台っぽいところには数人の観光客が集まっていました。
知らない人との雑談好きなので、なんとなく話してると、間欠泉って鳴子温泉にもあるらしいですね。お話したお年寄りご夫婦が言っていました。

どこから吹き上がるんだろ・・・?と思い、周りの人が指差す方向をじっと見つめていると・・・
どこからともなく轟音が・・・
f0006510_08666.jpg
(」゜ロ゜)」(」゜ロ゜)」(」゜ロ゜)」オオオオオッッッ
予想よりも高いとこまで吹き上がった!!!
これほんとに天然なんだよね・・・すごいな@@;;

そして時間はお昼時!同期の女の子がネットで調べた!というそば屋を探す。
しかしそれらしき看板が見つからない。道を行き来して看板と矢印発見!
矢印?でもその先って建物は何も・・・
f0006510_0123851.jpg
見ると矢印?の方向(というか下に向かって)ほそーい階段が@@
みそ  「えっ、この階段ほんとに行くの!?」
同期A 「まあ矢印あるしせっかくだから~」
おそるおそる下りて見るものの、草は生い茂ってるし、階段を下りても道らしきものは何も!w
そしてお店のやっている様子も・・・

ということでお店に入るのはやめました(;´Д`)
まあ、実は道が別にあって、正面玄関発見したんだけど、やっぱり別の店へ行くことに。

なんていうか・・・川俣温泉全体がそうなんだけど、ひ、ひなび過ぎている・・・・
同期B 「この町のすたれ具合はヤバイでしょう・・・」というくらいほんとに活気がなかった。

そしてるるぶに載っていたお店へ入る。マタギ(猟師)の獲った熊や鹿料理が食べられるという@@!
同期の一人はケモノが苦手らしく、残りの三人で味わって見ることにしましたが。
せっかくなので私は熊丼をオーダーしてみる。
f0006510_0201089.jpg
う、うん、なんかタマネギ多い!!
熊は食べたことないし、鹿丼、鴨丼などをオーダーした他の同期にも分けてそれぞれ味わって見る。
予想よりもやわらかい~と思ったけど、やっぱり後味とかが独特かもしれない・・・
ケモノぽいというかなんというか。ただ、牛丼みたいに普通に仕上げられていたので、料理の方法を変えたら何か違うかも?
味は・・・・並でした。

お店から出ると、おなかがどう見てもメタボ!!という主人が現れる。
なぜかやっぱり小話になり、ちょっとだけ猟師のお話を聞けましたが、なぜか脱線して最後は「戦争になったら大変だから、戦争にならないために日本は金を払う!」と言った様な話になって、去りました@@;
とりあえず、猟の時期は冬眠の時期なのだそうですよ。
つまり私が食べたのはきっと冷凍ものだったのでしょう。

本当は川俣温泉で温泉に入る予定だったんだけど、日帰り入浴できそうな良い場所がなかったので、川治温泉へ向かう。・・・がしかし、やっぱり見つからず。。。
唯一見つけた共同風呂は、私は直接見なかったんだけど、同期曰く「吹きさらしでかなり寒そう」とのこと・・・まあ、入浴料300円てかいてあるし!

なので、メジャーではあるけど鬼怒川温泉へ向かうことにしました。
私は鬼怒川温泉には初めていったんだけれど、ここもなかなか日帰りできるところが少ない(^^;
ほとんどが宿泊客用のお風呂だったかも。大きなホテルがつぶれていて真っ暗だったのが印象的でした((;゚Д゚)ガクガクブルブル
でも、やっぱり有名どころ。建物がいっぱいあって、温泉街という感じでしたよ~
そこでなんとか日帰り専用の、すず風という温泉を見つけ、入浴!
SSは(ry

まあ、予想してたよりもやっぱり寂れてるイメージは否めなかったかも。
日帰り客でも気軽に来られるように、日帰りできる温泉を整備したほうが良いかもしれませんね。
他にもあったとは思うんだけど、何しろ情報が><
温泉だから仕方ないかもしれないけど、若者向けではなかったかも!
観光客を取り込むには、お年寄りだけではなくて若者向けのサービスや情報配信することが重要になってくるかもしれませんね~(などと語って見る、というかそう話していた)


晩御飯!
栃木といえば、宇都宮の餃子か佐野ラーメン、もしくはゆば。(byるるぶ)
やっぱりそそられるのは餃子でしょう!!(;´Д`)スバラスィ ...ハァハァ

ということで向かった先は宇都宮。
実は前にも二度ほど行ったことがあるので(二回とも餃子食べるため)、これで三度目かな?

みんみんという餃子屋さんへ向かう。
しかしこの日は本店が定休日>< 他の餃子屋をるるぶで探すと、なんとパセオにある支店が営業している!とのことで、支店のみんみんへ向かいました。

行って見ると、行列@@
そして食券販売機。1人前で餃子が6個らしい。販売機には、「焼き1人前+水1人前」みたいなおしながきが並んでいましたよ~
支店には揚げ餃子がなかったので、あるのは焼きと水餃子、ライス、そしてビールのみでした。

そこで私が頼んだのは焼き2人前+水1人前、そしてライス!
え、計18個の餃子? そんなの関係ねえ!( ゚∀゚)o彡°
f0006510_0425414.jpg
焼き餃子(*´д`*)ハァハァ
このパリパリっとした羽が><
中は肉汁と野菜がつまっていてとってもジューシー!
f0006510_044114.jpg
これは水餃子。
通な人は、この水餃子の中にタレや酢を入れるのだそう(本店で前に並んだとき、行列の警備員さんが語っていた)
でも私は普通にタレを外でつけて食べました。酢は多めにするのが本場らしいですよ!

18個あったけど、一息つくとおなか一杯になるので、何も考えずにもくもくと食べ続けました(待)
でも普通に食べられた@@
おいしいものはいくらでも食べられる!また行きたいなー(´ー`*)

温泉に浸かり、美味しいものを食べ、そして帰路へと。

なぜか帰り道、「ヤオイ」の話になる。
4人のうち誰か一人がその話を持ち出したのかなー
でもヤオイについて語っていたのとはちょっと違うかも!男×男の構図を想像するというか、そういう世界自体ありえないのだそうですよ。
腐女子という単語も知らないのが常人らしい@@

実はよく知っていたので、私はずっと黙ってたけど、なんか世界に隔たりがあるな~ってw
何が「普通」であるんだろうヾ(´ー`)ノ

そんな感じで鬼怒川レポ終わり!
またなんだかんだ長くなってしまった><
[PR]
by yuki-chami | 2007-11-28 00:51 | おでかけにっき