明治維新

局様が旅立たれてから1週間が過ぎました。
彼女は誰よりも遅くに大奥を名残惜しそうに(?)旅立っていきました。
新しい人たちが次々とやってきて、局様の席にも別の人が座り、いそいそと彼女がお移りになる準備をしている様は・・・・

局の時代も終わったな・・・・

という感じでした!
なんかいるべき人じゃない人がいる感じで影薄かったです><

しかしちょっとしたことがトラブルで、局様はかなりそのことでご立腹で、今月の送別会には来ない(普通はありえない)そうで・・・
担当である兄者とユキちゃんは、かなり頭を悩ませていて、

兄者 「俺、下のフロア(局様がいるフロア)で、人間扱いされないんだろうな・・・」

と言っていました@@
今度別口で、彼女に迫害された4人で「局様を偲ぶ会」を開催する運びとなりました。

師匠が座っていた席に代わりにやってきた兄者ですが、彼はかなり有能ですよ!><
なんだかんだいいながら、昔のファイルとか見て自分で勉強しながらやってくれるし、違う人が担当の仕事でも、わかる範囲で対応してくれるし、なんていうか楽だー!!!
ぶっちゃけ前の状況よりかなりいいかもしれない)`v')"・:.

ユキちゃん 「みそさんの雑談する声が聞こえました!ぶっちゃけ前はそんなの聞こえませんでしたから(してないから)」
と言っていたし@@
別の人も、「なんか大奥明るくなったね・・・」と言っていたそうです。
やっぱなんていうか、明治維新ですから・・・


さて。

もう一つ大きなことがありました。
それは兼ねてから日記でも書いていたとおり、新人君がやってきたことです。

私が毎週疲れている理由は、やっぱり新人君にいろいろ教えてあげないと~とか、教えながらお客の応対や受け答えもするわけで、そういう気の回しが疲れを倍増させます(;´Д`)
やっぱり新しく社会人になったばかりだし、研修もこれからだから、社会人としての基礎がないですからね。
それに、何をしたらいいのかわからないのは当たり前で、何か仕事をあげないと、時間をもてあましてしまうので。ずっと隣についていればいいんだけど、いろいろ呼ばれたりするのでそういうわけにもいかないですからね・・・

まあ、彼ですが、会ったとき誰かに似ている気がしたのです。
そう、へっくんに似ている気が・・・
体重も50キロないらしい!へっくんのへをとって、ここではへちま君と呼ぶことにしよう。

へちま君、かなりおとなしいので(まあ新しく入ってきたばっかりだしそんなものかもしれないけど)、こちらから話しかけないと話しかけてきたりとかしません。

みそ 「へちま君、そのスーツとかカバンとか新しく買ったの?」
へちま君 「え、えっと、うーんと、そ・・・・・、そうですね・・・・・」
みそ 「そっかー」

(しばし間があく。何かへちま君は言葉を考えている様子。)

へちま君 「ひ、必要ですからね・・・」
みそ 「そうだね。」

とか、まあ会話はいろいろですが、ところどころがなんとなくツボです。
すごく真面目そうです。

この間、ゴミ拾いがあったんですが、彼、スーツで来ました@@
確かに「私服でいいからね~」とは言わなかったからな!w
ゴミ拾いをしているとき、特に団体名とか書いてあるわけじゃないのでその辺のボランティアとか市民の方々に思われてそうですが、彼だけはスーツだったので、市民の方に道を尋ねられていました。
上司が、「我々もそういう新鮮な気持ちで行かないといけませんね!」と言っていました。

彼は明日から研修なので、2週間くらいは私もホッとできそうです(待)
その間にマニュアルとか作成しなければ@@;
しばらくは忙しい日々が続きそうです><
まあ、へたれだろうがへちまだろうが、彼にすべてを引き継いで私は去らなければいけないので、ビシビシ教えます!

みそ 「研修がんばってね~。せっかく同期と一緒に研修するんだし、同期は大事にしないとだめよー仲良くするのよ!」
へちま君 「は、はい!友達とは仲良くします!」


大丈夫だろうか・・・w
[PR]
Commented by 八lL at 2008-04-08 03:32 x
お局様の時代は終わった・・・
そしてちゃーたんの時代が今、始まる!?
Commented by yuki-chami at 2008-04-08 21:36
時々油断してると後ろのほうからやってきたりするけどね><
いなくなっても残像がいたるところに((;゚Д゚)ガクガクブルブル
私の時代とか永遠にやってきませんよ!
by yuki-chami | 2008-04-07 21:45 | にちじょう | Comments(2)

しばし滞り中


by yuki-chami
プロフィールを見る