日記の日
2008年 06月 12日 |
某人の日記に、今日が「日記の日」だとかかれてあったので、日記をかいてみる。
でも調べてみたら6月14日ともかいてあるし・・・どっちなんだ!

ひさしぶりにリアルごとでもかいてみようと思います。
旅行記とか、大奥日記以外のことで><

-----------

この間、機会があって、ある光景を目にすることがありました。
お年寄りがたくさん住んでいる建物。
でも、施設ではありません。

そこがちょっと他の建物と違うのは、周りがフェンスで囲われていて、囲いに施錠がしてあって。
徘徊で出て行かないよう、フェンスがしてあるらしいのですが@@;
その建物の中の「食堂」と言われる場所へ入ってみると、特に何かが散らばっているというわけではない床だけれど、なんとなく入るのがためらわれるような場所・・・
子供の頃、おばあちゃんの家があまり掃除とかされてなくて、しかもお化けとか出そうで、嫌だったことを思い出しました^^;

食堂には、テーブルに突っ伏したままずっと動かないおばあちゃんが・・・(寝てるのかもしれないけど、ほんとに動かない!)
うつむいてずっと折り紙をしているおばあちゃん。「先生、助けてー、助けてー、頭がいたいの」とずーっと言っているおばあちゃん。従業員の人が様子を聞いても、その繰り返し。
それが続いて止む様子もないので、周りの人も何もなかったかのように、ご飯を食べたり、口をあけて仰向けで寝ていたり。
空調はなく、天気がよかったので、暑い・・・・

しばらくすると、「オムツを替えてくれ」と言う人がいた。
客人のあるせいか、従業員の人が「ちょっとまってね」と言うと、その人は「私何も悪いことしてないよ」と言った。
その発言の裏にある日常とは・・・

ドアの外には、線のつながれていない冷蔵庫がいっぱいありました。ドアノブの跡のついたつっかえ棒なども転がっていました。

前に行ったことのある、グループホームや施設などにも、確かに認知症で何やら繰り返してる人やら、ほとんど動かないような人はいるけれど・・・
なんだかそれとは雰囲気が違う。
不衛生?いや、確かに不衛生なのもあるかもしれないけれど、なんというか、全体に生気というものがない。

ここの住人の人たちは、自由に外に出ることができないらしい。
自分の通帳は数年の間見たことがないらしい。

「ここは檻無き牢獄ですよ」と住人の人が言っていた。
ここを出ても他にいくところがないから、と諦める人も。

なかには「だまされてここにきた」と言う人もいる。
ここへ来る前は、どんな場所だと夢見てきたのだろうか。

--------

その建物が、「管理」の下にあるか、そうでないか、ということは、すごく重要だったりする。
たとえば、具体的な話をあげるとすれば、たとえば殺人事件があったとして、その殺人事件に適用することのできる法律があるか否か。
殺された相手が宇宙人だったら!?とか。

もしも「管理」の下にあったなら、事態はもう少し明るかっただろうか?
何事もなかった、と言えるかどうかはわからないけれど、それでも「目」と「メス」があることによって、少しは防がれたこともあったんじゃないかと思いたい。
よくおまけのように、名前に冠詞がついてたり、誰も見ていないような称号であったとしても、実はすごく重要なのかもしれないと思った。


なんとなくだけれど、曰くつきの人は曰くつきな場所でよく見かける気がする。
この建物にいる人たちも、「他に行く場所がないから」と言うような人がいるとおり、ほとんどの人が、身寄りのない人、見捨てられた人、難しい性格の人だったりする。

もし知識があれば、そんなに変わらない出費で、人間らしい生活ができたかもしれないのに。

やっぱり、一般的には、家族というのはいくつになったとしても、切れない縁でつながれているとおもう。仲が良いか悪いか、ということではなくてね!
私たちはまだ若くて、老後について悲観することはすごく簡単であるけれど、誰もが、歳を取ることは防げないこと。
いろんなサービスや、他の人に助けてもらえることもあると思うけど、最終的に身近にあるものって、自分と、身内なのかもしれない。

一人ぼっちになってしまわないように、誰かに話しかけ、耳を傾け、友達を作り、人を好きになり、恋人を作り、結婚し、子供を作り、子供を育て、賢い選択をする。
そんな風に生活していけたらと思うし、伝えたいなと思う。


なんだかうまくかけないけど、そんな感じ!
誤解な文があったり、後から追加もあるかもしれないけれど(;´Д`)


とりあえず、どっかの人誕生日おめでとう。
[PR]
by yuki-chami | 2008-06-12 22:13 | にちじょう | Comments(6) |
Commented at 2008-06-13 10:48 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by こーじょん at 2008-06-14 12:12 x
いろいろむずかしいです
Commented at 2008-06-18 15:20 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by yuki-chami at 2008-06-21 13:38
>非公開様
非公開コメントなんてどんな深刻な内容かと思ったらそれかYO!
ま、まあこれは本人達(?)の了解を得た上で、ぬっころされなかったら掲載するわw
君も暇ですな( ̄-  ̄ )

>こじょさん
うむー
なんだかいろいろ考えてしまったよ><
なんというか、良いとか悪いとかじゃなくて、物事にはそれなりの原因と理由があるんだよね・・・

>非公開ブルー様
まっさきに最初コメントくれて嬉しかった!
ぐっじょぶ!
周りに親身になってくれる人がいて、住む家があって、話しかける相手がいるというのはとても幸せなことなのだと思う。
元気なときは一人でも良いのかもしれないけれど、元気じゃなくなったときに大変だからね・・・
そそ、私も後で後悔したりしないよう、できるだけ周りの人たちには良い気持ちで接することができるようにしたいなー
Commented by cucini at 2008-06-21 19:12
久カキコです。
これはドコなんだろう?とず~っと考えていました。
ありふれた場所のことなのか、特殊な場所なのか・・
自分とは関係ないから~って、切り離せないような
気がするなって思ってますた。

さて、そろそろこちらも落ち着いてきたので
( ゚∀゚)o彡°更新!更新!
Commented by yuki-chami at 2008-06-22 17:14
>ペシュさん
更新してる最中にちょうど書き込みが!!ド━━━(゜ロ゜;)━━ン!!
えーと、ありふれた場所とはいえないけれど、たぶんどこの町でも似たようなものはあると思う!
自分の親がその歳に近くなったときや、自分がその歳に近くなったときに思い出してくれると嬉しいかも・・・
なんにしても、下調べは重要で、もし身内の人を心配に思うなら、よく面会してあげてほしいかも・・・

忍者 Blog