桃源郷の橋
2008年 09月 17日 |
今日は友人と晩御飯を食べる約束をしていたので、2ヶ月ぶりくらいにゆっくり話をしました。
なんと同棲していた彼氏が出て行って別れたこともあり、暇ができたので俳優養成スクールに受験して入所したとか@@
しかも先日書道の展覧会があって、送ってみたら入賞したらしい・・・
元々大学時代のときも、一時期通ってたときがあったのは知ってたけど、突然の行動だったのでびっくりしました!
あとは、HYDEのライヴを見に名古屋に行ってきたり、「地震が来る」っていう予言があったので親を一瞬だけ家に呼んでみたりとかしてたらしい・・・

「昨日と今日が同じなのが気に入らないから」って言っていた彼女に比べると、私はどちらかというと平穏な毎日を過ごすことを望んでいるのだろうか?どうなのだろうか。
「みそちゃんみたいに地道にっていう生活は私にはきっとないのよ~」と特にそれを誇るわけでもなく悲しむわけでもなく語っていた。
地道か・・・。確かに変化のない生活なのかな~
こう書くと、地道なのが良くないように聞こえるけれど、良いところもあればもの足りなそうなところもある。良いとか悪いとかは言えない。

「私は、休日は家でひきこもってネットしてたり、寝てたりでダラダラできて、時々旅行にいけたらいいからな~」
っていう生活ならきっと叶ってる。
自分は恵まれてるな~って思っている。

地道な生活にあってないもの。
変化の多い生活にあってないもの。
どちらともいえないような生活だけど、そこにはあってないもの。

たとえば、HYDEのような人気のアーティストにはたくさんのファンがいて、ファンに囲まれるアーティストな生活もきっと華々しくて素敵だと思うけれど、アーティストに熱狂するファンの一人も、アーティストが提供する魅力的な歌を聴きつつ、幸せだと思う。
なんていえばいいかわからないけど、庶民ってけっこう幸せな身分なんじゃないだろうか。目立つ存在ではないけれど、目立つ存在から最高のサービスを自由に受けられるのだから。
そんな風に「庶民っていいよね~」って思う人もいれば、「目立って頂点を目指したい」っていう人もいると思う。

限りある生涯、どんな風に過ごしてみようか。
今決めずとも、それを探しながら過ごす楽しみもあるかもしれないけれど。

これまで旅でいろんなところに行った場所で、どこも素敵な場所だったけど、「ここは素晴らしい!」って思えるような場所がいくつかあったりする。
今では思い出の中で、なかなか簡単にいける場所じゃないんだけど、今週末行けそうな機会があるので、やっぱり寄ってみることにしようかな。
[PR]
by yuki-chami | 2008-09-17 22:43 | にちじょう | Comments(0) |

忍者 Blog