みそ日記

chamimi.exblog.jp
たまに更新しています
by yuki-chami
プロフィールを見る
Top
奥日光紅葉紀行
2008年 10月 18日 |
この間の日曜日は奥日光に出かけました。学生の頃に友人と華厳の滝までは行ったことがあったんだけど、その先までは行ったことがなかったので!
そのときにみた「戦場ヶ原」という看板が気になったのでいつか行ってみたかったw
あと、ノープランで向かったため、滝に着いたのが既に夕方だったのでほとんど何もしなかったという思い出が><
今回は早朝から出発することに!

というわけで朝5時半に出発しました。

もちろん高速なんて使いません!怖いし!
国道4号バイパスを通り、宇都宮を通過!
助手席の人は寝ていました( ´,_ゝ`)
しかし途中で道を間違ったので、急いで叩き起こしました(
とりあえずコンビニに入って、適当に進んだら元に戻れました!

宇都宮を過ぎたあたりから、道は日光街道と呼ばれるところへ。
f0006510_19324371.jpg
走行中に撮ったものなので、かなりブレた感じになっていますが!
道の両側に杉並木がそびえて立っていて、「なんか日光にきたー!ヾ(≧▽≦)ノ」って感じなのだ!綺麗!

この辺までは通行量はそれなりにあってもまだスムーズだったかな?
日光に入ったあたりから雲行きが怪しくなり、駅前近くなると微動だにしなく)`v')"・:.
駅前着いたのがだいたい8時過ぎかな・・・
観光客の人がそれなりに歩いていました。外人さんいっぱいでした。
なぜかトレッキング姿のやる気満々な人たちが多かった気が!登山でもするのだろうか (((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
ほとんど車が進まない中、のろのろとタイヤが転がり、いろは坂に入ったのがたぶん9時半くらい?@@
いろは坂に入るとトイレに困ると思ったので、直前の休憩所であらかじめ休んでおきました。
なんかこの日はやけにトイレが近くて><

公衆トイレでは、なぜかパンツをズボンの中にしまいきれなくて、ドアから出てくるとき手でごそごそしまってる最中なおばさん達が多かったです!一人や二人ではなかった!
混んでるとはいえもうちょっと落ち着けばいいのに!

いろは坂も相変わらず車が混雑して(ry
カーブのたびに「い1」などという看板があって、「いろはにほへと」の7くらいで終わるのかな?と思ったら、のぼりだけで20カーブありました@@;;;;;;;
いろは坂は、日光と奥日光を結ぶ唯一の道で、上りの第一いろは坂と、下りの第二いろは坂あわせて、48カーブあるそう。

いろはにほへと
ちりぬるをわか
よたれそつねな
らむうゐのおく
やまけふこえて
あさきゆめみし
ゑひもせす

下りの頃は夜だったので見えなかったけど、のぼるときには「ね」まで確認しました!

いろは坂も助手席の人は途中で意識がなくなって(
あまりにも暇だったので、一人でキャラメルほとんど一袋食べちゃいました!
カーナビテレビとかあると退屈しないのかもねー(そんなものはついてるわけないけど)
途中の仮説トイレに大渋滞ができていました (((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
きっと限界を超えすぎた人たちの集まりだったに違いない・・・

明智平を越え、やっと中禅寺湖のあたりまで。
この時点で既に11時くらい!
中禅寺湖の脇は「ロマンチック街道」と呼ばれるらしいけど、この渋滞でロマンチックどころでは)`v')"・:.
「もう引き返すか!!」と私が切れだすシーンも!
そんな中、大渋滞する車の中を走ってたバイク達の一人が事故ってるシーンを目撃・・・
ガードレールから身体が外側にはみ出てて、友達らしき人たちが身体をひっぱりあげてる最中でした@@;;;
まあ、正直バイクは危ない!
あれだけの大渋滞だと、車よりバイクのほうがずっと爽快だと思うけど、車線変更しようとするときも後ろからかまわずバイクが飛んでくるし、狭い間もおかまいなしだし、事故る人たちがいても珍しくはないかなという気がしました。
事故を見てから目が覚める(・x・)

そのロマンチック街道の途中から運転をしばし交代してもらい(脚が限界だった><)、竜頭の滝を越えたあたりから、車が流れ出す。

そこから先は目的の戦場ヶ原。
戦場ヶ原のほとんどは立ち入り禁止区域になっていて、決まったコースしか歩くことはできないんだけど、今回は時間の都合上歩くのは諦めました><
三本松茶屋というところに車を停め、とりあえずお昼ご飯を食べることにヽ(・∀・ )ノ

日光の名物はなんといっても「ゆば」!
そこいらには、ゆばラーメンやら、ゆばコロッケ、ゆばソフト、ゆばまんじゅう、なんでもあり!

でも、見本で見たゆばラーメンより、「入荷しました!」とかいてあった舞茸の天ぷら入りそばのほうがおいしそうだったので、舞茸入りおそばにしました。

一通りお昼を食べたあとは、ゆばコロッケ!ちゃんとゆばっぽいものが入っていた@@
f0006510_2011485.jpg
ゆばソフトは・・・
なんというか、味がなかった
というのが初めの感想だった。甘みがまったくない!そしてゆばの細かいのが入っていた。
ゆばの素材を味わうという点では、ご当地ソフトとして優秀なのかもしれない!
まずいわけではないけれど、美味しいか?といわれるとちょっと悩んでしまう。
たまに食べてもいい味かもしれない。

味覚を味わったあとは、戦場ヶ原展望台というところへ行ってみた。
遊歩道らしきところがあるので、少し戦場ヶ原の中を歩いたりできるのだろうか!?と期待したんだけど、遊歩道は徒歩1~2分で終了@@
すぐに展望台があった。
f0006510_0193690.jpg
思ってたとおりの、荒涼とした寂しい感じの風景ですね。
時間があったら遊歩道歩いてみたかったな。
f0006510_0291320.jpg
そもそもなぜここが戦場ヶ原と呼ばれているかというと、昔アカギの神(赤城山)とニッコウの神(二荒山)がそれぞれ大ムカデと大蛇に化けて戦った戦場であるという伝説に基づくものらしい。その戦いで流れた血が、近くの赤沼という沼であり、勝負が決した場所のことを菖蒲(しょうぶ)ヶ浜と呼ぶらしい。ちなみにこの戦いで勝ったのはニッコウ(日光)の神です。
名前に由来のある場所っていうのは面白いな!
f0006510_0353210.jpg
前に尾瀬に行ったことがあるんだけど、似たような雰囲気ともいえるのかもしれません。場所も近い(?)ですからね。奥日光をもっと奥に進むと尾瀬の入り口の一つに着きます。
前はほんとに適当な格好で行ったので、また尾瀬とか戦場ヶ原行くならトレッキングシューズ用意しなければ(^^;
遊歩道歩くだけなら、スニーカーでもなんとか大丈夫だとは思いますけどね!(前はスニーカーだったし)
今回は展望台からちょこっと風景を見ただけだったので、次回は歩きながら荒涼とした感じを満喫したいものです。

展望台見たあとは、三本松茶屋からは戦場ヶ原の中を歩ける遊歩道はなかったので、竜頭の滝方面へ戻ることにしました。滝付近は混んでそうだったので、素通りして中禅寺湖まで戻ろうかとも考えたんだけど、紅葉始まってる箇所あって綺麗だったので、他の適当な車の近くに停めて滝へGO!
f0006510_0392186.jpg
崖から流れるような滝らしい滝ではないけどコレが竜頭の滝!
先週がちょっと色づいてる感じだったので、今週末とかはかなり見ごろかもしれませんね(*^ー゚)b

滝を見た後は、中禅寺湖まで戻って、スワンボートに乗って見る。
グレートスワン号がいっぱいいました⊂二二二( ^ω^)二⊃ブーン
f0006510_21474512.jpg
この、ペダルをこいで乗るスワンボート、それこそ幼少の頃に乗せてもらった以来だと思う!
f0006510_21494896.jpg
ボートこぎつつ撮ってみた湖からの景色。
他のピンクスワン号がちらっとうつってます。
そういえば緑色のスワン号もいて、轟号と名づけました(

周りにスワンボートがいる中、普通のボート乗ってるカップルもいたけど!女の子がなんか寒そうにしていた。(確かに寒かった)
ちょっと危なかったのがモーターボート。
至近距離で走るのではないにしろ、モーターボートや観光船が走った後はけっこう大きな波が! (((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
スワンボート転覆するんじゃないかと焦ったよ!横揺れだと怖いので、波に向かって垂直になるようにハンドル操作してました(;´Д`)

30分くらいボート乗ってたかな?
そのあとは華厳の滝へ。
道路にはまだ上ってくる車がいっぱい!既に夕方だったけど、彼らはどこへ向かう予定だったのだろうか!次の日も休日だったから、泊まりの人もいたのかもしれないけどねw
f0006510_12283064.jpg
華厳の滝は三大名曝の一つですね!ちょっと遠いけれど、やっぱ迫力がありました!
でも、三大名曝って、華厳の滝、那智の滝と、あとは袋田の滝と秋保大滝と@@
なんか調べる文献によってちょっと違うみたいです(;´Д`)
どちらにしても、那智の滝以外は今のとこ制覇してるかもヽ(・∀・ )ノ
那智の滝は、世界遺産の熊野古道のほうですね。いつか行って見たいなー(そのうちいくような気がする)

前に華厳の滝に来たときは、無料で見られる上からの滝の風景しか見なかったんだけど、有料のエレベーターを使えばもっと至近の下からの景色が見られるという・・・
ということで今回はエレベーターを利用してみることに。
f0006510_12383950.jpg
下から見るとこんな感じ!なんか写真だとあんまり変わらない(?)気もするけど@@
どっちの角度が好きかはお好みでw
下のほうが、滝から流れてる川とか他の小さな滝とかはよく見えた気がしますね。

エレベーターの係員さんが言ってたけど、冬になると華厳の滝も全面凍結とはいかないまでも、ツララとかできたりして綺麗なんだそうです。
でも冬はお客さんがいなくてガラガラだとか!いろは坂を上るのがキツイのかもしれませんね(;´Д`)
バスとか使うことをお勧めしてました。秋の大混雑を避けて冬に行く、というのも賢い方法なのかも・・・

晩御飯は、帰りに宇都宮に寄ってギョーザを食べるか、せっかくなのでゆば料理食べるか迷ったんだけど、まあ奥日光に来る機会もそうそうないだろうということで、ゆばを食べることに。るるぶに乗っていたゆば料理が、会席料理4000円から!とか超高級なのばっかりで、恐れ多かったんですよ (((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
近くには、そんな高級会席料理ではなくて、普通にゆばの料理を出してくれるお店がいっぱいありました(・x・)
f0006510_12443054.jpg
桐花というお店に行きました。左にあるのがゆば丼というらしい!
なんか、天津飯の卵をゆばにした感じかな?@@ キノコがいっぱい入ってました。
ゆば定食では、ゆば煮やら、生ゆばとか。普通に1000~1500円くらいで食べられました@p@
ゆば自体には味が(ry
素材の感触とかを楽しむ感じですかね!

食べ終わったの17時半くらいだったけど、外は真っ暗。
車で気持ち少し休んでから、いろは坂の下りに入りました。ここでも助手席の人は寝て(ry
帰りは28カーブかな?@@
帰りも車は多かったけど、動いてはいたのでスムーズだった気がします。
でもずっとブレーキを踏む感じなので、カーブのところどころに「2速に落とせ!」ってかいてあった!普段D(ドライブ)にしかしてなかったので、初めて2速に変更することを知ったよヽ(´▽`)/
免許取ったのはマニュアルだけど、なんかオートマでギアを変更するイメージがなかったのだ@@;
オートマでギアを変更するときって何か踏むの!?ブレーキ踏まないと変更しちゃまずいのかな!?基本的っぽい質問でごめん)`v')"・:.

中にはブレーキが故障する車もいるのか、「ブレーキが故障した車の緊急避難所」という看板があって、緊急避難所は地面にスピード削ぐような加工と、軽く上がり坂になっていました・・・
ブレーキ使わないでも止まれるようになってるんでしょうね(^^;

途中コンビニで休憩とったりして、なんだかんだやっぱり4時間半くらいはかかったのかな@@
帰ったら着替えて即寝てました!疲れた!
教訓:日光の紅葉を見るときは、夜中に出発すること
もしくは、前日に出て近くで車停めて寝るとか・・・・
朝5時半でも、ちょっと遅かったみたいです┐(´∀`)┌
[PR]
by yuki-chami | 2008-10-18 12:56 | おでかけにっき | Comments(5) |
Commented at 2008-10-18 15:44 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by yuki-chami at 2008-10-20 21:22
なんじゃえろ!

更新楽しみにしてますよ( ´,_ゝ`)
Commented by chlonokiseki at 2008-10-20 23:15
週末の新聞の一面に奥日光の上空写真が載ってて、
『この写真のどっかにみそs CAR写ってるかなぁ?』

とか思った!

これだけカラフルな紅葉って凄いね!


みそさんの記事見てるだけで紅葉狩りに行った気分になりました(`・ω・)/


ちなみに⊂⊂⊂(^ω^ )⊃⊃⊃ブーン

は、内藤ホライズンさんと申しますw

体のあるverでは名前が違うとか☆彡
Commented by いけべ at 2008-10-20 23:49 x
ゆずのアイスクリームがナメクジとカタツムリのオバケに見えます
Commented by yuki-chami at 2008-10-21 20:38
>クロノさん
車いっぱい並んでたからね!もしかしたらあったかも!?
先週のほうがかなり紅葉してたかもしれないねw
いつか紅葉いっぱいのところとか見てみたいな~
赤い木がいっぱいあるところってあるのだろうか・・・

内藤ホライゾン・・・!!
wikiで調べてみたら⊂二二二( ^ω^)二⊃ブーンが乗っていた・・・
目指せ一日一ぶーん!

>べえちゃん
ゆずじゃなくて、ゆばだって(=゜ω゜)ボー
なめらか感っていう感じではないねw
出てきたときちょっと衝撃だった!これだけ素材の味を生かした(?)アイスも珍しい気がする・・・
まずくはないよ!たまに食べる感じがいいかも?@@
<< 終わり方 PageTop その名はゴッド >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Witch's Night Skin by Sun&Moon

忍者 Blog