みそ日記

chamimi.exblog.jp

たまに更新しています

カテゴリ:おでかけにっき( 171 )

大内宿雪まつり その2

寒さに耐え切れず、大内宿で有名なねぎそば・・・はネギ1本まるかじりできる気がしなかったので、「大内宿 山形屋」に入ることに。
ここは民宿も営業していて、泊まることもできます。
f0006510_13495113.jpg
山菜そば
ワラビにぜんまい、フキなど山菜がいっぱい入ってぷりぷりしていて、美味い!!
蕎麦もコシがあって食べ応えがある感じ。
f0006510_17414060.jpg
囲炉裏で岩魚を焼き始めたようです。宿泊客に出すのかな?
ここは大内宿の山形屋ですが、今晩宿泊する予定の民宿は、湯野上温泉の山形屋。
名前が同じだからよく間違えられるのだそう!!私も最初大内宿の山形屋に泊まるのだと思っていました@@;
囲炉裏のそばで宿の人とおじさんが世間話をしていて、時々会話に加わっていたのですが、なんとそのおじさんも同じ宿に泊まる人だということが判明。
しかし、ほんと世間話とか話の口調からもなんだか田舎味を感じるな~!!
お祭りのイベントとなる花火の話も、「村の予算であげる花火だから、まあたいしたことねえど」とか、そもそも雪が大降りだったので、「花火今日あるんですかね~」ってきいたら「あげるしかあんめえ」って言ってました。

雪もちょっと収まってきて再び外。
f0006510_17441687.jpg
f0006510_17565380.jpg
灯りが燈ってきましたよ~
f0006510_17445368.jpg
中には傾いているのもありますが・・・
そういえば、大内宿のお店のお土産はけっこう観光地価格だけど、玉こんにゃくとかでんがくとか食べるものは100円とか200円とかで財布に優しかったな~
しかも今回のツアーでもらえる「ショッピングチケット」があって!1人1000円分(500円×2)も使えるのです@@
大内宿と湯野上温泉で使うことができたので、とりあえずお蕎麦を食べたときに使用しました。

丸太切りが終わったステージでは、演奏に続き、利き酒大会が行われていました。
参加できるイベントが目白押しなのもいい感じ!
大内宿自体はそれほど広くないので、30分あれば十分回ってしまうし、長居するにはイベントを見物したり参加しないと飽きてしまうというのもあるのかも。
元々大内宿の雪まつりは、人寄せのために行われていたのではなく、村の人たちが、雪を邪険にしてばかりいないで楽しもう、というコンセプトから始まったのだそう。そこに観光客が来るようになったのだとか。
イベントの司会をやってるおっちゃんも、こういう界隈には必ずいそうなズーズー弁の田舎味あふれるナレーションで、とっても良い感じ!!
この司会をまじめくさってやってたら、お祭りの面白さは半分以下だったと思う。
f0006510_180643.jpg
いよいよあたりも暗くなってきました。
15時くらいに来て、もう3時間くらいいるのかな・・・寒い~~ (((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
でも寒さを通り越してぼんやり暖かくなってきたかも~しかしなんといっても足が冷たい。
そして待ちに待った、花火の前の御神火が始まりました。
しかし御神火ってどんな感じなんだろう?@@
司会のおっちゃんが「今青年会のみなさんが走ってますのでみなさん道をあけてください」って言ってたので何か来るのか?と思ったらキタ━(・∀・)━!!
f0006510_1833886.jpg
(」゜ロ゜)」(」゜ロ゜)」(」゜ロ゜)」オオオオオッッッ
この雪の中裸だー!!わらじ履いてるけどさむそー><
青年会のみなさんは大内宿の中のメインストリートを1.5往復くらいしてステージ上にある蝋燭に火をともしていました。
そして花火!雪の中でも花火あがるのか!?
f0006510_1861939.jpg
※がんばって花火を撮影した様子
っていうか、雪だし寒すぎてレンズ曇って見えんわー!!
ところどころ、花火が終わるたびに司会のおっちゃんが「お~」とか「花だ」とか「おわりか?」などと合いの手を入れていて面白かったです!!(・∀・)イイ!
村の予算とは思えないくらい、けっこう花火綺麗だったな~
寒かったけどww
終わった後は足早に、お迎えの車のある場所へ・・・
車の中が超暖かくて生き返った(´∇`)

道は行きより混んでたけど、30分くらいで宿に着いたのかな。
湯野上温泉 山形屋 到着。
エントランスがあって「ゆ」と書いたのれんがあって2F建てで・・と民宿らしい民宿でした。
f0006510_1813921.jpg
部屋。まだレンズが曇っています!どうやらカメラはしばらく放っておいたほうがよさそうだ。
冷蔵庫こそなかったけど(外に置いたほうが冷える、むしろ凍るという説)、歯ブラシも浴衣もあったし小さなテレビがあった。
さっそく広間でご飯!給仕の方が何人かパタパタ動いていましたが、たぶんみんな家族か親戚なのかな。
6組しか泊まれないので、こじんまりではあるけど、料理は必要十分むしろ多めw
お刺身に鍋物、鮎の塩焼き、茶碗蒸しなど、民宿という値段で、普通の旅館並みに出るの?というくらい!
高級感とか洗練された感じを期待しなければ、民宿けっこう良いかも~
トイレとか洗面所は共同だけどね!

夕飯も食べ終わり、酒も呑み、部屋に着くとまだ8時!
8時とか自宅にいたらまだご飯食べてないかも・・・
でも既に布団も敷かれているし、明日までゆっくりできる~
zzz
酒を呑んだせいかソチ五輪もそこそこに寝ていました!( ̄□ ̄;)!!
途中0時くらいに起きて内湯に行ったのかな。露天風呂が路面凍結のために冬季閉鎖されていたので、内湯は大変素朴な感じでしたがとても温まりました。

翌日。
朝ごはんが8時。チェックアウトしたのが10時。
駅までの送迎を頼むと、快く対応してもらえました!
しかも清算のとき、ツアーに「宿泊所にて現金キャッシュバック1人2000円券」っていうのがついていて、2000円キャッシュバック!!
どんだけお得なんだ@@
これは夏も来るしかないな(´-`) 女子会とかここいいかもしれない。

再び湯野上温泉駅。
f0006510_18252143.jpg
昨日は気付かなかったけど、駅隣に足湯ー!!(ノ´▽`)ノオオオオッ♪
f0006510_1830556.jpg
雪の線路風景と駅舎いいね・・・。しかも今日はあまり雪は降っていないようだ。

2日目の予定を前もって特に考えていなかったので、猫の駅長がいるという芦ノ牧温泉駅へ行ってみることに。
f0006510_18323348.jpg
駅長不在!ド━━━(゜ロ゜;)━━ン!!
しかもマナーを守らない人が多いらしく、駅長自身の撮影も禁止されている模様。
芦ノ牧温泉駅から温泉街へ行くにはけっこうな距離があって、タクシーか送迎を頼まないといけないので、ここを後にして次の目的地に向かうことにしました。
次の目的地は、塔のへつりという景勝地へ。紅葉の時期が素晴らしいらしいけど冬もなかなかとのこと。
渓谷ファンの私としてはぜひ見ておかなければ。

しかしここでの注意は滞在時間が30分だということ!次の列車を逃すと次は2時間後に(;´Д`)
幸い、駅から塔のへつりまでは徒歩5分なので足早に向かう。
f0006510_18361174.jpg
おお!
f0006510_18384253.jpg
f0006510_18384733.jpg
(」゜ロ゜)」(」゜ロ゜)」(」゜ロ゜)」オオオオオッッッ
雪景色!!凍ってる!

へつりっていうのは会津方言で断崖のことをいうらしい。
f0006510_1840310.jpg
中国の山奥とかにありそうな絶壁の道とかすごいw
さすがに命の危険を感じるので崖に沿ってめぐらされた道には行かなかった@@;

おみやげ屋ではきのこ汁を誰にでもサービス!
このきのこ汁のきのこが超美味しくて、おかわりしたいくらいだけど、時間がないので急いで駅へ・・・
f0006510_1842482.jpg
幸い列車はまだ来ておらず、この5~10分くらいの遅れは雪のためなのか普段からゆるい感じなのかは謎w
会津田島駅へ~
f0006510_18442364.jpg
会津田島駅は、会津鉄道の中ではけっこう大きい駅なんだと思う。お土産屋も充実しているし、駅前に食べるところもけっこうあるし。
駅前にある柏屋というところでお蕎麦&ソースカツ丼。
昨日から蕎麦とか鮎とか茶碗蒸しだったので、ソースカツみたいなこってりしたものが超美味しく感じた(*´д`*)
汁そばも良いのですが、旦那が食べてた天ざるが美味しかった( ´-`)
お腹がいっぱいになって駅に向かう途中、駅前ベンチでバカップルを発見!
f0006510_18485697.jpg
な、なんじゃこりゃー!!
寒空の中いちゃつきやがって!(ノ ゚Д゚)ノ ==== ┻--┻

そんなわけでお邪魔はせずに、お土産屋をひやかしつつ北千住行きの列車に乗りました。
f0006510_18512161.jpg
さわやかに晴れてるなあ。
旅も終わりか~
しかし今回はなかなか良かった。またローカル線&温泉の旅を目指してどこか探してみよう。
f0006510_185779.jpg
そんなわけで、現在家の玄関小アガリの飾りスペースは会津フェアになっています。
赤べこかわいい!
[PR]
by yuki-chami | 2014-02-11 18:57 | おでかけにっき | Comments(4)

大内宿雪まつり その1

温泉に入れて、観光でもなんでも何か目玉となるイベントがあって、1泊2日で2万以内で・・・と検索すること数日。
2万出すなら箱根とか鬼怒川もいいかな~とか思ったけど、探し始めたのが2月に入ってからだったので、大体どこも空いていない!
空いているところといえば2万オーバーの宿泊所ばかり・・・@@
そのほかに交通費もかかるしな~( -人-).。oO(・・・・・・)
そこで発見したのが「湯野上温泉フリープラン1泊2日」15000円。南会津ということは雪も見られるし、なんといっても鉄道の旅かー!!(≧▽≦)
2月8日、9日は大内宿というところで雪まつりやってるっぽいし、これはなかなかナイスと思って予約することに。

2月8日の土曜日、首都圏は大雪。朝の段階で、まだうっすらですが家のまわりにも雪が積もっていました。
特に予定がなければ間違いなく家にひきこもっていたに違いない。
電車遅れたりしてるかな~とも思ったけれど、「普段から雪の降っているところだからおそらく大丈夫であろう!」と考え、お出かけ。
楽しみな電車の旅です!
北千住から会津若松や喜多方まで電車でいけるということを初めて知った@@
まあ目的地の湯野上温泉まで快速でも4時間くらいかかるけど。
f0006510_23324293.jpg
北千住から下今市まで行って、会津マウントエクスプレスヽ(・∀・ )ノ
下今市駅は、関東で唯一駅弁の立ち売りを行っている駅らしい。
しかしこの日は雪が凄かったのでホームにはほとんど人がおらず駅弁売りの人も見かけることはできず。
でも売店があったので、そこで駅弁を買いました。
f0006510_23375321.jpg
牛めし弁当はテレビで紹介されたとかでNo1の売り上げらしい。
でも、それに負けず劣らずゆばちらし丼は地元の人もわざわざ買いに来たりするのだとか。駅弁買って、ビールも買って、ゆったり電車旅ー♪━━━━ヽ(〃▽〃 )ノ━━━━!!
景色もそこそこに湯野上温泉まで爆睡してしまいました@@;;

湯野上温泉到着。
f0006510_23443878.jpg
カメラ小僧ならぬカメラおやじがいっぱいいました。
負けずに私も撮影しよう!
f0006510_23444320.jpg
けっこう雪が降ってる。
線路を横切るための信号や歩道橋的なものは特になく、電車が来ていない間隙をみはからって歩いて横切る感じ。
しかしこの駅、なんだか風情があって素敵な駅だなあ。
f0006510_23474484.jpg
(」゜ロ゜)」(」゜ロ゜)」(」゜ロ゜)」オオオオオッッッ
囲炉裏がある!!
正直、それほどというかあまり湯野上温泉に期待していなかったので、良い意味で期待を裏切られました!
切符売り場とか売店とか、レトロでものすごく可愛らしい造りでした。
f0006510_23505940.jpg
妙にカメラマンがいっぱいいるな~と思ってたけど、この駅は日本で唯一の萱葺き屋根の駅で有名な駅らしい。
知らなかった@@!!

駅でこの日の宿である「湯野上温泉 山形屋」に連絡すると、迎えにきてくれるとのこと。
しかも、他にも大内宿雪まつりに行くお客さんがいるらしく、一緒の便でよければ乗せていってくれるらしい!
というわけで、荷物は運んでもらって大内宿へ。車で15分くらいかな?
道はそれほど混雑していませんでした。
ツアー予約の段階で、大内宿に行くタクシーが全部出払っている状況で予約できなかったので、行きは宿の人が大内宿に連れてってくれるという話だったけど、なんと帰りも花火が終わった後の18時半に迎えにきてくれるというお話になった。対応が素晴らしくて感激!

大内宿到着。
f0006510_032226.jpg
お、おおぉぉ・・・・なかなか寒いですわ・・・・ (((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
しばらく歩いていくとお酒の販売&試飲をやっていたので寄ってみることにした。
まあこの際ピロリのことは明後日また考えよう(薬は飲むけど)。@@←というか既にビール飲んでる
日本酒がサラリとしてうまい!そして梅酒がうまい!!
せっかくなら大内宿という銘柄の日本酒・・・と思ったけど、うちは日本酒を買ってもほとんど消費されないので、梅酒を買うことにしました。
なにやらステージがにぎやかだな~と思っていたら、よさこいを舞ってました。
f0006510_064323.jpg
大河ドラマは終わったけど、いたるところに「八重の桜」のポスターやのぼりが飾られていましたよ~
やっぱり町興しとして大河ドラマは大きかったんだなあ。ドラマは結局観ないで終わってしまったけど、よさこいを見ていたら観たくなりました。
肉汁という肉が入った汁物と甘酒が無料サービスされていたりとか、店の中で芋が焼かれていて自由に食べて良いとか、サービスがすごい!!!
他にも萱葺き屋根並ぶ家の前で、玉こんにゃくとかでんがくとかいろいろ売ってました。

続くステージでは「丸太切り大会」の参加者募集をしていて、旦那が申し込み。
そして丸太切りの様子。
f0006510_0594172.jpg
結果3位!
賞品にとち餅をもらった(・ω・)
なんかこういう手作り感あるイベントいいね~(´ー`*)

しかしほんと寒い (((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
あまりにも寒すぎるので、どこか中に入ってそばを食べることに。

つづく
[PR]
by yuki-chami | 2014-02-09 23:26 | おでかけにっき | Comments(2)
この間観た足利のイルミネーションみたけど、何かもっと凄いイルミネーションを観たいなー
都内でも良いけど、せっかくなら少し離れたところに行ってみても良いかも~せっかくだしこの間結婚式に出席した夫婦でも誘ってみようということで、お春さま夫婦と一緒にお出かけすることに。

朝8時半集合。
お春さまは然り、旦那さんは私は結婚式が初対面だったのでよくわからない部分もあったのですが、今時の青年だった!そしてうちと同じでどちらかというと物静かな感じ。でもお春さま曰く、草食ではないらしい!?
細いなあ、若いなあと思っていたけど、自分とピー歳離れているということに衝撃を受けた。
もうそろそろ私やばいですわ( ´△`)

さて、山梨方面へ車で⊂二二二( ^ω^)二⊃ブーン
首都高が混んでたので4時間弱かかったかも!?連休じゃないとはいえ、朝早くに出ないとまずいのねーと実感。自分が運転していたら暴れていたかもしれないけど、今回は行きは旦那が運転していたので事なきを得・・・いや、本当に助かりました。

山梨ならほうとう!ということで行ったのは河口湖近くにあった「ほうとう不動」というお店。
f0006510_543045.jpg

f0006510_543880.jpg
信玄のほうとうは戦場の力の源なり。いざ中へ!
キノコが入っているほうとうは初めてだなー。感想としては、まあふつう@@ 玉ねぎがたくさん入っていた)`v')"・:.
お春さまは、家でもよくほうとうを作るらしい!さすが料理女子だなー。
ほうとうが店で売られていることすら、気づかなかったよ・・・

さて、山梨きたらやっぱり富士山を観ないと~ということで、富士山スポットを探しに。
途中でふらーっと富岳風穴に立ち寄り。
f0006510_546257.jpg
まあ風が通り抜ける洞窟!
ちなみに小規模のものが「かざあな」洞窟状のものを「ふうけつ」というらしいよ~
「かざあな」でも間違いではないらしいw
この時期は外もクソ寒いので、いまいち恩恵は感じられなかったけど、中は年間平均気温が3度で夏でも天然の冷蔵庫として使われたらしい!
たぶん、夏に来るのがおすすめということで・・・・・
しかし、オフシーズンでもそれなりにツアー客がきてたなあ。世界遺産効果?

本栖湖方面へ車を走らせること30分くらい。
途中、通行止めになっているところもあったりして、湖を逆周りすることになったけど、たどり着いた絶景ポイント!
f0006510_5523772.jpg
千円札の冨士!(≧▽≦)
え、よく見えないって?
f0006510_5532539.jpg
ホラホラ、千円札に富士山が描かれているでしょう!
と、超寒い中千円札をがんばって広げて写真を撮っていたら、隣では五千円札を広げて撮っている人たちが!!
旧五千円札(稲造)だと描かれているらしいw
樋口さんにはありません( ´△`)

次は、この時期なら温泉か~ということで「まっぷる」に載っていた良さげな温泉へ。
峠越えをし、甲府市街が混んでいたのでなかなか時間がかかった><
あれだな・・・。行きたいスポットにいくのはいいけど、やっぱりルートとか距離を考えないとダメだな。。。
後ろに乗っていた夫婦もよく寝れた模様(お疲れだと思います・・・)。
行くのは大変だったけど、温泉は大変良かった。
写真はないけど、「ほったらかしの湯」!フルーツ農場を越えて山をずーーーーっと上ったところにあります。
露天風呂からリアル富士山がよく見える!これがまさに露天風呂だよねー(´ー`*)

さて、最後に今日のメインである相模湖イルミリオン。
混んでたのといろいろ廻ったせいで、到着したのが20時半だったけど(;´Д`)
f0006510_663157.jpg

f0006510_681594.jpg

f0006510_663721.jpg

f0006510_66476.jpg

f0006510_665418.jpg

f0006510_67148.jpg
物凄い広い!&すっごい綺麗だった!!
駅から離れているので行くのが少々難があるけど、さすが「イルミネーション」で検索したら上にヒットするだけあるな~
リフトがあって、山の上に上がれたりと夜景もちょっとだけ見えました!
しかし寒かった・・・w
何か大規模なイルミネーション観たい人にはおすすめかも~
お春さまは何かに火がついたらしく、三脚で写真をとりまくっていたようだった。
楽しんでもらえて何よりですよ^-^b

帰りは終電に間に合うように早に戻りましたが1日本当におつかれさまでした!!
うちも翌日はワンピースが始まるくらいまで寝ていました。
また来年もよろしくお願いします(*- -)(*_ _)ペコリ
[PR]
by yuki-chami | 2013-12-16 06:14 | おでかけにっき | Comments(3)

仙台(定義山編)の旅

今年最後の仙台ということで・・・
車で行ってきました( ・ω・)ノ だいたい4時間で着きました。
もっと早く飛ばせば短縮できるんだろうけど、これくらいなら年に3~4回くらい行けるような気がするー

武屋食堂~お墓参り~そしてベガルタのホーム最終戦へ。
開始前ギリギリの到着だったにもかかわらず、席を確保してくれている旦那の友人には感謝です><
f0006510_23322025.jpg
残念ながら試合は負けてしまったけど、終わった後にセレモニーが。
手倉森監督がリオのオリンピック監督になるということで、監督の挨拶がありました。
6年も勤めてたし、「惜しまれながら退団する監督は珍しいな~」と旦那が言っていました。
まだ若いし、オリンピックも含めてこれからの活躍に期待!

試合後は利久へ。
「ベガルタ戦からのお帰りなので、初めの一杯が無料です」という温かいサービス!
6月に仙台来たときは牛タン食べずじまいだったので、ひさびさの牛タンでした。
日高見というお酒が美味しかったー
やっぱり仙台いいね!ヾ(≧▽≦)ノ

アパヴィラホテルに宿泊して2日目は、ひーさんとひろこさんに遊んでもらう。
お二人でいろいろプランを考えてくれたらしく、定義山へ行くことに!
さて、定義山とは仙台市青葉区にある山で、西方寺という浄土宗のお寺があるらしい。
そしてあぶらあげで有名(らしい)。

車で仙台から30~40分くらい。
ダム近くにあることもあって、けっこうな山奥なのですがこれでも市内らしい@@!
東京の奥多摩みたいな感じだろうか・・・w
まだ先週は降ってなかったけど、雪深い地区なのだそうな。
f0006510_23424603.jpg
西方寺。本殿はこの建物とは違うところにあるらしいけど、なんかこっちのほうがご利益がありそうな貫禄だったので撮ってみる。
しかしお参りの前に、まずは「あぶらあげ」!
f0006510_23442492.jpg
この定義とうふ店にある、三角あぶらあげととうふの田楽が格別!!
唐辛子と醤油というシンプルな味付けがやみつきになる。
これで240円、安い~~
考えてみたら、なかなか食べ歩きで「あぶらあげ」って無い気がする。
これですっかりあぶらあげのファンになってしまいました。
それに田楽ってこんにゃくだけじゃないんだね!
f0006510_23464711.jpg
やきめし。
こんがりと、みその風味です。
食べ歩き万歳。

お参りにお線香を購入し鐘をつく。
こんなにしっかりとお参りしたのは珍しいかもしれない!
おみくじは「吉」でした。
お寺の裏にあったオキツネ様にもしっかりとお参りしてきました!
お供えに三角あぶらあげが置いてあったなあ。

ここは平家の落人の里らしく、平重盛の重心である平貞能が阿弥陀如来を安置したことからお寺がはじまったのだとか。
安徳天皇の天皇塚もありました。
あと浄土宗のお寺なので、浄土宗について一般の人に知ってもらうための資料館があった。
けっこう凝った資料館だったけど、運営とかどうしてるんだろう!お布施とかかな@@

あと茶処がありました。
f0006510_23555218.jpg
300円払って入館すると、休憩所にてお茶と茶菓子を出してくれるという・・・
なんというか優雅なひと時を過ごしている気がするー
定義山、初めて来たけどかなりのお気に入りスポットです。

山を下りた後は、ひーさんの自宅にて一息!
なぜか「南極料理人」のDVDを鑑賞。
家の中がコンパクトながら、とても整理されていて可愛かった~
りらっくまがいっぱい住んでいた!
私もあんな風に綺麗にできていたらいいなあと思いました。

夕飯はピザ。
f0006510_00242766.jpg
窯焼きのピザ、とても美味しかった!
やっぱりピザはみんなで食べるのが美味しい。

帰り道、一気に茨城まで~と思ったけど、常磐道に入ったあたりで力尽き、1時間ほど休憩しました。
そうしたら風邪を引いてしまったようだ。
鼻水がとまりません。。。

[PR]
by yuki-chami | 2013-12-02 23:55 | おでかけにっき | Comments(6)

足利へ出かける

新しい車になって1週間。そろそろどこかへお出かけしたいぞ。
街並みも煌いてきたし、イルミネーションが見たい!と思って検索したら、なんと「足利フラワーパーク」が関東三大イルミネーションの上に、昨年ヤフーの人気イルミネーション第2位だったらしい。(1位はどこなんだろう)
足利なら栃木だし、けっこう手軽にいけるかな?と思い、足利ツアーをすることになりました。
最初はフラワーパークに行くことしか予定してなかったんだけど、調べてみるとどうやらこの土日は足利の秋祭りをやっているらしく、陶器まつりやらグルメグランプリをしているみたいなので覗いてみることに。

f0006510_23462548.jpg

栗山美術館というところが会場らしい。
おおお!すごい人!
というか、紅葉がすごい綺麗じゃないですかーーー

f0006510_23485667.jpg

f0006510_23491061.jpg
地域のお店が自慢の一品を出展するというイベント。
今年は仕事柄こういうことに関わる機会が多いので、なんだか「こういうところが工夫されているな~」とか「ここはもう少しだなー」とかなんだかいつもと楽しむポイントが違った気がする。
食券利用なのも、これだと各店でおつりを用意する必要ないんだなーって思ったりとか。
価格が200~300円だったので、たくさん種類を楽しむことができて良かったです。採算合うのだろうか@@
まあ、量が少なめでも価格が安めのほうがお客さんは嬉しいかも。

この日は良いお天気だし、まさに紅葉最盛期。
イベント抜きにしても紅葉が綺麗な美術館だなと思った。

f0006510_23561250.jpg
かなり綺麗にされてる。
栗田さんという人が、伊万里焼と鍋島に限定したコレクションを収蔵している美術館。
無料で見られる範囲をチラッと見たのですが、なんというか栗田さんが生涯をかけて収蔵しまくった品々や研究の成果が詰まった施設でした。。。破片を海外にまで行って収集してきたりとか、まさに伊万里焼オタク!!
紅葉がホント綺麗だったなー!!近くに住んでる人とか散歩気持ち良さそう。
しかし考えてみたら、今住んでいる家周辺にも観光客目線なら綺麗に思うところがいっぱいあるんだろうな。茨城も今が紅葉の旬です。
今年はムリだけど、来年はわたらせ渓谷に行って見たいな。トロッコ乗りたい。

夜は足利フラワーパークへ。

f0006510_00034949.jpg
光ってる!
これ水面になってて、下にも三角形が映っているように見えるという。
左の青い三角形が飛行石のようだ@@

f0006510_00070439.jpg
写真ではちょっと伝わらないけど、「奇跡の大藤」という音楽の合わせてイルミネーションに動きのあるイベントが大変綺麗でした。
イルミネーションもいいけど、花が綺麗な時期に見てみたいかもしれない!

f0006510_00132538.jpg
f0006510_00081519.jpg
秋!@@
日本の四季のイメージがイルミネーション化されていました。
なんというか、全体的に洗練された感はないけど、とても頑張ってるということはよくわかるかも!!?
そう考えてみると、東京駅を初めとした都内のイルミネーションはさすが大人向けという感じがするかも。

そういえば、うちにクリスマスツリーが来ました。

f0006510_00143466.jpg
でかい・・・・
180センチあります。
人がそこに立っているかのような存在感@@
旦那により担がれてやってきたツリーなのですが、、
なんか想像していたよりでかかった!!どうしよう!?ド━━━(゜ロ゜;)━━ン!!
とりあえずリビングに鎮座させることにしました。

あと、庭にチューリップの球根を植えました。

f0006510_00193562.jpg
マリーゴールドが咲きまくっていて、刈り取るのが忍びなかったので、とりあえず庭の半分だけ植えることに。果たして春にちゃんと芽が出るといいのですが!

[PR]
by yuki-chami | 2013-11-26 00:20 | おでかけにっき | Comments(2)

ディズニー挙式へ潜入

2013年10月25日(大安)
ディズニーのアンバサダーホテルでお春ちゃんが挙式しました!
平日ということもあって参列できる人が限られる中、呼ばれたからには参列しないわけにいきません!
幸い、この季節は土日イベント出勤が多く、むしろ平日のほうが振り替え休をとりやすかったので、夫婦で参列することにしました( ・ω・)ノ
それに、ディズニーでの挙式とか一回見てみたい!
自分が会場めぐりしたときも、ネタでもいいから一度相談にいくべきだったと思ってたりしたし( ´ Д`)

先週末といえば、台風が2つ向かってきてて上陸するかどうかとニュースになっていたところ。
前々日、お春ちゃんから「残念なことに台風が向かってきているため、急遽、キャンセルの受け入れをすることに決めました」とメールがきたときは新郎新婦の苦渋の判断が容易に想像できました。。。
人をたくさん呼ぶっていうのは気も遣うし、ましてや思いもよらないことが起きたりすると心配だよね。

しかしそんな心配もよそに当日は雨も降っておらず!
午前中に髪のセットに美容室へ行き、余裕をもって出発するはずが、駅至近距離の駐車場に停めようと思ったら、前を走っていた車に先に入られたとたんに満車になり、10分かけて歩いて駅へ行くはめになったというハプニングが起こり、なんと途中の駅の乗り換えを通常4~5分のところ2分で走らないといけないという事態に!!!ド━━━(゜ロ゜;)━━ン!!

履き慣れないハイヒールのかかとの隙間にティッシュを詰め、最も近い階段を検索して猛ダッシュすることでなんとか集合時間に間に合った@@;;;;
あれが乗り換え1本遅れていたら、本当に恥ずかしいことになっていたかと思うと (((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
f0006510_22541731.jpg
式場は清楚に温かみのある白で統一されていました。
f0006510_23301971.jpg
とっても綺麗!
フリフリの真っ白なドレスでした(´ー`*)
f0006510_2328411.jpg
式が終わった後、なんとミッキーとミニーが登場し、新郎新婦を祝福していました。新婦が感動のあまり泣いていた(・ω・)
ミッキーとミニーも誓約書にサインしていました。
これはディズニー好きには忘れられないイベントだね~

続いて披露宴。
会場に入る前に、お色直しのドレスの色を当てるという余興がありました。美女と野獣のベルっぽいかな~と思って、私は黄色に投票。
f0006510_23412992.jpg
テーブルの上にポット夫人!
f0006510_23435067.jpg
f0006510_23435558.jpg
f0006510_2344136.jpg
「シンデレラストーリー」という名前のメニューであるらしく、シンデレラ、眠りの森の美女、白雪姫、美女と野獣のモチーフのオードブルがあったり、ティアラが出てきたり。
ベルのスカートがデザートになっているという凝りっぷり!
食用のバラがいくつか出てきました。
それぞれの姫がテーマのオリジナルドリンクも用意されてあって、ソフトドリンクながらも美味でした。

そしてお色直し。
f0006510_23534774.jpg
赤(むしろピンク?)だったー!!
旦那は赤に投票していたようです。
いやーかわいい!!
髪も下ろしていて白ドレスのときとガラっと変わったし、私はこっちのほうが好きだなー
新郎さんも、さすがディズニーらしい王子服だったw
f0006510_23581231.jpg
終わった後で、螺旋階段のところで撮影していたのを上からパチリ。
お幸せに!!!
[PR]
by yuki-chami | 2013-10-29 23:59 | おでかけにっき | Comments(2)

ひたち海浜公園

台風で仕事のイベントも中止となり家で過ごすことになった2日間。
最近仕事の都合で、市内とか仕事に関係するところに行くことが多かったので、ひさしぶりに自分の好きなところに出かけることにしました。やっと晴れたし!

国営ひたち海浜公園。
コキアの丘が紅葉の見ごろだというので、行きたいな~と思ってたんだけど、仕事がかぶってたり大雨でいけず。やっと今日いいお天気だったので行ってみました。
ここは、ネモフィラという青いお花の丘で有名な公園で、前行ったのは4年前だったかなー

適当に駐車場停めたら、コキアのある「みはらしの丘」から一番遠いところだったので、レンタサイクルを利用することにしました!(3時間で300円)
自前の自転車を持っていってもいいらしい。
f0006510_0214928.jpg
おお!!
なかなかいいじゃないかこれ!!
園内の中に自転車専用の高速道路がある感じw
f0006510_024392.jpg
f0006510_0251041.jpg
海辺のすすきが原。
f0006510_026166.jpg
終わりかけのコスモス。
コスモス畑の近くでコスプレ撮影会やってる団体がいました。
f0006510_0285028.jpg
噴水。
f0006510_0295286.jpg
目的のコキアの丘!
f0006510_032423.jpg
f0006510_032983.jpg
時期としては、最盛期の見ごろから穂先が少し茶色になりかけ。
来週の連休過ぎたら刈り取られるらしい。見に行くなら来週が最後のチャンスかも?
これ、茶色くなったコキアはほうきになるらしい。。。

しかし、4年前行ったときは自転車でまわれることを知らなかったけど、天気も良かったしなかなかのアトラクション!でも季節的に花はあまりなかった。
子連れでもいけるし、ファミリーにもおすすめかも~
今度行くときは、那珂湊でお昼を食べてから、海浜公園へ向かおう・・・
今日は昼まで寝ていたので、海浜公園しかいけませんでした!
珍しく常磐自動車道が込み合っていた~
[PR]
by yuki-chami | 2013-10-28 00:34 | おでかけにっき | Comments(2)

スイス旅日記 その6

8月11日(日)

昨日ずっと見えていたマッターホルンは今朝は見えなかった。
この日の予定は、ツェルマットからグリンデルヴァルト、そしてさらにベルンの予定。
午後、グリンデルヴァルトにてパラグライダーを予定していることもあり、8時半の列車には乗らなければならなかった。
f0006510_0374291.jpg
今日はなかなか長旅になりそう!
ツェルマットまでの移動の教訓で、大きな荷物(スーツケース)を持ちながらの移動は、想像以上に疲労することがわかっていたので、スイスの荷物運びサービスである、「ファストバゲージ」を利用することにした。
ファストバゲージとは、駅の荷物窓口に朝9時までに荷物を預けると、当日中に12フランで国内の好きな駅まで荷物を運んでくれるサービス!ただし、受け取りが18時とか19時までのところが多いので、当日受け取るには窓口の開いている時間に行かないといけないけど。仮にその日とりにいけなくても、3日間は預かってくれるらしい。旅行客にやさしいサービス!
旅行前は、便利なサービスだけどお金かかるし使わないだろうな~と思っていたけど、いやー荷物のない旅って全然違う(;´Д`)
そんなに荷物が大きくなければ苦にならないけど、運ぶのもやっとだと電車の移動もままならないし。
というわけでファストバゲージを利用して大きい方のスーツケースを預ける。1キロくらい超過してたけど、「今回だけよ!」とおっちゃんが言って通してくれた(・ω・)
中くらいのスーツケースは自分で持っていくことにしました。(本当は2つ預けると楽だけど、万が一荷物が受け取れないと困るし@@;)

ツェルマットからフィスプまでの道のりは右側の窓(谷側)をGET。
晴れていたので、遠くからみたらマッターホルン見えるかな~と探してみたけど、やっぱり見えなかった。
1日限定だったのか!なんとにくいやつ。
私は谷側の景色に魅入っていたけど、旦那はお疲れのようで即寝。
ツェルマット→フィスプ→インターラーケン・オスト→グリンデルヴァルトと乗り継いで、2日前に居た街に再び到着しました。
12:00
f0006510_05669.jpg
今日はなにやら自転車の大会が開催されている模様。
f0006510_102148.jpg
しかし、晴れていると全然景色が違う。
そういえば、駅で旦那が「過労死」と日本語で書かれているシャツを着ている外人を見たらしい@@

中くらのスーツケースをコインロッカーに預けようと思ったら、既にすべて使用中だった・・・
でも、全部使用中だった旨を話すと、駅の荷物窓口の人が3フラン(コインロッカーの価格と同じ)で荷物を預かってくれた。引き換え札をもらえるので、受け取りも簡単でした。コインロッカーに荷物が入らない場合とかでも預かってもらえるような気がする。

パラグライダーの集合場所はフィルストという展望台の中のお土産屋に15:00!
さて、パラグライダーを行う前に、ハイキング行くよ~
グリンデルヴァルト駅から10分くらい歩いたところで、フィルスト行きのゴンドラ乗り場到着。
ゴンドラの中でスイスの人の老夫婦と一緒になった。しかし英語があまりわからなかったらしく(私もわからないけど)、言語での意思疎通は困難だった・・・w ベルンに住んでいるらしく、国内旅行で来たらしい。ベルンだと、おそらくドイツ語だったんだろうな~
グリンデルヴァルトからフィルストへいくまでに2つくらい駅を経由。1つめの駅で乗り換えるんだと思って下りちゃったけど、ゴンドラにそのまま乗っていればフィルストまで行けるらしい@@
下りてまた乗るという恥ずかしい行為をしてしまった!(゚Д゚≡゚Д゚)
f0006510_173090.jpg
ゴンドラの中から撮った写真なのでちょっと窓が汚れてたりするけどこんな感じ。
そして左上の円部分に注目・・・。円があるところは、ゴンドラ終着駅の横あたりに設置されているお立ち台っぽい何かなのですが、何かというと・・・
f0006510_19585.jpg
特殊部隊が!!!!
フィルストフライヤーといって、円部分のお立ち台からフライヤーで一気に下る!!
ゴンドラの横を走っているので、ものすごい速さ(かなり一瞬に近い)で通り過ぎていくフライヤー・・・。
速度制限とかついているわけじゃないので、単純に重力で下っていくw
あれはすごいわ!!パラグライダーで下に降りるんじゃなければ、たぶんフライヤーに間違いなく乗ったと思うけど、一瞬で下っていくので景色とか楽しんでる余裕はないと思われる・・・@@
f0006510_1135448.jpg
上の様子はこんな感じ。上から見ると、さっそくかなりの高低差が・・・!

フィルストに到着したところで、往復で2時間ほどのハイキング、バッハアルプゼーという湖を目的にハイキングへ!
f0006510_116626.jpg
下界はものすごい暑さだったけど、上にのぼるとちょっと曇ってる(・ω・)
ここらへんは一面が牧場になっていて、その辺に牛がいる。登山道には牛から放出されたアレもある。
f0006510_1175496.jpg
f0006510_118394.jpg
f0006510_1221027.jpg
f0006510_121531.jpg
あまりの景色の素晴らしさに、写真とりまくりだったけど、だいたい1時間くらいで目的地である湖に到着しました。
f0006510_18335351.jpg
湖周辺はちょっと寒い!
歩いているときは暑かったので半そでだったんだけど、湖のほとりで朝食からかすめてきたパンを食べていたら寒くなってきて上着を着ました。
湖の先にも道があってどこかへ抜けるらしいんだけど、あと1時間とかでたどり着ける距離ではなさそうなので引き返すことに。
f0006510_1848197.jpg
帰り道の様子。
真ん中にちいさーく写っているのは私です!

アルプスで見たかったのはこんな崖と草原の景色。
f0006510_18493432.jpg
すごいなあ。
こんな風に周りの山々や草原が見渡せたのは、日本でいうと秋吉台かな。
やっぱスイスすごい。ここを飛べたらな~
f0006510_1925945.jpg
空にはパラグライダーがいくつか飛んでいてとても気持ち良さそう!
15時からは念願のパラグライダー。やっと飛べる~♪

約束の15時に出発地点のお土産屋に行ってピンクのバウチャーを持ってウロウロしていると、お店の人に話しかけられ、「フライングマン」を紹介された。
気さくそうな長身の男の人。(スイス人?)
私でもわかる簡単な英語で話しかけてくれました。本日は5度目の飛翔らしい@@
f0006510_1934175.jpg
どうやら、あの旗があるところがパラグライダー出発地点らしく、ゆるやかな坂を少々ダッシュして空に舞い上がるらしい。
5分くらい待ってくれと言われ、しばらくするともう一人のフライングマンが登場。
最初のフライングマンより愛想がない。淡白な感じだ!
「どっちが俺と飛ぶ?」と聞かれ、旦那が彼と一緒に飛ぶと終始無言で終了しそうな気がしたので、私が一緒に飛ぶことに。
カメラは落下防止のために必ず首からぶら下げることになっているらしい。

まずは旦那のフライト。
無事あがったようだ、と思ったら、誰かが草原に置いてあった物を回収にいった!
あ、靴だ!どうやら旦那が飛翔する際に靴を落としていったらしい@@
これだからスニーカーは(ry
やっぱり山は登山靴に限るな!!!

続いて私。「Run Run Run これが大事」と言われたので、走る。でも5~6歩走ったらすぐに空に浮いた!
おお~~~浮いてる~~~
でも、椅子のようなものに座ってるから「飛んでる」という感じはぶっちゃけしないかも?
それにしても良い景色!!!

f0006510_19132728.jpg
さっき写真に写ってた崖
f0006510_19144984.jpg
出発地点が遥か下に!
f0006510_19165350.jpg
グリンデルヴァルトの街もよく見えます!

かなり上に舞い上がって、いろんな場所を旋回。
これはいいね!!(≧▽≦)
アルプスの山々や谷が見渡せるし、個人的には崖の際を飛べたのがイイ。

しかし旋回しているのもあるけど、特に下に降りるとき高度が下がるせいか急激に気持ち悪く@@
20分くらいの飛翔だったんだけど、後半は何かを下に落下させないように耐えていたwww
しかもフライングマンが飛んでいるところの写真を撮ってくれて、微妙にカメラに向かって微笑むのがつらかったww

f0006510_19311537.jpg
20分後、無事着地ポイントへ。
しかしベテランだから当たり前かもしれないけど、ちゃんと決まったポイントに降り立てるのが凄いなー
彼らは毎日毎日5~6回仕事で飛んでいるらしい・・・。そこまでくるともう楽しむというレベルでもないような。。
フライングマンが撮った写真は有料になっていて、それなりに高価なので購入は遠慮することに。
っていうか、着陸したとたんもう地べたにバタンキューですよ!!
あー気持ち悪い~~ (;´Д`)ゲロゲロ

なんというか・・・・・・いろいろやり切った感があった・・・・・・・・
かなり満喫した。
もうそろそろ旅行終わってもいいかもしれない。

フライングマン2人は次のフライト(客)へ向かって自転車で颯爽と去っていき、残された我々は駅に向かってトボトボと歩き始めた。
気持ち悪すぎて歩くのがつらかった。。。。
この日は天気が良かったせいか、客からのオファーがかなり多かったらしく、旦那と一緒に飛んでいたフライングマン(気さくなほう)は、空中でもオファーの電話を受けていたらしい!!(すごい@@)
うーん、私はとりあえずタンデムフライトはもうお腹一杯かな~(;´Д`)
もしパラグライダーやるなら自分で飛ぶのがいいかな。若干、密着しているのが気になるし!
景色を見るのにも落ち着かない@@;
あと、パラグライダーだと座っている感じになって、遊園地にある椅子がぐるぐる空中でまわるやつに似ている気がするから、ハングライダーとか!!でもあれってかなり力が必要らしいんだよね。
飛翔への飽くなき挑戦は続くのであった・・・・・・

なんとかトボトボと駅まで歩き、ボーっと座り込む私。
もうお土産を見る気力もない@@

宿のあるベルンまで本日中に向かわないといけないので(しかもツェルマットから発送した旦那の荷物も受け取らないといけないし)、グリンデルヴァルト駅で私のスーツケースを回収した後、ベルンへ向かうことにしました。
インターラーケン・オスト経由でだいたい1時間半くらいだったかな?

ベルン駅は首都なだけあってかなり大きい駅。
荷物受け取り場がわからなくてまごまごしていると、「何か探しているの?」と街の人に話しかけられ、つたない英語でなんとか話すと、道順を教えてくれました!ありがとう!!(´∇`)
しかし荷物受け取り場はなんと18時までだった!ド━━━(゜ロ゜;)━━ン!!
地球の歩き方に「駅によっては18時くらいで閉まるところもあるので注意」とは書かれてあるけど、大きな駅のベルンまで18時で閉まるとは@@
幸い、預けたままの荷物はほとんど旦那の衣類だったので、なんとかなった!(下着類は一応別で持っていたらしい)次の日、空港に向かうときに取りに来ることにしよう。

グリンデルヴァルト、ツェルマットと観光の町な上にけっこう小綺麗にされていたので気にならなかったけど、2つの町に比べると、ベルンはそういう意味ではあまり綺麗ではない@@
まあ普通の外国の都市って感じ。それでもかなり整ってるほうかなー

本日の宿泊先である Savoy Bernというホテルは歩き回った結果、駅の至近距離に位置していた。
4つ星って書いてあるけど、スイスの宿の中ではここが一番年季が入っている気がする!まあなんとなく予想はしていた(=゜ω゜)ボー
一番びっくりしたのは、エレベーターのドアを手動で開けなくてはいけないことだろうか!?
到着しても自動で開かないから着いたと思ったらドアをガラガラっと自分で開ける。
何度か、到着したのにドアを開けずに待っていてエレベーターが行ってしまった。

とりあえず1泊だけだし、別にゴミが落ちてるとか虫がいるとかではないので、荷物を置いたら夕飯を食べにいくことにしました。旦那が異様に買い物に歩きたかったらしい。
最近思うけど、旦那はショッピングが好きなんだな~と感じた。しかも、掘り出しものを求めてフラフラ歩く系。わりと可愛いもの好き。私は、どちらかというと海外では買い物は2の次3の次。景色見られればいい系。
男女が逆だぞー

f0006510_19464019.jpg
スイスの連邦議会議事堂。
おそらく観光名所だと思われるけど、この日日曜日だったこともあってほとんどのお店が閉まっており、広場にはまばらに人がいたものの少々閑散とした雰囲気だった。
f0006510_19485627.jpg
道端チェスをやっている人たちが!
外でこんなものがあるとはー
何かを賭けていたわけではない模様w
f0006510_19494622.jpg
夕飯のピザ。
最後に何を食べるかと考えて、開いているお店が、スイス料理+和、イタリアン、中華だったんだけど、やっぱりパスタとピザが美味しかったな~と考えてイタリアンに。
メニューを見て、お店の名前が書いてあるピザを選んだ!

だいたい良い感じの時間になり、真っ暗になる前にホテルへ戻って今日の行程終了。
長い1日だったー
[PR]
by yuki-chami | 2013-09-03 19:52 | おでかけにっき | Comments(0)

スイス旅日記 その5

なにげにブログが10万アクセスを達成したらしい。
2005年年11月24日に開始してから、7年と9ヶ月!
こんなに続くとは思わなかったな~
見てくれてるみなさん&コメントをくれるみなさん、いつもありがとう。

f0006510_11262637.jpg
※世界の車窓からのBGMを思い浮かべながらお楽しみください

AM11:00 下り始め。

登山道には看板が設置されていて、次の駅まで徒歩でどれくらいなのか詳しく書かれていた。
ちなみに冬はスキー場になるらしいよ。
f0006510_11423917.jpg
次のローテンボーデン駅までは徒歩で35分くらい。
かなりの観光地であるにもかかわらず(アルプスが一望できるし)、それほど下る人が多いわけでもない。
富士山の上みたく人でごった返してるのを想像してたけど!
f0006510_1148655.jpg
しかしそれにしても良い天気。
私たちが下り始めると同じ頃に、日本人の大学生くらいの年齢のお兄ちゃん2人も下りはじめ、特に一緒に下ったわけじゃないけれど、同じペースだったのか各所で見かけました。
白、ピンク、水色の小さな花が咲き乱れて、本当に美しい景色でした。
何よりも、このマッターホルンを常に眺めながら山を散策できるこの幸せ!
写真撮りまくりながらゆっくり下っていったので、35分予定のところを1時間くらいのペースで歩いていました・・・w
f0006510_11592177.jpg
f0006510_1201732.jpg
f0006510_1212269.jpg
ローテンボーデンからリッフェルベルクへの道(普通は小1時間くらい。我々は、1時間半くらい・・・。)の途中で、湖があった。
ガイドブックとか絵葉書に紹介されている「逆さマッターホルン」はここの湖らしい。
f0006510_124861.jpg
湖面にマッターホルンが映っているのが見えるでしょうか!湖の脇で釣りをしている人もいました。ここって魚いるのか!?
f0006510_125475.jpg
上で下り始めるとき一緒だった大学生2人が、逆さマッターホルンを眺めながら「この景色が見たかった・・・・」とつぶやいていて、なかなか感動的でした。男2人旅っていうのも美しいね・・・(ノД`)

f0006510_12452992.jpg
湖を後にし、再びリッフェルベルクを目指す。
f0006510_12461842.jpg
小川も流れていたり。水が冷たいです!
途中休憩していると、下から登ってくる2人くらいの日本人のおばちゃんがいて、登って来たんですか、すごいですね!と言ったら、ツアーできていて、他の人とはぐれたらしい@@
大丈夫なのだろうか(;´Д`)
と心配したら、「16時までに下に居れば大丈夫だから、大丈夫でしょうたぶん」と言っていた。
だいぶ大雑把なツアーだ!
あと、ちょうどいい大きさの石で休んでる人がいるなあと思ったら、登山鉄道で一緒の席だった韓国人のおじさんでした。偶然すぎるw
f0006510_12495785.jpg
いい感じの道。ほんと、ずっとゆるやかな下り坂とかこういう道なので、歩きやすい!ファミリーでも子どもでも全然いけると思う。
f0006510_12502983.jpg
草原で⊂二二二( ^ω^)二⊃ブーンをしていたら、撮られた。
f0006510_12535276.jpg
しかし、どの角度から見てもマッターホルンは凄いなー。美人だなあ。
f0006510_12543414.jpg
リッフェルベルクの駅が見えてきた。
f0006510_12552047.jpg
奥の谷に見えるのは、ツェルマットの街です。

駅に到着し、お昼を食べることにしました。
ホテルもあるみたいだけど、コードコート的なところへ行って、なんとカレーを発見。
しかも今度はまともそうなカレーである。
f0006510_12572630.jpg
普通だ!
カレーっていうのはこういうやつです!
特別感動するほど美味しいわけじゃないけど、米が食べられたことが嬉しかったです。

しかも、何気に絶景レストラン。
f0006510_12594560.jpg
暑かったけどw
f0006510_130521.jpg
丘の上の教会。
スイスの教会って素朴な雰囲気で、これはこれで良い感じ。
上で会った大学生のお兄ちゃんたち、ここの駅でご飯を食べているのを目撃しました。
ほんとに最後まで一緒だったなw

14:00
しばし休憩した後、せっかくなのでもう一駅下ってみることにしました。
f0006510_134335.jpg
さあ、下りますぞ~
一般的にはだいたい1時間半くらいの道のりなのだとか。
ゴルナーグラート(一番上)から、お昼食べたところくらいまでの距離計算ですか・・・
まあお昼食べたし、この後特に予定もないからがんばってみよう!

ここでお花畑紹介。
f0006510_1354754.jpg
一番上のほうはちらほら咲いている感じだったけど、下り始めるとこういうお花畑がいたるところに広がっていました。
f0006510_1382030.jpg
f0006510_1382583.jpg
エーデルワイスっぽいのもどこかにあったような、どれだったんだろう的な。。。
f0006510_13121765.jpg
リッフェルベルク駅→リッフェルアルプ駅までの間は、わりと急斜面の道を行く感じ。下を見ると怖いかも(;´Д`)
f0006510_13131432.jpg
f0006510_13132080.jpg
滝も見られます。
さすがに疲れたのか、リッフェルアルプ駅に着く頃になると言葉も少なめに(・ω・)
リッフェルアルプ駅は、山の見晴らしの良いところではなく、森の中にある感じ。
ここで切符を買って、ツェルマットへ。
1000mくらい一気に下ってきた感じか!がんばった。。

ツェルマット 15:50
f0006510_13151754.jpg
マッターホルンが街からも見えます。
午前中くらいしか見られないこともあるみたいだけど、今日は1日ずーっと眺めることができたなあ。
宿に戻って着替えた後しばらくして、お土産散策&晩御飯へ出かけることにしました。
f0006510_1318320.jpg
スイスといえばチョコレート!
おいしそおおおおお
f0006510_1319035.jpg
どこの街、駅にもある「コープ」はなんでも揃っている!
しかもキオスクの物価の3分の1。当然観光客にも大人気。
f0006510_13202580.jpg
日本の一番搾りが売っている!
f0006510_13215630.jpg
なんか綺麗なパッケージのビール。
今晩の晩御飯は、ダービーというホテルのレストランで、子羊肉のグリルとなんとかソースというのと、パスタを頼みました。
f0006510_13224961.jpg
物凄い客の数が入っていたのか、ウェイターさんがせわしくなく動いていて、厨房では「ガシャーン」とか聞こえるし、なんだか超絶忙しそうな店だった@@
しかし、このソースとグリルはかなり美味かった!!
f0006510_13253563.jpg
夜(といってもまだ明るいけど)、街から見えるマッターホルン。
今日は一日マッターホルンだったなあ。
この迫力は想像以上のもの。そして、アルプスの山々を眺めながらのハイキングは最高でした。

明日は、グリンデルヴァルトでパラグライダーをして、最後の街、首都ベルンだー!
[PR]
by yuki-chami | 2013-08-31 13:26 | おでかけにっき | Comments(3)

スイス旅日記 その4

8月10日(土)

朝6時になんとなく目覚める。窓を開けてみると、やや山に雲がかかってるけど、青空と言えなくも無い。
f0006510_238354.jpg
ついに今日は晴れそうか!?
早く起きたし、7時から朝ごはんが始まるので、7時になったくらいにレストランへ入ったら、誰もいなかった@@
f0006510_22232181.jpg
まだ給仕さんが準備してたんだろうか?
f0006510_22251758.jpg
朝ごはんはどこも似たようなもなので、あまり変わり映えはしませんが!

旦那が準備をしながら、「今日は登山する?登山スパッツ履くかどうか迷う」と言っていたので、登山はしないけど、全行程の中で一番歩くと思う。私は履いて行く」と答えた。彼はあまり今回の旅の行程を把握していないようだ・・・。そういえば、ガイドブックもほとんど見ていなかったかも?まあ確かに旅の中身もほとんど私が決めた)`v')"・:.
どうやら「暑くなる」という判断でスパッツはやめたもよう。

山の天気は移ろいやすく、晴れているうちに登ったほうがいい!しかも午前中がおすすめ、とどこかに書かれてあったので、旦那の準備をせかしつつ、9時の登山電車を目指す。
f0006510_22311535.jpg
晴れたー!!!O(≧▽≦)O ワーイ♪
この青空を待っていた!!!しかも、肝心な日に晴れるとはなかなかやるじゃないか。
しかし、街からマッターホルンが見えるって聞いたけど、どこだろう?
f0006510_22325883.jpg
植えられている花も綺麗に見える。ほんと、スイスの町はどこも花で彩られてるなあ。

ツェルマットの駅から徒歩1分にある、ゴルナーグラート鉄道の駅で切符を購入。
ガイドブックによると、まず一番上まで行って、そこから途中の駅まで徒歩で下りるのがなかなか良いらしいということが書かれてあったので、駅員さんとのやりとりの結果、片道切符を購入することにする。
「One way!」って言ったら、Ohみたいな表情だったのでちょっと心配になり、「difficult?」って尋ねたら、大丈夫だよ、大変だと思ったら途中の駅で切符を買って下りればいいと言っていた。
駅まで行く間にギブアップした場合はどうしたらいいでしょうか!?(゚Д゚≡゚Д゚)

割とゆとりを持って電車に間に合わせたので、難なく右側の窓をGET!
上るときは右側がおすすめなのだとか。
これまで電車の中で物凄く混雑したということがなかったんだけど、この登山鉄道は席が隙間無く埋まり、立つ人が出るくらいまで混雑しはじめる。
隣に座ってきた人が日本語で話しかけてきた!韓国の人で一人旅をしている中年の人だった。
日本には10回以上行っているのだとか@@
日本語上手だったけど、やっぱりわからない言葉もけっこうあるらしく、窓の外の滝を指して、「あれは日本語でなんていいますか?」と聞かれたりもした。
f0006510_2244189.jpg
そして斜め向かいに座っている欧米人の着ているトレーナーが気になって仕方なかった・・・w
しかし面と向かってはさすがに撮れないので、こっそり撮影!
日本で言うと、アルファベットもしくはアラビア文字が書いてある感じか!?

上り始める登山鉄道。
だんだん高度を上げ、右に大きく旋回して、何か山が見えたな~と思ったら、
f0006510_2311864.jpg
(」゜ロ゜)」(」゜ロ゜)」(」゜ロ゜)」オオオオオッッッ
あがる歓声。
こ、これがマッターホルン!!!!!!!

この山が見えたとき、そのいびつな形と迫力に心が震えた。
正直、マッターホルンって名前は知ってたけどどういう山なのか知らなくて、でもこの形を見たときに「これだ!!!」って思った。
本物を見たって思った。
f0006510_2253453.jpg
標高1600mから、3089mまで30分ほどで上がり、到着。ゴルナーグラート駅です!
f0006510_2331122.jpg
スイスっぽい犬がお出迎え。バーニーズ、というらしい・・・(たぶん)
原産地であるスイスのベルンにちなんでこの名前なのだとか。
なにやら、この子と一緒に写真を撮るのは有料らしい・・・。
f0006510_11254917.jpg
凄い・・・・
f0006510_235260.jpg
凄い・・・・・・・・!!!
f0006510_2355538.jpg
すーごーいーーー!!!!(≧▽≦)
f0006510_2381620.jpg
来てよかった・・・・つД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚
ゴルナーグラートの展望台からは、アルプスの山々が眺められます。
モンテ・ローザ4,634m(アルプス山脈で2番目に高い山。最高峰はモン・ブラン)
リスカム4,527m(雪崩が多いので危険な山だとされている)
ドム4,545m(アルプス山脈で3番目に高い山)
ブライトホルン4,164m(モンテ・ローザと並んで存在感がある山。わりと登りやすいらしい)
マッターホルン4,478m(いうまでもない、この記事に最も出てくる山。ここの北壁は世界の三大北壁と呼ばれ困難なルート)

山も素敵けど、氷河もすばらしい。
f0006510_23192716.jpg
ゴルナーグラート氷河と呼ばれています。
緑の水たまりに見えるのは、いわゆる蔵王みたいなお釜だろうか。
この氷河が溶け出して川となり、アルプスの水となり、そして日本でも売られているエビアンになってるんだねー。何万年前に地球に降った水なんだろう。
f0006510_23222132.jpg
この山がモンテ・ローザ。
二つの峰・・・に見えるけど、実はもっと複数の峰から成っていて山群の総称なのだとか。
丸みを帯びて見えるので、標高が高いように見えないけど、アルプス山脈の中では2番目の高さらしい。
f0006510_23281453.jpg
でも、まあなんといってもマッターホルンが素晴らしすぎる。
圧倒的な存在感だよ。

このゴルナーグラート駅にはお土産屋とかレストランがあったので、そこを覗いた後、ゆっくりと下ることにしました。小さな教会もあった。
展望台も含めると1時間くらいゴルナーグラート駅に滞在し、いよいよハイキング(下山)へ。
とりあえず、次の駅まで歩いてみますか!鉄道で上がってくる人に比べると、あまり下ってる人いないように見えるけどw
f0006510_23295848.jpg
じ、自転車で下る猛者が!!!ド━━━(゜ロ゜;)━━ン!!
ここでは珍しい光景ではなく、自転車で下山している人もいました・・・
こんな標高高いところで、マッターホルンを眺められるところでそんなことができるのですか!!
写真見ると、地味に登ってきてる人がいますね・・・。
スイス凄すぎる@@

長いので次へ続く。
[PR]
by yuki-chami | 2013-08-28 22:26 | おでかけにっき | Comments(3)