<   2009年 07月 ( 13 )   > この月の画像一覧

イタリア日記 5日目

5日目。
この日もわりと早くに出発、朝ごはんは前日と同じメニューでした)`v')"・:.
ここで出るチーズが苦手な気がしたので、ハムをとってみたけど、それも全部食べられなかった気がする・・・
たまたまここで出たものが口に合わなかっただけなのかもしれないけど、本場の味が必ずしも美味しいわけではない気がする!
イタリア料理、インド料理、フランス料理、中華、日本ではいろいろ食べられるけど、結局日本人の好みに合わせて美味しく作ってあるのかなーって思ったり。そんな「日本」の味に慣れた私は、やっぱり日本で食べるごはんが一番美味しい!
昔、カナダにいたときも、日本の味が懐かしくて、しょっちゅう牛丼とかカレーが出てくる和食のお店に行っていた記憶が( ´△`) 外国人が作るスシとかテンプラじゃなくて、ほんとに日本の味だったので、なんでそのお店を知ったのかは忘れたけど、ごはんが思いっきり食べたいときに行ってたなー

エレベーターが1つしかなかったので、早く荷運びをしないと、こんでしまうかも!?と思ったけど、ツアー客の人たちはかなり早めに準備して運んでいたらしく、それほど混乱はありませんでした。
そして、バスでヴェネツィアに向け出発。
ヴェネツィアまで4時間くらいあったのと、朝がわりと早かったので、途中で長めのトイレ休憩をはさみつつ。
4日目くらいまでは、バスに乗ってる間はなるべく寝ないようにしていたんだけど(景色眺めるのが好きなので)、5日目くらいになると疲れのためか、寝てしまうことが多くなり><

気がつくと、ヴェネツィアの通行税を払うところへ。通行税とかあるのか@@
その後、海辺が見えてきて、いよいよ水の都ヴェネツィア!?っていう感じ。
f0006510_2046357.jpg
橋渡ったら街なのかな!?と思いきや、ちょっと違ったらしい。ここはまだ、ヴェネツィア本島へ渡る舟であるヴァポレットのある港らしい。
f0006510_2050228.jpg
舟の中。
よくみたらカップルがほほえましい光景を!新婚なのかもしれない(・ω・)
この彼氏はそういえばずっとビデオカメラを回していた気がする。
f0006510_2182314.jpg
舟が出て、アドリア海へ!ヽ(・∀・ )ノ
アドリア海って聞いたら紅の豚を思い出す。これがあのアドリア海ですね><
写真で見えてるのが、もうヴェネツィアだけど、実際は10分~20分くらい舟で走った気がする。
f0006510_2110446.jpg
ほどなくしてヴェネツィア到着。
なんというか、ディズニーリゾートに来たようなイメージが!
本来は、こちらが元祖ですがw
着いた後、細い細い道を通って、昼ごはんのレストランテへいきました。

今日のお昼ご飯、イカスミスパゲティ。
f0006510_2120439.jpg
しかし、周りの人と比べて量が少なかったような!量に差がありすぎるのもイタリア流!?
今回はオッサンが刺青つきのこわもてのオッサンだったので、てんこもりとは言えませんでした (((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
f0006510_21214149.jpg
日本では、最初にサラダが出てきて、そのあとメイン、パスタ、と出てくる気がするけど、イタリアのレストランでは先にパスタが出てきている気がする。このときのメインはよくわからない魚、デザートはティラミスでした。

ご飯を食べたあとは、ガイドさんに連れられて、ヴェネツィアの中心、サン・マルコ広場へ。
f0006510_21295427.jpg
この日も天気がよかったため、ほぼ日陰がありません!
f0006510_2133374.jpg
ヴェネツィアの守護神、聖マルコの象徴である有翼の獅子像。
昔、ヨーロッパではそれぞれの街で守護聖人を求める風潮があり、ヴェネツィアでもサン・タデオが守護聖人だったけど、9世紀になってエジプトからサン・マルコの遺体がエジプトから商人の手により運ばれてきてからは、聖人としての名声が高い、サン・マルコがヴェネツィアの守護聖人となったらしい・・・
f0006510_21274242.jpg
f0006510_2231424.jpg
広場の目前にあったサン・マルコ寺院。ここはサン・マルコの遺体を納めるために建てられた寺院。
寺院の中を見学しましたが、撮影不可だったので写真はありません。
ヴェネツィアは地盤沈下が進んでいるため、寺院の床も凹凸ができてボコボコ@@
去年は洪水で浸水したこともあったとか・・・
そういえば、昔歴史の時間に「ヴェネツィアはそのうち海水の中に沈んでしまう」という話を聞いて、沈む前に行かなければ!!って思ったけど、沈む前にちゃんと来れたんだな~(あまり実感はなかったけど)

しかしびっくりしたのは、寺院の中に入って、宝物殿は当然別料金。二階に上るのにも別料金、良いスポットから寺院を眺めるのも別料金@@
さすがヴェネツィア、商人の街!ド━━━(゜ロ゜;)━━ン!!
そう、ここはなんといっても今回周った街の中で一番お金にがめつい街!そして物価も高い。
あの十字軍遠征のとき、十字軍を扇動して本来の目的とは違う、コンスタンティノープルを包囲しただけありますね@@
その血筋は脈々と現在のヴェネツィアに受け継がれている気がしました。
そういえば、「ベニスの商人」っていう話もあるけど、ベニスっていうのはヴェネツィアの英語読みなんだそうです(実は初めて知った)
寺院をさらっと観光して(ほんとに一瞬だった)、ヴェネツィアで最も古いカフェであるフローリアンカフェの前を通り過ぎて、向かったのはヴェネツィアングラス工房。
f0006510_2295197.jpg
おっちゃんが実際にグラスを作成する実演を行っていました。小樽とかでも見るアレですね!(こっちが元祖ですが)
その後、実際にグラスを販売している売店へ(・ω・)
ツアーの人たちが全員売店に入った後、なぜか売店のドアを閉められたのが気になった!
観光客向けのお店で、価格も高く設定してあるんだろうなーとは思ったけど、自分へのお土産ということでグラスを買ってみた!
f0006510_222153100.jpg
結局これが一番高いお土産になった!価格は秘密です。
「カンタレラ」で出てくる人物が使ってるグラスを連想して買ってしまった)`v')"・:.
花びらの大きさが違うのが気になるけど、まあ手作りということで。ここは陶器でできているらしい。ヴェネツィアングラスにはいろんな色があって、それぞれ、違ったものを使って発色させているらしい。中でも高級なのが赤で、赤いグラスには金を使用してあるのだとか。

店を出た後は、いよいよゴンドラへ!ヽ(・∀・ )ノ
f0006510_22384218.jpg
舟を漕ぐ男の人たちの服はマリンカラーなんだねー
これ、個人的に手配すると100ユーロとかかるらしい!13000円 (((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
そう考えるとやっぱりツアーは自分で手配するよりずっと安いと思う。
この日は混んでいてほとんど舟が前にすすまなかったため、結局40分くらい乗ることになる@@
f0006510_2245938.jpg
街の中もずっと水路。
家にボートが横付けされてあったり。ここは車も自転車も使用禁止らしい。(走るところもないのだけれど)
ボートに日本製のエンジンが搭載されていたのが気になった!
違うゴンドラに乗っているツアーの人が、「漕いでいる男の人がさっきからイタリア語で雑談ばっかりしていてちっとも漕がない!絶対チップやらない!」と言っていたw
激渋滞だったので、漕いでる人も雑談くらいしかすることがなかったと思う・・・!!

さて、この頃から私は急にエアメールを送ろう!という気になり、郵便局を探す旅に出る。(遅い
ゴンドラを乗り終わった後は2時間くらいフリータイムだったので、お一人様たちと連れ立って、ヴェネツィアの街の中へ。リナルト方面へ向かってた気がする。あまりどこへ行くのかは全体に伝わってなかった予感!
f0006510_2255294.jpg
街の風景。
f0006510_22554152.jpg
散策しているときに、今度子供が生まれる友達に、赤ちゃん用の靴を買いました。ヴェネツィアは、ヴェネツィアングラスと織物が有名だとか。絹織物だと高くて手がでないので、綿で(^^;
そういえば、2日目に「カプリ島のエコバッグが一番人気あるらしいのよ~!」と言っていたエコバッグのヴェネツィア版が売っていました・・・(R様談)
途中、郵便局がどこか尋ねたけど、私が切手の単語を間違っていたので、両替所を紹介されたり(・ω・)
イタリアでは、切手が売られているところは限られていて、郵便局かタバコ屋でしか販売されていないらしい。
見つけたタバコ屋で尋ねてみたけど、もう売り切れでした><
f0006510_22555032.jpg
途中で食べた切り売りピザ。
サラミが本当に辛くて美味しかった!
しかも、これまでレストランで見た価格とは違って、安いヽ(・∀・ )ノ
確か1切れサイズで2~3ユーロだった気がする。

ヴェネツィアで有名な、地下牢につながるためいき橋(囚人が、この橋を渡りながら絶望のため息をついたことから名づけられたらしい)は、改修中で渡れずじまい。
フリータイムも終わる頃には、足も疲れてるし痛いし、あまり動けなかった(;´Д`)
f0006510_23554.jpg
海を見ながら立ち止まって休憩。
あまり景色を見てボーっとする時間がなかったので、しばらくボーっとしてました(*゜ρ゜) ボー
フリータイムに買い物しまくった人たちもいたらしく、新婚カップルの袋がますます増えていました。
オシャレな双子の買い物は、フィレンツェで終わった模様。
f0006510_23105388.jpg
この日の夕飯。イカリング!?
なんかエビが気になった。
あとは、ヴェネツィアのいたるところにあった仮面。何かお祭りで有名なのかな?
私の向かいに座っていた、一人で来た人が、「ワインに誰かつきあってくれるひと~!」と言っていて、R様は酔い止めを呑んでいたためアルコールを呑めなかったので私が付き合いました(・ω・)
そうしたら意外と酔っ払ってテンションがあがった!d(≧∇≦)b

帰りは、ヴェネツィア郊外のホテルへ行くため、再び島の外へ舟で移動。
夕景が綺麗でした。
f0006510_2315321.jpg
ヴィットリオ・エマヌエーレ2世の像。
イタリアの各地でこの人の像があるのは、イタリアが統一されてからの最初の国王だからです。
f0006510_23204497.jpg
雲が出てきたのかもしれない。
島を出て、再びバスに乗る頃に、スコールのような雨が降ってきました。ずっと晴れだったからたまには雨もいいかも!?

この日のホテルは、これまでで一番小さいホテルだった・・・!
f0006510_23242277.jpg
スーツケース2つ開けることもできないくらいのスペース!
そして、「元はカラオケルームだったのか!?」と思うような、テレビがなぜか天井くらい高い位置につけられていたりとか(・ω・)
次の日にエアメール出すために、まずは内容をかかなければ、とかきはじめるものの、眠気に襲われ、R様が先にお風呂に入ってあがってくる間に、寝てしまったようです>┼○ バタッ
そのまま朝まで起きませんでした。服も着替えなかった!
[PR]
by yuki-chami | 2009-07-30 23:26 | おでかけにっき | Comments(3)

イタリア日記 4日目

イタリア4日目。
朝ごはんはやっぱりハムとチーズでした(・ω・) でもこの日はたまごがあった!
私はここの朝出たチーズがなんか苦手で、取り分けたもののあまり食べずに終わった(;´Д`)
パンもあまり食べる気がせず、卵だけ食べたような気がする。
ご、ごはんが食べたい><

この日は午前中フィレンツェ市内観光と、午後はフリータイム。フリータイムは、フィレンツェに残って買い物したり自由に動き回る人もいれば、添乗員さんと一緒にピサに行くこともできました。
何度かイタリアに来たことがある人は、わりとフィレンツェに残る人が多かったような気がする。私たちはピサの斜塔を見てみたかったので、ピサに行くことにしていました。

ホテルは、フィレンツェではなく代替都市のポンタシエーベにあったので、バスで30分ほどかけてフィレンツェ市内へ。この日はフィレンツェ市内を、フィレンツェ在住の日本人ガイドさんが案内してくれました。
この日も天気は晴れ!最初は、フィレンツェの名品であるという皮製品と金細工のうち、皮製品のお店へ向かいました。路地裏を通っていったんだけど、日陰にも関わらずガイドさんが傘を差していたことが気になった@@
というのも、フィレンツェに来たあたりから気になってきたのが、ハトの多さ!
すごくハトが多いんです>< バサバサしてます!なんか振ってきそうです!
よく周り見たら、傘さしてる通行人多かったし(日傘かもしれないけどね)、フン避けかと思った!!!
とりあえず、直撃されないようになるべく上に屋根があるっぽいところを通るようにしたけど、案外壁際は上に奴らが止まっているのではないかと内心ビクビク (((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
f0006510_1927534.jpg
案内された皮製品のお店の近くにあった、サンタ・クローチェ教会。
ここは、ミケランジェロ、ガリレオ、ダンテ、マキアヴェリなどが埋葬されていて、別名お墓の教会とも呼ばれているのだとか。外観だけ眺めました。
f0006510_1930254.jpg
皮製品に金のイニシャルを入れる工程。なんかここではゴミ箱を買いました。しかしお土産を買う時間がトイレ含めて15分か20フンくらいだったので、あまりじっくり選んでる暇はなかった!この日はなんかお腹の調子が悪くて、朝からテンションが下がり気味だったので、ここで真っ先にトイレにいった記憶が( ´-`)
先に行ったのであまり並ばなかった!

そこからまた歩いて、ウフィツィ美術館へ。入り口付近で、物乞いをしているジプシーがいました。
ここの美術館はすごい@@ 中は撮影禁止だったので写真はないけど、中で保管されている絵の量といい、有名さといい、まさにルネサンス美術の代表って感じ!
全部見ている時間は当然ないので、ガイドさんに伴われて、代表的なものだけをかいつまんで見学しました。たぶん通り過ぎた名画もいっぱいあったと思う( ´-`)
名画っていったら全部名画なんだろうけど!
f0006510_19533588.jpg
これは売店で買ったポストカードだけど、真ん中と左がボッティチェリの春とヴィーナス誕生で、右がフィリッポ・リッピという人の聖母子と二天使。
右の絵、これは作者と修道女ながら駆け落ちしたという奥さんのルクレツィア・ブーティと二人の子供がモデルだと言われていると、ガイドさんが解説してから、なんか気になった@@
腐のにおいがする)`v')"・:.
あとは、レオナルドダヴィンチの描いた受胎告知と、ダヴィンチが天使の部分を描いたという絵にオーラを感じた!
ここもそんなに長時間居た気がしないけど、10分か15分くらいあった自由時間に歩いてたら、グロい絵が集結してる回廊でした(・ω・)切られてる絵とか、血ブシューなのとか、そういう絵ばっかりがあった。
メデューサの首の絵が描かれた盾は有名な絵らしいけど、昔描かれたものとは思えないくらい精密で、ちょっと気持ち悪かったです(;´Д`) 首だけになって「グエー」って言ってる時を描いたような感じorz..
ここも周るのにどれくらいかかるのかわからない美術館です><
f0006510_2011119.jpg
クリックしたら多少大きくなるかも。
中の絵画は撮影できないけど、窓越しに外に映る景色はOKらしい!
これはアルノ川にかかるヴェッキオ橋。ウフィツィ美術館とつながってるらしい。

というのも、ウフィツィ美術館は、ルネサンス時代にフィレンツェで権威を振るっていたメディチ家の事務所があったところらしい。所蔵する絵画も、メディチ家の財産が多く含まれており、今は断絶してしまったメディチ家の最後の相続人が「メディチ家のコレクションがフィレンツェにとどまり、一般に公開されること」を条件に街に寄付したことがきっかけだとか。
ウフィツィっていう言葉は英語のオフィスの語源らしい。by wiki
どうりで変な名前だと思ったよ。

今ではヴェッキオ橋は金細工を売る店が立ち並んでることで有名だけど、昔は肉屋や革屋が並んでいて臭かったらしい。それを、メディチ家の近くにある店としてふさわしくないとして宝石屋が並ぶようになったとか。
f0006510_2023884.jpg
橋の中通りはこんな感じ。金細工のお店が立ち並んでいます。ウフィツィ美術館を見学した後にほぼ素通りしただけだったので、値段は詳しく見てる余裕がなかったけど、とても買える値段ではなかったと思う><
ここもスリが多いらしい(・ω・)

ヴェッキオ橋を通って、次に歩いた先はシニョリーア広場。
ここも人がいっぱい!!!しかも炎天下で日陰もない状況(;´Д`)
f0006510_20294534.jpg
f0006510_20295323.jpg
どうも、ウフィツィ美術館の裏らしい。
f0006510_20375911.jpg
ヴェッキオ宮殿の外観、サビーネの女達の強奪。こういう物が普通に外で展示されてるのがすごいと思った@@
ダヴィデ像のレプリカもあった気がする。
ここで5分くらいの写真撮影の時間があって(やっぱり余裕はない)、次に向かったのは花の聖母教会と呼ばれるドゥオーモ!
さっきのヴェッキオ宮殿やシニョリーア広場のところがフィレンツェの政治の中心なら、この花の聖母教会ドゥオーモは宗教の中心!ヽ(・∀・ )ノ
f0006510_2042475.jpg
直前に、「冷静と情熱のあいだ」という映画を見ていたせいか、なんかドゥオーモに来れたのは感動した!(登ってはいないけど)
ここがフィレンツェか~!って感じ!
f0006510_20485786.jpg
一つ一つの細かな部分が凄すぎると思う。当然全部大理石。当時フィレンツェがいかに栄えていたかうかがえますね(*^ー゚)b
行列を並んで、教会の中へ。
f0006510_20552448.jpg
さすがにバチカンほど広さは及ばない!でもけっこう広かったけど。世界では現在4番目の大きさだとか。
f0006510_21374213.jpg
f0006510_19241.jpg
ここでなんといっても凄いのは、クーポラ内にあるフレスコ画の最後の審判。
ちなみにフレスコ画っていうのは、よく西洋の壁画に使用された技で、壁の漆喰がまだ生乾きのうちに描いてしまうものだとか。
教会を見学した後は、お昼ご飯へ。
なんと本日のお昼ご飯は中華料理!(」゜ロ゜)」(」゜ロ゜)」(」゜ロ゜)」オオオオオッッッ
イタリアでなぜ中華?って感じだけど、ご飯が食べたかった私には嬉しかった!
きっと途中でご飯が食べたくなる人が多いからに違いないと勝手に解釈した。
f0006510_21461999.jpg
イタリアにきて、野菜が少なかった気がしたので(前日のグリンピース除く)、野菜炒めが一番美味しかった。
野菜あんまり食べない子なのに!
トイレもアジア人に合うサイズでした( ・ω・)ノ
このあと、フィレンツェに残る組とピサに行く組で午後は別行動。
f0006510_21492275.jpg
サンタ・マリア・ノヴェッラ駅構内。
駅構内を通って、バスが停まっているところまで行きました。テルミニ行きの列車だったのかな。
そういえば、ツアー客の中に、フィレンツェの自由時間で、サンタ・マリア・ノヴェッラ薬局に行きたいっていう人がいました。日本にも支店があるけど、本店に行ってみたかったらしい!
いろいろ安く売ってたようです(後談)

しばし歩いた後、バスでピサへ 三( ゚∀゚)
けっこう歩いた気がする!ピサまではだいたい1時間半くらいかな。
旅行行く前に聞いたピサの感想は、「寂しいところ」「治安があまり良くない」「ジプシーが多い」
なので、ちょっと不安に思ってましたが、ガイドさんがピサに着くや否や、「今日は人がすくなーい!!」
f0006510_2157394.jpg
斜塔に行くまでに露店がいっぱい並んでいます。
黒い人もいっぱい(・ω・) 某黒い人とは違って本物の黒い人です!
f0006510_2159427.jpg
斜塔が見えた!!!
写真じゃあまり伝わらないけど、第一印象、「ほんとに傾いてる!!!!!かなり傾いてるよ!!!」って感じだった!
写真とかで見るよりも全然傾いてたよ><
f0006510_223059.jpg
定番の、ギミック写真撮ってみました (・∀・ )ゝ
傾いてるのわかるかしら!!こんなに傾いてて大丈夫なんだろうか@@
大丈夫といえないから、倒れないように昔から工事してるんだろうけど!
塔に登るのに人数制限を設けているため(映画の入場みたいに)、人がいっぱいで登ることはできませんでしたが><
近くにあったドゥオーモに入ったり、ピサではオリーブ油で有名らしいので、ピサの斜塔の形をした器に入ったオリーブ油をお土産に買って帰りました。
どこの街でも必ずドゥオーモってあるのねー

1時間半くらいの散策を楽しんだ後(ここはけっこうゆっくり見られた気がする!)、再びフィレンツェへ。
自由行動組との待ち合わせ場所へ行った後、ミケランジェロ広場へフィレンツェの夕景を眺めに行きました。
日が長いので、夕景ではないかもだけど(^^;
緯度が高いせいか、日が沈むのが20時くらいだった!18時とか19時でも全然明るい。
f0006510_2295353.jpg
クリックすると少し大きくなるかも。
ずっと赤い屋根。ヴェッキオ橋やドゥオーモも眺めることができます。
ここはほんと綺麗だった!まさに想像していたイタリアの風景って感じかも。やっぱり、古い建物をずっと使ってるから、こういう統一感があるんだろうな。
フィレンツェの観光をするにあたって、ずっと徒歩で周ったように、街自体はそんなに大きくないので、自由行動組はフィレンツェの市内案内ができるくらい満喫したようでした!
バーゲンで買い込んでる人もいたし、ここは個人でいっても周りやすそうヽ(・∀・ )ノ
街としては一番綺麗だなと思ったフィレンツェでした。

宿に着いたのが19時くらいだったので、有志の人たちでそのあと付近のコープへ行くことに!
みんなスーパー好きらしい@@
何しろ安いので、ここでお土産を買おうと)`v')"・:.
コープまでの道のりは10分ほどでしたが、1組のカップルの彼氏のほうが進んで先を歩いてくれたので、すぐ着くことができました!カップルの株があがった・・・!
f0006510_22174554.jpg
結局いろいろ見たあげく、レトルトやらお菓子を買ってみました。カゴがペットを連れて歩くみたいに引っ張る式でなんか面白かった。
ドラゴンボールZのヨーグルトが売っていたよ!!
20時半の夕飯まではあっという間><
そして夕飯は・・・
f0006510_22203911.jpg
ド━━━(゜ロ゜;)━━ン!!
またグリンピース!!!
f0006510_22205277.jpg
そして牛肉のステーキ。妙に硬かった気がする。今なら全部食べられたけど、このときは半分くらいしか食べられなかった。・゚・(ノД`)・゚・。
ちょうどテーブルに添乗員さんが混ざっていたのもあるし、テーブルのメンバーの中にちょうどカップルがいなくて、一人で来た人と、バーゲンに命をかけてやってきたようなオシャレな女の子二人だったので、にぎやかなテーブルになりましたヽ(・∀・ )ノ
一人で来た人が三人いたけど、わりと仲良く話したかもしれない。
初海外!っていうお母さんもいたけど(しかも一人・・・)、海外に何回も来てる人もいて、アエロフロートに乗ったときの話が印象的でした@@
なんでも、飛行機に乗る前に、「スーツケースをビニールテープでぐるぐる巻きにしてください!荷物の保証はできません!」と言われて、必死でぐるぐる巻きにしたとか・・・。モスクワとかでスーツケースがなくなって中のものが盗られるのが日常茶飯事らしい!ド━━━(゜ロ゜;)━━ン!!
R様も言ってたけど、空港でビニールぐるぐる巻きサービスがあって、有料なんだけど、みんな進んでそのサービス受けるらしいよ@@;;
実際アエロフロートに乗ったとき、震えるくらい寒くて、「毛布もってきて!」って言ったのに誰もきいてくれず、ツアー客がみんな新聞紙巻いて座ってたとか。
昔、世界史の先生が「なんでロシア航空が安いか知ってますか?ロシア航空と他の航空会社の値段の差は・・・命の値段です」と言っていたことが記憶に蘇ります。
安いほうがいいけれど、ある程度は安全性を選びたい(;´Д`)

オシャレな女の子二人組みは、いつも二人そろって似たような格好をしていて、周りから姉妹なんじゃないかと何度も疑われたくらいでした。たぶんどこかのお嬢様なのかもしれない!飲み物も赤白水って頼むくらいだし、R様曰く時計もアクセも凄いし、毎日服装が気になる二人でした@@

翌日はホテル移動の日だったので、スーツケースの整理とかしてたんだけど、R様が先にシャワー浴びて、私も後から浴びて、グダグダしていたら(R様は先に寝てしまった)、気がついたら寝てたぽい!!!
途中で寒いのに気がついて、電気つけっぱなしだったので、何時かわからないけど、適当に寝ました。
やっぱり、そろそろ疲れたかも?と思った4日目。
[PR]
by yuki-chami | 2009-07-27 22:31 | おでかけにっき | Comments(2)

武稜道場制覇!

何十回もの挑戦を越えて・・・ついに道場を初制覇した!
f0006510_1594410.jpg
左上に写ってるのは、真っ先に下に落ちてしまったトドさんです(・ω・)
f0006510_15265871.jpg
不幸が起きた際の会話ログ(* ̄ノ ̄)/Ωチーン (* ̄- ̄)人 i~ 合掌

一度下ってしまうと元には戻れないようです><

なかなか6人集まることができませんでしたが、6人集まってパンダに必殺技4発入れて倒しました!
5人だと、直前のビシャスもあるので、パンダに必殺を4発入れるのが難しい(;´Д`)
弓だとわりとゲージたまるの早いからいけるかもいれないけど!
6人の力を結集した賜物です(#  ̄ー ̄)〇"グッ
頂上嬉しい!
f0006510_1517371.jpg
落下中。
けっこう長かったけど、全部で階層分あるのかな!?
f0006510_15195480.jpg
アバターが切れたので、ちょうど新作で出ていた浴衣にしてみた!(」゜ロ゜)」(」゜ロ゜)」(」゜ロ゜)」オオオオオッッッ
我ながらも、萌える・・・(:.;゚;Д;゚;.:)ハァハァ
自分のキャラはやっぱり萌えられるくらいじゃないと!!!ということで、やる気もUPしたので、トウキョウクエとか頑張ろうと思います(・∀・ )
なにげにこの間のヘアバンドクエも、黒ヘアバンドを最後にGETした・・・!
今度シグナス騎士団とかも出るみたいだし(内容はよくわからないけど)、最近ネクソンはわりとがんばっているような気がする。
[PR]
by yuki-chami | 2009-07-26 15:22 | めいぽ | Comments(2)

ゆきちゃんに誘われた呑み会

3~4人だと思っていたら、蓋を開けてみたら実は9人だったことで不安だった呑み会。
大人数なんてあんまり得意じゃないし、誰が来るのかもわからないし・・・と。
でも、同期の一人も一緒ということで、車に乗せてもらって行きました。

結論を言うと、楽しかった!
知らない人の集まりで楽しかったって思えるのは素敵だ!
やっぱり、集まった人たちが優しい人たちだったんだろうな。
みんな酒豪でした(・ω・) どれだけ呑むのか恐ろしかった (((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

でも、一人ちょっと変わった人がいて、たまたま席が向かいだったのか、気に入られたのか、ずーーーーっと話しかけられていた気がします!
昔からそう思ってたけど、自分には変わった人を引き付ける能力があると思う)`v')"・:.
イタリアいったときも、R様が「自分の周りにはガンダムの話とかできる人いないー」って嘆いてたけど、私はそういう話題は・・・事欠かないかも (((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

その1 変わった人が話しかけやすい雰囲気を持っている
その2 私がどこからかヲタ臭を発している
その3 そういう星のもとに生まれた

どれかに違いない!!!いや全部?

絵が好きだって言ってて、イタリアでの美術館の絵画の話とかしてたから、美術に堪能な方なのかなーって思ったら、描いていたのが萌え絵で衝撃だった!ド━━━(゜ロ゜;)━━ン!!
しかも、なぜいつも画材を持ち歩いているのか!
私とゆきちゃんの絵も描いてくれたけど、なんだか・・・・少女漫画に出てきそうで可愛すぎた@@
あと、呑み会に来ていた男の人を描いた絵が、イケメンすぎて腐女子が好きそうでした。

周りの人がきっとものすごく理解ある人たちなんだと思う。変わった人も含めて、いい人たちだったし、居心地の良い集まりだなって思いました!

あと、その後のカラオケが・・・
ビジュアル系やロック系満載で私はとても心が躍りました。似たような年代だと、歌う曲も最近の曲とかじゃなくて、自分がよく聴いていた頃(高校とか)の歌になるよね。
その頃のが一番好きだし(≧▽≦)
カラオケもまたいけたらなーって思いました。
誘ってくれてありがとう!
[PR]
by yuki-chami | 2009-07-26 13:28 | にちじょう | Comments(0)

イタリア旅行 3日目

3日目の行程はローマ市内観光後、フィレンツェの宿へ向かうというものでした。
前日は朝が早すぎてお弁当だったけど、この日はレストランでブッフェ形式での朝ごはん。
f0006510_1131818.jpg
定番のパン・ハム・チーズ・フレーク・ヨーグルト。
ヨーグルト、フレークがあるかないかが変わるぐらいで、どこの朝食もこの組み合わせだったりする。
何時起きだったか忘れてしまったけど、それなりに早かったと思う。

宿が移動になるため、荷物をまとめてからバスでローマ市内観光!
ここでは、ローマッ子であるフランチェスカさん、女性ガイドさんがいろいろ案内してくれました。
昨日日本語勉強したから、と冗談言ってたけど、かなり日本語が上手で、ボケとかどこか関西人っぽかったです(・ω・)

まず向かったのはローマのシンボルであるコロッセオ。
f0006510_255330.jpg
コロッセオがとても大きすぎて、全体像が写真におさまりません!
コロッセオは、ローマ帝国時代に皇帝や、ローマ人の娯楽として作られた円形闘技場で、奴隷や囚人達が剣闘士として闘った場所です。時には、アフリカからライオンなどの猛獣を連れてきて、闘わせたこともあったとか。負けるとエサになったそうです><
映画「グラディエーター」の世界ですね(私は観てないけど)
ここには元々多くの大理石が使われていたらしく、そのほとんどが後世の建造物を建設するためにどこかに持っていかれたそうです。
外壁にはいっぱい穴が空いていて、武器があたった跡とかではなく、鉄などが持っていかれた跡なのだそうです(;´Д`)
ちょこっと調べてみたら、多くの殺人が行われた場所であることから、今でも死刑廃止のイベントに利用されているとか。
f0006510_2211636.jpg
時間の都合上、コロッセオの中には入らなかったけど、外の窓から覗いた中の様子(・∀・ )ジー
中もかなりすごそう!当時地下にあった施設も今ではむき出しの状態になっていて、観ることができるとか。
そういえば、外にはいっぱい古代ローマ人(?)の格好をした外国人がいて、ガイドさんが「写真撮ったりするとモデル料取られるので、うつさないように気をつけてくださいね~」と言っていました。
知らないで写したりしたらボられそう (((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
やっぱり海外は文化が違います!気をつけなくては!
f0006510_2275071.jpg
コロッセオの脇に何気なく建っていたコンスタンティヌス帝の凱旋門。
ローマの観光は、簡単にローマの歴史を知っておくと、さらに感慨深いかもしれません。
ちょっと高校時代の資料集をひっぱりだしてきて、自分用にメモ。物知りな人は「フーン」くらいに思ってください(;´Д`)

-------------------------------------------------
ローマの歴史

紀元前8世紀 伝説上のローマ市建国者である、狼に育てられたロムルスとレムスの双子の兄弟出現

紀元前3世紀 徐々に周辺の都市を支配していき、イタリア半島統一

紀元前1世紀 やがて、イタリア半島だけでなく、現在のスペイン、ギリシア、アフリカの地中海沿岸部分などを征服

エジプトを征服したとき、あの有名なカエサルとクレオパトラが出てくる時代ですね(・ω・)
日本はこの頃弥生時代です( ´-`)

紀元前1世紀後半 ローマ帝政開始(それまでは共和政だったのよ。何が違うかっていうと、政治の形態が違うんだけど、皇帝がいるかいないかってことかも!)

紀元後になって、イエスがキリスト教を布教するも、ローマ帝国に対する独立反乱の指導者として捕らえられ(ユダの裏切りにあって捕まったことは有名ですね)、刑死。この頃は、皇帝が一番偉いので、神の前の平等なんて、ローマ帝国的にはありえなかった時代・・・。

イエス刑死後、ネロ帝の時代にもキリスト教は大迫害。
迫害により、使徒ペテロ・パウロの殉教

ヴェスヴィオ火山の爆発によりポンペイの街が埋没

コロッセオ完成

紀元後2世紀頃 ローマ帝国は最大国土を誇るようになり、最も栄えた時代に突入
しかしその後徐々に衰退の陰りが見えてくる(・ω・)
ちなみに日本はこの頃、卑弥呼の時代です。

紀元後4世紀 ローマ帝国の統一を維持するために、それまで禁止していたキリスト教を、コンスタンティヌス帝(凱旋門の皇帝です)が公認。 
このことが後々ヨーロッパにキリスト教が浸透するきっかけとなる。

その後、キリスト教が国教

ローマ帝国が東西に分裂し、西ローマ帝国は4世紀末滅亡。東ローマ帝国(ビザンツ帝国と呼ばれる)はコンスタンティノープルを都としてその後15世紀の滅亡まで続く。
コンスタンティノープルっていうのは、現在のトルコの都市、イスタンブールのことです。

-------------------------------------------------


次にバスでちょこっと移動して、徒歩で細い路地を抜け、トレビの泉へ。
f0006510_19552151.jpg
トレビの泉って、もっとささやかなものを想像してたけど、大きかった!ド━━━(゜ロ゜;)━━ン!!
元々はローマ帝政を開始したアウグストゥスが作らせたものだとか。
バックは宮殿の壁の一部だそうです。
ここは、後ろ向きにコインを投げ入れることによって願いをかなえることができるという話で有名です。
1枚なら、再びローマに戻ることができる、2枚なら大切な人と永遠に一緒にいられる、3枚だと離婚することができるらしい(・ω・) キリスト教は離婚を禁止していることが背景にあったものなので、そう考えると3枚は究極の願いということに!?
f0006510_2054117.jpg
左から、デメテル、ネプトゥヌス(ポセイドンと同一視されているとか)、ヒュギエイア。
f0006510_2084198.jpg
オッサンだけ載せるのは忍びないので、デメテルを掲載(・ω・)
f0006510_20103995.jpg
噴水だから当たり前なんだけど、透き通ってキラキラして綺麗!
でも数年前、誰かが赤い染料を混ぜて、真っ赤に染まったという事件があったみたいですね・・・
ホント迷惑な話だ!

このあと、すぐ側にあったジェラート屋でジェラートを食べました(・∀・)イイ!!
f0006510_20151935.jpg

イタリアのデザートはなんといってもジェラートが有名!どこにいってもジェラート屋。
しかもすぐ溶ける(・ω・) 歩きながら食べるのが一般的だとか。
私は普通にバニラとチョコミントにしてしまったよ。特別な味とかではなかったけど、美味しかった!
f0006510_20285486.jpg
途中で見かけたバシリカと噴水。バシリカってつまりは教会のことらしい。
特に説明してなかったから、何だったのかはわからないけど、ローマ市内には古そうな建物とかその辺にいっぱいありすぎて、200~300年前に建てられた建物は、感覚で言うと昨日かおととい建てられたものという感じらしい。
なんでも、今は新しい建物は建てられないことになっているとか。市そのものが世界遺産といっても過言じゃないしね(;´Д`)

お昼ごはんを食べる前に、三越に立ち寄ることに。
三越ローマ店!!
今回、本物の「真実の口」のあるところには時間の都合上行くことができなかったので、三越の地下にあったレプリカの前で写真を撮っていました。
f0006510_20472628.jpg
偽りの心がある者が手を入れると、手首を切りおとされたり、抜けなくなるとか!
元々は下水マンホールの蓋だったらしい)`v')"・:.
真実の口の写真は・・・。写ってたカップルの特に嫁のほうがモザイクをしてもなお載せるのにしのびない表情だったため割愛しました(

そして昼食の( ゚∀゚)o彡°ピザ!ピザ!
f0006510_216286.jpg
全部写りきれてないけど、これ一人分です><
おそらくマルゲリータ。
コーラの缶と比較してみてください・・・。
これを書いてる今はおなかすいてるので全部食べられる気がするけど、このときはジェラート食べた後だったので、半分くらい残してしまいました(;´Д`)
でも美味しかった!全部食べたかったなー
カプリ島で一緒のテーブルになったカップルの彼氏のほうは全部食べていました。嫁のほうは一切れ食べたか食べないかでしたが。
このときテーブルで隣になったのが、年配の夫婦。しかし、やはり旦那<<<<嫁の構図は年配になっても変わらないのか、おばさんがいろんな意味で圧倒してました (((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
旅行のときに、いろんなことにケチをつけるのは、あんまりいくないと思う!
たとえばコーラがぬるいとか!イタリアにきてから日本のビールみたいにキンキンに冷えたのとか飲んでなかったし、普通だと思ってたけど。ピザが大きすぎるとか!別に大きくてもいいじゃないか!
あっちのテーブルのほうが店員が来るのが早いとか!そのうち来るから待ちなさい@@
カップルの彼氏のほうが、ウンウンと相槌を打っているのが偉いと思いました><
f0006510_21191543.jpg
ローマ名物、サルティンボッカ。牛肉。
ほんとは前日の夜食べる予定だったけど、レストランが閉まっていて食べられなかったので、この日に出されました。おなかいっぱいでほとんど食べられなかったけど(;´Д`)

ご飯の後は常にトイレ争奪戦!いかに列が短いときに並ぶかが問題です!
水の流れにくいトイレを出て、外で待ってたら、カプリ島の船で会った日本人の年配3人組に出会った!
どうやら、これから同じ店で食事するところだったらしい。お店の人、日本人慣れしてるし、たぶんあらゆるツアーで使われるお店なんでしょう(^-^;)
しかし再び会ったことにちょっと感動。

さて、いよいよこれからバチカン市国です!
f0006510_21273086.jpg
・・・の前に、ハリーポッターの看板を見つけたのでなんとなく撮影。悪役軍団!?
f0006510_21285484.jpg
バチカン博物館の入り口。しかしこんな裏口みたいな場所から入るとは思わなんだ@@ こっちは団体用の入り口っぽいよ!
バチカンの周りはこういう塀でぐるーっと囲まれているようでした。

バチカンは、基本、どんな人種、国の人でも自由に出入りすることができ、パスポートは必要ありません。バチカンって何かというと、元はカトリック教会の一番の権威者である教皇の領地です。それこそ昔は王様から土地を寄進されたり、中には自分の子供に領土を統一させたりする教皇も。
その権威拡大を狙った教皇の子供っていうのが、あの毒薬「カンタレラ」で有名なチェーザレ・ボルジアです!普通は教皇に子供がいること自体がありえないんですけどね(・ω・)

地球の歩き方で「ローマの歴史」読んでたら、この教皇よりむしろ日本では息子のチェーザレ・ボルジアや娘のルクレツィアのほうが有名かもしれないとか書いてありました)`v')"・:.
どういう意味で有名なんでしょう!
腐の匂いがします!!!そんなんでいいんですか><
というわけでバチカンはさらに楽しみになってきました(・∀・)ニヤニヤ

荷物チェックを終え、エスカレーターで上へ上へと向かって中庭へ。
f0006510_21444343.jpg
博物館の、ピーニャの中庭。
ここで、システィーナ礼拝堂の中に描かれている最後の審判、天井に描かれているアダムの創造などについての絵画の説明を、ガイドさんがしてくれました。
礼拝堂の中はものすごい人で、説明してる余裕はないのだそう@@;

ここからは写真が多いです!
博物館の中へ。
f0006510_21511436.jpg
システィーナ礼拝堂へと続いています。
f0006510_21551529.jpg
f0006510_21573458.jpg
写真だとよくわからないけど、立体的に見える絵も、本当は平面に描かれているらしい!!(」゜ロ゜)」(」゜ロ゜)」(」゜ロ゜)」オオオオオッッッ
これはどちらも天井の絵です。
f0006510_226651.jpg
絵だけでなく彫像もありました。最初は裸体はアレも含めてありのまま表現されていたらしいけど、途中で葉っぱがかぶされたとか(・ω・)
( ゚∀゚)o彡°葉っぱ!葉っぱ!
f0006510_21582764.jpg
イエス復活の絵。この絵は見る角度によって、イエスの向いている方向が違って見えるという、だまし絵の技巧が用いられてるのだとか。
f0006510_2205819.jpg
こっちは天井は立体的に造られていると説明していた気がする。
それにしても凄い!
f0006510_2234770.jpg
扉の上のレリーフ。いよいよもうすぐ礼拝堂です><
しかし凄すぎて目移りするのと、わりと普通の速度で進んでいくので、感慨に浸る暇はなかったε- (´ー`*)
ここからは撮影禁止なので・・・
f0006510_22133448.jpg
中庭にあった看板だけどね!!
クリックすると多少大きくなるかもしれない。
中央上にいるのがイエスが、死者に審判を下しているところ。
左下は一度死んだ人が魂の復活を遂げるとこを描いているもの。
審判により、行いの悪いものは右下の地獄へと堕とされる。下のほうに描かれている舟で連れて行かれてますね(・ω・) 日本の三途の川と一緒だ! (((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
上へ言うまでもなく天国。
ミケランジェロの描く天使には、羽がないことが特徴だとか。

ガイドさんが説明してたことそのままだけど、実はミケランジェルは「モ」の人であり、彼氏がこの中に描かれているらしい!
イエスの右下にいるマッチョな人(バルトロマイ)から左を向いて顔を出してる人がそうだそうです。
ミケランジェロは自画像も描いており、そのマッチョが手に持ってる人の皮みたいなのが自分なのだとか。
ちなみに、あまりにもこの絵に裸体の人が多いことを注意した人のことを嫌って、その人のことを描いたとか)`v')"・:. 右下隅に(この写真だと右半身しか写ってないんだけど・・・)、蛇が身体のまわりにトグロ巻いてる人で、地獄の帝王だそうです(・ω・)
f0006510_2225147.jpg
これも看板@@;
礼拝堂の天井に描かれていた旧約聖書。
その中でも一番有名なアダムの創造です。神様が人差し指でアダムに命を吹き込んでいるところだとか。映画のE.Tの指つきはこれが元らしいね!
他にも、イヴの創造、楽園追放、ノアの洪水などが描かれていました。
この天井画を描いていると長時間腰をかがめて上を向いているため、すっかり体つきがおかしくなってしまったそうです。

システィーナ礼拝堂の中は、それはもういろんな人でいっぱい!!
けど、押し合いへし合い、というわけでもなかった。(添乗員さんが言うには、この日は稀に見る「ガラ空き」の日だったらしい)。撮影禁止だけど、各国人みんな撮影して怒られていました)`v')"・:.
しゃがんでる人も注意されていました(・ω・)
15分ほど礼拝堂を堪能し、サン・ピエトロ大聖堂へ 三( ゚∀゚)
f0006510_22315018.jpg
なんといっても、ここは、広い!!!!広すぎる!!!大きい!
その場にいても、そこからは全部の広さが感じられなくて、そんなに広くないんじゃない?って思ったけど、実際端から端まで歩いて見るとわかります。
さすが世界最大の教会。
写真見ると、どこも凄すぎる!!!って思うんだけど、客観的に見られないせいか、実際いるときはほんとにそこにいるのかどうかなんだかわからなかった(つд⊂)ゴシゴシ
f0006510_22353710.jpg
f0006510_22365346.jpg
なんていうか、ものすごい圧倒感。
f0006510_22422493.jpg
f0006510_22454181.jpg
f0006510_22423681.jpg
ミケランジェロ作のピエタ像はガラス越しだったのもあるけど、思ってたより小さかった。
ピエタの前はみんな像に見とれているので、スリが多いとか (((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

一番最初の教皇と言われる、ペテロの像があって、みんなペテロの足に触ってました。ご利益があるとかないとか!?昔の人は、徒歩でここまで来ることから、大聖堂へ着くとその素晴らしさにいたく感動して、感謝を込めてペテロの像の足を触っていったそうです。
f0006510_22501813.jpg
外に出ると、ミケランジェロがデザインしたといわれている衛兵服。
衛兵にはイタリア人ではなく、スイス人であり、容姿端麗な人が選ばれるとか)`v')"・:.
容姿の件はともかくとして、カトリック教徒の男子から選出されるそうですよ。
とはいえ、実際に警備にあたってるのは、イタリア警察だとか。
f0006510_22555919.jpg
大聖堂を出て、サン・ピエトロ広場。
f0006510_22572962.jpg
外から見た大聖堂。
この屋根に立つ聖人達の像がまたすばらしい><
クリックすると多少大きくなります。

このあと、広場を出ると、もうそこは再びイタリア。出るときは横断歩道を渡るくらいあっさりです!
目の前にあったお店で5分間だけお土産タイム (((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
ほんとはお土産買う時間は想定されてなかったんじゃないかというくらいの短時間。
選んでる暇とかないから、目の前にあるキーホルダーと切手買ったら、キーホルダーが日本円で1つ1500円とかするんですが( ゚ω゚):;*.':;ブッ
後で知ったけど、切手はバチカンの有名な資金源らしい。
でも、バチカンの郵便局からしか使えないのだー。R様はここからエアメールを出していました。

バスに乗り、車窓から眺めたサンタンジェロ城。「天使と悪魔」で評判らしいですね!
今度観て見よう。
f0006510_2334622.jpg
バチカンからテヴェレ川を渡るとき。
なんか綺麗な景色だった。
そしてフィレンツェへ。

バチカンは、もっともっと見所がいっぱいあります><
今回はごく一部に絞って周ったんだと思います。本気で周ると1週間くらいかかるらしい@@;

フィレンツェに行く道のりは、後ろに新婚カップルがいたんですが、ものすごくものすごく元気でした(・ω・)
特に嫁が・・・
なぜイタリアツアーの女性は強いのか!
でも、カップルと普通の友達同士の組み合わせの温度差みたいなのも感じました(;´Д`)
カップルが心置きなくいちゃつくなら、やっぱりリゾートがいいのかもしれません。
そういえば、カプリ島の三人組も、「目の前でそんなにくっつくなといいたい!」と言っていました!
仲が良いのはいいことなんだけど、周りの空気が)`v')"・:.
f0006510_2382322.jpg
道のりには、ひまわりがいっぱい。
何つくってるんだろ?
3~4時間くらい乗ってホテルへ。今日のホテルはちょっとランクが落ちるらしい!
エレベーターが一つしかないため、ものすごい行列を作ってやっと着いた部屋の前では、みんなが「鍵があかない!」といって、ドアをがちゃがちゃしていました@@
どうやら鍵が開きにくい仕様になっているとか!ド━━━(゜ロ゜;)━━ン!!
結局ホテルの人が開けにきたりしてましたが、うちの部屋ではR様が開けることに成功!(」゜ロ゜)」(」゜ロ゜)」(」゜ロ゜)」オオオオオッッッ
私は無理でした)`v')"・:.

妙なアーチ状の入り口を抜けて入った部屋は・・・
f0006510_2312252.jpg
ド━━━(゜ロ゜;)━━ン!!
ちょっと写真では表現できないけど、修道院に来たような気分になりました)`v')"・:.
ガラスコップが最近見たエヴァの綾波の部屋を思い起こさせます。
テレビはつきませんでした!!!(後でなんとかやったらついたけど)
あと、やっぱりお尻洗い?の器具がありました。便座つきで・・・

夕飯。
給仕さんがみんなちびっ子だったことが記憶に新しいです。
f0006510_23161054.jpg
こちらは一応完食。
f0006510_23162097.jpg
ぐ、グリンピース><

デザートのプリンアラモードも含めて、グリンピース以外は食べられました!
しかしあんなに豆が出てくるとは恐ろしい (((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

この日は、次の日のフィレンツェ観光のことについて地球の歩き方見てみたり、爪切ったり、毛抜きしたり(ryで、寝るのが遅くなりました。R様は先に寝てましたが(ρw-).。o○
そろそろ疲れが出てきたかもーと思った頃でした。
[PR]
by yuki-chami | 2009-07-24 23:18 | おでかけにっき | Comments(2)

日食

日食見るために、それまでに帰国できるようにイタリアツアーも日程を早めに設定したくらい、楽しみにしていました!
さすがに先週お休みもらったので、日食ツアー参加するわけにはいかなかったけど(;´Д`)
でも、関東からでも部分日食見られるし(・∀・ )ジー

大部分が隠れるときいて、空の色も変わったりするのかな?と思い、職場の窓から空を撮ってみる。
f0006510_2244246.jpg
左がビフォー、右がアフター。
同じ方向で撮ったはずなのに、同じところが撮れてないからビフォーアフターになってない気もするけど!
しかも、右のほうが太陽が欠けてる時間帯のはずなのに、空が明るい気がするのは@@
単純に雲の厚さだと思われ(;´Д`)

部分日食だから、それくらい欠けた程度ではあんまり暗さは実感できないかもしれないですね。
それくらい太陽の光は強いってことですな!

午前中日食だったためか電話も少なくて、なんかみんなが「日食見に行こう!」と言って、玄関外に出だしたので便乗(・ω・)
雲が厚くて、最初はなかなか見えなかったんだけど・・・
f0006510_2292192.jpg
雲がかかって、欠けているのを発見!
ちょうどAM10:30くらいだったかな。
f0006510_22111147.jpg
誰かが前もって用意していた日食グラスかけると、真っ暗すぎて何も見えなかったけど、ちょうど薄く雲がかかってるくらいが肉眼で見やすかったかもしれない!
雲がもう少し晴れて太陽が見えるようになると、かえってまぶしくて直視はできませんでした><
部分とはいえ、なんかみんな肉眼で見られて感動していた!

あとで日食最大と言われる11時過ぎに出て行ったときには、あいにく雲が厚くなってて見えなくなっていました。
天候が悪かったとはいえ、辺りが暗くなるのを体験できた人とかうらやましいw
次皆既日食は26年後かー。何もなければまだ生きていられそうだ。
[PR]
by yuki-chami | 2009-07-22 22:13 | にちじょう | Comments(4)

イタリア旅行 2日目

今回行ったイタリアの地名を地図で表してみました。
f0006510_0353249.jpg
このサイトさんから地図お借りして名前つけてみました( ・ω・)ノ
見事な靴の形ですね!

1日目 ローマ着
2日目 ローマ→ナポリ→カプリ島→ローマ
3日目 ローマ→フィレンツェ
4日目 フィレンツェ→ピサ→フィレンツェ
5日目 フィレンツェ→ヴェネツィア
6日目 ヴェネツィア→ヴェローナ→ミラノ
7日目 ミラノから帰国
8日目 成田着

2日目は(1日目は移動だけで終了@@)、ローマからナポリへ移動し、そこからカプリ島に渡って帰ってくるスケジュールです。
この日のモーニングコールは5:40。一応5時に起きて準備始めてました。
f0006510_0393792.jpg
朝ごはん(・ω・)
おそらくレストランが開く前だったので、朝ごはんがお弁当のような感じになった模様。
何気なく袋受け取ったけど、R様と袋の中身が違う!ド━━━(゜ロ゜;)━━ン!!
さすがイタリアだよ@p@
パンは、菓子パンに似たような感じなんだけど、甘くて私はちょっと苦手だった(;´Д`)

バスでナポリへ移動。バス中は自由席だったので、前のほうの席をGET!3時間くらい乗ってたのかな?空はまぶしいほど晴れ!っていうか、毎日晴れだった。
ずっと景色見てたけど、トウモロコシ畑がいっぱいありました。
f0006510_0462854.jpg
牧草ロールはイタリアのいたるところで見かけたかも。
途中、トイレ休憩を挟んでナポリへ到着。イタリアでは、トイレの前に「トイレおばさん」なる、トイレ料金回収人がいるらしい (((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
無料のところも中にはありますが!だいたい相場は1ユーロくらい。水飲むのも出すのもお金がかかります!
ナポリから出る船に乗るために、港は観光客でいっぱい!
むしろ、この港以外では観光客いなかったかもしれない。
もう夏休みが始まってるためか、ヨーロッパ系の人が多かったです。中でも一番多いのはフランス人だとか。
f0006510_0533951.jpg
港からすぐ見えるヌォーヴォ城。ヌーボっていうけど、新しい城ではなく、13世紀に建てられた城が15世紀に再建されたもの。
ナポリという名前も、元は「ネオポリス」が語源らしいよ!(地球の歩き方談) 新しいもの好きなのか!?ナポリ人!
その昔、ジョアンナ女王という人がいた頃、その女王にはたくさん愛人がいたらしいのですが、飽きてしまうと部屋の壁にある穴から愛人を捨ててしまったそうです! (((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
という話を添乗員さんがしてくれました。

船に乗る前にカプリ島観光を案内する今日のガイドさんがやってきました。
恰幅のいいオッサンなんだけど(当然イタリア人)、「ワタシはNO.1」と日本語で言ってました。しかしただの冗談ではなく、あとで本当にNo.1だということを知らされるのであった。
そんな感じで、20~30分ほどして乗船。
f0006510_1264022.jpg
私はバスとか車とかそんなに酔うほうではないんだけれど、この船はちょっと気持ち悪かったので寝ていました(;´Д`) 暑いし室内だったしヽ(@◇@)ノ グルグル
たぶん30分~40分くらい乗って、カプリ島到着>┼○ バタッ
f0006510_1837100.jpg
カプリ島って、行く前までは正直よく知らなかったけど、二つの山、崖、ちょこっとビーチ、海って感じかな?
俗にいう超リゾートですね!水着の人がいっぱいいました、ごちそうさまです。
そしてここからさらに40人乗りくらいの船に乗り継ぎ、今日のメインである青の洞窟を目指します!
f0006510_1291168.jpg
さっきの船と違い、風を受けられるし気持ちいい!(≧▽≦)
今走ってるのはティレニア海ですよー
この船で青の洞窟のそばまで行きます。
洞窟に続く陸地はほぼ断崖絶壁。この間西伊豆にも行ったから思うけど、綺麗な洞窟って断崖絶壁で削られたところに存在するのかもしれないね。わりと低めのところから飛び込みをしてる人もいました!
f0006510_1945714.jpg
いざ洞窟のそばまで行くと・・・・洞窟に入るのに待つ船がいっぱい!
ちなみに真ん中やや左のほうに見える穴が洞窟の入り口です(・ω・)

ハイシーズンだと、数時間船上で待たされることもあるらしい(;´Д`)
短くて15分くらい。
ここで船に乗り込んだガイドのおっさんが他の船のガイド(?)さんとイタリア語でやり取りを!
なんと、オッサン、後から来たにもかかわらず、待ってる船たちの順番を追い抜かして、先に入ろうという交渉をしていたらしい!ド━━━(゜ロ゜;)━━ン!!
そ、そしてなんと・・・10~15分くらいで入れることに・・・!!Σ(゚Д゚;エーッ!
こんなにいっぱい船待ってるのに大丈夫なのか!
オッサンすごいよ!

添乗員さん曰く、今回のオッサンはガイドの中では有名な人らしく、チーフなんだそうです。
幅きかせすぎだよ (((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
そのとき10~15分で入れると聞いてみんな喜んだけど、実は前にいた船がものすごい大型客船で、結局30分くらい待ったのであった(・ω・)
f0006510_19214313.jpg
待ってる間は、崖のほうに寄ってサンゴを眺めたり、海の中にいる魚を見つけたり。
そうこうしていると・・・具合の悪くなった人が現れた!!
カップルの彼女の一人が、船に揺られる時間が長かったため、気持ち悪くなった模様@@
見たときは既に吐いてました。なので、みんなでわりと揺れない座席を譲ったり。
酔い止め飲まなかったのか、聞かなかったのかな( ;´・ω・`)
私は外で風に当たれるところにいられれば、わりと酔いません。

ついに順番が来て、さらに小さい小船に乗り換えました。
f0006510_1894957.jpg
5人くらいの小船で洞窟内に入ります。なぜなら、青の洞窟の入り口ってとてもとても小さいから!
前の船が入り口から入るとき!入り口が小さいので、みんな仰向けに横にならないと流血します!
オッサンはこの写真では立ってるけどw これは船頭さんです。

私は小船の先頭にいて、洞窟の中に入ったあとも必死で前を向いていたんだけど、「Back!Back!」といわれて、後ろを振り向いたら、本当に青かった!!
f0006510_2019444.jpg

洞窟の外から差し込む光で、水面が青い!
洞窟の内部は思ってたよりそんなに広くなかったと思う。奥のほうは暗くて見えなかった。洞窟内でカンツォーネ歌ってる男の人がいました!青い水面を見るのに必死で、どこから聴こえてくるのかとか注意する余裕なかったけど。
f0006510_20205985.jpg
船が揺れてるので、ブレてるのが残念だけど><
下から照らしてるわけではなく、光の反射の具合で青く見えるのだそうです。
まさに見事なブルー。幻想的な風景でした。

でも、洞窟内を一周して、あっという間に終了! ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!
体感2、3分くらいだったような!?
混雑していたので仕方ないけど、もうちょっと満喫したかったなー

再び中くらいの船に戻り、カプリ島へ。
その後、バスに乗ってカプリ島の上のほうへ向かい、お昼ご飯となりました!
la PIGNAというお店でお昼。
f0006510_20245693.jpg
ボンゴレ・ビアンコ!
最初、盛られたスパゲティが少なかったので、店員さんに「てんこもり」(もちろん日本語)と言ったら、てんこもりにしてくれました!(」゜ロ゜)」(」゜ロ゜)」(」゜ロ゜)」オオオオオッッッ
というわけでスパゲティを満喫した)`v')"・:.

わりと味があっさり目だったので、美味しかったです。
ツアーで食べたパスタの中ではこれが一番好きでした。
f0006510_20411753.jpg
メインの魚料理。が、サラダもてんこもりにしてくれたので、魚が見えなくなっている!
そういえば、同じテーブルで、ツアーで一緒のカップルの男女がいたので、話しかけてみました。「新婚旅行ですか?」「いや、まだ結婚してないです」「じゃあ、婚前旅行?(←しつこい)」「いや、ただの旅行です」
嫁は可愛かったけど、少食なのが気になった!なんか、好き嫌いが多いのだそう。(旦那談)
カップルを見かけたらとりあえず何か突っ込みをいれなければ)`v')"・:.
後でよくわかったけど、このツアーに参加していたカップルの旦那(未婚含む)は、穏やかで気さくな方が多かった気がします。嫁を立てるタイプというか。たぶんイタリア旅行は嫁の希望で来た人が多かったのかなー( ´-`)
嫁はわりとツンツン系。若くても、中高年でも然り(・ω・)
てんこもり代として、ツアー中レストランとしては唯一、ちょこっとだけチップおいてきました(1ユーロにも満たないけど・・・)

昼ごはんを終えると、お土産屋さんへ向かいました。
f0006510_2045793.jpg
カプリ島はレモンが有名で、中でもレモンのお酒のレモンチェッロが多く売られていました。
これを少量コップに注いで、キュッと一口で飲むのが主流らしい。試飲でキュッと飲んでみたら、胃がどこにあって、どこを流れていくのかわかるくらい熱くなりました!
f0006510_20464835.jpg
f0006510_2126100.jpg
さらに坂道を登って、頂上にあるウンベルト1世広場にある時計台。
ちょっと調べたら、ウンベルト1世って暗殺された国王らしい。実は奥さんのほうが有名で、奥さんの名前はマルゲリータ。マルゲリータってトマトのピザのあれですよ!
ウンベルト1世とマルゲリータ王妃を迎えるためにとあるピザ職人が、イタリアの国旗の赤、白、緑を表現して作ったピザがマルゲリータらしい。
話それるけど、スパゲティナポリタンは日本生まれらしい。ナポリ風って意味らしいけど、つまりトマトってことなのだろうか。私はミートソースとかカルボナーラが好きです(・ω・)
でもよく和風キノコなんとかに浮気する)`v')"・:.
ペペロンチーノも捨てがたい・・・!

ここから、サプライズイベントということで、ケーブルカーに乗って下まで下りました。
ケーブルカーの様子は、どこかの山にあるケーブルカーと一緒なのであえて載せません!
とにかく人がいっぱい乗ってました。
人がいっぱいすぎて、全員本来乗る予定の船に間に合わなかったということが起こった!ド━━━(゜ロ゜;)━━ン!!
添乗員さんの案内で、とりあえず次の船に乗ることになったので、カプリ島のビーチ付近をうろうろ。
f0006510_20581912.jpg
手前の男の子たちが公衆の面前で服を脱いでいた。
明らかに水着でビーチにいる人たちの真ん中をツアー客が割り込んでみたり。
まさにリゾートだね( ´-`)

R様がエアメールを出したいということで、ポストカードを買っていたので、私も買ってみました。
1時間くらいして、乗船。

船の中で、他のイタリアツアーに参加していた日本人の人たちと席が一緒になって、お話しました。
中高年の男女三人組でしたが、カプリ島というロゴのエコバッグを大量に持っていた@@
「ガイドさんが、カプリ島のエコバッグが今一番流行ってるって言ってたのよ~!」とエコバッグを超勧められましたが、とりあえず遠慮しておきました。
船の売り子のオッサンから、日本のオッサンがゲータレード買ったら、おつりの代わりにストローをもう一本ポケットに入れてくれたらしい!ド━━━(゜ロ゜;)━━ン!!
しかし日本のオッサンもあまり気にしていない様子。売り子のオッサンを持ち帰りしたいと言ってました。

その三人組は、九州から中国経由でイタリア入りしたらしい。中国のホテルはけっこう良かったらしいよ(・∀・ )
青の洞窟では、まだ混雑する時間の前だったようで、船頭さんにスペシャルチップ2ユーロ渡したら、もう1周してくれて、洞窟内で船頭の人がタバコ吸って休憩していたらしい!
そのときの模様をビデオカメラで撮ったものを見せてくれました。
なんか気さくな三人組だったなー。あんな風に旅行できるような中高年になりたいヾ(´ー`)ノ
しばしの交流を惜しみ、船はナポリに到着。
船降りた後、別々のバスに乗るところでまた会ったけど!

時間が押していたけど、ナポリの観光名所を車窓から眺めました。
ヌォーヴォ城とか、オペラ座とか。ナポリはその昔イタリアで最も栄えていた街だったこともあったらしい。今では主な産業がなくて、失業率が最も高いところになっているそうですが。確かに、街の中はゴミがあちらこちらにあってあんまり綺麗じゃなかった(;´Д`)
f0006510_21111398.jpg
たまご城。
昔話によると、この城がなぜたまご城と呼ばれるかというと、この城のどこかにはたまごが隠されていて、そのたまごが割れるとき、ナポリに危機が訪れるだろうと言われているそうです。
なんか、マザー3の話を連想したよ@@ 城の形も似てる気がするし・・・>とわちゃん
f0006510_21145100.jpg
遠くに見えたヴェスヴィオ火山。
西暦79年に噴火したとき、あまりにも突然の噴火だったため、ポンペイの街が生きながらにして埋没してしまったという。埋まった人の形が跡となってそのまま残っているそうです。これが有名なポンペイの遺跡。
山は現在も活火山らしいですよ。
f0006510_2121765.jpg
帰りは寝てしまってる人が多かったです!
途中、トイレ休憩に止まったところで撮った夕焼けの写真。
写真ほど赤くなかった気がするけど、でも綺麗な夕焼けでした。

夜は、ローマに着いたのが遅い時間になってしまいレストランが開いていなかったので、急遽お弁当となり、再びパンとリンゴを食べるのでした。
[PR]
by yuki-chami | 2009-07-21 21:22 | おでかけにっき | Comments(3)

イタリア旅行 1日目

13日から、1週間イタリアに行ってきました!
イタリアっていろいろ名所が多いから、行ってみたかったのだー。特に、教会とか絵画とか。

成田に着くまでのことは前回の記事のとおり・・・
写真見るとわかるけど、スーツケースからヒモがはみ出てるくらい荷造りに余裕がなかった!(いつものこと・・・
絶対なんか忘れてると思ったけど、忘れてるのは薬くらいでした。もしものときの絆創膏とか胃腸薬とかね。

---------------------------------------------------
自分用も兼ねて事前につくった持ち物リスト。

パスポート、パスポートいれ、クレジットカード、お金、マイレージカード、携帯、携帯充電器、デジカメ、デジカメ充電器、薬(酔い止めも必要か?)、地球の歩き方、旅行保険書、スリッパ、エコバッグ、ボストンバッグ、腕時計、タオル、メガネ、シャンプー、

服(教会等正装に気をつける)、下着、靴下、靴、傘、帽子、

化粧品、化粧おとし、ハブラシ、洗顔、ビニール袋、髪につける液、ウェットティッシュ、櫛
---------------------------------------------------

あとから考えてみたら、DS、MP3プレイヤーとかもあったら良かったかもしれない。
逆に、携帯の充電器、タオル、ボストンバッグ(荷物が多くなったとき用)は使わなかった。
海外でも携帯使えたらよかったけど、目覚しくらいにしか使ってなかったので充電しなくても大丈夫でした。

f0006510_22195265.jpg
成田に着き、北海道から待ち合わせて来たR様と待ち合わせ。
私は、ベトナム、カナダに続いて3度目の海外です。でも、前にカナダ行ってからもうずいぶん経つので初海外気分。ついこの間イギリスに行ったR様とは温度差がありました(=゜ω゜)ボー
思えば、なんだろう。成田から既に何か違和感?があったような気もしないでもない。

今回は日本旅行のツアーを使ったので、まずはツアーデスクへ。どうやら申込者が多くて、同じツアー行程なんだけど2グループに分かれているらしい・・・。こちらのグループは35人でした。添乗員さんは女の人の模様。
飛行機はアリタリア航空の、ローマ直行便を利用。
R様曰く、直行便のほうが時間に無駄がないというのと、どこかを経由すると、荷物がなくなることがあるからだとか。
特に考えたことなかった!)`v')"・:.

せっかく入会したワールドパークスのカードをスーツケースの中に入れてしまって、予約するときにまたスーツケースあけたりとか、空港でもバタバタ。お、落ち着かなければ!アワワ ヽ(´Д`;≡;´Д`)丿 アワワ

成田の中のマックは割高な気がしました>< 
でも免税店のブランド品はよく見てないけど、安いものもあったのかもしれない。帰ってから思ったけど、ミラノの空港は高かった(;´Д`)
あとは日本円をユーロに換金。3万円→220ユーロくらい。ユーロ高い(ノД`)
それでも徐々に下がっていたらしいけど。

腹ごしらえして、ローマへ⊂二二二( ^ω^)二⊃ブーン
と思いきや、飛ぶのに1時間くらい遅れたよ!
窓側だったので、外見てました(・∀・ )ジー
しかし翼であんまり見えなかったというオチ。

機内では、R様がデジカメ講座してくれました。
普通に撮ると明るくなっちゃう写真も、明るいところでピント合わせてから暗いところで撮影すると、光が少なめで撮影できるとか。他は、地球の歩き方で歴史研究したりとか・・・@@
というのも、機内のテレビが映らなかったから!
問い合わせてみたら、どうも映るTVのほうが稀だったらしい!ド━━━(゜ロ゜;)━━ン!!
まあ、私は飛行機の現在地点とか映ればそれでもけっこう満足なので、ずっと現在地点見てました(▼ω▼)ジー
f0006510_22445315.jpg
ロシア上空。川が見えます。ユーラシア大陸って広いな~なんて思って一人で感動。
なんかずっと晴れていたので、下がわりとくっきり見えました。
f0006510_2240984.jpg
機内食の晩ご飯。和食とイタリアンから選べます。これはイタリアン。なんかいつでもクラッカー(・ω・)
f0006510_22405682.jpg
こっちは機内食での朝ご飯。
ハムとチーズは・・・・しばらく見たくないかも(;´Д`)(;´Д`)
ケーキはすごく甘かったです。
f0006510_22454436.jpg
これはもうヨーロッパに入って、イタリア近く。
土地がほとんど開墾されています!山とか森林がないー
f0006510_22474887.jpg
そしてローマ到着!ヽ(・∀・ )ノ
現地時間17時半。時差7時間で日本のほうが早いので、だいたい11時間くらい乗ってた感じかも。

空港に到着してスーツケースを受け取ると、添乗員さんが、「水がどこでも買えるわけではないので、空港で買っていったほうがいいかも」と言っていたので、みんな水を買っていきました。
ここで事件が!
10ユーロを渡して、何気なくおつりのコインを受け取って財布にしまってから、しばらくして実はおつりが少なかったのではないかということに気づく。たぶん5ユーロもらわなかった!ド━━━(゜ロ゜;)━━ン!!
ぬおおおおおおお、これがイタリアってやつの洗礼かっ!!!
5ユーロは授業料だと思って、今後はガン見するくらいにおつりを確認することにしました。λ....

ホテルは空港からバスで30分くらい。
空港から専用のバスガイドさんがついてきていた!
1、2泊目のローマ郊外のホテルはSクラスのものだったらしい。
f0006510_236784.jpg
受付。綺麗な感じ!
f0006510_2391312.jpg
部屋と浴室。このトイレの左に写ってるシャワー。これ、お風呂のシャワーとは別についているものなんだけど、どういう風に使うのか謎だった・・・
お尻洗い?という結論だったけど、どうやって洗うんだろう!!
トイレが高すぎて落ち着かないし!(((( ;゚д゚)))アワワワワ
座っても足つきません(・ω・) 出るものもひっこんd)`v')"・:.
あと、風呂タブと外の仕切りがガラスになってるんだけど、なぜか半分しか覆われてなくてよくわからなかった@@
文化の違いを感じますね(・∀・)ほう

とりあえず、2日目の行程は朝がかなり早いとのことだったので、0時前には寝ました。zzz
[PR]
by yuki-chami | 2009-07-20 23:20 | おでかけにっき | Comments(6)

これから出発!

f0006510_10101727.jpg

2009夏旅行第3段。(2は西伊豆)
これからイタリア行ってきます!('-^*)/
準備始めたのが日付変わってからとかいつもの仕様。でも今回はスーツケース持って行くし(>_<)
寝てる暇ありませんでした。まあ飛行機で寝られるし、ローマ着いたら夜でまた寝るし大丈夫!
というのも、荷物まとめるだけでなく、イタリアへのモチベーションを高めようとこの間ローマの休日と、冷静と情熱のあいだのDVD借りたら見る暇がなくて荷物やりながら見た(
しかもローマの休日は途中だし…
気づいたら30分くらい寝てました。

もう荷物がやばい!全部放り込んできたのでスーツケースあけたら何かこぼれ落ちる仕様。しまいには閉めたと思ったら変なヒモ出てるし!
ウォーキング仲間の隣の子に朝通勤がてら送ってもらいました。
絶対オリーブ油かバルサミコ酢買ってくるよ(>_<)

そうそう、ほんとは出かける前に土曜日にまちゃさんとにゃーくんと観たエヴァのことについて書きたかったんです。
内容はネタバレになるので感想を一言。

(≧▽≦)イイ!!
最高!
新しいシーンも多かったし話の内容が素敵になった。
まちゃさんと二人で超盛り上がりました。にゃーくんは、フーン的な感じでした(・ω・)
まちゃさんはエヴァのフォルムとか演出とか戦いのシーンに萌えてました。人によって見どころが違うのがおもしろい!

エヴァの後はまちゃさんの案内で和民のちょっと高級なところで呑み。
安いし多めだしおいしかった!
さすが池袋が庭と言うだけあります(*^-^)b
あと、オフのときと雰囲気がまた違って、全身幸せオーラ出ててなんか綺麗だった@@
すごくストレートでわかりやすい人だな~って思いました!
にゃーくんからもノロケ話をいっぱい聞きました。ごちそうさまでした(ρ_-)o

さて、かなり眠くなってきたのでちょっと寝ます!

また一週間後に!('-^*)/
[PR]
by yuki-chami | 2009-07-13 10:10 | にちじょう | Comments(4)

西伊豆OFF その4

翌朝!
7時45分に目覚ましが鳴ると、こじょさんが起きて朝ごはんの支度に行ってしまいました。
目覚ましで気づかないかもしれないから起こして!って言ってたけど、全然そんな必要なかったw
私も一応目は覚めて、こじょさんが行ってしまった後くらいに準備をはじめると、なんか意外と用意が早くできてしまったので(これも毎朝ギリギリの時間で化粧してる成果だろうか@@)、朝のお散歩に出かけました。
まちゃさんはその頃化粧をしていて、透環ちゃんはなかなか起き上がれずに布団の上でいろんなポーズをとって起きようと頑張っていました。

本当は朝日見てもいいくらいだったんだけど、寝たのが3時だったしね。
それに西伊豆だから朝日が上がるところは見えなかったと思う。
f0006510_1282891.jpg
朝の海の風景。
この写真じゃよくわからないな(;´Д`)
海岸沿いをナッツさんが既に散歩していて、少しお話しました。
最近のゲームへのモチベーションのこととか、最近どうよ?とか@@
これを機にめいぽにまた復帰するといいよ!レ(゜□゜レ)カカッテコイ!!

しばらくして部屋へ戻り朝ごはん。
f0006510_15165059.jpg
こじょさんが朝ごはん全部作ってくれた><(一部ふぉるさん作のおにぎりもあったらしい)
味噌汁なんて、ナスとカボチャのそれぞれ2種類も。それにおにぎり、やきそば。
朝ごはんなんて食べたの超久しぶりじゃないだろうか、ねえべえちゃん?w

しかし朝ごはんを食べながら、部屋にムカデが出たことでみんなびっくりしていました!
ムカデって噛まれると痛いらしい (((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
私は、自分の部屋に出てきたら血まなこになって探し出して抹殺したと思うけど、宿に出ただけだったのでそんなにびっくりしなかったかも。あと、こじょさん曰く、超でっかい家蜘蛛が出たらしいよ!
確かに今考えると、西伊豆は虫はいろいろいたね~フナムシとかフナムシとかムカデとか。
でも寝室に出たわけじゃないから大丈夫!

その後私はトドさんと二人で皿洗い。私、今回皿洗い極めてる気がする!ド━━━(゜ロ゜;)━━ン!!
10時にはチェックアウト。
2日目は、再び車決めジャンケンをして、
プリンスカー:こじょ・まちゃ・ふぉる・とど
べえカー:とわ・みそ・ナッツ・にゃー
という感じになりました。

まず向かった先は堂ヶ島洞窟めぐり遊覧船の乗り場。
加山雄三ミュージアムの隣にありました。
近くにあったコンビニで栄養補給(リポDなど)してから、遊覧船へ!
f0006510_1225853.jpg
晴れてる日でも波が高いと運休になることも少なくないらしい。
この日はカラっと晴れてるわけではなかったけど、波は穏やか。
一番乗りで乗船して室内の席をGETしたけど、考えてみたら外のほうがよく見えるし、風も肌で感じられるじゃん!ということで外へ出るも、既に(オフメンバーによって)外の席は占拠されていたため、べえちゃん、ナッツさんと立ち見で頑張ることにする。まあうちら若いから)`v')"・:.
f0006510_12294731.jpg
船発進!ヽ(・∀・ )ノ
けっこう沖のほうに出ると波があって船が揺れる!アウトドアなべえちゃんは、いつかこういう船も運転してみたいと言っていました。

沖だと風が強く、「これは波が高かったら出られんな~」とべえちゃん。帽子は脱いでおきました!
f0006510_12341657.jpg
昨日行った沢田公園露天風呂が崖の上に見えます@@
ほんとに崖の上にあったらしい・・・
しかも、男風呂に入ってるらしきおやじ(?)3人くらいの頭が遠くに見えたよ!
この辺は島がいっぱいあるけれど、「堂ヶ島」という名の島があるわけではなく、この辺一帯のことを指すらしい。それぞれの島には別の名前がつけられていると、船内のガイド声が言っていました。(ゾウ島とか三四郎島とか)
岩と岩の狭い間も潜り抜け、メインの洞窟内へ。
f0006510_12462027.jpg
この洞窟は波の浸食等によって自然に出来た洞窟で、その昔源頼朝が伊豆に流されたときにここに隠れたとも伝えられてるのだとか。
洞窟の中に天窓があるところは珍しいとのこと。
f0006510_12522130.jpg
タイムマシン!?
いざ頼朝の時代へ)`v')"・:.
f0006510_1253019.jpg
内部の天窓。
と思ったら、上に人がいるじゃまいか!!どこからか登れるらしい@@
f0006510_12552571.jpg
内部の奥。たちこめてるのは湯気ではなく、上から差し込んだ光ですよ。
f0006510_12553374.jpg
あっ、ナッツさんの頭が入った!

透環ちゃんは、イタリアにある青の洞窟に行ってみたいらしい。
日本にもこういう洞窟があるんだ~と感動していました。
青の洞窟は・・・今週天気がよかったら行ってきま!

洞窟めぐり、写真撮りまくりだったので、カメラごしにしかあんまり見てなかったのが残念。・゚・(ノД`)・゚・。
写真を撮ろうと考えると、どうもカメラばかりになってしまうので、今度はちゃんと肉眼で良く見たいな。
青の洞窟のときにはそのことに気をつけます(でも写真も撮るけど)

船を降り、短いお土産タイム。
10分くらいしかなくてごめん(;´Д`)
私はなんかエビの雑炊買いました(普段の非常食用)

まだ少し時間があったので、るるぶで気になった、三四郎島へGO。
船からも見えたんだけど、トンボロ現象といって、干潮になると海水が干いて、島に渡る道ができるらしい。
少し距離があったので車で付近まで移動するも、軽く道に迷い、坂を上り降りすることしばらく。
みんなここで疲れたに違いない( ;´・ω・`) 私は最近は山登りしてるので上りはわりと平気です^-^b
間違って下った坂の下に、ホームレスの生活跡がありました・・・
プリンス様が坂道つらそうだったw
結局、ナッツさんが熟女キラーぶりを発揮して、どこかのホテルの人?に道きいて、ちゃんと辿りつくことができました。さすがキラー><
f0006510_134086.jpg
三四郎島への道!
・・・・が、超臭い!磯くさい!
満潮になると海になってしまいます。
超岩場で足元危険だったけど、伝説のサンダルに次ぐサンダルで頑張りました。
私のサンダルは酷使される運命にある!それでこそ伝説(
最初は島まで行く気満々で歩いて行ったんだけど、だんだんとPTから脱落者が出て、周りを見ると残ってるのは透環ちゃん、ナッツさん、プリンス様の4人w
その辺フナムシだらけで、フナ(通称)の棲みかだったのに、プリンス様、虫嫌いなのに良く頑張ったね@@

途中まで進んだところで、時間的に島まで行くのは無理と判断して、その辺にいたカップルを捕まえて、写真撮影してもらうことに。
カップルに「島まで行きました?」って訊いたら、彼氏のほうが「行きました!」と答えてくれました。フナムシ超いっぱいいたそうです!
透環ちゃんがここでは一番元気だったようなw さすが山育ち!
ヒトデがいつも見る形とは違ったんだそうな。

それから退却し、車で沼津へ向かいました。
ここからがけっこう長い車の旅だったんだけど、道はぐねぐねだし登ったり下ったりで、けっこう気持ち悪かったです(;´Д`)
宮城と関西の交通マナーについて話していた気がする。
関西では、赤信号になってもしばらく車が交差点通過したりするところがあって、関東では青信号になる前に発進するところがあるので、お互いに走ってると事故になることが多いのだとか(べえちゃん談)

途中の休憩所(出会い岬?)で、トイレ&一服(;´Д`)(;´Д`)(;´Д`)
ナッツさんと、「実は気持ちが悪かった・・・」と話した記憶があります。
ここでも車に乗ってたおとなしそうな人を捕まえて写真撮影をしました。
車の中のメンバーが一部入れ替わって、再び車の旅へ。

べえちゃんCARでは、沼津に入ったあたりから、べえちゃんがゴールデンエッグスを見せてくれました!
コーチの話と、警察24時が面白かったw
もちろん「ブラじゃないよ!」も忘れてはいけません(・ω・)

見ているうちにお昼ご飯の場所に到着。
ここではだんご夫妻&おはぎちゃんと再会!ワ━━━━ヽ(・∀・ )ノ━━━━イ!!!!
f0006510_14132617.jpg
長旅おつかれのようです (。・x・)ゝ
4月に会ったときよりも、おはぎちゃんが女の子らしくなっていました!
この間会ったときは一見すると性別わからない感じだったけど、今は女の子ってわかるね!
赤ん坊は成長が早いw
今度会うときはチャイナ服着れるかな!?

そしてお昼ご飯、こじょさんお勧めの沼津魚がし鮨 片浜店
総勢12人+ベビーだったので、さすがに2テーブルに分かれました。
こちらのテーブルは、こじょさん、透環ちゃん、私、にゃー君、べーちゃん、ふぉるさんの6人。

こじょさんが、「ここはあぶり寿司が有名だから、みんな、あぶりを頼んでね!」と意気込んでいたので、早速あぶり寿司を注文!
f0006510_14185692.jpg
これはサーモンの炙りかな!?
もう、とにかく、うまい!(゚д゚)ウ-(゚Д゚)マー(゚A゚)イ-…ヽ(゚∀゚)ノ…ゾォォォォォ!!!! って感じ!
テンションも上がりまくり!みんなでこれでもかというくらい注文しまくる。
f0006510_14202590.jpg
奥さん!えびちゃんが・・・えびちゃんもしらすちゃんもこぼれてます!!!
ふぉるさんが頼んだ、名前忘れたけどすごい寿司!
もう、食べたい人は食べる感じで、皿からとっていきました(・x・)
f0006510_14231673.jpg
いや、これ巻けてないから!ww 巻いてみようと頑張ったんだよ!という気概溢れる巻き寿司。
かき揚げ巻きだったような気がする。
f0006510_1424915.jpg
なんといっても、こじょさん一押しのアジ。
「沼津のアジを食べてくれ~!!」というアジはもう、超ーーーーーーーーーーおいしかったです!
アジなめたらいけないよ!ほんとにほんとにほんとに美味しかったです(≧▽≦)

食べたお寿司のほとんどは創作寿司なので、店舗によってそれぞれ違うのだとか。
いやーここはまた行きたいw 沼津の魚美味しすぎですよ!
満腹になったところで、もう一つのテーブルのほうも出始めたので、退出開始。
思い出すとまた食べたくなりますわ・・・( ̄~; ̄)

このあとは、軽く休憩してから、関西組を見送るべくこじょさん宅を経由して、4台に分かれました。
関西組は一足先にお別れです。なにしろ5~6時間かかるらしいので@@;
お疲れ様です><

残った3台は、柿田川湧水群へ向かいました。
このとき、3台の内訳は、女子車両(こじょCAR)、野郎車両(プリンスCAR)、だんご夫妻CARのとおり。
私は女子車両の助手席でしたが、後ろの透環ちゃんとまちゃさんはお疲れのようでした。zzz
f0006510_14331036.jpg
柿田川公園。
ここは、ボランティアのおじさん曰く、富士山に降った雨水が地面でろ過されて湧き出たところで、富士山からの湧き水では最も遠いところに当たるのだそうです。今出ている湧き水は10年前に降った雨水らしい。
でも、一日の水量がものすごい量で、その辺一帯の水はそこから給水されてるのだとか。
付近一帯に給水してもなお、それでも水があまるので、その残りの水は駿河湾に流しているとのこと。
そのおかげで、駿河湾の水はとても綺麗で、その水で桜海老が育つのだそうです。
まさに富士の賜物!

湧き水のところは、写真がうまく撮れなかったのでUPしません(ノД`)
昔は、宝石工場があって、汚水を垂れ流しにしていた結果、柿田川はものすごく汚染された川だったらしい。その後、工場を移動してもらったり汚染された土を取り除いたりなどの努力の結果、今のような綺麗な川になったということをおじさんが言っていました。
ただし、湧き水が出る、わき間に入ってしまった汚染された土は深くて取り除くことができないので、湧き水が出てる周りの白く変色してる土は、汚染された土の影響なのだそう。
とはいえ、ここの水はとても綺麗で、一級河川の中でもダントツの綺麗さを誇るのだとか。

柿田川は、富士山の湧水と綺麗な川として有名だけれど、それ以外にも環境活動によって綺麗な川に戻せるという実証現場としても見てほしいとおじさんが熱く語っていました。
あまりにもおじさんの説明が熱心なので、少しだけ募金してきました。
f0006510_1446414.jpg
なんでこんなに青く見えるのか不思議!
こじょさん&だんごさんが言うには、富士山の近くにも同じような水槽があり、ペットボトルを買って、お水汲み放題なところがあるとか。
も、もしかしていったことあるかも!?

柿田川を後にし、三島駅にて18時半解散。
東北の二人は新幹線。関東三人は再び鈍行列車の旅です。
今度は途中で止まらないといいけど・・・w なにしろ去年は熱海駅にブルーシート軍団がいたくらいだし(

最初は2時間長いかな~と思っていたけど、座席のボックス席をGETできたため、行きと同様話に花が咲きまくり、2時間なんてあっという間!何を話していたかというと、それぞれの反省会をしていました。
とはいっても、ほとんど自分達の反省しかしてません(;´Д`)
にゃー君はべえちゃんやモタさんの男気に惚れこんでいるらしい。
昨日私が怒ったことで、まちゃさんが楽しくなかったりしたらどうしようと気にしてたのですが、彼女は「この子はこういう子なんだ」と思ったら、相手と話し合ってどうこうする、というよりも、割り切って付き合う主義なのだそうです。なんていうかね、器用な人だと思う!私はその割り切る境地に至るまでにものすごく時間がかかるタイプです・・・
なかなかそこまではっきりした人っていないんじゃないかなーって関心してしまったw
でも彼女のそういうはっきりしたところ、私は好きなんだよね。

話してるうちに電車の2時間ではおさまらなくなって、東京駅の近くで話しながらお茶でもしようということに!
既に21時をまわっていたので、構内のお店はシャッターを下ろす時間・・・
ちょっと考えた結果、丸ビルに行ってみることに。
なんと、丸ビルといえば、この間私の好きな椿屋珈琲店が入ったばかりじゃまいか!
f0006510_1521044.jpg
ここのシフォンケーキがふわふわで美味しかった!
なんかその後一週間忘れられなくて、今週はパンばっかり食べてしまいました。
また食べたいな~

1時間くらいして出たんだけど、土曜日にまちゃさんとはエヴァ観にいく約束を元々していて、なぜかそれににゃー君も加わっていくことになりました。
まあ、昨日のことなんだけどね・・・w
意外と関東の三人の組み合わせは面白い。
家に着いたのはちょうど0時くらいでした。

そんなわけで、西伊豆レポはこのくらいです!
参加していた方々、お疲れさまでした(*^ー゚)b
[PR]
by yuki-chami | 2009-07-12 15:03 | おふ | Comments(3)

しばし滞り中


by yuki-chami
プロフィールを見る