みそ日記

chamimi.exblog.jp

たまに更新しています

<   2010年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

先週の日記が途中になっているうちに、一週間が過ぎてしまった!
とりあえず、近況報告。

サンシャイン牧場、トモダチコレクションにかつてハマり、そしていつしかほとんどやらなくなってしまった私。
そしてまた再び、「瞬間的にハマる病」がはじまった!まあほら、B型だから)`v')"・:.

今回ハマってしまったのは、mixiアプリのセルフィれすとらん(=゜ω゜)
f0006510_23575443.jpg

これが、なんだか面白い(≧▽≦)
最近マイミクでプレイしてる人をちらほら見かけたので、2日前からはじめました( ・ω・)ノ
アバターとかあって、キャラをメイキングできるのも良いかもしれない。
マイミクをウェイターとして雇えるというので、前々からセルフィやっていた透環先生をスカウトしてきました。
萌えます・・・(;´Д`)スバラスィ ...ハァハァ
ちなみに、右上のほうで白い髪のタバコすってる人が透環先生です(・ω・)

アバターを変更するには、どうやらセルフィちゃんねるに登録したほうがいいらしいということで、こっちも登録。
マイミクでもけっこう登録している人がいた!
f0006510_1402975.jpg
この人も登録していた!
そして、新規登録の初心者しかプレゼントできないというダンボールを送りつけたら、次の日ちゃんと装備していてくれたので、記念にSSを貼っておこう。
こうめさん・・・・・なんだか、とっても似合っている気がするよ!

SSといえば・・・
先週のホンテで、4月からメンバーをはずれているにもかかわらず、呼ばれている遊佐さん。
f0006510_1461298.jpg
f0006510_1473413.jpg
載せるといっていたのに、そもそも日記を更新していなかった!
載せましたb

セルフィのアバターをGETするために、なんとか課金しないで、ぐっせる(セルフィ世界でのお金みたいなもの?)を貯めようと思い、@ゲームズへ。
@ゲームズでできる「占い」で選出される「本日のラッキーパーソン」とリングの交換をすると、ぐっせるが貯まるらしい!(」゜ロ゜)」(」゜ロ゜)」(」゜ロ゜)」オオオオオッッッ
ということで、連絡をとってさっそく交換してみました。リング交換というか、輪をかざしあう感じかもしれない。
f0006510_152544.jpg
この交換モーションが可愛かったので、SSをパチリ。
初交換だったけれど、良い人でよかった!
やっぱり、こういう知らない人々とのやり取りって好きだなあ。
ただしまともな人にかぎる(;´Д`)
[PR]
by yuki-chami | 2010-06-27 23:57 | ほかのげーむ | Comments(5)

梅雨入り

すっかりブログがご無沙汰になる癖がついてしまいました。
仕事が忙しいのか?と聞かれると、現在はそうでもない。
実感したのは今月に入ってからだろうか。なんだか、去年と違って、あんまり大変じゃないかもしれない。
もちろん忙しい時期になれば、そんなこと言ってられなくなると思うけど・・・
でも、ここの課に来てから、「ハッ、もしかして今がいわゆる暇というやつかもしれない」なんて思ったの、はじめてかもしれない!!そんな時代も来たのだなあ・・・しみじみ。

やっぱり、新しい仕事をしたり、一から何かをはじめるのは、内容を理解する時間が必要なので大変なことなのだと思う。内容さえわかっていれば、あとはその応用だったりコピーで対応できることもあるわけだし。
なんといっても、1年間自分が作ったデータがあるから、やりやすさが違う!
そんなわけで、少し時間に余裕ができたので、前々から整理したかった書類の分類などをわかりやすくしようと取り組み中です。
ファイリングを制することは、仕事の中身を知ることにもつながるのです!
なんちゃって(・ω・)
目指せ、スーパーな事務です☆


今週から、関東も梅雨入りしました。
しばらく冷蔵庫の中身を開いていないので、奥を覗くのが怖いこのごろ。
今日は雨だと思ったのに、ずっと降らずに曇ってるなーと思ったら、帰り際にスコールのような雨が降り、その後やんで、また降ったり。
「夏のような天気だね」と言葉のとおり。
今は季節的には、初夏なのだろうか。

外に出れば、ジメジメした空気が肌にまとわりつくのを感じるんだけど、あたたかい冬服のぬくもりよりも、空気を肌で感じられる夏のほうが好きなんだよね。
だから、こんな雨降りも、嫌じゃなかったりする。


私がこの間週末山奥に出かけている間に、かりんではちょっとした事件があったとか。
今こそにゅーぜんず出動!?(( ゚д゚)ハッ! 続きかかねば・・・)
しかし、自サーバのかりんで事件が起こるなんて、どきどきですね!なぜかりん?@@
今では元にもどったとか。(よかったね)
今日もかりんは平和っぽい。
[PR]
by yuki-chami | 2010-06-16 19:43 | にちじょう | Comments(5)

八芳園

この日は良いお天気!
品川駅から無料シャトルバスに乗り、八芳園を見学することにした。
乗換えの時間がかなり短かったのと、荷物をコインロッカーへ預ける都合があったので、時間に間に合うか心配だったんだけど、品川駅がそれほどわかりにくい駅ではなかったのと、許せる範囲の混雑だったので、コインロッカーもすぐに発見できたし、八芳園へ行くらしき他のお客さんを高輪口で見つけられたので、シャトルバスも迷わなかった!ヽ(・∀・ )ノ
土日は30分後に出発していて、8時半からあるらしい。けっこう時間ギリギリに来たかも。
マイクロバスといった感じ。

車に乗って5分少々くらいで白金台にある八芳園へ到着。白金台では、噂のシロガネーゼぽい、全身日焼け防止装備をしたレディーが犬の散歩をしている風景も見受けられました( ゚Д゚)
近くに明治学院大学もあったり。東京の私立大ってなんだか雰囲気があるよね。
f0006510_420486.jpg
しかしこの八芳園へ入ったときのオーラはすごかった><
なんか高級旅館に来ちゃった、みたいな?
しかも、入り口入るとすぐにスタッフさんに声をかけられた (((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
目が行き届いているということなんだけれど、かなり恐縮してしまいました。

この日は日曜だったこともあり、予定されている結婚式へ出席する人たちでいっぱい。
建物があまりにも大きいし、雰囲気的に宿泊できそうな感じだったけど、ここには宿泊施設はないとのこと。
うーん、しかし入り口からこんな立派な雰囲気だったら、来る人びっくりするだろうなあ。
さすが東京、白金台。
参列するらしき人たちの中には和装の人もいた気がする(留袖じゃなくてね!)

ロビー階から、下に降りるとブライダルサロン。
ここのフロア全部がきっろブライダル相談会場なんだと思う。なんだかすごい人数でした!ド━━━(゜ロ゜;)━━ン!! 一面カップルずくし、見渡す限り、みたいな。
とりあえず、今まで見た中では一番の規模だった気がする@@;
f0006510_4264477.jpg
案内された席。サロンに到着してから待つことはほとんどなかったかもしれない。
テーブルにある装花が印象的でした。テーブルにつくとすぐに飲み物サービスが!
さすが和に似合った会場だけあって、緑茶がありました!ヽ(・∀・ )ノ
しかもけっこう抹茶っぽい感じ。

初回見学ということもあり、アンケート記入をしていると、窓の外で庭を見学している人たちがちらほら見えました。なんとここはハトバスのコースにもなっていて、よく外国人が見学してたりするのだそうです。

今回担当になってくれた人は、なんだか可愛らしい女の人!
しかも茨城出身なのだとか。私は茨城在住とはいっても心はいつでも道民だけどね(・ω・)
感じの良い人でした(´ー`*)
あまりあれこれ聞かないところが良い。ちなみに、今回は「他の会場も見学した」ということは伏せておきました。リビエラでの教訓です@@
そんなにつっこんで聞かれなかったことが、初回と言ったせいなのかどうかはさだかではないけれど。

招待客のおおよその人数を伝えて、その人数に見合った会場はほぼ見せていただきました。
この日披露宴が予定されている部屋も多数あるので、その合間をぬっていただいたことに感謝><

まずはじめは、披露宴会場、グレース。
f0006510_4382973.jpg
なんと、これから披露宴をするところらしく、スタッフの方々が今まさに準備中のところを見学!ド━━━(゜ロ゜;)━━ン!!
まさに本番の様相を見られるのはこちらとしては嬉しい限りだけど、よ、良かったのかな?w と思ってしまったくらい。
新婦が幼稚園の先生ということもあり、受付のところには、子供たちからの贈り物も飾られてありました。
あと、新婦がピアノ演奏をする演出もあるのだとか。
f0006510_442317.jpg
この会場の凄いところは、テラスがあるところ。このテラスでデザートブッフェをすることもできるのだそう。
しかし、テラスからのこの景観もなかなか凄いなあ・・・。東京とは思えん。

次にオリエンタルチャペルを見学。
ここも、すぐに式がはじまるということで、急いで見学!だったらしい。
f0006510_4451972.jpg
八芳園の紹介写真に出てくる会場はここかな?
写真では、夜の風景にキャンドルが映えるようにうつされているんだけど、実際にはキャンドルはないようです(・ω・)
アドバイザーさん曰く、写真栄えするようにキャンドルを置いて撮影しているのだとか!ド━━━(゜ロ゜;)━━ン!!
まあ、そんなもんだよね><
f0006510_448513.jpg
チャペル内部。
宗教色をおさえるために、十字架は光に照らされている設計で、ソフトな印象にしているのだとか。あとはなんといってもここの特徴は、参列席もバージンロードも、建物の斜めに配置されていること。斬新なデザインではある!脇のカーテンは開閉式になっていて、開けると外が見えるのだそうです。
相方は、このチャペルをかなり気に入っていた様子でした。
チャペルを出ると、もう式に参列する人が中に入るところでした。特別者専用のリムジンまで乗り入れていたり。
f0006510_564879.jpg
次に、庭を見学。
いやーなんていうか、観光に来たみたいだ!
謎の石柱があったりとか・・・池には鯉が泳いでるし。
f0006510_5101833.jpg
庭の中も、やはり人が多い。歩いている間に何組の集団にあったかな~(つд⊂)ゴシゴシ
ウエディングドレスから白無垢までさまざま!
しかしこうして写真で見ると、白無垢って緑に映えるなあ。というか、嫁入りオーラがある・・・
でも白いウェディングが着たいし!バタ ヾ(≧∇≦)〃ヾ(≧∇≦)〃バタ
白無垢・・・いいなあ綺麗だなあ。迷うところ><
つのかくしのいいところは、顔がどうであれ見えないというところだtt)`v')"・:.
f0006510_5141280.jpg
そしてなんとお茶まで飲めるところがあるという。
やっぱり、どこかの公園に来たのではないだろうか・・・(つд⊂)ゴシゴシ
窓に映っているカップルは・・・二人で何か観ているのかな?@@
茶席に座して、ここで抹茶と甘いお菓子をいただきました。
お茶を用意してもらっている間、どこかから歓声が聴こえたので行ってみたら、ちょうどチャペルから出てきたカップルが参列者から祝福を受けているところで、フラワーシャワーならぬ、しゃぼん玉シャワーの演出の最中でした。
うん、どこもかしこも人っていう感じはした!w
ここでもハトバス観光の外国人を発見。
f0006510_5175899.jpg
ガーデンチャペルの入り口。
まさにさっき式が終わったばかりのところ。
中へ入ると、日本人の牧師さんがいました。オリエンタルチャペルと違って、ここでは外国人か日本人の牧師さんを選べるのだとか。日本人の牧師さんの場合、式でそれぞれのカップルにいつもお話をしてくださるのだとか。
建物内には、まったく同じチャペル会場が二つ。それぞれがバッティングすることはないのだとは思うけど、準備の都合上、二つあったほうが便利ということなのかな?
f0006510_5212699.jpg
式場内。おお、定番な感じ!
私はこういう王道的なほうが好きだったりする。
f0006510_5224258.jpg
80人まで着席可能。うんうん、良い雰囲気ですな!
この式場では、式を挙げた人が記帳したものが納められているのだとか。つい数年前にはじまったばかりなので、あまりまだ数があるわけではないけれど、挙式後のカップルがたまに見にきたりすることもあるのだそうです。挙式後のことも考えられている式場というのは、いいなあw

そういえば、ここで仕事の電話がかかってきたのでした(;´Д`)(;´Д`)(;´Д`)
お休み中もお仕事、おつかれさまです><
f0006510_5264432.jpg
このガーデンチャペルを出ると、こんな感じの石階段になっています。ここで、ブーケトスをしたり、しゃぼん玉演出をしたりするのだとか。
再び披露宴会場見学へ。
f0006510_5275844.jpg
「シダー」の入り口。
赤いソファーがエロい。
f0006510_5291575.jpg
ここもこれからまさに披露宴本番があるらしく、友人の方が歌の練習をしていました。KIROROのベストフレンドを歌ってたけど、かなりうまかった@@
ゴージャスな雰囲気だ~
披露宴会場は、こういう黒い感じがやっぱり好きだなあ。

次に人前式会場。
f0006510_5313390.jpg
この参列席にかざってある緑のが、「まりもっぽい」と思ってしまった。
人前式には、和婚式と、クローバーの儀の二つのタイプがあるのだそう。この二つの形は、八芳園の方が一生懸命考えて作った形なのだとか。
人前式自体にはかなり興味があるのだけれど、ちょっと閉鎖的な式場の雰囲気が、あまり好きではなかった><
建物内にあるせいかもしれない。
f0006510_5394371.jpg
「ノクターン」
しかし、ハトバスツアーのランチ会場となっているため、あまり雰囲気が感じられなかった!ド━━━(゜ロ゜;)━━ン!!
やっぱ、テーブルクロスとか装花で会場ってずいぶん雰囲気かわるんだな(^^;
ノクターンは、今度リニューアルすると言っていたけど、やっぱり明るめの雰囲気なのだとか。


続く。
[PR]
by yuki-chami | 2010-06-11 04:43 | つぶやき | Comments(0)

教会式と人前式

賛美歌312番「いつくしみ深き」
f0006510_21451593.jpg
いつくしみ深き 友なるイエスは
罪とが憂いを とり去りたもう
こころの嘆きを 包まず述べて
などかは下ろさぬ 負える重荷を

いつくしみ深き 友なるイエスは
われらの弱きを 知りて憐れむ
悩みかなしみに 沈めるときも
祈りにこたえて 慰めたもう


ベルクラシックの模擬挙式でうたったとき、思わず感動してうまく歌えなくなってしまった。
それくらいに結婚式では定番の歌。

でも、リビエラ東京と品川プリンスでの模擬挙式で、「神イエスに誓う」と言った内容、英語でのお祝いの言葉に少しひっかかりを受けた私であった。
私、キリスト教信者じゃないのに、キリスト教の神のお祝いの言葉を受けていいんだろうか@@;
なんて。

翌日、後輩の女の子にちょっときいてみた。「これまで行った結婚式で心に残ったことってある?」って。
そうしたら、花嫁さんがハーフで本物のキリスト教信者の子が教会式で式を挙げたとき、本物の牧師さんがきてお祝いをしたときは本当に感動したらしい。
逆に、「もどき」っぽい式だったりしたときは、賛美歌歌いながら「うーん」って思ったらしい。
そんな彼女は、神前で、白無垢の和婚をしたいのだそうだ。
なるほどねー

そう考えて見ると、私にぴったりなのってもしかして人前式・・・?
でも、人前式の会場ってなんだかちょっと微妙な感じ@@;
チャペルで人前式っぽいのができたら良いのに><

なんて思ったりしたのでした。
[PR]
by yuki-chami | 2010-06-07 21:45 | つぶやき | Comments(0)

リビエラ東京

池袋駅のC3出口より徒歩1~2分くらい、リビエラ東京。
ここもかなりの人気の式場である上、毎週土曜日の夜は試食会を行っているというので、今回きてみることに。やっぱりゲストにとって料理は重要だし!おいしいにこしたことはない。
それに、ブライダルフェアを見学する上で、試食というものも経験してみたかったのもある。

しかし、行ってみて思ったことは、池袋駅の人の多さ@@;;
さすが東京は人が多い>< 駅を歩くだけで疲れが増す(^^;
そして、この池袋のC3出口というのが、改札を出てから10分は歩くか歩かないくらい離れている。
うーん、遠方から来る人とか、年配の方にはちょっとつらい位置かも?なんて思ったり。
f0006510_2275684.jpg
いってみると、立教大学のすぐ近くだった。いわゆる大学生の御用達でもあるのかもしれない。近くにリビエラのエステサロンなどもありました。
フェアの参加人数も多そうだったので、早めに行き、まつこと10分くらい。
前行ったところは違い、この段階ではまだプランナーはやってきませんでした。10分くらいしてから控え室に案内されたところをみると、あまりにも早く行き過ぎたのかもしれない@@
後から何組かやってきましたが、若いカップルだけではなく、年配の人もきてたなあ。

アンケートを記入してしばらくすると、模擬挙式場へ案内されました。
f0006510_237667.jpg
f0006510_240585.jpg
ホワイトチャペル。白い教会も綺麗だなー!って写真で見て思ってたけど、なんかちょっと無機質な感じを受けたかもしれない!
でも、参列席はもちろんオルガンまで真っ白なので、清純なイメージはあるかもしれないね。
支配人っぽい人の話があって、そのあと男の人の聖歌と共に新郎新婦入場。ほかにフルートを吹く人もいました。
ここの挙式では、新郎新婦に「一番これまでにお世話になった人は誰か」ということを尋ねるのだと言っていました。
f0006510_2434661.jpg
少しバージンロードの幅が狭いような気がしたのが気になった。二人並んでギリギリくらい。
なので、通過するときに参列者からかなり近い位置になります。逆に言うと、近くて良い!っていう人ももしかしたらいるかも?
f0006510_2463135.jpg
牧師さんが男前だった!
やっぱり外国人牧師は鉄則なのか!?

模擬挙式が終わると、試食会へ。
f0006510_2505731.jpg
50人以下の披露宴会場にも使用される部屋らしい。
テーブルは10個あるかないくらいかな?
食前酒のシャンパンから始まる。
リビエラの料理は、昔リビエラが料亭だったことから、「和」が基本なのだとか。
f0006510_2532947.jpg
前菜。サザエがお勧めだと言っていました。
個人的には、ホヤとホタルイカがおいしかった!
f0006510_256307.jpg
スッポンのスープ。すっぽんとか初めて食べたかもしれない。
スープの後、スペシャルメニューであるカツオのカルパッチョがあったんだけど、写真撮り忘れ(;´Д`)

右の写真は、煮物なんだけれど、伊勢海老のがんもどきが超おいしかった!!!
今まで食べたがんもどきの中でトップかもしれない><
というか、和食ってどういう感じのコース料理で出てくるのか気になってたんだけど、宴会のコースみたいな感じかと思ったら、ちゃんとおしゃれな感じで出てくるのねー
和食見直したよ!
f0006510_321016.jpg
この和牛のステーキのやわらかさがなんともいえずとろける(;´Д`)
大根おろしといい、お肉が絶品でした。右はシラス入りの炊き込みご飯です。味噌汁つき。
f0006510_343882.jpg
最後のデザートのケーキ!!!
といっても、もちろんこのままは出てきません(・ω・)
パティシエにより切り分けられてでてきましたが、モチモチの食感でこれまたおいしかったです><
料理はほんとおいしいなー。こういうのが披露宴での料理なら、申し分ないなと思いました!

試食が終わり、トイレにいってみると、同じフェアの参加者で歯を磨いている人がいました・・・
お嬢だ@@ 立教大学の近くだし、そういう影響もあるのかな!?
担当のプランナーさんが、お客さんの対応で時間がのびてなかなかこられないということで、別の人(?)が最初案内してくれることになりました。こちらとしては、どちらでもいいけど!
f0006510_3103033.jpg
試食のときに出てきた映像に、模擬挙式とは違うチャペルがうつっていたので、たずねてみたら「アンの家」と呼ばれるチャペルルームに案内してくれました。
個人的には、ホワイトチャペルよりこういうクラシックな感じのほうが好みかも!?
椅子も、実際にイギリスで昔使用されていたものを使っていて、傷とかもついているけれど味わい深いのだとか。
f0006510_3124139.jpg
独立式ではないので、チャペルルームを出てもそこは建物の中。でも、こんな風に天窓っぽいのがついていて、この下に立つ花嫁を光が照らすのだとか。
ここではほかに、人前式のお話を聞きました。教会式ではキリストに愛を誓うけれど、人前式では、招待客に誓い、そこにいる人たちが証人となる。ここでは、12本のバラの話があり、それぞれ「永遠のバラ」などと意味のある12本のバラを、招待客の中から選ばれた12人がそれぞれバラをもつのだとか。
そのバラを花嫁に1本1本渡し、最後にみんなの前で愛を誓うらしい。
そういうイベント、ちょっと面白いかも!?
というか、キリスト教信者でもないのに、「イエス・キリストの名のもとに愛を誓う」ってちょっと気になってたんだ・・・
定番だし、そういう定番さは好きだけど。
この「アンの家」のバージンロードは、ホワイトチャペルよりも長く、少しだけ幅も広いらしい。
挙げるなら、こっちだな@@
f0006510_319757.jpg
f0006510_3191569.jpg
ザ・ガーデンという披露宴会場に続く、庭。
この披露宴会場じゃなくても、この庭で写真撮影とかもできるらしい。ブーケトスとかもするのだとか。
f0006510_3214068.jpg
f0006510_3224323.jpg
この披露宴会場専用の、ゲート、そしてゲスト控え室。専用なのはいいね!!
バーもあるし、ウェルカムドリンクとかも飲めていいかもー
f0006510_324454.jpg
そしてこれがザ・ガーデンの披露宴会場。広い感じです。120人まで入るのだとか。
リビエラの披露宴会場は主に、白を基調としたものと茶系の落ち着いた色基調のものと2つに分かれるらしい。
どっちが好みですか?ときかれたとき、たぶん落ち着いた色のほうが好きだとは思うけど、1箇所、白い部屋も見せてくれとお願いしたら見せてもらえました。

次は、モダニカという、ここも落ち着いた系。
f0006510_3284697.jpg
階段を下りて入るらしい。
写真で光ってるのは、壁に描かれている模様なんだけど、写真に撮るとシャンデリアがうかびあがってるように見えるのだとか。私のカメラでは微妙ですが!
そういえば、リビエラの建物内にはエレベーターがまったくなかった。すべて階段。
エレベーター待ちすることがないから良いかな~という反面、身体の不自由な人にとってはやさしくないかも?
f0006510_3302665.jpg
f0006510_3303425.jpg
なんか豪華な感じがする!
ソファーもあって、そこでゲストとおしゃべりしたりもできるのだそう。
階段のほかに、別の出入り口があるので、お色直しのときに別の入り口からサプライズで登場したりもできるのだと言っていました。
f0006510_3343359.jpg
ザ・ガーデン以外の部屋の人の場合の、ゲスト控え室。ここはごくごく普通な感じです。
f0006510_33544.jpg
これはマンダリンヴィラという会場。
ここが一番良かった(≧▽≦)
しかも、窓からすぐ外に出ることができ、テラスになっているというところ。
f0006510_3371168.jpg
今回行ったのが夜だったので、こういう雰囲気だけれど、日中はもっと明るく華やかな印象にもなるという。
もちろんここが一番人気なのだそうです。
f0006510_3383815.jpg
ギャラリー・オアシス。
唯一見せてもらった、白が基調の部屋。
f0006510_3402498.jpg
ここの特徴は、階段から新郎新婦が登場できることだろうか。あと、バーが一番大きい部屋らしい。
こういう白基調のところもいいのだけれど、やっぱり茶系のほうが好みなのかもしれないと、見て思った。
あと、スクリーンも一番大きいのだと言っていました。

最後に、相談・打ち合わせということで少し話しをしました。
いつが空いてるか見てもらったけど、空いてるのが仏滅とかだった@@;
人気会場なので、1年前でも予約が厳しいらしい!でも、むしろまったくあいていないのかなと思っていたので、ちょっとでもあいてることが意外だった。日によって変更になったりするので、毎日変動するのだそうです。
後、宿は何箇所か提携しているので、こちらから直接予約にはなるけど、リビエラ東京から紹介してもらったといえば割引になると言っていました。
ちょっと気になったのは、本気で予約するつもりがないと、見積もりをもらえなかったことかなー
プラン内容については教えてくれるとは言っていたけれど、なんだか簡単なものすぎたし、前に見に行ったところがあることや、明日も見に行くということを伝えてしまったせいか、扱いがぞんざいだったような気がしたのが気になりました。
プランナーなら、こちらからあれこれ聞くよりも前に、いろいろ説明してくれないと、予約しようとする気が起きてきませんね。
でも、料理は抜群だったし、披露宴会場そのものはすばらしかったです。
池袋駅からのアクセスがもっと便利で、近かったら考え直しても良かったかな。
帰りに、試食会のときにテーブルの上に飾ってあったお花をくれました。生花だったのはすごいなーとは思っていた!
f0006510_348432.jpg
花はやっぱり綺麗だと思った。
もし落ち着いたら、こういう花に関心をもってみるのも、良いかもしれない。
[PR]
by yuki-chami | 2010-06-06 03:49 | おでかけにっき | Comments(0)

ガンダムカフェ

昨日は、札幌からR様がきたので、仕事が終わった後で秋葉原のガンダムカフェに行きました。
f0006510_10543396.jpg
といっても、私自身はガンダムネタはほとんどわからないけど!
秋葉原についたのは21時半近くだったけど、既に10組くらいの人が並んでいました。
食事のラストオーダーが22時までだったので、「お並びいただいても、ラストオーダーの時間のために、お食事していただけない場合があります」という説明をうける・・・(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

外から見ていると、一見おしゃれそうに見えるカフェも、お客さんはやっぱりガンダムかぶれの人が多いのかな!?
一人できたとおもわれる人が、りっぱなカメラで出された食事をじっくりと撮影していました。
f0006510_1133991.jpg
10時近くになり、見えてきたカウンターの上にあったガンダム。
f0006510_1175810.jpg
カフェ内の様子。
前に札幌で行ったジャブローと比較すると、わりと普通のカフェな気がする。
もっとオタッキーな感じを予想していたので、少し残念な気もしたw
f0006510_11112085.jpg
赤い彗星、青い巨星、モノアイ。
赤い彗星は、カシスだったかな!緑のモノアイはメロン、青いのは・・・なんかグレープフルーツ系だった。
f0006510_1114574.jpg
ニンジンがジオン軍のエンブレム!
右のハロラテがかわいいw

まあ、さすが秋葉原なだけあって、帰宅途中のサラリーマンでも、ガンダムかぶれな人が利用している感があったけど、知らない人でも利用するのにまったく抵抗がないような普通のカフェという感想でした!
店員さんがコスプレしたらもっと良くなると思う)`v')"・:.

わたし的に一番ヒットだったのは、隣の売店にうっていたこのアイテムでした。
f0006510_11181585.jpg
ジークジオン!
ほかにも、「軟弱者せんべい」(食感が軟弱らしい。つまり、ぬれせんべい)とか売ってました。
21時までならガンプラ焼きとかも食べられるみたいなので、ガンダム好きな人には良いかも!?
[PR]
by yuki-chami | 2010-06-05 11:18 | おでかけにっき | Comments(3)

おだやま

4月はどこの山にも登らなかったので、今月(5月)こそは頑張ろう!ということで、この間の土曜日はいつもの筑波山ではなく隣にある小田山(461m)に登ることになりました。
気がついてみれば、兄者、へちま、元隣の人の4人。いつものメンバー(・ω・)
f0006510_23423317.jpg
この日は天気はそれほど良くないんだけど、暑くなかったので山登りするには良かったかもしれない。
筑波山と違って、登る人もそんなにすごくたくさんいるわけじゃないし、道もちょっと気をつけないと間違ってしまうくらい獣道っぽい感じ。
散策MAPに「大根おろし」とかかれている箇所があったので、探してたんだけど、
f0006510_23452888.jpg
もしかしたらこの滝のことだったのかも!?
看板がなかったのでよくわからなかった。
ちなみに大根は生えてませんでした。

空気はすがすがしかったけど、話題は噂話とか大衆じみていた!今度は誰か草花の本とかもってくると、レベルの高そうな話題になるかもしれないw

だいたい1時間半くらいで麓から頂上に到着。
f0006510_23533117.jpg
向こうに筑波山が見える!いつもは筑波山から見る側だから、新鮮な感じがしました。
風の吹く中、お弁当(※コンビニ産)を食して下山。

下山してる途中に、新しく発見された湧き水があり、名前を募集していました。
f0006510_235551100.jpg
まだ未開拓部分が大きい感じがしていいですね!
兄者が、「○○さんのなみだ」(※メンバー共通の知り合いのおじさんの名)という名前をとっさに思いついて、それを後で名前募集箱にいれていました@@
山の中でも、うっそうとした樹の間をずっと歩くよりも、川が流れている脇を歩くところがあったので、山歩きがけっこう楽しかったです!
f0006510_23582545.jpg
下山した後の、田んぼのあぜ道。
そう遠くない場所なんだけど、なんだか非日常なひとときでした。
[PR]
by yuki-chami | 2010-06-01 23:59 | にちじょう | Comments(0)