みそ日記

chamimi.exblog.jp
たまに更新しています
by yuki-chami
プロフィールを見る
<   2017年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧
|
|
2017年 10月 15日 |
朝は5時半から7時までとかが確か岩風呂の女性専用時間だったのかなぁ・・・
6時くらいに起きて、妹と二人で岩風呂へ。
さて、川の増水はどうなってるんだろー?

f0006510_20005753.jpg
おお@@
かなり増水している・・・(といっても、増水前との比較写真じゃないので、これを見てもよくわからないかもしれない)

この岩風呂は、川沿いに従って縦長な感じのお風呂になっていて、いくつか川上から川下に向かって露天風呂が点在しているんだけど、一番川下にあった岩風呂は、川の水と同化していて、立ち入り禁止になっていましたw
あと、他の露天風呂もなぜか温度が上昇していて、ちょっと長時間は入ることができなかった@@;
熱い風呂にちょこっと入って、あとは「あー普通増水した川にこんなに近寄るなんて無理だよなーすごいなー」って思いながら、増水した川の流れを見ていた。
これ、もっと増水したら、他の露天風呂も危ないんじゃないかな?って思ったけど、それ以上は増水しなくて、なんとか大丈夫だったみたい。

朝ごはんはバイキング。
旦那も妹も、なんであんたらそんなに食べられるんだ…っていうくらい食べてたなぁ。。。
なんかバイキングに来た甲斐がある感じだよね。いやーすごい。私には無理だーー
私は鮭とオムレツがあれば!!

f0006510_20104162.jpg
仙台弁だってw
「んだ」って仙台弁なのか!
なんか、だんごさんとモタさんを思い出す…
まさかの仙台ルーツ!?(ない

お土産を購入したところで(ただし妹のみ)、本日の行き先の1つ、定義山へー

f0006510_20460096.jpg
台風が過ぎたこともあって、風は強いけどすっごい青空だー
定義如来西方寺。こっちは山門。
なにげに、今まで外で食べた玉こんにゃくの中で、この西方寺の目の前にある売店の玉こんにゃくが一番美味しいと思うw 今回も食べてそう思った。
ちゃんとスルメは入れるべきだよね!

f0006510_20482783.jpg

こっちは本堂。山門は風格を感じるけど、こちらは新し目?
キラキラ屋根の上で光ってるものが目を引きましたw

でも、私がもっと気になったのはこっち!!

f0006510_20502306.jpg

トイレが@@!!!
トイレまで拝んでるーーーーー

f0006510_22425064.jpg
定義山に来た一番の目的は、なんといっても三角揚げ。
揚げたばかりのものを食べるのが、なんといっても一番美味しい!
普段は、ここで5個入りをいくつか買って、冷凍しておくんだけど、やっぱり現地ですぐ食べるほうが美味しいと思う。

続いて、仙台観光の王道① 青葉城址。
今回は妹がきてるので、一度来たことあるところも王道とかおすすめ中心に行くことに。

f0006510_22461023.jpg

宗様にご挨拶!!

f0006510_22552808.jpg

青葉城址から見た仙台市街風景。

f0006510_22580262.jpg
仙台駅前アーケード街近くにあるたい焼き屋さん。

f0006510_22583744.jpg
阿部蒲鉾のひょうたん揚げ。
ひょうたん揚げっていうのは、かまぼこの周りを衣で揚げてあるものなんだけど、今回はひょうたん揚げのほかに、ちょっとしたアトラクションがあった。

f0006510_23033625.jpg
笹かまぼこの手焼き体験!
お店の人に、手焼き体験したいって言ったら、別室に通してくれて、自分で焼くことができるという。
あんまり大っぴらには広告してなさそうだけど、私たちがほとんど終わりかけのときにもう一組(ちょっとオタクっぽい男3人)が来たから、知る人ぞ知るって感じなのかなー?どうなんだろ。
焼きすぎると、すぐ焦げるw
仙台は何回もきてるけど、これは初だったので、なかなか楽しかった。

そしてもちろん牛タン!

f0006510_23061473.jpg
牛タン定食だと、これにテールスープがつくんだけど、ネギたっぷりで、私はネギが苦手なのでスープは抜きです・・
右上に見えるのはビールではない!
運転しないといけないので、ジンジャーエール!

帰り道は、南相馬鹿島まで運転してもらって、そこからは代わった。
行きは東北道だったけど、帰りは常磐道だったので福島の避難区域も通った。
といっても、暗くてよくわからなかったと思うけど!

妹の初の東北旅にしては、けっこう盛沢山だし、いい旅だったんではないでしょうか。
やっぱ温泉いいね温泉!今だに服から温泉臭がするw

[PR]
2017年 10月 08日 |
いかんいかん、書かないとどんどん忘れていく!!
この連休中にレポ書ききるのだー

朝起きて、まずは露天風呂。
いやーやっぱり白いお湯にこの硫黄臭は最高だー(≧∇≦)
もちろん、タオルや着用していたものがすべて後々まで硫黄臭くなったことは言うまでもない。

f0006510_13561281.jpg

朝ごはん。
朝ごはんにはやっぱり鮭がほしい!!
いいんだ他のものはなくても、私には鮭さえあれば!!

そして今日の行き先、そして旅のメインである芋煮会へ。

最初は山形県庁の駐車場に停めようと思ったんだけど、だいたいその時10時を回った頃かなー・・・
既に満車でかなり待ちそうな感じだったので、山形国際交流プラザ 山形ビックウィングというところまで移動して、停めました。ここも、行ったときは空いてたけど、そのうち埋まりそうな感じだった!(後々の参考)

そこからはシャトルバスに乗って現地へ。

f0006510_14133486.jpg

おおーーー河川敷!!!
芋煮会では、今回で引退するという直径6mの「2代目鍋太郎」にて煮込まれている芋煮。
3mの大鍋にて煮込まれている塩味芋煮。
サンマ焼きのブース。
肉フェスブース。
地元のいろんなブース。

がありました。

まずは2代目鍋太郎にて煮込まれている芋煮を食べるためのチケットを購入。
すっごい人気で、朝一で行かないと食べられないかなぁとか考えていたけれど、そんなことはなかった。
チケットには番号札が書かれていて(私たちは7番だった)、「7番の方々はお並びください~」と言われて並ぶ感じ。この頃は既に1、2番あたりが呼び出しされていたのかなー
7番が呼ばれるまでにはまだまだ時間がありそうだったので、先に塩味芋煮へ行くことにしました。

f0006510_14261899.jpg
3mの大鍋でも、こんな感じで盛り付け・・・というか、台がないと鍋から具材を盛りつけられないという大きさ

f0006510_14272963.jpg

うまい@@!!!!
芋煮・・・・うまい・・・・
私は、里芋はあんまり得意じゃないんだけど、これはヌメヌメ感やボソボソ感もなくって、よく煮えてて私でも食べられた。あんまり大きくなかったからかなー?
しかし、ここで1杯食べてしまうと、本命が食べられなくなりそうなので、ちょっとおすそ分けしてもらう程度にした。。。

この後は各地元ブース回ったり。
たぶんサンマの煙のせいだと思うんだけど、この会場にきてから私はくしゃみが止まらなくって・・・
マスクはさすがに持ってこなかったので、ハンカチで常に鼻を押さえてました。
何かが反応した模様!
地元ブースにはいろんな山形名物があったけど、おすすめは新橋のイベントでも見た、これ!

f0006510_14511725.jpg

つや姫だんご。
タレは、私はあんまり濃くなくていいと思うんだけれども…
ちゃんとお米の味がして美味しい!(≧∇≦)b
妹がいろいろ買いまくってました。(いつものこと)

一通りブースを見たところで、いよいよ本命の2代目鍋太郎の列へ!
番号が呼ばれてからも、かなり長蛇の列に並ぶため、ちょっとフライング気味に並び始めた。
でも前後も同じ番号だったから、みんな考えてることはだいたい一緒なんだろうなw

f0006510_15093290.jpg

6mの大鍋は、専用ブルにて調理・・・!
このブルは、常に新品らしい(食材扱うから当然といえば当然だけど)
でも、これ1回きりで殉職したりはさすがにしない!?どうなんだろう!!
いやぁ、いいもの見ましたわ…

長蛇の列を制覇して、ついに目的のものを入手。

f0006510_15140449.jpg
f0006510_15141242.jpg
列の整理とか、芋煮の配布には、地元の高校生が協力してるらしい!
いいねいいね!

この日いくつか食べた芋煮の中でも、この鍋太郎製の芋煮が一番美味しかったな~~
やっぱり汁物は、大鍋でガッと煮込んだほうが美味しいのかなぁ。
前に、ブースの協力したときに豚汁つくったときも、そんなことをブースの人が言っていたような気が。

f0006510_15214691.jpg

材料はこんな感じらしい!
水6tにしょうゆ700リットルとか…
でも、14時くらいまではちゃんと中身ある感じだったみたいだし、ずっと続けてるだけあって、分量はうまく調整されてるのね。

実は、今回の芋煮会では、「茶屋ブース」といって、事前にチケットを購入することで、必ず芋煮はたべられるし専用の場所があるというものがありました。
ちょっと勘違いをしていて、鍋太郎の芋煮は、もしかしたら人気すぎて当日食べられないかもしれない!?と思って、事前のこの茶屋ブースチケットを購入したんだけど、結果的には、次からは購入しなくていいかなー?と思った。
芋煮も食べ放題なんだけど、鍋太郎とは別の鍋で作ったもので、やっぱり本命のほうが美味しいし、おかわりはできるとはいっても、ちょっとお高めかな~
鍋太郎の芋煮は、当日でも並べばちゃんと買えるのでそれで問題なし!
それに、肉フェスとかサンマもあるしね(お腹いっぱいで食べられなかったけど…)

さて、帰りのシャトルバス。

f0006510_15274945.jpg

!!!!!!!!
なんて粋な計らいなんだ!

茶屋に行った頃から雨が降ってきてたけど、本格的にどしゃぶりに降られなくて良かったなぁ。
ちょうどいい感じに帰りました。

さて、次の目的地は作並温泉。
ここまでも、旦那と私と交代して運転してたんだけど、前日も妹のモンハンに付き合って遅くまで起きてたりとかして、もうかなり眠くって><
自分が運転してるときは、他の人が寝ててもかまわない(むしろ寝てくれるとホッとする)んだけど、他の人が運転してると、気になっちゃって自分はなんとなく寝れないんだよね^^;
でもこの、山形から作並に行くまでの間は、寝ました・・・・
限界だった~~~~

そして気が付いたら作並温泉に到着。
鷹泉閣岩松旅館というところ。
ここが!!!!
なんかすごい@@!!!!

エントランスが広い~~~

f0006510_15361939.jpg
f0006510_15365305.jpg

政宗様が・・・!!!

チェックイン待ちのときはフリードリンクだし、サービスもとっても良かったな~~

f0006510_15385222.jpg

ここのお宿の名物は、天然岩風呂。
この長い長い階段を下っていくと、川べりに沿って露天風呂が並んでる。(この写真は、下から撮ったものなので登る感じに思えるけれども、最初は下り)

ただし!!!
その岩風呂っていうのが!!!

ガチ混浴。

( ゚д゚)ポカーン

いやね?
今までも混浴はそれなりに入ったよ?
ほら、乳頭温泉の鶴の湯とか、白骨の泡の湯旅館とか、奥鬼怒温泉の加仁湯とか。
でもさ、白く濁ってて全然見えないとか、そもそも女性更衣室からお湯に入るのに、見えないように配慮されてるとか、タオル巻けるとか、まぁそういう感じが最近多いよね?

でもここは・・・
単純泉なので無色透明。
女性更衣室と男性更衣室は分かれてるけれど、露天風呂に行くためには途中で廊下で合流する。
お湯にタオルは入れられない。

無理wwwwww
さすがの私でも無理。

そして女性の入浴可能時間が…
わりとシビアで、ちょうど夕飯どきの1時間半と、早朝の1時間半。
早朝はいいとしても、夕飯どきっていうのはちょっと厳しいんじゃないだろうか@@;;
まあきっと昔からガチ混浴を貫いてる、格式ある感じなんだろうなぁ。

f0006510_15462821.jpg
晩ご飯!

前日の蔵王は豚肉、ここでは牛肉でした。
お膳好きだなー(´∀`*)
しかし、この時期はぶどうが旬なのかわかるけど、フルーツが苦手な私は(ry
あれ、前日も確か色の違うぶどう(マスカット)が出たような…(当然妹に渡した)
プリンとかのほうがよかったああああ(わがまま)

晩ご飯をささっと食べて、足早に岩風呂へ!
岩風呂の入り口には女性スタッフさんがいた。ここで、変なのが入らないように見ているわけですね!

岩風呂・・・・
けっこういい!!!!!!
この川が流れている感じがいいな~~
でも、、、、、なんかすごい雨降ってるんだけどwwww(台風きてるから)
なんか…
川も増水してる@@?
これ、次の日とかやばくないか?
さすがに露天の様子は写真にはないので、気になる人はどこか検索して見てみてください。

まあこの岩風呂のクオリティなら、伝統を守ってるのはわかるわ…
女性は時間が限られてるけど、仕方ない。
でも実際30分くらい入ればほぼほぼ満足だし(湯も熱いので)、結論としては、けっこう良かった。

この日も夜は妹のモンハン(ランク解放まで)に付き合い、さらに睡眠不足に…
ランク解放までお付き合いいただいたとわ先生、ありがとうございました><

[PR]
2017年 10月 02日 |
さてさて、この間の連休は妹が遊びにきたこともあり、妹を連れて東北へ墓参り兼、旅に出てきました。
せっかく交通費をかけてくるのだから、今まで行ったことのない場所へ連行するのも喜ぶかなと。
妹は昨年も9月に来て、そのときも台風だった。最初の目的が「山登りがしたい」というので、壮絶な雨の中、筑波山を登ったということが。
今回も登山をしたいということだったので、いろいろ考えた結果、蔵王山へ。
まだここは私も登ったことないからね!お釜は見たことあるけど。
車で4時間くらいかな~
いやー飛ばした上に、3人で軽に乗ったものだから、燃費の悪いこと悪いことw
いつもは半分ちょいくらいでガソリン済むのに、今回は途中で給油するハメになりました・・
登山道具やら荷物もたくさんあったしねー

さてさて、蔵王。

f0006510_20075896.jpg

翌日が台風予報の中!
けどこの日は雨は降らず。天気と関係なく、お釜あたりは霧や雲で視界が遮られることが多いけど・・

ここには刈田嶺(かったみね)神社というところがあって、御朱印も目的に行ったんだけど、書いてくれる人がいなくて紙だけ購入する感じだった (((´・ω・`)ショボーン

神社から、蔵王連峰の中でも高い地点にある熊野岳を目指します。

f0006510_20260070.jpg
No Mountain No Life!!
これ、上高地いったときに徳澤で買った。
槍ヶ岳Tシャツらしい。

f0006510_20125818.jpg
f0006510_20130630.jpg
すぐ視界が遮られて見えなくなる。
この秘境感漂う感じがいいよね。
足場は石だったので、ちょっと歩きにくい!

標高差はそれほどないので楽な道なんだけど、それでも片道1時間くらいかなー?

f0006510_20143950.jpg
上にも神社があった!
御朱印期待したけど、ここには社務所とかなさそうw
妹がツマミとして買ってきたホタテの貝柱を頂上で食べて、美味しさに感動したw
時間もけっこう差し迫っていたので、わりとすぐ降りて、次の目的地へ。
下山したときに食べた芋餅美味しかったなぁ。山形名物の玉こんより美味しかった・・

急いでた理由は、この日はけっこう予定が詰まっていたのです・・・
蔵王→山寺→蔵王大露天風呂。

次は山寺!!
写真ばかりになるけど、貼り付けてみる。

f0006510_20331218.jpg
まずは登り口。
駐車場に停めた時に、「ゆっくりでいいですからねーがんばってください!」的なことを言われ、そんなにすごい階段なのか!!!と緊張が走るw

f0006510_20332219.jpg
最初のお参りのとこ。根本中堂。

f0006510_20333136.jpg
f0006510_20333977.jpg
f0006510_20334852.jpg
緑がいっぱいで、とってもいい感じの石段!
つらいつらい長いって話聞いてたけど、あんまりそう感じなかったなぁ。
さっきの登山のほうが・・・@@
でも妹はバテていた。
わりと登りは平気!

f0006510_20335784.jpg
一番上にある、奥の院。
ここでの御朱印の時間が確か16時半まで?とかだったので、急いでいたのでした。

f0006510_20340402.jpg
この写真だけ見ると、左の方に仙人が住んでそうなお堂だ。

ここで17時くらい。
急いで蔵王へ戻らねばーーー

1時間くらい、車を走らせて・・

f0006510_20432915.jpg

蔵王大露天風呂!(19時で閉まる)
というか、宿も19時から夕飯だから、急いで入らねば!

ここは洗い場はなくて、露天風呂のみ。
川がすぐ側に流れてる。そして川もお湯なので入れる。
男性風呂は通路からわりと見える・・

立ち込める硫黄臭!
そして白い湯!
いいなあいいなあ!っていうか、登り下り続きで汗かいたし、なんでもいいから湯に浸かりたかったw
あったかくて、きもちいいいいいい(≧∇≦)

しばらく露天風呂に浸かってたんだけど、妹が川へ行きたがったので、川(湯なので温かい)へ行った。
けっこう外は肌寒かったので、最初は座ってたんだけど、浅い川だったからお尻と足くらいしか温かくなくて!
なので、うつ伏せになるようにして二人でどざえもんをしていた。

30分くらい浸かって宿!
蔵王プラザホテルというところ。

夕飯は、豚しゃぶでした。美味しい!
19時っておそらく最終の夕飯時間だったので、ちょっといろいろお品が冷たくなっていた・・w
でも量はたくさんあったなあ。
山形名物は芋煮と玉こんにゃくということで、翌日の芋煮会に先駆けて芋煮を食べることもできたし。

この日は途中で芋餅とか玉こんにゃくを食べたくらいで、ほとんどまともに食べていなかったので、一気に食べた記憶がw
一息ついたところで、職場の後輩からラインがきた。
「みそさん、もしかして今蔵王にいます?」

(;゚ ロ゚ )ナン!( ; ロ゚)゚ デス!!( ; ロ)゚ ゚トー!!!

「蔵王にいるよ!」と送ったら・・・
なんと、後輩の嫁が私たちを蔵王大露天風呂で見かけたらしいww
しかもどざえもんをしているところを・・・ (((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
どういう確率www
どうしよう、どざえもんが職場に広まってしまう!
いやーすごいわ・・・びっくりしたわ。

f0006510_20535326.jpg

これは翌朝誰もいなかったので撮った写真だけど・・
いいお湯!!
やっぱり白い湯最高。硫黄臭に癒される。

次の日へ続く。

[PR]

忍者 Blog