みそ日記

chamimi.exblog.jp
ブログトップ

野沢温泉・グンマーの旅 1日目

この間ふと思い立って、ブログのリンク先をクリックしていったら、しばらく更新されていないサイトが更新されていたよ!!!
そして、あの変態ぽぽぅさんの日記も更新されていて、数年ぶりに私へのコメ返もされていたのですが既に1年以上経過していて、生存コメントを残すことができなかったよ!!!
だからあえてここで言おう。

私は生きているぞーーーーー!元気だぞーーーー!
っていうか他の人もけっこうみんな元気だよーーー!
だから日記を更新するかコメントを残しなさい!

廃墟となっていると思われたブログも、たまにこうやって生存報告が書かれていると嬉しいね。
私も更新頻度は落ちているけれど、たまに書いていきますよーーーー

今月は、抹茶様との女子会がありました!
六本木のミッドタウンに行きました。
抹茶様の、婚活がだんだんプロ化していました・・・
ある程度話すと、なんか先が見えてわかってくるらしいよ@@
見えるぞ!私にも敵が見える!
去年会った時よりも綺麗になっていると思いました。
なんだかんだで定期的に会っているので、また会いましょう!
次の活動報告が楽しみだーー

そして、久しぶりに旅に出てきました!

行き先は長野県にある野沢温泉と、群馬県の万座温泉。
f0006510_22105021.jpg
去年のGWに、十日町から妙高山の近くにある赤倉温泉に行く途中に通った道がとっても綺麗だったのがきっかけで、野沢温泉にそのうち行ってみたいなーと思っていたのです。

f0006510_22162903.jpg
千曲川(ちくまがわ)沿いの国道117号線。
道の脇に花がずっと植えられているのが、地域の人たちの心遣いが感じられる。

この道を逸れて、千曲川を渡ると野沢温泉村が現れます。
f0006510_00264187.jpg
今回宿泊する、「さかや」さん。
宿の前に足湯がある!

チェックインは本来は15時だったのだけど、1時間早く来てしまってちょっとロビーで待ってたw
でも早めに入れてくれた~しかも冷たい麦茶までサービスしてくれた~(∩´∀`)∩ワーイ

部屋に通されて、簡単に説明される。
なんと、16時半からまちあるきツアーを行っているらしい。面白そうだから参加してみよう。
でもそれまでまだ2時間くらいあるので、野沢温泉では有名な、外湯にいくつか行ってみることにした。

外湯といえば、冬に行った城崎温泉も外湯で有名。
城崎温泉の外湯は、作りがだんだん新しく、豪華になっていく傾向にあるけれど、野沢温泉の外湯は昔ながらのがそのまま残されていて、村の人たちが共同で管理して、当番でお掃除してるらしい。

f0006510_00350182.jpg
13個ある外湯の中でも一番有名な、大湯。
入場料などはなく、お気持ちを賽銭箱に入れるというもの。
建物の前に何人か腰かけて風を浴びていた。
中に入ると、「ぬる湯」と「あつ湯」と書かれた二つの浴槽があった。

中には7~8人の人がいて、お湯に浸かってるのは二人だけだったけど、それなりに賑わってた。
服をささっと脱いで、最初は「ぬる湯」のお湯を触ってみる。
なんだこれあつい@@!!!!
全然ぬる湯じゃないんだけどーーーー!!!
湯に浸かってる親子が、「あついですよねー?」といいながら、蛇口から冷たい水を出して近くに陣どっているw
水は入れっぱなしじゃなければ、使っていいらしい。
あついけど、あついけども!!!がんばって入るよ!!!
ざぶーん。
おおおお、あついーーーーーーー!でもまあ耐えられるか!!
わりとびりびりするけれど、これくらいならまあ入れなくはない。
でもこれ、「ぬる湯」でこのレベルだと「あつ湯」ってどれくらい熱いんだろw
あつ湯を触ってみると、手がびりびりして、唐辛子に触れたような感覚だったので、「あつ湯」は見て眺めるだけにした@@

いやーーーこれ長湯は無理ですわ!
いいとこ3分くらいだよ。
というわけで、早々に着替えて外へ出る。手も足もが真っ赤だ~
建物の前に何人も腰かけて風浴びている理由がわかったw

城崎のようにちょっとゆっくり浸かる感じを想定していたので、こんなに早く湯から出て来ることになるとは思わなかった@@
でもあんなに熱い湯に浸かった後、外へ出たらすごく風がさわやかで気持ち良い。
あーーーこういうお手軽な外湯ならいいなあ。時間もあるし、近くの外湯にもう一軒くらい行ってみるか。
f0006510_00460326.jpg
河原湯。
こちらもベンチで腰かけてる人たちが。
中に入ると、今度は浴槽が一つだけ。着替えてる人たちはいたけど、浴槽には誰もいなかったので、さっそく足をお湯に突っ込んでみる。
あつい@@!!!!!

さっきのぬる湯ほどでは・・・いや、ぬる湯くらい熱いかもしれないな。
どこも熱い!!!
3分も入れない!よし、出る!!!

ふ~~~~(外)
いやーー外の風が気持ちいいですわーー
ふと前を見ると、ビールを売っているお店が・・・
ビール呑みたい・・・。でも夕飯までに何か呑むとお腹いっぱいになりそうだし、日本酒出してくれるバーがあるっていう情報を見たな~

そう考えながら、そのバーを探したんだけれど見つからず、ジャムのお店で野沢菜炒めのビンを買った。
f0006510_00514768.jpg
野沢温泉の野沢菜!
野沢菜は、野沢温泉を中心として、長野全体で栽培されてるから野沢菜って言うらしいよ。
他の作物が大きくならなくて、お寺の住職さんが大阪から持ち帰ったのが野沢菜で、根が小さくて葉だけ大きくなる野沢菜がこの辺の土地には合っていたのだそう。

買い物をしていたら、まちあるきの時間が近づいてきたので、宿に戻ることに。

チェックインが早いと、夕飯までにいろいろできるんだなーー
宿に着いてからゆっくりする。お風呂も入ることができる。お散歩もできる。素晴らしい。

まちあるきツアー、自分たちだけだったらどうしようかなと考えていたけれど、10人くらい集まっていた。
旅館の人のガイドで、お散歩開始。

f0006510_00575900.jpg
f0006510_00580474.jpg
野沢温泉は、近くにスキー場があることからも、雪深いところ。
家のつくりは、基本的に、「冬を越すこと」を目的に作られているらしい。

たとえば、消火栓が雪に埋まっても使用できるように高くなってたりとか、
屋根の雪下ろしをするための長いはしごが各家にあったりとか、
ただし、観光が盛んなところなので、道路に雪がどさっと落ちないように、屋根の縁には雪止めがついていて雪が落ちないようになっている。
f0006510_01051371.jpg
あと、道祖神。
人形?みたいなのが、家とかお店の前とかに飾られてる。
毎年1月15日に、道祖神祭りというものが行われていて、そこで燃やして、新しいものをもらうらしい。
野沢温泉で行われる道祖神祭りは、重要無形民俗文化財にも指定されてるだってー!
f0006510_00580931.jpg
麻釜(おがま)
湯沢温泉に30くらいある源泉のうちの1つで(草津の湯釜みたいなものだね)、90度くらいあるらしい@@
この中で、野菜を湯煎したりするんだってー
春先にこの中に落ちた人いるらしいけど、危ないので入ってはいけないとのこと!(当たり前)
f0006510_01160316.jpg
湯澤神社。
野沢温泉の神様がいるところ!
毎年9月8日、9日に灯篭祭りが行われているのだとか。これを知ってたら、その日に行っても良かったなー><なんて思ったり。

そのほかにも、石垣の石がずれているのは、その上に立っている樹の根が伸びて石垣を押し出しているからだとか、石垣のところどころにある穴には蛇が住んでいるとか、いろいろ案内してくれて面白かった。

ガイドツアーが終わって、温泉たまごをつくるための卵をスーパーに買いに行ったら10個パックしか売ってなかったので、宿で買うことにして、途中の酒屋でお酒を買うことにした。
お店でもそうだし、酒屋でもそうだけれど、なんだか小さい子どもが多い。
観光で来てる子どもとかではなくて、地元に住んでいる人自体が若い人が多い気がするし、温泉街にしては地元っぽい子どもをとてもよく見かける気がする。
移住とかで若い人が多いのかなー?街も人も、活気があるように見えた。うーん、でもここに移住したくなる気持ちはわかる気がするなぁ・・
千曲川のほとりとか綺麗だし、畑とか田んぼいっぱいで緑があふれてるし、お店のつくりもおしゃれなところもけっこうあるし、小さい村だからか、村人で共同で何かしてることが多いのかなー。
冬越すのは大変そうだけどw

宿に戻って晩ごはん。

食前酒 あんず酒
前菜 うどの白和、かんずり酒盗、川鱒蕎麦包み、ぜんまい、岩魚の(すり身?)、もちこし豆腐、イチジクワイン煮、
蒸し物 じゃがいも饅頭
お造り 鯉あらい、信濃雪鱒、大岩魚昆布〆
台の物 みゆき豚塩鍋
主菜 蓼科牛の源泉焼
止め皿 味噌漬け玉子ととろり湯葉、ミョウガ黄身寿司、茄子ゴマ酢
お食事 夕顔とモロッコのあんかけ
デザート 信州産桃ゼリー
f0006510_01330863.jpg
f0006510_01323937.jpg
f0006510_01333964.jpg
f0006510_01342362.jpg
f0006510_01363763.jpg
f0006510_01370709.jpg
f0006510_02151209.jpg
お造りの載った皿は、千曲川をイメージしてるらしい!

この日は夜に、小さなお祭りがあるらしく、ちょうど晩御飯を食べ終わった頃に、「猿田彦の舞」が行われるということで見に行ってみた。
f0006510_02165443.jpg
ちょうど手を引かれて歩いているところだった。
しばらく進んで、舞が始まると、
f0006510_02173193.jpg
松明を持って、振り回す@@!
舞っている人は、お面で前が見えないらしく、周りの観客すれすれまで松明が飛んでた。
次の日の朝、宿の人が教えてくれたけれど、中の人は、松明が熱いのでかなりテンションを上げる必要があるらしく、かなりお酒が入ってる状態らしい。
大変だなあ@@;
厄年の人が担当するのかなあ・・。でもいいもの見られた!

夜もお風呂に入ったけれど、けっこう遅い時間だったこともあり、誰もいなかったので、それはそれでちょっと怖かったりもしてあまり長湯はしなかった。

[PR]
Commented by 真修羅 at 2018-09-07 20:05 x
まちゃさんにもみそさんにも会ったことないからどんな感じなんだろうなぁと妄想だけが膨らんでいるんだぜwwww
今年は夏が暑すぎてどっかに出かける気力もなく(;´ρ`) グッタリ

みそさんの行動力には目を瞠るものがあるなぁ・・w
名前
URL
削除用パスワード
by yuki-chami | 2018-08-31 02:21 | おでかけにっき | Comments(1)

たまに更新しています


by yuki-chami