たまに更新しています

by yuki-chami

<   2018年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

旅の3日目。

日の出が4時過ぎということだったので、かなり眠い目をこすりながら朝4時に起きて露天風呂に行ってみました。
が、この時期はかなり東寄りから日が昇るため、露天風呂からは日の出は見えず、個人的には夜の月見風景のほうが好みだったなぁと思いました。冬の時期、元旦なんかは入り江からばっちり日の出するので、露天風呂からの初日の出が拝めるらしい!

そんなわけで早々に部屋に戻って再び寝て、起きて、朝ごはんたべて出発~
え、朝ごはんの写真がない!?
撮り忘れていました!!

まず向かったのは、道の駅さんりく。
最終日なので、買いたかった海のものや山菜を買っても平気。

あれ?
でもあんまり山菜ないね・・・?
山菜は不作でしたが、三陸といえば!わかめ!ということで、わかめと、生ウニ(プラスチック容器に塩水と一緒に入ってるやつ)を買いました。
写真がないので、美味しさを伝えられなくて残念ですが、この生ウニは本当に美味しかった!!!
なんといっても粒がでかい。
とろけるような甘さ。
醤油つけなくても、そのままの塩味で全然いける。
このウニを食べるためだけに三陸行ってもいいなーって思う。(もっと近ければ・・・@@;)

1日目、2日目と天候はいまいちでしたが、この日は晴れ。
三陸へ来たなら、リアス式海岸を見てみたい・・・

私、ちょっと勘違いしていて、何かこう崖っぷちが続いている海岸を想像していたのですが、リアス式海岸っていうのは、地盤沈下や水面上昇で谷のように沈み込み、岬と入り江が複雑に入り組んでいる海岸を言うらしい。
そんなわけで、岬へ行くよ~
f0006510_17072840.jpg
松林を抜けて、
f0006510_17041428.jpg
碁石岬。
f0006510_20114757.jpg
お~~~~
これがリアス式海岸か~~~~
海岸がギザギザしてて、小さな島とかいっぱいある。

海を見られて良かったー(*´▽`*)
やっぱ岬好きだなぁ。今、三陸にいる。
日本の形がわかるのが好き。

そして、時間はちょうどお昼。
今日の予定は・・・
これから奇跡の一本松みて、南三陸町いって、そしてとわちゃんオススメの海産物を取り扱ってるお店に行くという予定。そのお店はほとんど南三陸町の近くらしいけど、海産物売ってる店ってそんなに遅くまで開いてないような気がするし、けっこう時間ギリギリ!?
碁石岬の近くでお祭りやってて、そこでお昼を食べるという手もあったんだけど、会場付近まではシャトルバスを利用しないと行けなくて、時間がかかりそうだったので断念。

よし、じゃあ、奇跡の一本松のある陸前高田へ。
f0006510_20362782.jpg
海岸沿いの町で、低くなっているところはこんな風に何もなくなっていて、土が盛られてたり工事中のところが多いんだけど、釜石も大船渡も、わりかし新しく建物が建ち始めていた気がする。
でもこの陸前高田は、新しく建てるよりも、被災した建物がそのまま保存されて残っているところがポツポツあった。
たとえば、画像に写ってる宿舎っぽいのもそう。
道の駅高田松原というところも、被災したそのままの形で残されていた。

うーん
自治体によって方針が違うのもあるだろうし、新しく建物が建つということは人がそこに住まないと建設されないわけで、この辺の人たちは別のところに移っていったのかなぁとか考えたりした。
f0006510_20431866.jpg
奇跡の一本松駐車場内にある、一本松茶屋。
この施設以外にはこの辺は何もなく、盛り土?するための工事してたり、防波堤を建設したりしていた。ここから10分ほど歩くと奇跡の一本松。
f0006510_20453391.jpg
後ろに写ってる廃墟が何だったのかは説明がなかったのでわからないけど、奇跡の一本松だけがここに立ってる。
f0006510_20483678.jpg
f0006510_20520086.jpg
この辺には高田松原という7万本の松林からなる名勝地があったんだけど、2011年3月に起きた東日本大震災の大震災で被害を受けて、その中で一本だけ残ったのがこの「奇跡の一本松」。
奇跡の一本松は復興のシンボルになったんだけど、その後海水によって根が腐ってしまい、2012年5月には枯死と診断。そのため、陸前高田市で人工的な処理を加え、現在のようにモニュメントとして保存されているもの。

奇跡の一本松の根本に立って、「当時はここ一帯、津波が押し寄せたんだ・・・」と、想像を巡らせたり。防波堤が巡らされている中、この松だけがぽつんと立っている状況は非日常で、でも本当に事実としてあったことなんだなと感じさせられました。
今は、たくさんの人たちがこの松を見に来て、側で座って休んでいたり、写真を撮ったりしていました。
f0006510_09423378.jpg
現在の周りの風景。
右が防波堤だね。

ランチタイム過ぎた頃だし、ここまできたらせっかくだから気仙沼の寿司を食べようということで、気仙沼へ。
気仙沼はなんといっても寿司らしい!そしてフカヒレ。
前から行きたかった町なんだけど、同じ宮城とはいっても仙台から車で2時間・・・
なかなか行く機会には恵まれませんでした@@;

気仙沼 寿司で検索すると、たくさんのお寿司屋がヒット!
震災前はもっとたくさんあったらしい。
そんな中でも、14時とか中途半端な時間でもしっかり営業してるお店、「あさひ鮨」さんに行ってきました。
f0006510_09493254.jpg
気仙沼も、釜石や大船渡と同じく、市街地は何もない更地が続いてるんだけど、ポツポツと新しい建物が建築されているような感じでした。
だからほとんどの建物が新しい。
このお店も、震災後はずっと仮店舗で営業していて、平成29年4月に今の店舗になったらしい。
仮店舗だったときは、狭いながらも、寿司屋さんが一か所に集まって寿司横丁的な感じだったらしいw
今は、いくつか移ったり、やめちゃったりしてバラバラらしい。
さて、寿司!寿司!
f0006510_09540367.jpg
f0006510_09540890.jpg
やっぱり、ウニが美味しいーーーー!!(≧▽≦)
下の画像はフカヒレ三昧(姿煮、金糸、煮こごり)。
あさひ鮨さんは、フカヒレを寿司に使った元祖のお店で、真ん中の金糸の軍艦らしい。
フカヒレって、加工するのがすごい手間らしい@@;

フカヒレももちろん美味しかったのですが、私はやっぱりウニとかハマチが・・・w
ごちそうさまでした!!
お店の人もすごく気さくで、魚が買えるところがないか尋ねたところ、地図にマークをして丁寧に教えてくれました。ありがたい!
f0006510_10021339.jpg
気仙沼の酒造、角星。
ここもたぶん、建物は新しく建て直されたのだと思う。
f0006510_10021838.jpg
この酒造の目玉は、水鳥記。
とわちゃんのお父様はこれが好きらしいとの情報が!
前に仙台で夏限定の水鳥記は買ったことあるけど、さらっとしてのみやすいお酒だった~
色が違うのは、使ってるお米の種類が違うらしい。

その後、魚を求めていくつか回ったけど、時間が時間なだけでに品があまりなかったり、閉まってたり。
f0006510_10085291.jpg
シャークミュージアムという、水族館や物産品が買えるお店がたくさん集まった施設では、ホヤぼーやショップが!気仙沼のゆるキャラらしいw
頭にかぶってるのがホヤ、ベルトがホタテ、そして手にもってるのはサンマらしい。

気仙沼はどこも新しい建物だったなぁ。でも、それだけ町が元気な証拠なんだろうなぁ。
また美味しいもの食べに行きたいです。

ここからは、南三陸町へ。
今日はまだ私は運転していなかったのですが、気仙沼出たあたりから、疲れたからか気分が良くなくて、しばらく寝ていました^^;
なので気が付いたら南三陸。

南三陸町には、前回2012年6月に行った以来。
どうなってるだろー?と気になったので、立ち寄ってみることにしました。
前回は、工事中のところもあったけど、まだ車が地面に刺さってたり、立ち枯れしてる木が印象的だったなぁ・・・

現在の南三陸町。(展望台から)
f0006510_10210015.jpg
f0006510_10210460.jpg
あまり何もないのは変わらないけど、前にあったような残骸は撤去されていて、堤防つくってたり、ところどころに建物があったり、綺麗になってる感じ。
前にプレハブ営業していたセブンは、今はなくなっていました。役目を終えたということなのかなー。
違う店舗はあったけれども。
ただ、生活の拠点は、津波が来ないような場所に移ってるんだろうなー。
南三陸町は、(おそらく集落ごとに?)いくつか復興市があって、そこでドラッグストアがあったり、魚売ってたり、野菜売ってたりと日常用品を買っているのだと思う。

その中でも一番大きいと思われる「さんさん商店街」
f0006510_10274269.jpg
なんかこの写真しかなくて!!w
このモアイ像は、世界初、イースター島から送られてきたモアイ像らしい。

チリ地震津波がきっかけで、南三陸町とチリは友好を深めていて、震災前には南三陸町がチリの彫刻家に依頼して創ってもらったモアイ像が志津川地区の松原公園というところにあったらしい。
そのモアイ像も東日本大震災で流出して、頭部は後に発見されて、それは移設されたらしい。
そして東日本大震災があり、イースター島で「新たなモアイ像を贈ろう!」というプロジェクトが始まり、贈られたというもの。

イースター島の石を使ったモアイ像が島の外に出たことは今までなく、眼が入ってるモアイ像は世界に二体しかないとのこと。
眼を入れると、マナ(霊力)がモアイに宿ると言われているらしい。
ここから、南三陸町の復興を見守ってるみたいです(*´▽`*)

さんさん商店街で、最後にお土産をいろいろ買って、とわちゃんのオススメだというお店へ行ってみたけど、さすがに時間的にもう閉まっていた><
でも場所は確認したので、次回こそは!

とわちゃんに「お店行ってみたけど、閉まってたー!」とラインをして、よしこれで今回の旅は終わりだなー!と思ったら、
とわちゃんライン 「神割崎は行ったー?」
と・・・・

なにーーーー!
まだミッションがあったのか!!!
体力的にはけっこう厳しいものがあったけど、せっかくここまで来たので行ってみることに。
f0006510_10553738.jpg
神割崎に伝わる伝説。
浜辺にある日弱ったクジラが寄ってきた。浜辺に住む村人たちはこれ幸いとクジラを分けようとしたが、隣接する二つの地区で争いになり、どちらの取り分だとクジラの目の前で三日三晩争いになった。
三日目の晩、大きな雷が岩を割いた。二つの地区の人たちは、これはまさに神業であると信じ、クジラを仲良く分け、岩の境目を地区の境目としたとのこと。
f0006510_10560707.jpg
これが境目かな?
時間的に満ちてきてたのか、足元ギリギリまで波が打ち寄せてくる場所だった@@(わりと危険)
けっこう、安全のために遠巻きに見る場所多いけど、こういうアグレッシブな場所もあるんだなー!
安全か危険かは観に行く人たちの責任だと思うので、こういう姿勢良し!

あまりにも体力が限界だったので、塩釜でお風呂に入りつつちょっと休憩を挟んで、茨城へ帰りました。帰りは、友部SAでしか停まらないという暴挙でしたが、決しておすすめはしません@@;

疲れたけど、やっぱり旅はいいね。
これから7月まで土日は仕事が立て込んだりするけど、それでもやっぱりたまには旅がしたいな。

[PR]
by yuki-chami | 2018-05-20 11:05 | おでかけにっき | Comments(1)
2日目は盛岡から。
雨が降っているせいか、なんだか肌寒い。
まあこんな日もある。雨は雨で楽しみたいな。
この間滋賀に行った時は暑かったのでコート使わなかったけど、東北はやっぱり寒くて、コートを一応持ってきて良かった。

この日は、盛岡市内の神社を参拝した後、龍泉洞に行き、大船渡まで行く予定。
まずは、盛岡市内にある櫻山神社。
f0006510_18504186.jpg
御朱印が立派らしいのでここに行きたかったらしい。
もうほぼ葉桜だけど、桜が咲いてたら綺麗なんだろうなー
ちなみに、櫻山神社は、盛岡藩の藩主である南部氏を祀ってるらしい。
地元の守護神なんだね。
f0006510_19443269.jpg
そして櫻山神社の御朱印。(左)
なんと、桜の花びらが貼り付けられてる@@!
すごいすごい!

次に向かったのは、盛岡八幡宮。
盛岡八幡宮の付近って、大きな通り沿いに緑がいっぱいあって、仙台の街並みとちょっと似ているような気がする。
仙台も、盛岡も城下町なせいか格式が高い感じがするね!
f0006510_20202187.jpg
雨が降ってるけど、、、でもなんだか規模も大きくて立派。
f0006510_20281584.jpg
石畳の上に、十二支の文字がかかれているらしい。
これはいぬ。
「酉」の文字を見て子どもに「これは猿だな」と言ってるお父さんがいたよ( ´△`)
それは鳥です!!!
私はとある文字を探すのに夢中でしたが・・・(結局見つからず、答え合わせの看板を見る羽目に!)

神社の前にもわんこそばのお店があったんだけど、今日も長旅なので先を急ぐことに。

盛岡を出てほどなくして。
コンビニに立ち寄ったあたりかな?
「キュイイイイイイィイィィ」
む、異音@@

最初は、流してた音楽の調子が悪くなったのかと思ったんだけど、どうやら違うっぽい。
タイヤから音がしてる?何かが摩擦してるような音・・・
車を停めてタイヤを見てみるも、特に何も見当たらず。でも車を動かすと音がする感じが続いたので、盛岡に戻って診てもらうことにしました。
これからどんどん田舎に行くから、いまのうちでまだ良かったかもー?
もう500キロ以上走ってるし、やっぱりあんまり長距離で来るのは車にしんどいのかな@@;

と思い、最寄りで診てくれそうなところがタイヤ流通センターだったので、そこまで車を走らせていると、
途中で「スポン」と音がしたのですよ。
そして、その後は異音がなくなった・・・・

なんだいまのスポンは!!!!
何か抜けたような感じ!?
一応落下物確認したけど何もなし!いやーこれ何かのネジとかだったらまずいしやっぱり診てもらわなければ!

タイヤ流通センターに到着し、点検してもらいました。
結果、特に異常はなく、何も抜けたりはしていないらしい。
もしかしたら石か何かが挟まって、それが摩擦してたのかも?とのこと。
お金払おうとしたけど、「今回はいいですよー^^」と言ってくれた。
どう見ても観光客だし、一見さんなのに!
タイヤ流通センターバイパス北山店の人、いい人ーーーー><
ありがとうございました!

というわけで、元気に再び龍泉洞方面へ。

道は混雑していたわけじゃないけれど、途中にあった道の駅はどこもほぼ満車。
GWだなぁ。そして・・・龍泉洞の近くになると・・・
車の列がやばい!!!うわーーーみんな龍泉洞か!!
まぁそりゃあそうだよねー。時間は13時を少し回った頃。
お昼ご飯食べて、午後1番で鍾乳洞を見に行くには良い時間だわ、ということで、先にごはんを済ませることに。ごはん食べた後なら、少しは落ち着いてるかも?
f0006510_21013526.jpg
道の駅いわいずみ内にあるレストランのとんかつ定食。
岩泉町は短角牛が名物らしく、ステーキとかもあったけどさすがにそれは手が出ず><
あとは、わさびが名産らしいので、わさびドレッシングを買ったりしました。
わさびドレッシングは辛ければ辛いほど好きだなぁ。

お昼ごはんを食べ終わった後に龍泉洞へ向かったら、少し渋滞がましになっていた。
f0006510_21111573.jpg
緑いいねー(*´▽`*)

この清涼感。
そのまま飲める湧き水。
生えたばかりの緑。

あ~~~~~~~やっぱり、旅に来て良かった。
GWで人はいつもより混んでるけど、それでもやっぱり旅に出たい。

ところで龍泉洞って何?という人もいるかもしれないので。
龍泉洞とは、日本三大鍾乳洞の一つ。
山口県の秋芳洞、高知県にある龍河洞と並んで三大鍾乳洞!
昔、私は秋芳洞には行ったことがあるので、あとは高知県だな!

龍泉洞の水は世界でも有数の透明度を誇るらしい。
それに地底湖!地底湖があるらしいよ。
なんか、地底湖っていうと私はドラえもんの「竜の騎士」を思い出すんだけど・・・年齢がばれるかもしれない。

龍泉洞内で写真を何枚も撮ったんだけど・・・
はっきり言って、見ても何を映してるんだかよくわからないという@@;
f0006510_21205456.jpg
f0006510_21220596.jpg
GW中なので一方通行でしたが、まさにダンジョンの中を往く感じ!
遊歩道っぽいところの脇では湧き水ならぬ、川が流れていて、地底湖もありました。
青く見えるのは、湖の下からライトで照らしてるからなのかなー?
f0006510_21292561.jpg
地底湖の推進は98mもあるらしい・・・
救命浮輪も設置されていました。

さてさて、時間は16時。
そろそろ今晩の宿である大船渡に向かわなければ・・・

大船渡までは約2時間半。
f0006510_01133623.jpg
道はだいたい海岸線か三陸道。
海岸線を通ると、こんな風にずっと防波堤が続いてる。
新しく建て直された感じなのかなー
f0006510_01134253.jpg
宮古市を通過して、大槌町、釜石と街は続いて行く。
更地の上に、建物のみ新しく建ってるところが多い。
海から離れたところに建てるのかなぁって思ってたけど、意外とそうでもなくて、人がいたところに新しく建てたのかなーと思った。
どこもかしこも、建設中っぽくて、復興途中という感じ!

大船渡に到着したのはギリギリ19時><
やっぱり、けっこう遠いなぁ。
f0006510_01262798.jpg
この日の宿、大船渡温泉(写真は次の日のものですが!)
料理、いくつか写真に撮ったんだけど、なんだかあまり綺麗に撮れなかったので載せませんが、海のそばなだけあって、魚が豊富でした!

露天風呂がすごく良かったなぁ。
入り江の向こうに赤い月があって。
空には星が見えたけど、雲がものすごい速さで動いていた。

私、今三陸にいるんだなぁって思いながら、露天風呂でぼーーーーーっとしてたら、20~30分くらい占拠してたかもしれない!
途中、新潟から来たという人とお話しして、その人は古いカーナビで宿を検索したら、到着したところが何もないところで、ただ福祉センターがあったらしい。たぶん震災前の場所だったのかな?
平泉に寄ったそうで、やっぱりすごく混んでたと話していました。

お風呂はいいなぁ。
明るい景色もいいけど、たぶんこの月の風景のほうが今回は好きだな。
夜のうちにたくさん景色を堪能しておこう。

[PR]
by yuki-chami | 2018-05-16 01:32 | おでかけにっき | Comments(2)
GW後半は、東北へ行ってきました。
いつもは仙台周辺までなので、岩手に行ったのは何気に初。

今回の目的は、三陸鉄道に乗る!
三陸鉄道とは・・・
f0006510_15003002.jpg
この地図にある路線!
遠いなー@@
茨城からだと、仙台が中間点くらいな勢い・・

私は、朝起きてから出発すれば良いんじゃない?みたいにテキトーに考えてましたが、朝3時には出るということになったため、2日が仕事の上に夕方から東京を往復した私は、結果的に、出発するまで寝ずに過ごしました・・・
必然的に、休みだった人が行きの運転役になりました(・ω・)

所用時間約7時間。

いや~~~~~~がんばったねーーーーーー!
これはがんばったと思うよ!!!
私は、最初は寝れない~~なんて思ってましたが、その後の記憶がないのでたぶんずっと寝ていました!
停まったのは、南相馬鹿島SAで給油&トイレと、花巻PAでトイレのみ。
わりと時間に余裕がなかったため、ほんとにトイレ済ませてすぐに出発するという強行軍でした・・・。(私は寝ていましたが・・・)
運転手は大変おつかれさまでした!!!\(^0^)/

10時過ぎ頃、道の駅くじ「やませ土風館」に到着。
やませってなんだろう?って後で調べてみたら、主に東北地方で6~8月に吹く、湿った東よりの風のことらしい。これがたくさん吹くと、冷害が起こるらしい。

三陸鉄道の乗車時間は12時7分。
少しだけ時間に余裕があったので、道の駅に寄ることにしました。
この時期の道の駅に寄ると、なんといっても山菜があるんだよね!
おお、降りるとちょっと寒い・・・。小雨が降っていることもあるかもだけど、さすが東北・・・。
f0006510_18493294.jpg
大好きな行者にんにく(∩´∀`)∩ワーイ
北海道では、アイヌネギと呼ばれていて、親がよく採ってきたりしてたんだけど、子どもの頃はあんまり好きじゃなかったなぁ。
今は、とっても好物。醤油漬けにしても美味しいし、なんといっても天ぷらが美味しい。
帰宅するのが2日後だったので、それまでにしなびたりしないか迷ったのだけど、東北、肌寒いし、アイスボックスに入れて保管することにしました!(その後も大丈夫でした)

他にも、三陸といえばのワカメ。ふのり。旅のお土産ということで実家に海産物を送ってみたり。
まだ午前中だったこともあって、品ぞろえが豊富でした。
f0006510_19293814.jpg
そして久慈駅。
久慈駅では「あまちゃん」のオープニングBGMが流れてました。
この三陸鉄道、「あまちゃん」の舞台になっていて、鉄道旅の最中、ガイドの職員さんが「ここは〇〇のシーンですよー」と、いろいろ紹介してくれていました。
まあ、私はあまちゃん観てなかったからよくわからないんだけども・・・
f0006510_19043310.jpg
久慈駅であらかじめ予約しておいた切符を発券して、いざお座敷列車へ!
f0006510_19072828.jpg
三陸鉄道の車両。
お座敷列車用の車両は、後ろに連結されていて、シックな茶色に塗られていました。
指定された席に乗り込むと、お座敷列車はほぼ満席。
早めの予約だったので進行方向の座席だったけど、やっぱり良い席から埋まっていくのかなー
f0006510_19074112.jpg
出発のときは、大漁旗を振ってくれていました!
この大漁旗も、あまちゃんで出てきたらしい?
片道2時間くらいの鉄道旅です。

さてさて、お昼時なのでごはんタイムです。
鉄道でごはんといえば・・・
f0006510_19073339.jpg
駅弁(*´▽`*)
ちなみにお座敷になっているので、向かいには知らない人が座っています@@
お弁当の中を開けると、
f0006510_19073773.jpg
ウニ@@!
蒸しウニなんだけど、美味しかったな~~~
写真がちょっとブレてるのは、電車に揺られながら撮っているということで・・・
f0006510_19280372.jpg
こんな感じの車内。

外の景色~~~~
f0006510_19282191.jpg
f0006510_19282727.jpg
雨まじりなので、あまりよく撮れてないけど、写真でもなんとなくわかるかなー?
奥のほうにあるのが、防波堤。
駅によっては、津波の被害がすごかったらしく、特に海岸が近いところでは新しく建て直された駅舎以外は何もない感じ。

ガイドの車掌さんが、「晴れていればこの景色だったんですが・・」と、写真を見せてくれました。
確かに晴れている海は素敵だけれども、でも、雨は雨でしっとりして悪くないなって思った。
でも、なんか想像と違って、爽快な海を見ながらというよりも、トンネルが多かったかも?@@
半分くらいはトンネルらしい!!
それだけ、海の側にすぐ山があるってことなんだねぇ。

久慈駅に到着して、小1時間ほど空き時間。
そういえば、前に只見線に乗った時は、降車駅でちょっとしたイベントやってたけど、今回は特に何もなかったので、お土産を物色したり、MAPを眺めたりと、わりと時間を持て余す感じではあった。
何かもっと観るものがあったら、良かったかもー?
お土産は、
かもめの卵
かもめの卵
いかとっくり
かもめのたまg

って感じだった!
f0006510_19362576.jpg
帰りは雨が止んだ。
f0006510_19355572.jpg
帰りの便は、途中の駅でしばらく停車してくれる時間があって、それなりに外の景色を撮影することができました。
ここは、あまちゃんで「袖が浜」という駅名で出て来るので看板が設置されたらしい。
本当は「堀内」という駅名。
f0006510_19365573.jpg
あ、待ち合わせの列車がきたよ。

帰りは寝てしまうかと思ったけど、停車した駅で写真撮ってたりしたら飽きなかった。
鉄道旅もいいなぁ。
ガイドさんもいろいろと説明してくれて、面白かった。
もうちょっと海が見えてたらなーー><
冬はこたつ列車とかもやってるらしいよ。

再び久慈駅に着いて、今夜の宿である盛岡へ。
f0006510_19372579.jpg
5月になっても、岩手はまだ寒い。
北海道もGWに桜が満開になるくらいだし、ここは関東より1カ月季節が遅いんだなぁ・・
桜も、もう葉桜になりかけてるのが多かったけど、ちらほら咲いてました。
こんな白樺の道を走っていると、大雪山の辺りを思い出すわ。
あ~~~やっぱ私、北の人間なんだなぁって思う。この寒々とした感じ、懐かしい。

盛岡では、わんこそば・・・を食べたいところだったけど、もうお店が閉まっていたので、沢内甚句という居酒屋へ行きました。
ももどりがお店の売りらしい。お出汁のたまごやき美味しかったな~
お店の人の対応がとても良かった!

まだ岩手旅は続く。

[PR]
by yuki-chami | 2018-05-09 01:20 | おでかけにっき | Comments(4)